名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊藤義剛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤義剛のプロフィール

伊藤義剛、いとう・よしたけ。日本の経営者。「岩崎電気」社長。山口県出身。立教大学経済学部卒業後、岩崎電気に入社。経営企画部長、取締役、光応用事業本部長などを経て社長に就任。

伊藤義剛の名言 一覧

多様な人材が集まって議論し、何かを思いついたらすぐに試作ができる環境を整えています。まったく異業種の方との共働こそ、新たな「ことづくり」につながる。


己の技術力を過信していては、頭打ちになってしまう。技術は常に新しく使われる機会を持たなければならない。


今後は光の用途を、「ものづくり」から、「ことづくり」に広げる必要があるでしょう。消費者の方々が求めているのは、照明という「もの」を買って所有することではありません。その照明のおかげで、暮らしがどんなふうに豊かになるか。安全で心地よく過ごせるか。その「ソフト」としての照明を考えていくべき時代に来ていると感じています。


私たち岩崎電気は1949年、日本初の反射型白熱ランプの開発から始まった会社です。照明をコツコツ技術開発してきましたが、それだけでは次のステップには到達できません。異質で多様なものが交じり合わないと、新しいものは生み出せないし、イノベーションは起こせないのです。そこで岩崎電気テクノセンター、通称「ヒカリウム」も開設しました。これもイノベーションの種を生むための試みの一つです。部門ごとで抱えていた研究開発部門の技術者を1か所に集約し、国内外のパートナーも自由に参加できるオープンな施設にしました。


当社は昔ながらの伝統的なメーカーであり、モノの生産プロセスで利益を上げている会社です。ところがLEDの場合、それは厳しい。複雑な技術が求められることもなく、発光部分のチップさえ購入すれば、誰でも簡単に参入できるからです。それ故に生産体系を見直し、ファブライト化で新しい発想が生まれる下地をつくっていきます。LEDに専心するのではなく、技術的な強みを生かし、当社ならではの製品を作るための、多様な生産形態を構築していきます。


施設によって東西南北の向きは違うので、太陽の光の入り方が違います。また、天候や季節、1年のうちでも太陽の付置によって、光の入り方が変わります。どれも、ただ標準的な設備を設置して終わりというわけにはいかず、オーダーメードで作り上げています。また、場所やコンセプトによって、気を付ける点は異なります。例えば高速道路の照明の場合は、ドライバーが夜間運転しやすいか、道路の線形を目で自然に追えるような誘導性も考慮しています。


スポーツ施設の照明は、私たちの得意分野の一つです。最も大切にしているのは、アスリートが競技に集中できる環境を整えていくという点です。施設全体のコンセプトを踏まえ、また実際に競技している人たちの意見にも耳を傾けながら、その環境でのベストを探していく。そして「アスリート主体の照明」の視点に加えて、これからはもっと「見る側」にも配慮が求められていると感じます。


伊藤義剛の経歴・略歴

伊藤義剛、いとう・よしたけ。日本の経営者。「岩崎電気」社長。山口県出身。立教大学経済学部卒業後、岩崎電気に入社。経営企画部長、取締役、光応用事業本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

田中啓一(経営者)

10年前では不可能だと思っていたことや、想像もできなかったことが、技術の進歩の組み合わせにより、続々と登場しています。常にこうした新しい技術に関われる環境・体制を整え、時代追従性、将来性のあるものを見極め、お客様のニーズに最適な形でサービス提供できるよう研究開発を進めています。


石野博

今、効果をあげているのは、様々な部門で開かれているグローバルミーティング。会議は基本的に日本でやる。というのも、コミュニケーションの壁が厚いのは、圧倒的に日本人だから。会議とは直接関係ない人にも参加してもらって、外国人との会議の様子を見てもらう。「なんだ、こんなものか」と思ってもらえれば、しめたものだ。


コリン・パウエル

優れたリーダーはビジョンやミッション、目標を設定する。偉大なリーダーは、あらゆる階層の部下に刺激を与え、各自が目的を自分のものとして理解し、真剣に取り組むようにする。こまごました仕事の向こう側に自分たちの目的があると理解させるのだ。


吉川洋

起業やイノベーションは、ヘトヘトになった状況からは生まれない。ある程度の余裕というか、遊び心も職場には重要。


山口範雄

我々人間には、根っこのところに倫理がないといけない。


栗山英樹

選手起用において大切なのは、監督が明確な目的と根拠をもって選手を起用することです。一時の迷いや気まぐれで起用していると、選手は監督の姿勢にブしがあることに必ず気づきます。そして同時に監督は、自分の起用方針を選手たちがどう感じているかについても、敏感である必要があります。


岡田裕介(東映)

根本的、本質的な所で考え、判断していくことが求められる。


大山健太郎

当社の業務日報は毎日負担なく書けるよう、文字数は200字に制限していて、「いいね!」もつけられるので、いわば社内SNSですね。私も「直感力があるな」と思った人や、部署のキーパーソン、普段やりとりできない海外の社員など100人ほどを日々チェックしています。お客様の不満は何か、今後何をすべきか、参考になる意見の場合は、私も「いいね!」を押しています。


木戸一敏

相手の言うことを否定してしまうと、こっちにも否定が返ってきます。「それはいいですね」と肯定すると、受け入れてもらいやすいんです。会話が弾めば、お客さんは自分から不満に思っていることや求めていることを話してくれるようになります。あとは相手が欲しがっているものを売り込むだけで、「売れない」という問題は解決していきます。


日野晃博

守りに入ると悪い循環に陥ってしまいます。いつも挑戦的な気持ちで取り組むようにしています。


岡庭豊

私は自分さえいい暮らしができればいいとは思っていないのです。うちは若い社員が多いですが、30代前半でも編集長クラスには1000万円以上出しています。社員にも快適な暮らしを味わってもらうことによって、よりよい仕事をしてほしいからです。


ジム・ステンゲル

ブランドの構築で最も重要なことは一貫性を保つことだ。成功するブランドは、しっかりしたブレない理念を基盤にして、消費者との絆と収益を一緒に成長させている。