伊藤貴広の名言

伊藤貴広のプロフィール

伊藤貴広、いとう・たかひろ。日本の経営者。「パルミー」社長。武蔵野美術大学卒業後、ディー・エヌ・エーを経て、イラストやマンガの描き方が学べる無料動画サービス「パルミー」を設立。

伊藤貴広の名言 一覧

自分の好きな場所で、好きなことを学んだり、仕事ができたら、もっとより良い社会になるのではないか。


パルミー以外にも、場所を問わない便利なサービスが登場すれば、日本全国が住みやすい場所に変わると信じています。


インターネットが登場して20年が経ちましたが、今でも「場所」に縛られることが多い世の中です。その結果、若者も進学や就職で都心へ行き、地方の過疎化が進んでいます。当社は、そうした状況を変えたいと、イラストレーターを目指す人たちが「いつでも、どこでもイラストについて学ぶことができるサービス」を提供しています。


高校生まで福岡県飯塚に住んでいました。飯塚にいた頃は「このままずっと、ここにいて大丈夫か?」など、飯塚に居ることに不安を感じていましたが、今は飯塚に帰るとほっとします。聞き慣れた方言、見慣れた景色に安心感を覚えるからです。ふるさとを離れて、初めて故郷の魅力に気付きました。


伊藤貴広の経歴・略歴

伊藤貴広、いとう・たかひろ。日本の経営者。「パルミー」社長。武蔵野美術大学卒業後、ディー・エヌ・エーを経て、イラストやマンガの描き方が学べる無料動画サービス「パルミー」を設立。

他の記事も読んでみる

松村清

人間は五感を使っていろんな情報を集めているが、その中で最も使うのは目だ。米国にはさまざまな人種がいて、英語が通じないこともあるので、資料を見せたり、視覚に訴えようとする。


安河内哲也

私は、教えることはサービス業だと考えています。相手のニーズやレベルを考え、それに合ったものを提供する。部下を育てたいなら、上司もそうした意識を持つべきではないでしょうか。


西村英俊

突然予期せざる不慮の災厄。社長であるあなたは不慮と言ってはいけません。慮外、考えなかった、考えていなかったこと、想定しなかったそのことが、社長の罪と認識すべきです。本来こんな事象が起こることを予知する情報収集を怠っていたということにすぎません。百歩譲ってまったく予知することができないと客観的に証明されたとしても、リスク分散をせずに偏重しすぎて致命的な傷を負ったという責任は残ります。不断の努力の不足ということです。


藤野英人

株式投資で儲ける側になりたければ、情報の発信よりも情報の取得に力を入れるべき。


北尾吉孝

いまだに日本人が金儲けの話などするのは非道徳的だという感覚を持ち続けているのは、ひとえに、誤った金融教育が継続されてきたからに他なりません。


椙岡俊一

売場を削ってでも舞台をつくるという構想は、非常に大きな決断でした。ここまでスケールの大きな話になると、会議ではなかなか決まらない。ごく少数でコンセプトを練り、あとは思い切ってやるしかないんです。


奥山清行

大事なのは言葉より、何を伝えたいかなのです。イタリアの中小企業のオヤジさんが話す英語なんてひどいものですが、それでも彼らはアメリカまで行って自分の商品を売ろうとします。それで商品の良さや売りたいという気持ちはちゃんと伝わるんです。


柳井正

いったん海外に出ていくと、日本にいる時と全く違う環境が待っています。日本ではユニクロと名乗るだけで、ひょっとしたら商品が売れるかもしれない。しかし、海外ではそういうことはあり得ない。ゼロから自分の力を試される。けれども、そういった未体験の環境で、店長として活躍することができれば、その人にとっては大きなキャリアになる。日本のスタイルを単純に持ち込むのではなく、自分の頭で判断して、現地の店長になってほしい。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

失敗とともに、達成度も認める健全な自己肯定力を身に付けておかなければ、あらゆる面で打たれ弱さを露呈していくことになる。自己肯定ができるようになれば、指摘された課題にも冷静に対応できるようになる。


ながやす巧

幸せだね。この年になってまだ描いているんですからね。それが幸せですよね。


生月誠

会社がすべて、という思考から離れて、リラックスし、リフレッシュすることはとても大切。人間、ひとつのことだけに捕われていると、周りの状況やことの流れがまったく見えなくなってしまう。これでは仕事も全くうまく行かない。


川村隆

成長が止まった古い事業に見切りを付け、そこに投資していたヒト・モノ・カネを、伸びる事業に移していくということを継続的にやっていくことが必要。


小池利和

いいことをやって、褒められるのは一番うれしい。自分が会社を支えているとか、自分が利益を生んでいると思い込めるって幸せじゃないですか。失敗しても左遷されたり辞めさせられたりしないように、信賞必罰になっていない部分は確かにある。だけど萎縮しちゃって、出てこなくなるよりはいいと思うので。


古森重隆

弱肉強食のグローバル市場で外国人と対等に渡り合おうと思えば、適切に主張していくことが不可欠。


小林敏(経営者)

手抜きをしてはダメだ。準備を万端にし、後は状況判断を的確にすることが生き残りの道だ。


ページの先頭へ