伊藤誠一郎の名言

伊藤誠一郎のプロフィール

伊藤誠一郎、いとう・せいいちろう。日本のビジネスコーチ(プレゼンテーション)。東京出身。学習院大学法学部法学科卒業。大学卒業後、医療情報システム、コンサルティングなどの仕事に従事。年間100回以上のプレゼンテーションを何年も行い、プレゼンノウハウを確立。その後独立し、プレゼンテーションについて教えた。著書に『バスガイド流プレゼン術』ほか。

伊藤誠一郎の名言 一覧

上から視線のプレゼンは嫌われます。一方、聞き手と同じ視点で「一緒に考えてみませんか?」と語りかけると、相手も素直に聞いてくれるのです。


多くの人は営業やプレゼンの席で、「私の商品はこんなに優れています」など、「私」を主語にした話し方をします。こういう押しつけがましい話し方は、拒否反応を呼ぶ公算が大。むしろ、「あなたが求めているのは~ですか?」のように、相手を主語にして語りましょう。その方が、ずっと相手の心に響くものです。


初対面の相手に、商品やサービスを買ってもらおうと期待するのはNGです。仮に買ってもらえても、次の人脈を紹介してもらえる確率は大きく下がってしまいます。むしろ、先に相手に貢献できないかと考えましょう。損得抜きで信頼関係を築けば、さらに別の人を紹介され、結果的に大きな人脈を得ることができるのです。


営業をする時、アナウンサーのようにきれいな話し方をする必要はありません。むしろ私は、少し話し方にクセがあるくらいが、味があっていいと思います。私は東京の下町出身で、気を抜くとべらんめえ口調が出てしまうのですが、その方が私らしさが出るのか、かえって好評です。


伊藤誠一郎の経歴・略歴

伊藤誠一郎、いとう・せいいちろう。日本のビジネスコーチ(プレゼンテーション)。東京出身。学習院大学法学部法学科卒業。大学卒業後、医療情報システム、コンサルティングなどの仕事に従事。年間100回以上のプレゼンテーションを何年も行い、プレゼンノウハウを確立。その後独立し、プレゼンテーションについて教えた。著書に『バスガイド流プレゼン術』ほか。

他の記事も読んでみる

森下篤史

車が必要な時、車がなくてもやれる方法を全て試せ。それでもだめなら貰って来い、拾ってこい。最後に買え。「当然中古!」


ジム・ロジャーズ

嫌われ者を安く買えば儲かる。


南原清隆

体が動く40代のうちはできるだけムチャをしていくこと。それをテーマにやっていこうと思っています。


ジム・ヘプルマン

当社の顧客には有名な自動車会社や医療機器メーカー、航空機会社など世界的な企業も少なくありません。これは当社がお客様とともに、競争優位性を得るための価値をつくり出しているためで、また重要な戦略パートナーとして認知されている結果でもあると考えています。


古屋兎丸

「風のそよぎ」とか「シワの変化」とか微妙な動きを出したい。そこに読んでいる人が気づいて、余韻を深めてくれたらいいな。「さわっ」って感じを出したい。


出口治明

理不尽なクレームはとにかく丁寧に相手の話を聞く。よく聞いたうえで、できないものはできないとハッキリ言う。それでもダメなら上司に相談する。これが基本です。


村上憲郎

米国企業は、甚大な被害が及ぶ可能性がある場合を除き、平気で完成度の低い製品やサービスを世に送り出します。顧客からフィードバックをもらい、改善を重ね、完成度を高めていきます。何よりもスピードを最優先します。一方、日本企業は様々な心配事をひとつひとつ潰して、ようやく世に送り出す。これでは競争のスピードについていくことは難しいでしょう。


川原礫

スティーヴン・キングは、小説を「鉱脈」にたとえています。どこかに埋まっているものであり、それを掘り当てた人が書いている、という考え方ですね。実は、僕も同じような感覚。『SAO』という世界がどこかにあり、それを覗き見る権利を偶然手に入れたのが僕だった。僕は切り口だけを考え、この世界をみなさんにお届けする。そんなイメージなんです。


立石義雄

全社員の意識改革に最も効果があった施策のひとつが、本社の移転と社名変更でしょう。社名の由来となった京都・御室(おむろ)の仁和(にんな)寺の近くから、京都駅前、つまり表舞台に本社を移しました。また、立石電機からオムロンに変えることによって、社員から見れば「創業家の会社から自分たちの会社になった」わけです。いずれも創業者(立石一真)が健在なうちに実行できて、本当に良かったと思います。


田渕裕哉

証券会社で営業マンをしていた頃、副業で特許翻訳のサービスを始めました。サービスの核となる翻訳は、私よりもっと英語が堪能な知人のネットワークに任せ、私は自信のあった営業スキルを活かすことにしました。その結果、早々に顧客がついて、半年で他のビジネスとあわせて月収200万円以上も稼げるようになりました。


淡輪敏

マイナスの要因を最小限に抑える一方で、成長分野への投資を仕掛けることが、復活への出発点。


ピーター・ドラッカー

会計学者や経営者は「純利益」という言葉を使うが、企業経営ではそんな言葉を使ってはいけない。「フューチャー・コスト(未来費用)」と呼ぶべきだ。企業というのは、リスクを負うために失敗することもある、そのときのために未来のコストを留保してあるのであって、利益の蓄積ではないのだ。


見城徹

幻冬舎を立ち上げたのが43歳のときです。最初の3~4年というのは、まあ、デスマッチを毎日やっているという感じでしたよ。耳鳴りはするしね(笑)。幻冬舎ができる前までの20年間で、出版社を起こして成功した例なんてひとつもなかったですから、周りの誰からも「やめとけ」って言われました。誰もが「見城は失敗するだろう」と踏んでいた。


川邊健太郎

額は大したことないのですが、ウォーターサーバーには象徴的な意味があります。もう一回、ヤフーを今までとは違う次元の成長に持っていく。そのためには、現場のみんなを大事にするんだ、というメッセージを打ち出すためにウォーターサーバーを元に戻しました。
【覚書き|リーマンショック後に経費削減のために撤去したウォーターサーバーを歳設置したことについて語った言葉】


渡邉美樹

働くことは楽しいことであり、自己実現の手段であり、人間性を高められる。


ページの先頭へ