名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤與朗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤與朗のプロフィール

伊藤與朗、いとう・よしろう。日本の経営者。会員制リゾート運営で日本のトップシェアを誇るリゾートトラスト創業者。バブル崩壊後の平成不況のさなか、大型リゾート施設を建設したり、初島クラブなど破たんした施設を買収再建し規模を拡大した。

伊藤與朗の名言 一覧

日本はいま、深刻なデフレと言われていますが、30年前の苦労を知らない経営者がバブルに乗ったツケが大きいのではないでしょうか。要は、自分の実力を知らなすぎたのです。本来、東京にドーム球場を建設したって採算が難しいのに、福岡に作ればどうなるか、自明の理でしょう。昨今は経営破たんが相次いでいますが、危機感が乏しく、身の丈を超えた経営をやってきた会社がみんな駄目になっています。


景気のいい時は、うまい話は山ほど集まります。うちにも来ましたよ。「ハワイのゴルフ場を200億円で取得しないか。銀行が全額カネを用意するから、事業主は一銭も使わずに済む」といった具合です。でも、中身は全部借金ですよ。いまじゃ10分の1の価値しかありません。もちろん、うちは飛びつきませんでした。


うちは初島クラブのように破たんしたリゾートを相次いで再生してきました。経験から言えば、再生とはビジネスモデルをガラリと変えることです。まず、社員の質の低下は絶対に避ける必要があります。悪い期間が長すぎると、本業が劣化してどうにもならなくなります。再生事業は生ものを扱うわけですから、この点でも悠長に構えず、危機感を持って事に当たらないと間に合いません。


創業時の厳しい体験がなかったら、単純な右肩上がりの発想のまま、いまごろうちも駄目になっていたでしょうね。企業というのは企画力だけでは回らない。営業や財務などを合わせた総合力が重要だ。そう痛感して、この30年間、大手観光会社や生命保険会社から人材を採用し、バランスのとれた会社を目指してきました。


伊藤與朗の経歴・略歴

伊藤與朗、いとう・よしろう。日本の経営者。会員制リゾート運営で日本のトップシェアを誇るリゾートトラスト創業者。バブル崩壊後の平成不況のさなか、大型リゾート施設を建設したり、初島クラブなど破たんした施設を買収再建し規模を拡大した。

他の記事も読んでみる

田中仁(経営者)

仕事は一人で完結するものではなく周囲の人を巻き込んで進めていくものですから、チームの協力を得るために、相手のことを知らなくてはなりません。


ショーンK

私たちは目標が明確で、その目標を達成できるという自信があるときは、少々の困難に直面しても乗り越えることができます。しかし、目標と自信を失い、他の人からも否定されれば、途端に精神的に弱い存在になります。たとえるなら、地図も羅針盤もなくした状態で、たった一人、森の中に放り出されてしまったようなものですからね。


井上智治(コンサルタント)

同僚や取引先の人たちから「いやな奴だな」と思われるようでは、真に仕事ができるとはいえません。とくに顧客に対して鼻持ちならない態度をとるようでは、「できる・できない」以前に、仕事の妨げになって迷惑です。


R・C・バルガバ

これだけの人気があるのだから値上げするという選択肢もありました。しかし、我々はあえてその方法を選びませんでした。当初人気があったからといって、我々が値段をあげれば、富裕層しか買えない車になってしまいます。それでは市場は広がりません。
【覚書き|スズキとの合弁会社に初年度12万人からの注文が殺到したときを振り返っての発言】


齋藤孝(教育学者)

もし「自分は話し下手で、雑談もあまり得意ではない」という人がいるなら、相手の話に質問で返すことをお勧めします。「私、犬を飼っているんですよ」と言われたら、「私も犬を飼っていましてね」と自分の話をするのではなく、「どんな種類の犬なんですか?」と質問するのです。


ネルソン・ロックフェラー

私たちは父(石油王ジョン・D・ロックフェラーの息子ロックフェラー2世)から週25セントもらい、その他のお金は自分たちで稼がなくてはなりませんでした。私たち兄弟は常に働いて稼ぎました。


塚越寛

他人や流行に踊らされずにじっくり会社を育てていくことが大切。


岡野喜太郎

私はもう安閑として机にかじりついている気がしなくなった。学校を退き、家事を手伝って、我が家の危機を乗り越えるとともに、村の窮乏を救うために努力したいと決心した。貯蓄と言っても一人ではなかなかできにくい。また村全体が立ち直るには、村全体がやらねば意味がない。私は貯蓄組合をつくろうと思った。
【覚書き:上記は岡野氏が20歳のころに郷里の大飢饉を目の当たりにして立てた志。旧制中学は現在の高校】


松村厚久

何事も死ぬほど本気で、全力で。


高田明(ジャパネットたかた)

今を一生懸命生きていれば、必ず挑戦しなければならないことに遭遇します。それを乗り越えることで人は成長しますし、悔いの無い人生だったと思うことができる。


小飼弾

書いたそばから外に出すと、自分もその文章について忘れることができます。もし自分で一次情報の発信と加工の二役をやるとしても、一度忘れてしまうことには大きな意味があります。再び自分の文章と出会ったとき、新鮮な気持ちで相対することができるからです。


藤原秀次郎

ユニクロさんと当社は競合ではないんですよ。単純に言うと、和食とフレンチくらい違います。だから二軒並んでいるから競合するかと言うとそんなことはなくて、もちろん、ある部分では競合するかもしれませんが、むしろ別々のメニューを提供しているということで共存共栄になるんです。