名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

伊藤與朗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤與朗のプロフィール

伊藤與朗、いとう・よしろう。日本の経営者。会員制リゾート運営で日本のトップシェアを誇るリゾートトラスト創業者。バブル崩壊後の平成不況のさなか、大型リゾート施設を建設したり、初島クラブなど破たんした施設を買収再建し規模を拡大した。

伊藤與朗の名言 一覧

日本はいま、深刻なデフレと言われていますが、30年前の苦労を知らない経営者がバブルに乗ったツケが大きいのではないでしょうか。要は、自分の実力を知らなすぎたのです。本来、東京にドーム球場を建設したって採算が難しいのに、福岡に作ればどうなるか、自明の理でしょう。昨今は経営破たんが相次いでいますが、危機感が乏しく、身の丈を超えた経営をやってきた会社がみんな駄目になっています。


景気のいい時は、うまい話は山ほど集まります。うちにも来ましたよ。「ハワイのゴルフ場を200億円で取得しないか。銀行が全額カネを用意するから、事業主は一銭も使わずに済む」といった具合です。でも、中身は全部借金ですよ。いまじゃ10分の1の価値しかありません。もちろん、うちは飛びつきませんでした。


うちは初島クラブのように破たんしたリゾートを相次いで再生してきました。経験から言えば、再生とはビジネスモデルをガラリと変えることです。まず、社員の質の低下は絶対に避ける必要があります。悪い期間が長すぎると、本業が劣化してどうにもならなくなります。再生事業は生ものを扱うわけですから、この点でも悠長に構えず、危機感を持って事に当たらないと間に合いません。


創業時の厳しい体験がなかったら、単純な右肩上がりの発想のまま、いまごろうちも駄目になっていたでしょうね。企業というのは企画力だけでは回らない。営業や財務などを合わせた総合力が重要だ。そう痛感して、この30年間、大手観光会社や生命保険会社から人材を採用し、バランスのとれた会社を目指してきました。


伊藤與朗の経歴・略歴

伊藤與朗、いとう・よしろう。日本の経営者。会員制リゾート運営で日本のトップシェアを誇るリゾートトラスト創業者。バブル崩壊後の平成不況のさなか、大型リゾート施設を建設したり、初島クラブなど破たんした施設を買収再建し規模を拡大した。

他の記事も読んでみる

三谷宏治

私がボストン・コンサルティング・グループ(BCG)に就職したとき、当時のBCGは猛者の集う怖い職場、に見えました。でも、一刻も早く「何者か」になるためには、20代は最も鍛えられる場所を選ぶべき。そう考えたのです。


藤原秀次郎

経営者は新しいことに挑戦する覚悟ができるかどうか。それに尽きる。


遠藤信博

会社は働く人にとって社会貢献の場で、継続することが重要です。それには、市場が要求する変化を我々が常に感知し、価値を創造し続けないといけません。市場の変化をくみ取りながら、どう貢献していくかを考えていく。このプロセスが文化として社内に根づくか。ここが大切なところです。


榊原定征

1926年、レーヨン製造会社としてスタートし、ナイロンの研究を始めて、戦前にナイロン繊維を自社生産しました。生物化学の名でバイオ研究を始めたのも当社が日本初です。絶えず技術のフロンティアに挑戦する。これが当社のDNAです。


堀江泰(経営者)

この業界は職人の世界です。現場の人間は自分の仕事にプライドを持って一徹に取り組んでいます。当時の代表は父でしたが、父をはじめ、多くの社員から「電装しかやったことのない会社が床の貼り替えなんてできるわけがない」と言われました。何度も話し合いを持ち、賛同してくれる社員を少しずつ増やしながら、どうにか現場をまとめました。


岡本太郎

本当に生きるということは、いつも自分は未熟なんだという前提のもとに平気で生きることだ。それを忘れちゃいけないと思う。


小倉広

「人生でやりたいこと」とは、多くの場合、いますぐ手をつけなければならない緊急事項ではないでしょう。しかし、仕事で多忙を極めているはずの高年収者ほどそのための時間を意識して生み出し、努力してスケジュール化しています。


木村尚義

常識や経験から、妥当だと思われる「正解」を導くためにロジックを掘り下げていく方法は、私たちの考える力を奪ってしまいます。日本の携帯電話端末がいい例でしょう。テレビ機能のついた携帯とついていない携帯なら、ついていた方がいいだろう。カメラも高性能の方がいいだろう……と、各メーカーが考えた結果すべての携帯が同じ機能、同じようなデザインになってしまい魅力も薄れていきました。これはロジカルシンキングの失敗と考えてもいいでしょう。


山本悟(ITコンサルタント)

多くの新米起業家は、ニーズが大きい商品を扱おうとします。ところがこれが落とし穴。ほかの新興企業や、既存企業と厳しい競争を強いられてしまいます。


児玉康孝

他社のコインランドリーは健康器具を置いてみたり、カフェやネイルサービスを併設してみたり、色々なことをしていますね。しかし私に言わせれば、お店作りが全く分かっていません。コインランドリーはそもそも無人のビジネスモデルで、ここが一番大切なのです。例えば座り心地の良い豪華な椅子を置くと、男性客が本を読んでくつろいだりします。これだと衣類を洗濯しに来た女性客は男性の目が気になって利用できません。椅子を置くにしても横になれないように仕切りを付けるなどして、長居できないようにしなければなりません。


門昌央

謙虚で人から甘く見られているのであれば、謙虚を貫くのもひとつの選択です。謙虚、引っ込み思案、判断が遅いといった部分は、ビジネスの場面ではマイナス要因として見られがちです。でも私は謙虚なことに自信を持つべきだと思います。軽薄ではない素晴らしい長所だからです。アメリカは「俺が俺が」と自己主張しない人は、存在がないに等しいといった社会ですが、日本は違います。自己主張は必要ですが、へりくだって他人に接する人は可愛がられます。インチキやズルをしたり、人の足を引っ張ったりすることもありません。謙虚な心を持っている人は、最後には勝ちます。


佐伯達之

現状のものを生かして、半分くらい作り直すという考え方でやっていると、絶対に成功しない。スクラップ&ビルドをするのがいいですね。お金は一番かかりますけれども、全部壊して、最初から作り直す。