名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊通旭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊通旭のプロフィール

伊通旭、いつう・あきら。日本の経営者。「イノベーション・ロジスティクス」社長。

伊通旭の名言 一覧

物流業はあくまでもサービス業だと考えています。今後は物流面から顧客の売上アップに直接つながるような仕組みを考えていきたい。


単純に商品を預かって出荷するだけではなく、システムによる効率化や精度アップなどに取り組むことで、顧客の負担を軽減するというプラスアルファのサービスを心掛けています。


伊通旭の経歴・略歴

伊通旭、いつう・あきら。日本の経営者。「イノベーション・ロジスティクス」社長。

他の記事も読んでみる

酒巻久

若い人の提案に「よくわからんが、やってみろ」という幅の広い会社ほど、よい商品が出てくる可能性が高い。これはキヤノンに限らず、ソニーや東芝だって同じことだと思います。


渡辺良機

ドイツのばねメーカーに視察したときのこと。その会社も手作りのばねメーカーだったので、当社と同じような悩みを抱えているはずだと思い、「お客様から値引きを要求されたとき、どのように対応されていますか」と、その会社の社長に質問しました。すると、社長は「価格が折り合わなければ注文を受けないだけ。手作りのばね屋が値引きして売っていたのではやっていけない」と。それを聞いて目から鱗が落ちましたね。これまで当社は注文が欲しいばっかりに値引きに応じていたが、それではダメなんだと。これからは「言い値で買っていただけるような会社にならなければいけない」ということに気づかされたのです。


佐藤勝人

「ブランド力のある売れる商品」にはいわば最大公約数的なところがあって、価値が同質化しているから、お客さんからすればどこで買っても同じ。だから結局「売れる」商品で儲かるのは大手だけということになる。我々がメーカーやブランドは関係なく、自分たちの基準で「売る」商品を決めてきた理由はそこにある。


プラユキ・ナラテボー

「もらったら得、与えたら損」という「損得勘定」は、目に見える物質的なモノの多寡を基準とした見方である。しかし仏教では、与えたら損をするのではなく、徳を積めるとする。「得」が物質面の増減に着目するのに対して、「徳」は精神的な豊かさを測る基準と言っていい。すなわち「貧しさ」と「豊かさ」が、「得」ではなく「徳」の多寡で測られるようになったとき、その人の視野の中に、肉眼で見える世界だけでなく心の世界も入ってくるようになるのである。


胡厚崑(ケン・フー)

大企業病はいつでも表れますから、組織として常に警戒する必要があります。顧客の話が本社に上がってこない、顧客の要求が研究開発部門に上がってこない、意思決定が本社でなされる。こうした兆候が出始めたら危険です。


鈴木喬(経営者)

会社が潰れるのは、経営トップが財務諸表などを見てもピンときていないからです。そもそも、財務諸表を読めない経営者が結構多いのが実態です。


中村天風

悲しいな、と思って泣くでしょう。よけい悲しくなる。腹が立った。こん畜生、と思って、「やい」なんて言うと、よけい腹が立つ。反対に、今度はわずかな喜びを、非常に大げさに喜ぶと、わずかな喜びは、非常な嬉しさになる。


久住昌之

「入ってみて嫌な店だったな」というのはあるかもしれないけど、そんなときは嫌な店に入っちゃった自分自身が面白い。どれもおいしくなかったら、その中でも何がおいしいんだろうとか、どうやったらおいしく食べられるのかとか考えます。ただ、店に入る前にすごく考えるから、どの店も大体良いんですよ。


佐々木常夫

上司にはひとりの人間の人生を変えるほどの責任がある。部下がもつ能力を見出し、伸ばし、仕事に貢献させる。それによって本人に自信と実力がつき、周囲から信頼が得られる。


岩田松雄

仕事での基本動作は、若いうちのどこかで叩き込むべきもの。


星野佳路

スーツは2~3年かけて着るのをやめました。日本でクールビズが叫ばれるようになる遥か前に、超クールビズを実践していました。スーツ着用をやめたのは、スーツを窮屈に感じていたことと、日本の気候に合っていないと思ったのが理由です。もっとさかのぼると、20代でアメリカの大学院に在学中、フォーマルな席にスーツ着用で出席したところ、「なぜお前はスーツなんだ」と言われたことがありました。クラスメートがみな自国の衣装を着用する中で、日本人の僕が西洋の洋服を着ているのはおかしいと指摘され、とても恥ずかしい思いをしました。世界の人から見れば、日本人にスーツは似合わないし、期待されてもいない。いつかスーツはやめようと思いました。


ロアン・カン

プレゼンには不変的な原則があります。まず、最も重要なのは聴衆や参加メンバーを知ることです。どんなにプレゼンススキルが優れていても、相手を知らなければ説得力を高めることはできないからです。もうひとつの原則は、メッセージを可能な限りシンプルにまとめることです。