伊藤與朗の名言

伊藤與朗のプロフィール

伊藤與朗、いとう・よしろう。日本の経営者。会員制リゾート運営で日本のトップシェアを誇るリゾートトラスト創業者。バブル崩壊後の平成不況のさなか、大型リゾート施設を建設したり、初島クラブなど破たんした施設を買収再建し規模を拡大した。

伊藤與朗の名言 一覧

日本はいま、深刻なデフレと言われていますが、30年前の苦労を知らない経営者がバブルに乗ったツケが大きいのではないでしょうか。要は、自分の実力を知らなすぎたのです。本来、東京にドーム球場を建設したって採算が難しいのに、福岡に作ればどうなるか、自明の理でしょう。昨今は経営破たんが相次いでいますが、危機感が乏しく、身の丈を超えた経営をやってきた会社がみんな駄目になっています。


景気のいい時は、うまい話は山ほど集まります。うちにも来ましたよ。「ハワイのゴルフ場を200億円で取得しないか。銀行が全額カネを用意するから、事業主は一銭も使わずに済む」といった具合です。でも、中身は全部借金ですよ。いまじゃ10分の1の価値しかありません。もちろん、うちは飛びつきませんでした。


うちは初島クラブのように破たんしたリゾートを相次いで再生してきました。経験から言えば、再生とはビジネスモデルをガラリと変えることです。まず、社員の質の低下は絶対に避ける必要があります。悪い期間が長すぎると、本業が劣化してどうにもならなくなります。再生事業は生ものを扱うわけですから、この点でも悠長に構えず、危機感を持って事に当たらないと間に合いません。


創業時の厳しい体験がなかったら、単純な右肩上がりの発想のまま、いまごろうちも駄目になっていたでしょうね。企業というのは企画力だけでは回らない。営業や財務などを合わせた総合力が重要だ。そう痛感して、この30年間、大手観光会社や生命保険会社から人材を採用し、バランスのとれた会社を目指してきました。


伊藤與朗の経歴・略歴

伊藤與朗、いとう・よしろう。日本の経営者。会員制リゾート運営で日本のトップシェアを誇るリゾートトラスト創業者。バブル崩壊後の平成不況のさなか、大型リゾート施設を建設したり、初島クラブなど破たんした施設を買収再建し規模を拡大した。

他の記事も読んでみる

桃山透

仕事の区切りがつくたびに、デスクの上の書類を片づけるようにしましょう。忙しいと、少しの整理でも煩わしいかもしれません。けれども、そのときに使っていた書類を元の場所に戻すことは、数秒もあればできます。その数秒で、仕事の効率が格段に上がるのです。


板倉雄一郎

たとえば通信事業をやっているとします。新しい技術がどんどん開発されてくる。それをどんどん吸収して商品に結び付けていく。これは明らかなリスクです。逆に今の儲けを守るため、新しい技術を取り入れないで、再投資をせずにリスクを避けていく。そうすると、競争からは取り残されていくわけです。足元のお金は増えていきますが、将来のお金は無くなっていくという、大きなリスクがそこに潜んでいるということです。


進藤貞和

能力があっても一人の人に何もかもやらせるのは無理ですから、企業活動の様々な領域で、できる人をたくさん養成する。そのためには思い切って任せることで、失敗してもやかましくしかってはいかんのであって、そこで親切に教えるのがコツです。そうしてこそ、企業の活性化が達成できると思うのです。


藤沢秀行

序盤というのは布石で、布石自体、碁の骨格を決めるものだから大切には違いないが、この段階で激しい合戦になることは少ない。それに序盤はある程度やり直しが出来るが、中盤で大勢が決まってしまうと、もう全体の勝負が決まってしまう。


田村潤

年内最後の2か月でどう準備するかで、来年の勝負は決まる。それほど、準備が重要。


藤田晋

突出した成果を上げた人は、出る杭は打たれると言われるように周囲から目をつけられます。そんなときは揚げ足取りに注意。対応が面倒ですが、それは突出した結果を出した者の宿命として、つき合わざるを得ないと思った方がいい。揚げ足を取られてイライラしたり、キレてしまったりするようでは、ビジネスパーソンとして甘いと考えてください。


モリエール

学のある馬鹿は、学のない馬鹿より馬鹿である。


リスト・シラスマ

ノキアのアトム(原子)は全て変わったが、150年の歴史をもつ会社のスピリット(魂)は生き続けている。


鳥越恒一

移動中はともすればボーっとしがちなので、「この時間はこの案件について考える」などと、あらかじめ考えるテーマを決めておくようにしています。こうして移動中に構想を練っておけば、後ですぐに取りかかることができます。


岩田知真

当社のけん玉の素材にする木は2~8年乾燥させ美しい木目を作り出し、パールやシルバーラメなどを何層も重ね塗りし深みを出す。どんなプロの技も正確に再現できるよう、設計・加工は0.2mm以下の高精度。ここまで心血を注ぐけん玉は世界にもない。


三遊亭白鳥

いつも山手通りを歩きながら、噺を口に出して仕上げます。中井から要町まで往復で1万歩、歩きながら口演する。しっくり来なかったら帰ってパソコンに向かい、文章にしてみる。これを10日、繰り返すと噺が出来上がります。


中嶌武夫

掃除は自宅のトイレをきれいにするのは基本。会社でも、地球を磨くくらいのつもりで掃除をする。お店でかたちばかりの礼儀作法や清掃の仕方だけ身につけても、お客様に満足していただける日本一の販売店にはなれません。


藤沢武夫

生産企業は生産企業なんですから、為替差益なんかで金儲けしちゃいけない。だから、私は本業以外のもので金儲けをしてはいけないという原則を、本田技研でつくりました。本田技研は本業で金儲けをする。もっと金儲けをしたかったら、パチンコ屋でもやりゃあいいんだ、というのが私の経営理論なんです。


平井嘉朗

「机が整理された状態」であればすごく気持ちが落ち着くし、頭の中がクリアになった気がします。そんな時は、判断スピードが上がります。何を決めて、何から手をつけるかが、明確になる。


星野佳路

誤解を恐れずに言えば、我々はお客様の言いなりになるつもりはありません。真の顧客満足が、必ずしも顧客ニーズから生まれるとは限らないからです。


ページの先頭へ