名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤豊(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤豊(経営者)のプロフィール

伊藤豊、いとう・ゆたか。日本の経営者。「スローガン」社長。栃木県出身。東京大学文学部行動文化学科卒業後、日本IBM、関連会社を経てスローガンを設立。

伊藤豊(経営者)の名言 一覧

新しい産業を作り続ける社会にするためには、優秀な人材こそベンチャーに行くべき。


ネットの発達で情報の伝播力が高まったことで「大義を掲げた起業」が世間の支持を得やすくなった。


世の中にとって必要だけど、誰もやっていないガラ空きゾーンは皆さんが思っているより見つけやすいもの。ただ、地味で手間がかかるので手がつけられていない。起業を考えている人はまず、泥臭く、地道にハードに働けるかを自問してみてください。


大学卒業後、大手外資系企業に就職しましたが、できあがった組織での仕事に物足りなさを感じ、志願して出資先のベンチャーに出向しました。


起業後の2年間は鳴かず飛ばず。そんな中で出会ったのが、松下幸之助さんの「諦めなければ必ず成功する」という言葉です。この言葉を素直に信じ、ダメなりに手を打ち続けるうちに、事業が軌道に乗っていきました。


伊藤豊(経営者)の経歴・略歴

伊藤豊、いとう・ゆたか。日本の経営者。「スローガン」社長。栃木県出身。東京大学文学部行動文化学科卒業後、日本IBM、関連会社を経てスローガンを設立。

他の記事も読んでみる

臼井由妃

ちょっとした確認や感想を余計なひと言にしないためには、「とっさの言葉選び」のサンプルを持つことが重要。「この場面ではこう言う」といったフレーズを、ストックしておくとよいでしょう。その際、重要なキーワードとなるのが「心」。「心」という言葉を絡めて発したひと言は、同じ意味でもより好印象になる、という法則を覚えておきましょう。たとえば、取引先に手土産を渡す際の「つまらないものですが」。決まり文句ではありますが、「つまらないものを選んだのか」という印象は避けられません。しかし、これを「心ばかりのものですが」と言い換えると印象が一変します。「お待ちしておりました」という通り一遍の挨拶も、「心待ちにしておりました」と言えば格段に印象がよくなります。言葉の上に、文字どおり「心」が添えられているからです。


出口治明

ある分野で飛び抜けた実績を収めている人は、「好きなことはとことんやる人間」だと考えられる。そういう人を採用して、あとは長所を徹底的に伸ばせばいい。長所とは、言い換えれば尖っている部分。


ブッダ(釈迦)

愚かな人は、「私には息子がいる」「私には財産がある」などといってそれで思い悩むが、自分自身がそもそも自分のものではない。ましてや、息子が自分のものであろうか。財産が自分のものであろうか。


高橋浩一(ビジネスコーチ)

ソフトバンクの孫正義氏も、アップルのスティーブ・ジョブズ氏も、彼らが人の心をつかんでいる理由として、名演説やプレゼンテーションが注目されています。しかし、注目すべきは「自分から動くことで人を動かしている」点だと考えます。そのカリスマ性で多くの社員を牽引しているように見える孫氏も、ソフトバンクの社員から聞いた話によると、「社内で一番こだわって仕事をして、一番働いている。その上で、謙虚な姿勢を崩さないから皆がついていくんです」ということでした。


国部毅(國部毅)

銀行は組織ですから、銀行の方針には従ってもらわないといけない部分はあります。でも、例えば企業に対して資金を円滑に供給するとか、日本経済が復活しようとしている中で、それを金融面から支えるといった銀行員としての使命感を持って仕事をしてほしいのです。


永守重信

教育の現場では、とかく偏差値で人を区別しようとしますが、それではダメです。その分野にふさわしい人材を育成する教育でなくては。何かが生み出される背景には、基礎研究もあれば、設計開発もあるし、生産技術だってあります。そこに東大卒、京大卒の人材ばかり置いたって、世の中は回らないのです。それぞれの場に適した人材にいてもらわないといけません。


高原豪久

新商品を出したりリニューアルをするときは、必ず顧客の未来のニーズを予測することにしています。未来といっても、決して遠い未来ではありません。社内では「明日のニーズ」という言い方をしていますが、これは言い換えれば「明日の不満」です。顧客の「明日の不満」を解決する機能は何かをリサーチするわけです。


大山健太郎

仕組み作りは経営の基本。どんな時代環境でも利益の出せる仕組みを作ることが大事。儲けるのでなく、利益が出る仕組みです。


道脇裕

発明にはゴールがない。「もっと良くならないか」と考え続ける。常に通過点で、絶対的な正解もない。


大野直竹

オーナー(創業者・石橋信夫)は創業百周年で売り上げ10兆円という夢があった。そういう夢というのは、僕らに立ち止まってはいけないよということを教えていると思うんです。


吉野佳秀

上場とは企業情報を公開することで資本を受け入れ、情報や出資が得られるわけです。10年以上かけてIPOしましたが、とんでもない新しい世界に入ったと思いました。情報や資金だけでなく、人材の集まりや信用の度合いが全く違う。市場が評価して認めてくれているわけですから、恵まれた環境をバックにまた戦えます。


野村修也

「敵は内側にいる」可能性がある。従業員の不満が多い会社では、社内の情報が故意に漏洩されるようなこともある。