名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤豊(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤豊(経営者)のプロフィール

伊藤豊、いとう・ゆたか。日本の経営者。「スローガン」社長。栃木県出身。東京大学文学部行動文化学科卒業後、日本IBM、関連会社を経てスローガンを設立。

伊藤豊(経営者)の名言 一覧

新しい産業を作り続ける社会にするためには、優秀な人材こそベンチャーに行くべき。


ネットの発達で情報の伝播力が高まったことで「大義を掲げた起業」が世間の支持を得やすくなった。


世の中にとって必要だけど、誰もやっていないガラ空きゾーンは皆さんが思っているより見つけやすいもの。ただ、地味で手間がかかるので手がつけられていない。起業を考えている人はまず、泥臭く、地道にハードに働けるかを自問してみてください。


大学卒業後、大手外資系企業に就職しましたが、できあがった組織での仕事に物足りなさを感じ、志願して出資先のベンチャーに出向しました。


起業後の2年間は鳴かず飛ばず。そんな中で出会ったのが、松下幸之助さんの「諦めなければ必ず成功する」という言葉です。この言葉を素直に信じ、ダメなりに手を打ち続けるうちに、事業が軌道に乗っていきました。


伊藤豊(経営者)の経歴・略歴

伊藤豊、いとう・ゆたか。日本の経営者。「スローガン」社長。栃木県出身。東京大学文学部行動文化学科卒業後、日本IBM、関連会社を経てスローガンを設立。

他の記事も読んでみる

西山昭彦

「こうやってくれ」と指示するだけでは、部下との間に距離ができてしまいます。むしろ、あけっぴろげに「上層部はこういう意向なんだけれど、どうしたらいいだろう。一緒に考えてくれないか」といった姿勢で臨むと、信頼は集まりますね。


青野慶久

社員の側にも、自分はこうしたい、こうしてほしいということがあるならば、包み隠さずに意思表明してもらわないと、それを実現するための施策を議論することさえできません。私は日頃からサイボウズのメンバーに、「会社のことを飲み会で愚痴るのは卑怯者だ」と釘を刺しています。モヤモヤすることや問題と感じることがあるなら、まず直属の上司に問いかけてほしい。直属の上司が動かなければ、その上の上司に。それでも変わらなければ、最終的には私に言ってほしい。陰で不平不満をこぼすのは、卑怯な振る舞いだと思うのです。


林元徳

座右の銘は「凡事徹底」です。司馬遷の言葉なのですが銀行員だったころから行動の指針にしています。当たり前のことを当たり前にやる。何事も王道はなく、地道にコツコツやっていくのです。そして、やると決めたことはできるまで諦めない。事業を始めて7年が過ぎましたが、やるべきことをコツコツとやっていく中で、様々な面で事業をサポートしていただける多くの方々と出会うことができました。


劉備玄徳

これ賢、これ徳、よく人を服す。
【覚書き|息子の劉禅に対する遺書の一節。賢とは聡明さ、徳は人徳を表す。部下や国民を感服させ上手く用いるには、武力や権威ではなく聡明さや思いやりの方が重要だという言葉。関羽、張飛、諸葛亮などの有能な人物から信頼を受け国をつくり上げた劉備の人となりをよくあらわした発言】


鈴木亜久里

いくら仕事をできるといったって、一人の作業能力なんてたかが知れているでしょう。10人分や20人分の仕事はできない。マネジャーになりたいのなら、自分がプレーヤーとして成果を出すことよりも、20人、30人の組織をギクシャクしない形で動かせる能力を磨いていかなきゃ駄目ですね。


植木義晴

ワンフライトを終えると、必ず反省点がありますし、落ち込むこともありますが、次またやるぞという気分になっていけます。これがパイロットの魅力ですね。


水田正道

我々の社会に対する価値というのは、1つは多様性のある働き方をとことんサポートしていくこと、そしてミスマッチの極小化です。これからデジタル社会になりますと、非常に大きなミスマッチが予想されています。最近の報道でもメガバンクの人員削減が出ておりますが、特にホワイトカラーの一部の仕事は、おそらくAIなどに代替されていくことがわかっています。しかし、一方で、ものすごい人手不足です。そこを流動化させることによって生産性を上げていくことが、これからの日本の大きなテーマだと思います。


大河正明

銀行マンだった私はJリーグへの出向を命じられ、その後の人生が大きく変わりました。そこで川淵(三郎)さんに出会いました。川淵さんはよく「Jリーグは誰のためにあるのか?」というようなことをおっしゃっていました。Jリーグは選手、サポーター(ファン)、地域社会によって支えられていると。


楠本修二郎

私共のカフェは多様な表情を持っていますので、マーケティング視点とそれをプロデュースしていく展開力を持った社員をどれだけ育てられるかが多店舗化のキーとなります。マニュアルで教育するのではなく、理念と夢を語り、新たにカフェを作る際はそのカフェが地域の中でどういう役割を演じようとしているのかをメンバーと一生懸命話し合っています。


澤上篤人

自分がバリバリと働きたい、成長したいという気概があるなら、一度、めちゃくちゃに勉強して、めちゃくちゃに働いてみろといいたい。世界には信じられないほど勉強して、働いてトップに登りつめていこうとしている連中がいっぱいいます。そこで競争するとものすごい成長ができます。


林高生

新規事業を立案する人と推進していく人が必ずしも同じ人ではないことに気が付きました。立案が得意な人もいれば、推進が得意な人もいる。


森内敏晴

ビジネスの舞台の範囲が広くなるほど、経営の根幹をなす理念を堅持していくことは、より重要になるでしょう。