名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

伊藤誠一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤誠一郎のプロフィール

伊藤誠一郎、いとう・せいいちろう。日本のビジネスコーチ(プレゼンテーション)。東京出身。学習院大学法学部法学科卒業。大学卒業後、医療情報システム、コンサルティングなどの仕事に従事。年間100回以上のプレゼンテーションを何年も行い、プレゼンノウハウを確立。その後独立し、プレゼンテーションについて教えた。著書に『バスガイド流プレゼン術』ほか。

伊藤誠一郎の名言 一覧

上から視線のプレゼンは嫌われます。一方、聞き手と同じ視点で「一緒に考えてみませんか?」と語りかけると、相手も素直に聞いてくれるのです。


多くの人は営業やプレゼンの席で、「私の商品はこんなに優れています」など、「私」を主語にした話し方をします。こういう押しつけがましい話し方は、拒否反応を呼ぶ公算が大。むしろ、「あなたが求めているのは~ですか?」のように、相手を主語にして語りましょう。その方が、ずっと相手の心に響くものです。


初対面の相手に、商品やサービスを買ってもらおうと期待するのはNGです。仮に買ってもらえても、次の人脈を紹介してもらえる確率は大きく下がってしまいます。むしろ、先に相手に貢献できないかと考えましょう。損得抜きで信頼関係を築けば、さらに別の人を紹介され、結果的に大きな人脈を得ることができるのです。


営業をする時、アナウンサーのようにきれいな話し方をする必要はありません。むしろ私は、少し話し方にクセがあるくらいが、味があっていいと思います。私は東京の下町出身で、気を抜くとべらんめえ口調が出てしまうのですが、その方が私らしさが出るのか、かえって好評です。


伊藤誠一郎の経歴・略歴

伊藤誠一郎、いとう・せいいちろう。日本のビジネスコーチ(プレゼンテーション)。東京出身。学習院大学法学部法学科卒業。大学卒業後、医療情報システム、コンサルティングなどの仕事に従事。年間100回以上のプレゼンテーションを何年も行い、プレゼンノウハウを確立。その後独立し、プレゼンテーションについて教えた。著書に『バスガイド流プレゼン術』ほか。

他の記事も読んでみる

豊田一成

人間は自分が評価した自分の能力にすごく執着し、つい人のせいにしがちですが、自分の頭で考え、反省して、悪いときのイメージをいいときに置き換えることで行動する力がついてくる。結果、自分のせいにできる人は、集中して物事に向き合えるようになるんです。


ジェフ・ベゾス

私たちがやろうとしているのは、デバイスを消すことなんです。デバイスそのものがカッコイイとか機能が豊富とかではありません。まるで紙の本のように、作者の世界や物語に読書の中で没頭してしまうようにしたい。本の装丁、紙、インク、そういったものがすべて消えて没頭してしまう読書体験を実現したいと思っています。


横山光昭

クレジットカードは便利ですが、お金を使っている実感が持ちにくく、浪費を招きやすいものです。カードを使わないとポイントなどの面では損に思えるかもしれませんが、出費が自然と減り、結果的にポイント以上の節約ができます。


安部辰志

結局最後は、心がものを言う。


原田泳幸

外食産業はIT産業より動きが早いと言ったら、意外に思われるかもしれません。しかし、実際その通りなのです。だから怖い。IT業界ではユーザーが買い換えるのは数年に一度。だから、よそを向いている間に一瞬で世の中が変わってしまうということはありません。その点、外食業界では、お客さんは数秒で「これ食べよう」と決めます。マクドナルドの年間のお客さんは14億人。これだけの人々が数秒で選択し続けているのです。何かひとつ間違えれば、あっという間に変わってしまいます。


田村恵子

最近の若い看護師は、やりたいという気持ちは強いけれど、知識が乏しくてトレンドに振りまわされる傾向があります。しかし、日野原重明先生が指摘されたように、看護というのはサイエンスとアートの融合であって、やはりまずはサイエンスの部分を学んでもらわなければはじまらないところがあるわけです。


成毛眞

うまくいかないとわかったら、早く撤退することも大事です。始めるときと同じように、やめるのも瞬時に判断することが大事です。


樋口武男

凡事徹底。当たり前のことを当たり前にやるということです。言われたことはすぐやる。必ずやる。最後までやる。ずっとやる。これが大事。


南原竜樹

仕事をするときは110%の力でやる。70%の力で仕事を続けていると、能力は下がっていってしまうけれど、10%でも自分に負荷をかければ成長することができる。昔は会社や上司がストレスをかけていたけれど、いまそれをやったらパワハラ問題になるので、なにも言ってくれない。気づいたときにはお払い箱になっている。だからこそ、自分でストレスをかけないと、成長することはできない。


香山リカ(精神科医)

仕事を抱えて悶々としている人は、思い切って仕事を他の人に振ってみることをお勧めします。自分の仕事を手放すことに抵抗を感じるのなら、余裕があるときに相手の仕事も手伝ってあげればいいのです。お互いの得意不得意を踏まえて仕事を交換するのだと考えれば、抵抗感を減らせるはずです。


笠原健治

ユーザーが使用している様子をサイト上で観察したり、ユーザーを集めてヒアリングをしたり、アンケートを取ったり、コミュニティや掲示板でサービスの評判をチェックしたりと、相当な手間をかけて情報を収集しています。そして、集まった情報の中から、ユーザーが求めるサービスには何が大切か、優先順位を決めるのです。


杉山博孝

社員からの声に対して、見える形にフィードバックすることがリーダーの役目です。社員に「ほんとうに、従来のやり方にとらわれなくてもよいのだ」と実感してもらうためには、社員のどの意見を取り上げ、会社としてどのように実行するのか、取り上げない場合にはその理由は何か。こういった開示を意識して行っていきたいと考えています。