伊通旭の名言

伊通旭のプロフィール

伊通旭、いつう・あきら。日本の経営者。「イノベーション・ロジスティクス」社長。

伊通旭の名言 一覧

物流業はあくまでもサービス業だと考えています。今後は物流面から顧客の売上アップに直接つながるような仕組みを考えていきたい。


単純に商品を預かって出荷するだけではなく、システムによる効率化や精度アップなどに取り組むことで、顧客の負担を軽減するというプラスアルファのサービスを心掛けています。


伊通旭の経歴・略歴

伊通旭、いつう・あきら。日本の経営者。「イノベーション・ロジスティクス」社長。

他の記事も読んでみる

佐藤達哉(サトウタツヤ)

人は新たな価値を理解できればどんな情報でも受容できる。


相川秀希

発言のすべてを書き取るのは不可能ですが、「すべて書く」という気持ちでペンを走らせる。すると、発言の中から重要な情報を取捨選択する力が自然とつき、記憶としても着実に蓄積されていく。


貞方邦介

何か注意したときに、すぐ言い訳する人はダメですね。たとえば、箸の持ち方が悪い人に、「それ、おかしいんじゃない?」というと、「いや、こっちのほうが持ちやすいんです」といって直さない。そういう人は成長しないですよね。素直であることが重要です。


森雅彦

いまや世界で高度な技術を必要とする工作機械を製造できるのは日本とドイツしかありません。次が中国。つまり世界中のあらゆる製造業が、我々の製造する機会を必要としています。工作機械メーカーほどグローバルに企業活動を展開している製造業はないでしょう。


佐藤優

僕は好きとかやる気を追い求めるより、40代になれば、まずはやるべきことをこなすことだと思います。責任をまっとうするなかで、それまで好きでなかった仕事が、だんだんおもしろくなってくるということもあると思う。


猪瀬直樹

プロジェクトの実行中は、「自分なら何でもできる」と考えるべき。最初から自分にはムリなこともあると割り切ると、テンションが下がって実行力が鈍ったり、本当は自分が努力すべきことをしない原因になります。結果的にそれが失敗を招き、挫折感をますます深めるハメになる。まずは「自分は必ずできる」と信じて全力を注ぐ。検証は、その後でも間に合います。


森川宏平

研究開発時代、徹底的に考えて、新しい方法を考えることの重要性を学んだ。


仲暁子

両親は子供にむやみにお小遣いを与えない主義でもあったので、欲しいものは、人形でもオセロでも自分で作りました。「早く独り立ちしたい」という自立心が早くから芽生えていたのは、そうした環境によるものだったと思います。


竹中平蔵

東京の長寿企業の実態を伺うと、都心の不動産のように「汎用性のある資産」を持つことでバランスシートを大きくすることは良いことだと言えますね。企業経営者は損益計算書に目を奪われがちですが、「今期のバランスシートを来期のバランスシートにつなげる」のが損益計算書なのですから、もっと真剣に「B/S(バランスシート)経営」に向き合うべきですね。


津川雅彦(マキノ雅彦)

映画の現場に100人のスタッフがいれば、全員が専門職人。100人分の才能が集まる訳。これを活かさなきゃ損だ。


依田宣夫

大切なのは、家計の決算書をたたき台にして、教育費の問題を家族全員で議論することである。家計にこれだけの負担があり、教育費をねん出するために親はこういう努力をする用意があると子供に伝え、それに対する意見を子供に求める。年齢にもよるが、「私立に行くのにそれだけお金をかけるなら、自分は音楽をやりたいからそちらにかけて欲しい」という返事が子供から返ってくることだってありうる。


似鳥昭雄

どんどん変化を進めるしかない。我々には完成形はない。やはり我々は世界と戦っていかないといけないし、そのためにも戦える仕組みをつくっていくことが大事。


吉田たかよし

目標は自分自身がつくりあげたものでなければ、やる気には結びつきにくい。他人から押し付けられた目標では、効果は半減する。


石川善樹

いくつかのコミュニティのチャンネルを持っていれば、あるコミュニティで同調圧力が深刻化しても、別のコミュニティがあるので追い込まれずに済む。


真田茂人

支配型リーダーは自分がすべての決定を下し、メンバーの意見は聞かず、配慮もしない。それでもうまくいったリーダーがたくさんいたのは、一人の優秀な人間の能力があれば成功できる右肩上がりの社会環境だったからである。しかし今の日本のようにマーケットが成熟化すると、一人ひとりが知恵を絞り工夫をしないとたちゆかない。


ページの先頭へ