名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤義剛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤義剛のプロフィール

伊藤義剛、いとう・よしたけ。日本の経営者。「岩崎電気」社長。山口県出身。立教大学経済学部卒業後、岩崎電気に入社。経営企画部長、取締役、光応用事業本部長などを経て社長に就任。

伊藤義剛の名言 一覧

多様な人材が集まって議論し、何かを思いついたらすぐに試作ができる環境を整えています。まったく異業種の方との共働こそ、新たな「ことづくり」につながる。


己の技術力を過信していては、頭打ちになってしまう。技術は常に新しく使われる機会を持たなければならない。


今後は光の用途を、「ものづくり」から、「ことづくり」に広げる必要があるでしょう。消費者の方々が求めているのは、照明という「もの」を買って所有することではありません。その照明のおかげで、暮らしがどんなふうに豊かになるか。安全で心地よく過ごせるか。その「ソフト」としての照明を考えていくべき時代に来ていると感じています。


私たち岩崎電気は1949年、日本初の反射型白熱ランプの開発から始まった会社です。照明をコツコツ技術開発してきましたが、それだけでは次のステップには到達できません。異質で多様なものが交じり合わないと、新しいものは生み出せないし、イノベーションは起こせないのです。そこで岩崎電気テクノセンター、通称「ヒカリウム」も開設しました。これもイノベーションの種を生むための試みの一つです。部門ごとで抱えていた研究開発部門の技術者を1か所に集約し、国内外のパートナーも自由に参加できるオープンな施設にしました。


当社は昔ながらの伝統的なメーカーであり、モノの生産プロセスで利益を上げている会社です。ところがLEDの場合、それは厳しい。複雑な技術が求められることもなく、発光部分のチップさえ購入すれば、誰でも簡単に参入できるからです。それ故に生産体系を見直し、ファブライト化で新しい発想が生まれる下地をつくっていきます。LEDに専心するのではなく、技術的な強みを生かし、当社ならではの製品を作るための、多様な生産形態を構築していきます。


施設によって東西南北の向きは違うので、太陽の光の入り方が違います。また、天候や季節、1年のうちでも太陽の付置によって、光の入り方が変わります。どれも、ただ標準的な設備を設置して終わりというわけにはいかず、オーダーメードで作り上げています。また、場所やコンセプトによって、気を付ける点は異なります。例えば高速道路の照明の場合は、ドライバーが夜間運転しやすいか、道路の線形を目で自然に追えるような誘導性も考慮しています。


スポーツ施設の照明は、私たちの得意分野の一つです。最も大切にしているのは、アスリートが競技に集中できる環境を整えていくという点です。施設全体のコンセプトを踏まえ、また実際に競技している人たちの意見にも耳を傾けながら、その環境でのベストを探していく。そして「アスリート主体の照明」の視点に加えて、これからはもっと「見る側」にも配慮が求められていると感じます。


伊藤義剛の経歴・略歴

伊藤義剛、いとう・よしたけ。日本の経営者。「岩崎電気」社長。山口県出身。立教大学経済学部卒業後、岩崎電気に入社。経営企画部長、取締役、光応用事業本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

岡ノ谷一夫

生き物のコミュニケーションがこれまでどのように進化して、人に行き着き、それに伴って人の心ができてきたのかを知ると、小さなことにくよくよしなくなり、少しは生きやすくなるのではないでしょうか。


金子博人

日本でチームワークといえば、「和」が最高の徳目である。しかし、コンフリクト(衝突・葛藤)は「和」の最大の敵である。となれば、日本式チームワークが効率よく機能するほど、顧客の欲しているものが見えなくなり、「いいものを作れば売れるはず」という、一人よがりの発想がはびこることとなる。高くて使い勝手の悪い製品を顧客に押しつけることとなる。


阿部寛

先輩方と一緒に仕事をさせていただくときは、世間話をしながらも、その人の役者としての考え方や姿勢を参考にしようといつも考えています。こちらが聞けば、タダですごいことを教えてくれます(笑)。結局、自分がアンテナを立てているかどうかが大事なんだと思います。


泉谷閑示

注意すべきは低次の欲求を満たすことを「生きる意味」と錯覚してしまうことです。人は物質的・経済的な面でハングリーな状況に直面すると、「それを解決すれば幸せになれる」と考えがちです。しかし、こうした不足感は満たしても満たしきれない側面があります。年収が500万円から800万円になったら1000万円を求め、課長になったら部長とその上の肩書が欲しくなるのです。


佐々木常夫

私が残業ゼロ改革を始めた頃は、周囲から「あいつはおかしなヤツだ」という目で見られていました。でもそのうち、「佐々木さんの部下になると、残業せずに早く帰れるし、みんな昇格できるらしい」という評判が広まっていった。私は労働時間の削減だけでなく、部下を昇格させるための社内的な根回しにも全力を尽くしましたからね。すると私がどの部署に異動になっても歓迎され、私が何も言わなくても、部下たちが残業を減らそうと努力や工夫をするようになったのです。だから働き方改革を潰されるどころか、むしろ仕事はどんどんやりやすくなりました。


蔵田理

どんな仕事でも、全員が一軍のレギュラー選手である。その選手がひとりでも欠ければ戦力ダウンしてしまい、仕事の質は低下する。一人一人が誰にも負けないマインドを持つことが非常に大切なのである。


古田陽祐(経営者)

創業当初は個人商店のようなものでしたが、今は34人の社員が働いている企業です。私が受け継いだ技術やサービスを全員で共有し、発展させないと「腕が落ちた」と思われる。そのために、必要なことはすべて書きます。


テリー伊藤

人間が本質的に抱えている不安を力に変えれば、力んだ決意がなくてもやれちゃうもんなんです。


美輪明宏

孤独には孤独の素晴らしい良さもあります。孤独とはみじめでも哀れでもなく、「自分一人だけで充分満ち足りている、充足しているんです。ほかの人のお助けには及びません」という、毅然とした、誇り高い姿なのです。堂々としていればよろしいのです。


ジョン・フレッチャー

災難は、人間の真の試金石である。


春香クリスティーン

私は基本的にネガティブで自分に自信があるわけではありません。だから、自信がない分、自分がいろいろな現場に行って、なるべく多くのことを自分の目で見て、感じ取るように心掛けています。


ヘルマン・ヘッセ

日の輝きと暴風雨とは、同じ空の違った表情にすぎない。運命は、甘いものにせよ、苦いものにせよ、好ましい糧として役立てよう。