名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤貴広の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤貴広のプロフィール

伊藤貴広、いとう・たかひろ。日本の経営者。「パルミー」社長。武蔵野美術大学卒業後、ディー・エヌ・エーを経て、イラストやマンガの描き方が学べる無料動画サービス「パルミー」を設立。

伊藤貴広の名言 一覧

自分の好きな場所で、好きなことを学んだり、仕事ができたら、もっとより良い社会になるのではないか。


パルミー以外にも、場所を問わない便利なサービスが登場すれば、日本全国が住みやすい場所に変わると信じています。


インターネットが登場して20年が経ちましたが、今でも「場所」に縛られることが多い世の中です。その結果、若者も進学や就職で都心へ行き、地方の過疎化が進んでいます。当社は、そうした状況を変えたいと、イラストレーターを目指す人たちが「いつでも、どこでもイラストについて学ぶことができるサービス」を提供しています。


高校生まで福岡県飯塚に住んでいました。飯塚にいた頃は「このままずっと、ここにいて大丈夫か?」など、飯塚に居ることに不安を感じていましたが、今は飯塚に帰るとほっとします。聞き慣れた方言、見慣れた景色に安心感を覚えるからです。ふるさとを離れて、初めて故郷の魅力に気付きました。


伊藤貴広の経歴・略歴

伊藤貴広、いとう・たかひろ。日本の経営者。「パルミー」社長。武蔵野美術大学卒業後、ディー・エヌ・エーを経て、イラストやマンガの描き方が学べる無料動画サービス「パルミー」を設立。

他の記事も読んでみる

草開千仁

結局は「飛行機が飛べるかどうか」というお客さんの質問に「大丈夫だと思います」と自信を持って言えるかどうかです。そのための知識と、データの追跡が必要になるわけですね。


梅田望夫

会社に入ったなら、まず自分の持ち場で成果を出して会社から「こいつは大事な人間だ」と思われる存在になることです。そうすると、チャンスが広がってくるんです。


鈴木英智佳

だじゃれには、場を和ませ、相手との距離を縮める効果があります。数パターンのスキルを学ぶことで、老若男女、誰でも作り出せるのもだじゃれの良さです。いまでは、小学3年生の国語の教科書でも紹介されていますし、お年寄りの間で脳トレとして使われることも。おじいちゃん・おばあちゃんがお孫さんとだじゃれで遊ぶ場面を見ると、温かい気持ちになります。


佐々木常夫

そもそも不測の事態と思うこと自体が間違い。ビジネスは予測のゲーム。常にあらゆるケースを予測して、予測の精度を高めるよう努める必要がある。真に不測の事態を減らしていくことが大切。


俣野成敏

その体験でさらに意識が変わった。会社員という立場を守るより、ビジネスマンとしてどこに行っても稼げる自分を作ればいいんだと。リスクをとるからリターンが手に入ると知った。

【覚え書き|会社員時代、社内ベンチャーを成功させたときを振り返って】


ポール・アレン

世界初のパソコンであるアルテアのソフトウェアを開発した際、そのソフトウェアが動くのを確認した途端、ビルは次のステップである契約をどういう形で結ぶべきか考えていた。(覚書き|ビルゲイツが他大多数のプログラマと違った点は、良いプログラムを組むだけではなく、それを使ってビジネスをどう築くかということにフォーカスを当てていたという点だったようです)


堺屋太一

戦後の日本は、いわば「ええとこ取りの体制」だった。西側の技術を導入し、自由貿易で豊かな資源と広い市場を得た。その一方で、官僚主導で企業を保護し、過当競争を避けて効率的な資源配分を官僚に期待した。通常、このようなやり方では官僚的硬直と自己満足に陥るものだが、輸出競争と技術導入がそれを防いでくれた。


神戸孝

政治や法律は過去について学ぶ学問だけど、経済は未来学、先を読んで動く必要があります。しかもいまはグローバル化していますからね。経済を学ぶと時代の先も読めるようになると思います。


佐野研二郎

デザインとしてアウトプットする前に、僕はいつもアイデアのもととなる簡単な言葉を個条書きにします。つや姫の場合は、特にこの言語化する作業を重要視しました。僕が山形県庁にプレゼンテーションするだけでなく、山形県庁の担当者が県知事などにデザイン意図を説明し、納得してもらうというプロセスを踏まなければならないからです。


日覺昭廣

どの企業もコストダウンに手を付けないと利益を得られないだろう。東レは2016年度までの3年間で2000億円のコストダウンを実現し、ようやく2000億円の利益が出る見通しだ。


原田隆史

挫折する人は「どうせできない」など後ろ向きの思考を持っていて、それでは結果につながらない。「必ずできる」という強い思いを醸成することが重要。


笠井伸啓

売上高の2桁パーセント以上を研究開発に毎年投じています。従業員のロイヤルティの高さも自慢です。90%以上の従業員が「自分の仕事を誇りに思う」あるいは「自分の仕事が好きだ」と答えており、優れた技術と相まって、この点こそが当社の競争力の源泉になっているのかもしれません。