伊藤長次郎(二代目)の名言

伊藤長次郎(二代目)のプロフィール

伊藤長次郎(二代目)、いとう・ちょうじろう。江戸時代・播磨国(のちの兵庫県)の豪農・豪商。

伊藤長次郎(二代目)の名言 一覧

幸せとは、勤勉さと辛抱によって手に入れるものである。それ以外に、幸せも幸運もない。


幸不幸は家につくものではなく、人が招くものである。したがって運次第という者は阿呆である。


四十歳になるまでの無事、幸せは役に立たない。若いときは難儀して、老いて幸せになるのが吉である。坊主も武家も難儀した者ほど大物になる。末を思って辛抱しなさい。


分相応に暮らす者はなかなかいない。銀百貫、二百貫の身代(財産)があっても、親から預かったものを減らしては分相応の暮らしとはいわない。減らさない人は稀だ。だから昔の人も、土台を作る人はあっても、それを保つ人はまことに稀だという。


倹約の仕方については、家ごとにやり方があるものだ。とにかく、けちん坊にならないようにしなさい。


よい家というのは、慎みある暮らしぶりの家のことをいう。調子に乗った奢った暮らしをすると、よい家とは言われない。衣食住を倹約しなさい。


伊藤長次郎(二代目)の経歴・略歴

伊藤長次郎(二代目)、いとう・ちょうじろう。江戸時代・播磨国(のちの兵庫県)の豪農・豪商。

他の記事も読んでみる

酒巻久

上司はしっかり部下を見て助言し、褒めることで部下は自信がわき、見られることで自覚が備わる。いい経験を褒められると本人はそれを覚えていて、次につながるということは医学的にも証明されています。


大竹美喜

リーダーというのは、真実を語る勇気が必要なのです。しかも、お客様が納得するような、平易な言葉で語ることが大切です。


似鳥昭雄

いつも注意しているのは「ビジネスである限り、必ず数字を入れて会話をしなさい」ということです。私たちの仕事は論理と科学で成り立っているからです。


勝谷誠彦

日本の政治を根底から狂わせているのは組織票だと思いますね。組合員であるとか、会社員であるということで投票行動を規定されるのはおかしい。まだ日本人はそんなものに縛られているのかなと、悲しくなるよね。もうちょっと、自由でいいんじゃないかな。


犬伏泰夫

あらゆる交渉というものは、お互いの立場を尊重しながら誠意を尽くすことが基本となります。ディベートカや交渉術といったノウハウ的なものを否定はしませんが、それがあれば勝てるといったものではないように思います。


菅井敏之

今何が求められているのか、正しい情報を元に自分の価値を高められる人が「金持ちじいさん」になれる人。当然、情報弱者ではいけません。


宮嶋宏幸

店頭でお客様の質問に答えるとき、相手がもう少し説明してほしいと思う程度でやめておく。そうすれば向こうから質問が来て、自然に会話が弾みます。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

たとえば、ゲームソフトの完成が予定より遅れているとわかったとき、報告書にまとめさせると、遅延の原因や経緯を書かざるを得ません。しかし、緊急事態において必要なことは、責任追及ではなく、素早く手を打つことです。まずは担当者全員を集め、今後の対策を練り、すぐ行動に移す。原因の分析は、そのあとからでも遅くありません。


高倉豊

真面目な人は、もとのコンセプトが変わることを嫌がるだろう。たしかに、マーケティングは、まず戦略を固め、戦略に沿って戦術を考える手順が一般的だ。ただ、いい戦術があるなら、戦略を戦術に合わせて変えてもいい。大切なのは商品を売ることであり、戦略にこだわることではない。


ジャック・マー(馬雲)

中国語で「ブランド」のことを「品牌」と書きます。私の考えでは、真の意味でのブランドとは「品牌」を構成している2つの漢字「品」と「牌」の両方を兼ね備えているものでなければならないと思います。「品」は品質、あるいは品格。「牌」は看板、要するに知名度です。


安達洋

ビジネスの場で英語のリスニング力が足りないなら、質問力を鍛えることです。たとえば、「英語を身につけるには1日何時間の勉強が必要?」という問いには「1時間」とか「30分」といった答えしかあり得ません。つまり、こちらから質問すれば相手の発言に枠をはめられます。これでリスクニングはかなり楽になります。


ケタン・パテル(経営者)

投資にはタイミングがある。日本の投資家は決断が遅く、ローコストで入るタイミングを逃す傾向がある。投資する場合、それによって何を実現するのか、その目的を明確にする必要がある。


石井裕(工学者)

適応力こそがこれからの時代を生きていくために一番大事な力です。20代、30代の人はぜひ感性が豊かで知的吸収力が最も高い時に異文化に飛び込んで、知的な刺激を自分に与え、新しい環境に適応する力を鍛えてください。


須磨久善

よく、手先が器用だから手術が上手いのだといわれますが、手先の器用さよりも、持っている状況判断のオプション(選択肢)の数を増やす方がはるかに重要です。細かいところまでいえば、それこそ、アクシデントに備えて1000以上のオプションを持っています。それだけ安全に安全を重ねて手術に挑んでいるのです。そして、より多くのオプションを持っていることが、自信を揺るぎないものにしてくれます。


水野和敏

「レースは速さ」と思うから、皆さんも、参戦チームも間違えるんだよ。走る行為しか見ていない。例えば静岡県の富士スピードウェイの場合、アクセルペダル全開で走っている時間は1周のうち、どの程度だと思います? わずか20%ですよ。残りの80%は、アクセルペダルを緩めている。ということはコーナーを速く回れるレーシングカーを作るべき。それが本質でしょう? だから私はレスポンスが良く、コーナーを回った直後にフルスロットルできる低馬力のエンジンを採用した。ドライバーは疲れないから正確な運転ができるし、馬力が低いからクルマは壊れにくい。燃料の量も抑えられるから、いいことずくめじゃないですか。


ページの先頭へ