名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤肇の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤肇のプロフィール

伊藤肇、いとう・はじめ。日本の評論家、作家。陽明学者の安岡正篤の弟子。佐高信の師。中国古典に詳しく、幅広い人脈を持った。名古屋生まれ、満州国立建国大学卒。中部経済新聞記者を経てビジネス雑誌「財界」の編集長。主な著書に「帝王学ノート」「十八史略の人物学」「人間学」「現代の帝王学」

伊藤肇の名言 一覧

人間、貧乏であろうと、少しも慌てることはない。目的をもって生きる、信ずるところに生きる、修養につとめる、そこにおのずから積極的な人生の楽しみが生まれてくるのだ。


創業者は常に乱世に輩出する。乱世では組織とか機構とかいう表面的な問題は無視され、人の魅力とか、迫力とかが一番ものをいう。それだけに乱世ほど人間像がくっきりうかびあがる時代はないし、善にも悪にも極めて個性の強い独立不羈(どくりつふき)の人物が続々と生まれてくる。


専門的なことばかりやってきた人が、病院のベッドで、専門外の人に接し、そういう人から自分の知らなかった世界を見聞きする。それも、死を直前にするくらいの大病で、ほんとうに虚心坦懐にね。そういうことが、人間的厚みを作り、魅力ある人間にするんだろうな。無意識に人間学を学んで。


伊藤肇の経歴・略歴

伊藤肇、いとう・はじめ。日本の評論家、作家。陽明学者の安岡正篤の弟子。佐高信の師。中国古典に詳しく、幅広い人脈を持った。名古屋生まれ、満州国立建国大学卒。中部経済新聞記者を経てビジネス雑誌「財界」の編集長。主な著書に「帝王学ノート」「十八史略の人物学」「人間学」「現代の帝王学」

他の記事も読んでみる

田中裕輔

営業マンの売上成績が落ちているという問題があったとしたら、なぜ売上が落ちているのか、原因ともいうべき真の問題をまず理解します。そのうえで、どのような質問を設定し、答えを探していったらよいかを考えます。この質問が課題(イシュー)であり、ここが曖昧だと、最終的にクライアントに提案しても「そんな内容のものを望んでいたわけではない」となってしまいます。だから、軸となる「何の質問に答えるべきなのか」という課題がブレないよう明確にすることが最も重要です。


川越達也

自分が無理なくできることをいくつか見つけたら、たとえ小さなことであっても、「自分はこれしかできないんだ」もしくは「これがあるから大丈夫」とあえて考えてみる。そして、その能力を磨き抜く。あれもこれもと考えるより、そのほうが結局は仕事の幅が広がっていくように思います。


一澤信三郎

ウチには専任のデザイナーもいなければ、営業部もありません。70人ばかりの小さな会社ですから、全員がかばんを作り、売ります。職人も売り場に立ちますから、お客さんの声をじかに聞きます。その声を生かして次の新作に生かします。


森本千賀子

電話とメールだけでは互いの記憶に残らない。せっかくのご縁を人脈につなげるには顔を合わせることが不可欠。


ロバート・シラー

土地や金を持つことは危機の時には非常に良いことかもしれない。だが、これも憶測の域を出ない。結局、確たることは言えない。


齋藤孝(教育学者)

新しい人間関係の中で人を判断する際、ポイントになるのが「柔軟性」です。部署には部署のそれぞれの人間関係や仕事のやり方がある。ときには見えない暗黙のルールのようなものもあるでしょう。そういうものに対応し適応できるか。職場や部署のやり方に合わせる力を持ち、自分のやり方に固執しない。私は「修正力」と呼んでいるのですが、仕事ができる人は「柔らかさ」と「修正力」を持っている人だと思います。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

賢明な人と愚かな人の決定的な違いは、自分の考えを自覚してコントロールしているかどうかという点です。賢明な生き方をしている人は、状況や他人の言葉に惑わされて、肝心な目的から考えが外れていないかを常に確認しながら、何をどのように考えるべきかを判断しています。しかし、愚かに生きている人は、周りの影響を受け、自分本位な考えに囚われて、衝動や気まぐれ、感情に振り回される人生を送ります。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

忙しいからって仕事漬けになってちゃ駄目。遊んでこそセンスは磨かれますからね。良い意味でのサボり上手もビジネススキルのひとつです(笑)。


テリー伊藤

大切なのは、自分が置かれたポジションをどうポジティブに語れるかということ。


田中辰巳

不可抗力による失言は、人間的な可愛さを前面に立ててフォローするしかありません。私の場合、「申し訳ございません。本日は大変厳しいご指摘をいただく覚悟をしてまいりましたので、緊張して「は」と「も」の順番を間違えてしまいました」と正直に頭を下げました。相手はプッと笑って「そんなに緊張するな」。不可抗力とわかれば許してもらえます。


泉谷直木

笑顔も大切。やはり難しい顔をしていたら雑談はできない。そして自分がオープンであるという姿勢を伝えるのだ。


荒谷卓

成功するかどうかではなく、同胞のために力を尽くすかどうかが大切。ずっと何もしてこなかったという歴史と、一生懸命に行動に移したという歴史は全然違うと思いませんか。