名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊藤與朗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤與朗のプロフィール

伊藤與朗、いとう・よしろう。日本の経営者。会員制リゾート運営で日本のトップシェアを誇るリゾートトラスト創業者。バブル崩壊後の平成不況のさなか、大型リゾート施設を建設したり、初島クラブなど破たんした施設を買収再建し規模を拡大した。

伊藤與朗の名言 一覧

日本はいま、深刻なデフレと言われていますが、30年前の苦労を知らない経営者がバブルに乗ったツケが大きいのではないでしょうか。要は、自分の実力を知らなすぎたのです。本来、東京にドーム球場を建設したって採算が難しいのに、福岡に作ればどうなるか、自明の理でしょう。昨今は経営破たんが相次いでいますが、危機感が乏しく、身の丈を超えた経営をやってきた会社がみんな駄目になっています。


景気のいい時は、うまい話は山ほど集まります。うちにも来ましたよ。「ハワイのゴルフ場を200億円で取得しないか。銀行が全額カネを用意するから、事業主は一銭も使わずに済む」といった具合です。でも、中身は全部借金ですよ。いまじゃ10分の1の価値しかありません。もちろん、うちは飛びつきませんでした。


うちは初島クラブのように破たんしたリゾートを相次いで再生してきました。経験から言えば、再生とはビジネスモデルをガラリと変えることです。まず、社員の質の低下は絶対に避ける必要があります。悪い期間が長すぎると、本業が劣化してどうにもならなくなります。再生事業は生ものを扱うわけですから、この点でも悠長に構えず、危機感を持って事に当たらないと間に合いません。


創業時の厳しい体験がなかったら、単純な右肩上がりの発想のまま、いまごろうちも駄目になっていたでしょうね。企業というのは企画力だけでは回らない。営業や財務などを合わせた総合力が重要だ。そう痛感して、この30年間、大手観光会社や生命保険会社から人材を採用し、バランスのとれた会社を目指してきました。


伊藤與朗の経歴・略歴

伊藤與朗、いとう・よしろう。日本の経営者。会員制リゾート運営で日本のトップシェアを誇るリゾートトラスト創業者。バブル崩壊後の平成不況のさなか、大型リゾート施設を建設したり、初島クラブなど破たんした施設を買収再建し規模を拡大した。

他の記事も読んでみる

エラン・カッツ

人は、自分が興味を持ったものだけ覚えています。数学に興味がある人は、数字や数学に関する知識をよく覚えているし、雑学に詳しい人は様々な事柄への好奇心が強い。人の名前をよく覚えているのは、他人への関心が高い人といえます。


外井浩志

社員に能力差があるのは当然。そこを考慮せずに仕事を振り、できなければ残業しろ、はもう時代にそぐわない。


黒田武志

我々は「ビジネスを通じて偉大な作品をつくる」という企業理念を掲げています。ここでいう作品とは、宅配便を使ったリサイクルの仕組みのことを指しています。私が歳をとって企業家人生を振り返るときに、「いい作品をつくった」と人々に言ってもらえるような仕組みが完成すれば、それに勝る喜びはありません。


植木義晴

いままでJALになかったことですが、職種も年齢も役職も会社も違うJALグループの社員3万2千人が「JALフィロソフィ教育」と呼ばれる同じ教育を年4回受講しています。しかも職種の異なる社員が1つのテーブルを囲み、ディスカッションを中心に学んでいます。当然、私も含めて役員も交じって学んでいるんです。さらに、どうすればより良い仕事ができるか、自主的に勉強会を行っていますね。朝礼なんてものもない会社でしたが、社員同士で情報を共有する文化も生まれています。そうすると、面白いもので、メールのやりとりをしても文面にフィロソフィの言葉が使われるんですね。


坂根正弘

競合他社にモノづくりのコストで負けていないことをデータで示し、贅肉を削いでいけば我々は復活できるんだ、ということを皆に訴え続けた。犠牲となる社員への配慮は必要ですが、物事の本質論に照らせば、この工場を存続させることはありえない。それだけの確信があるのであれば、後は地道に説得していくしかない。


クルト・ボック

人の生活水準を高める化学(ケミストリー)を作り出していくことが、科学(サイエンス)の役割。


レイ・クロック

我々が進歩するためには個人でもチームでもパイオニア精神で前進するしかない。企業システムの中にあるリスクを取らなければならない。これが経済的自由への唯一の道だ。他に道はない。


平野香奈絵

私は美容クリニックに出会ったことで、自分の肌の悩みが劇的に改善しました。ですが、ほんの10年くらい前の美容クリニックって、「私通ってます」ということが言えない世の中の風潮がありました。悪いことをしているわけではないのに、なぜか人に言えず、隠れて行動しているような空気があったんです。これは昔ほどではないにしろ、今も同じような空気はあると思うんです。私はそうした世の中の空気を変えたい。美容医療の世界は、昔から悩み、コンプレックスだったものを解決してくれる有難い存在です。困りごとを解決してくれて喜んでいる人がいるんですから、何でコソコソしなきゃいけないのかと思うんですね。でも、これは医師の方が言ってもあまり説得力はないのではないかと。あくまで患者目線・消費者目線で発信していかないと、説得力がなく、純粋に美容医療が飛躍的に広がらないのではないかと思ったのです。


重田敦史

「明るく働きがいのある職場づくり」は、当たり前のようでいて、なかなか実現は難しいものです。そのために、部長をはじめとした管理職に仕事はできる限りボトムアップで進めさせ、その過程で部下をほめまくるように伝えてあります。そうすることで職場がオープンでリベラルな雰囲気に変わっていきますし、それがまた、人材育成にも有効な手段となります。


田口三昭

子供服ブランド「トンカワールド」は、6年で累積6億円の赤字を出し、撤退した。お客様の声を拾いすぎて、オリジナリティを出せなくなってしまった。


大嶋啓介

苦労したり、バカにされたり、失敗したりすることはたくさんあったけれど、その経験があるからこそ、いつ何が起こるかわからない人生を楽しめるようになれた。


芦田昭充

周囲の人に自分の意見をぶつける前に、データを集めて、分析して、慎重、積極の両面から検討を加えておくことが大切です。自分の出した答えもパーフェクトではないわけですから、今度はそれを周囲の人に叩いてもらう。