名言DB

9412 人 / 110637 名言

伊藤肇の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤肇のプロフィール

伊藤肇、いとう・はじめ。日本の評論家、作家。陽明学者の安岡正篤の弟子。佐高信の師。中国古典に詳しく、幅広い人脈を持った。名古屋生まれ、満州国立建国大学卒。中部経済新聞記者を経てビジネス雑誌「財界」の編集長。主な著書に「帝王学ノート」「十八史略の人物学」「人間学」「現代の帝王学」

伊藤肇の名言 一覧

人間、貧乏であろうと、少しも慌てることはない。目的をもって生きる、信ずるところに生きる、修養につとめる、そこにおのずから積極的な人生の楽しみが生まれてくるのだ。


創業者は常に乱世に輩出する。乱世では組織とか機構とかいう表面的な問題は無視され、人の魅力とか、迫力とかが一番ものをいう。それだけに乱世ほど人間像がくっきりうかびあがる時代はないし、善にも悪にも極めて個性の強い独立不羈(どくりつふき)の人物が続々と生まれてくる。


専門的なことばかりやってきた人が、病院のベッドで、専門外の人に接し、そういう人から自分の知らなかった世界を見聞きする。それも、死を直前にするくらいの大病で、ほんとうに虚心坦懐にね。そういうことが、人間的厚みを作り、魅力ある人間にするんだろうな。無意識に人間学を学んで。


伊藤肇の経歴・略歴

伊藤肇、いとう・はじめ。日本の評論家、作家。陽明学者の安岡正篤の弟子。佐高信の師。中国古典に詳しく、幅広い人脈を持った。名古屋生まれ、満州国立建国大学卒。中部経済新聞記者を経てビジネス雑誌「財界」の編集長。主な著書に「帝王学ノート」「十八史略の人物学」「人間学」「現代の帝王学」

他の記事も読んでみる

森下一喜

一発屋にならないために大切なことは「既存価値の最大化」と「新たな価値の創造」という2点だと考えています。前者についてはパズドラのようなヒット作を、いかに長期的なブランドに育てるかが重要だと思っています。その一環が3DS向けのパズドラZの発売なのです。子供の世代にゲームを体験させることで、将来的な顧客を獲得していきたい。後者については、今のゲームを刷新してユーザーにサプライズを提供していきます。国内市場では、パズドラというゲームそのものの進化を考えています。


浅田剛治

覚える要素が100あるとすると、多くの人は「完璧に覚えよう」とします。これがプレッシャーになり、かえって覚えにくくなってしまう。そこで、本当に必要なものはいくつあるのかを選別します。50、20、10と絞れれば気が楽になる。「大切なこと」を見極めて、覚える要素を減らす。この思考プロセスはビジネスにも通じます。


ケビン・ロリンズ

これまでのようにテレビを作ってきた会社がそのテクノロジーを牛耳るのではなく、市場がテクノロジーを保有しているという状況になってきた。Dellは、パソコンのフラットパネル分野においては、バイヤーとして購入していた量も、売り手として流通していた量も最大であった。それを考えれば、テレビの分野に参入していくのは自然の流れですし、ここに効率的なデルモデルの仕組みを使うことで、高品質の製品を、これまでに見たこともなかった価格で提供できるようになる。


武田國男

製薬会社の最後の務めは、病気で苦しんでおられる方々の苦しみや恐怖を、我々の手で作り上げた薬でいかに少なくしたりなくしたりできるかにあります。


佐々木かをり

時間管理ができないのは、その仕事にかかる時間がわかっていないこと、そして、自分の持っている時間の量が見えていないことが原因だと思います。今日やることはこれとこれ、ということはわかっていても、それぞれに何時間・何分かかるかがわからない。だから、できないことを自分に期待し、できないままいつの間にか一日が終わってしまった、ということになるのです。


村上憲郎

どんなに小さくてもいいから会社の中で自分で課題を発見し、それを解決する方法を自分で考え、行動すること。そして、「やりきった」という実感を得ること。それがいわゆる自信につながる。自信と言っても、「勝ち抜く」といった激しいものではなくて、「生き抜く」という穏やかな自信ですね。


江波戸哲夫

仕事や労働を我が手にすることは、その人の幸せに必ずつながります。同じく仕事によって自分を表現したいという欲求は、どんな人の中にも眠っています。


大久保佳代子

まだ何もやっていないし、このままで終わるはずがない。そんな根拠のない自信を持っていたんです。だから、「二足のわらじを履いて苦労したね」とよく言われるのですが、全然そんなことはありませんでした。会社とお笑いとの両方に逃げ道があるから、むしろラクでした。


樺島弘明

仕事の品質だけでなく、ポジショニングも大きかったのではないでしょうか。業務改革やシステム導入プロジェクトでは、発注者がリテラシーを持ってベンダーなど外部の力を使いことなすことが大事なのですが、我々は発注者側について、変革計画の立案、ベンダーの選定から携わっていました。そうすると、顧客だけでなく、大手コンサルやベンダーの人達も、当社が関わったプロジェクトは健全に運営され成功していくと評価してくださるようになりました。その評価が、次の仕事につながっていった形です。


中村天風

口から肉体に入れる食い物は用心していながら、精神に外界の印象を受け入れるときには、この半分も注意しないで受け入れてる人が多かない?


喜多あおい

情報感度をアップさせたいならデパート巡りがお勧めです。私は、欲しい商品が置いてある売り場だけでなく、最上階からデパ地下まで時間の許す限り、すべてのフロアを見て回ります。長いときは、4〜5時間滞在することもありますね。デパート全体を見れば、時代のムード、世の中の風を感じ取れます。


坂詰真二

疲労物質は、溜めれば溜めるほど、取り除きにくくなります。「疲れた」と感じてからストレッチをするようでは遅いのです。むしろ、疲れが蓄積する前に、リセットしましょう。たとえば、一つの作業を50分行なったら、10分の休憩を取り、ストレッチを行なうなどです。


矢野薫(NEC)

会社の業績や状況が厳しくなったときには意識改革が何よりも大事になる。


冨澤文秀

孫(正義)社長はゴールしか提示しません。スケジュール設定もすごく厳しい。我々にはとうてい無理だと思えるのですが、社長は多くの経験から「できる」という感覚を持っている。我々はそれを実現する方法を考え、実行しなくてはならないわけですから、大変ですよ。たとえばその道のプロが10年かかると言うことでも、半分でやれと平気で言ってくるわけです(笑)。私もそれなりに経験を積んできましたが、孫社長の言葉を聞いて「え?」と耳を疑うことが今でもあります。その瞬間は実現のための方法論などまったく見えませんが、「わかりました」と涼しい顔で返事をします。言葉のやり取りはそれだけ。そうして、後で死ぬほど考えるのです。


石田礼助(石田禮助)

俺はマンキー(山猿)だよ。マンキーが勲章さげた姿見られるか。見られやせんよ、キミ。
【覚書き|国鉄総裁在任中、勲一等叙勲を辞退したときの発言。】