名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤誠一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤誠一郎のプロフィール

伊藤誠一郎、いとう・せいいちろう。日本のビジネスコーチ(プレゼンテーション)。東京出身。学習院大学法学部法学科卒業。大学卒業後、医療情報システム、コンサルティングなどの仕事に従事。年間100回以上のプレゼンテーションを何年も行い、プレゼンノウハウを確立。その後独立し、プレゼンテーションについて教えた。著書に『バスガイド流プレゼン術』ほか。

伊藤誠一郎の名言 一覧

上から視線のプレゼンは嫌われます。一方、聞き手と同じ視点で「一緒に考えてみませんか?」と語りかけると、相手も素直に聞いてくれるのです。


多くの人は営業やプレゼンの席で、「私の商品はこんなに優れています」など、「私」を主語にした話し方をします。こういう押しつけがましい話し方は、拒否反応を呼ぶ公算が大。むしろ、「あなたが求めているのは~ですか?」のように、相手を主語にして語りましょう。その方が、ずっと相手の心に響くものです。


初対面の相手に、商品やサービスを買ってもらおうと期待するのはNGです。仮に買ってもらえても、次の人脈を紹介してもらえる確率は大きく下がってしまいます。むしろ、先に相手に貢献できないかと考えましょう。損得抜きで信頼関係を築けば、さらに別の人を紹介され、結果的に大きな人脈を得ることができるのです。


営業をする時、アナウンサーのようにきれいな話し方をする必要はありません。むしろ私は、少し話し方にクセがあるくらいが、味があっていいと思います。私は東京の下町出身で、気を抜くとべらんめえ口調が出てしまうのですが、その方が私らしさが出るのか、かえって好評です。


伊藤誠一郎の経歴・略歴

伊藤誠一郎、いとう・せいいちろう。日本のビジネスコーチ(プレゼンテーション)。東京出身。学習院大学法学部法学科卒業。大学卒業後、医療情報システム、コンサルティングなどの仕事に従事。年間100回以上のプレゼンテーションを何年も行い、プレゼンノウハウを確立。その後独立し、プレゼンテーションについて教えた。著書に『バスガイド流プレゼン術』ほか。

他の記事も読んでみる

いとう伸

「つかみ」の重要性は、一般的な営業でも同じです。最初にお客様に嫌われてしまったら、その後どんなに時間をかけても挽回するのは困難です。ただ逆にいえば、つかみでお客様の心を開くことができれば、成約できたも同然。第一印象次第で、売れない営業マンもどんどん売れるようになります。


三木雄信

人間の脳が一度に把握できる数は「7」と言われています。机の上の硬貨が何枚か置いてあっても、その数を普通の人が一目で確認できるのは7枚程度までなのです。8ケタの電話番号を記憶しようとしてもなかなか覚えられず、何か語呂合わせを考えて記憶しようとするのも、こうした理由があるからなのでしょう。だから仕事の計画に10項目以上の細かな内容を詰め込んで、メンバーと共有しようと思っても、それはどだい無理な話なのです。


吉村久夫

会津藩の教育方法を調べると、制度の完成度もさることながら、家庭環境もしっかりしていたことが伺えます。有名な「什(じゅう)の掟」の最後を締める「ならぬことはならぬものです」という言葉は、世の中にはやってはいけないことがあると端的に教え込んでいる。


ロバート・キヨサキ

起業家が果たすべき非常に重要な役目のひとつに、ビジネスの供給サイドと需要サイドとの調整がある。過剰な供給や在庫は、ビジネスが行き詰まる原因になる。逆に、需要が急増して供給が追い付かないときも、結果は同じだ。顧客は、欲しい物が手に入らないとわかると、競合他社の製品に走ってしまうかもしれないからだ。需要もなく、供給もままならないとなれば、そのビジネスは、早晩消える運命にある。


厳浩(経営者)

我々がどんなに素晴らしいプロジェクトに参加しても、プロジェクトが終わり、自分たちの役目も終わったら、当社には何も残らなくなってしまいます。成果物はお客様の企業にあるからです。では、我々に何が残るのか。あるいは何を残すべきか。そこで考えたのが、サービスを体系化して残していくことでした。たとえば、サービスの価格化は見えないのでなかなか難しい。そのため個人プレーでやっていると、社長とお客様の人間関係で価格が決まってしまう。でも、これでは一代限りの仕事になって長続きしない。だからこそ、体系化が大事なのだと考えています。つまり、サービスを商品にしていくことです。そうすることで、個人頼みのサービスが一般性を帯びた商品になり、また組織としての強さを持つようになると考えています。ここが1つの分かれ目だと思うのですが、この転換をなかなかできない会社はプロジェクトのリピートだけで終わってしまうと思います。


田部文一郎

いつでも、人はヤケクソになってはいけないと思う。その状況下で最善のものは何かと考え、それに向かって努力する。それでも駄目なら、仕方がないが、あくまでも最後まで努力しなければならない。人生に困難はつきものである。要はそれに向かう当人の心の持ち方である。


岩渕拓也

基礎研究を始めるときに、その成果をどうやって成長させていくのか、どうやって事業としてマネタイズしていくのかまで考えて意思決定をすることは必要不可欠です。たとえば現在、日本の大学に支給される科学研究費は、「たった今(短期的に)ユニークな課題」に対して与えられがちです。しかし、セルスペクトでは、中長期目線で社会価値に通じると期待される研究に対して、投資しています。


織畠潤一

グローバルだからこそ、日本のことをちゃんと知っておく必要がある。これはとても残念なことですが、同世代の人にしても、自分の子どもたちに比べても、海外に育っていた私のほうがよほど日本の歴史や文化について詳しかったりするということです。外国人とコミュニケーションを交わす機会が増えてくれば、確実に聞かれます。京都はどんなところですか。奈良には何がありますか、と。それについて「いやぁ、ちょっとよくわからないです」では、やっぱり困るわけです。日本人が英語でしゃべるからこそ、日本のことを理解しておかないといけない。そうでなければ、アメリカ人が英語でしゃべっているのに、勝てるわけがないんですよ。


齋藤孝(教育学者)

会議で必要なのは天才的なひらめきではない。誰かの発言をヒントに、「それならこれもできる」と全員でイメージを膨らませ、それを積み上げてゴールを目指すことが大事。


松本桂樹

緊張とは生命維持や危険回避といった「自己保存」のための反応です。したがって、緊張しているときの意識は自分だけに集中しています。失敗したらどうしよう、評価が下がるかもしれないと、すべて自分が傷つくことを恐れる思考へ気持ちが向かうのです。五感を使うと、こうした思考をストップできます。「ゆっくり深呼吸をする」「身体を動かして筋肉のこわばりをほぐす」など、単純ですがこれが意外に効果絶大なのです。


村尾信尚

長年組織で働いてきた私の実感でいえば、仕事のできる人とはスタンドプレーよりもチームプレーができる人ですね。協調性があって、チームで働くことを自覚しながら、自分の役割の中で全力を尽くそうとする人です。


高岡浩三

相手の「心の問題まで考える」ことは、これからのビジネスに欠かせない。