名言DB

9419 人 / 110788 名言

伊藤與朗の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤與朗のプロフィール

伊藤與朗、いとう・よしろう。日本の経営者。会員制リゾート運営で日本のトップシェアを誇るリゾートトラスト創業者。バブル崩壊後の平成不況のさなか、大型リゾート施設を建設したり、初島クラブなど破たんした施設を買収再建し規模を拡大した。

伊藤與朗の名言 一覧

日本はいま、深刻なデフレと言われていますが、30年前の苦労を知らない経営者がバブルに乗ったツケが大きいのではないでしょうか。要は、自分の実力を知らなすぎたのです。本来、東京にドーム球場を建設したって採算が難しいのに、福岡に作ればどうなるか、自明の理でしょう。昨今は経営破たんが相次いでいますが、危機感が乏しく、身の丈を超えた経営をやってきた会社がみんな駄目になっています。


景気のいい時は、うまい話は山ほど集まります。うちにも来ましたよ。「ハワイのゴルフ場を200億円で取得しないか。銀行が全額カネを用意するから、事業主は一銭も使わずに済む」といった具合です。でも、中身は全部借金ですよ。いまじゃ10分の1の価値しかありません。もちろん、うちは飛びつきませんでした。


うちは初島クラブのように破たんしたリゾートを相次いで再生してきました。経験から言えば、再生とはビジネスモデルをガラリと変えることです。まず、社員の質の低下は絶対に避ける必要があります。悪い期間が長すぎると、本業が劣化してどうにもならなくなります。再生事業は生ものを扱うわけですから、この点でも悠長に構えず、危機感を持って事に当たらないと間に合いません。


創業時の厳しい体験がなかったら、単純な右肩上がりの発想のまま、いまごろうちも駄目になっていたでしょうね。企業というのは企画力だけでは回らない。営業や財務などを合わせた総合力が重要だ。そう痛感して、この30年間、大手観光会社や生命保険会社から人材を採用し、バランスのとれた会社を目指してきました。


伊藤與朗の経歴・略歴

伊藤與朗、いとう・よしろう。日本の経営者。会員制リゾート運営で日本のトップシェアを誇るリゾートトラスト創業者。バブル崩壊後の平成不況のさなか、大型リゾート施設を建設したり、初島クラブなど破たんした施設を買収再建し規模を拡大した。

他の記事も読んでみる

魚住りえ

その場のお互いの感情が相互に影響を受け合う、つまり「感情はシンクロする」のが私の持論。話し方のエネルギーもシンクロします。口数が少なく、おとなしくしゃべる人に合わせて、自分もおとなしく相づちを打っていると、どんどん底のほうに沈んでいって、まったく盛り上がらないインタビューになってしまう。明るい、高めの声で相づちを打つと、ちょっと場が明るくなってきて、相手も話しやすくなります。


村上龍

息子が生まれたとき、「キャッチボール、自転車の乗り方、水泳」、その3つを直接教えると決めました。育児とか教育に関しての決意はそれだけでした。当時、父親が息子に金属バットで殴り殺される事件が起きて、どうすればそういった悲劇を避けられるだろうと考え、反抗期のころ、私自身が父親を殴らなかったのは、いっしょにキャッチボールをしたり、遊んだ記憶が大きかったと思い出したわけです。


仲村トオル

「積極的に忘れる」ことを心がけています。撮影が終わったら台詞を忘れて、頭の中のハードディスクが空っぽになるように。撮影が終わった役柄の台詞が急に蘇ってくることもありますが、そんなときは忘れるために別のことを考えます。


田岡敬

IMJでは、2つの子会社と5つの事業部をマネジメントしました。各部署が当時は複数の雑居ビルに分かれていたので、リモートマネジメントに近いんですよ。普段顔を合わせない、週1回ミーティングの時だけ会うという部下も多かったので、そういうリモートのマネジメントとか、事業の管理とか判断って、やっぱりミーティングの頻度を保つことが非常に重要だということを学びました。週1回、別に30分のミーティングでもぜんぜんかまわないので、ちゃんとウォッチして状況をこまめにアップデイトしていくのが重要だなと。そうでないと意思決定を求められても、背景や現状理解に時間が掛かってしまい即断ができませんし、そもそもまとめて情報のアップデイトを受けると情報にバイアスが含まれていても見落としてしまうことがあります。


澤田秀雄

イベントはオンリーワンかナンバーワンの企画をやるしかありません。


中谷康夫

単に個々の場面でコスト削減や業務効率化を行うのではなく、調達から製造、在庫管理、販売といったプロセス全体の最適化を図りたい。そうした要請が強まっています。どんな産業のサプライチェーンも物流、ロジスティクスを抜きには考えられませんから、そこで当社の技術や蓄積してきたノウハウが生きてくる。私自身は、これからの物流会社はサプライチェーン・ソリューション・プロバイダであるべきだと考えています。


須田勝也(経営者)

当社の原点には、松下幸之助の言葉「ものをつくる前に人をつくる」がありますが、人の成長の手助けをする人が、自分が成長しなくていいわけがありません。


大田正文

私が同じ手帳を使い続けるのは、続けることにも意味があると思っているからなんです。書く内容は変わっていますが、基本の型は崩したくない。思考回路がもう、この手帳に染まってしまっているんです。家族のように愛情を注いできたから、もう人生の伴侶と同じ。奥さんと一緒です(笑)。


佐々木典士

モノが「あることのメリット」に比べて、「モノがないことのメリット」は知られていません。モノがない状態を経験して、「これまで、モノに仕事を邪魔されていた」と初めて分かりました。だから私は、よく使う文具ですら、机の上に常駐させないで、使うたびに引き出しから取り出します。頭はいつもクリアで、アイデアが出やすい。必然的に、効率や時間の意識が高まります。メールや請求書の処理は、その都度やらないで、時間を決めてまとめてやるようにもなりました。結局、「自分をコントロールしている感覚」が気持ちいいんです。「仕事をきちんとできているな」と思えるから、自分を好きになる。すると、仕事に対してやる気が湧いてきます。


山田武史(経営者)

現在当社が重視しているものの一つが「デジタル化」です。これは、単にEコマースやネットを活用したプロモーションを拡充するといったことにとどまらず、市場動向の把握から商品開発、生産、販売にいたるまで、ITを活用して必要な情報を収集・分析・活用し、事業全体を強化していくということを意味します。