名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤義剛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤義剛のプロフィール

伊藤義剛、いとう・よしたけ。日本の経営者。「岩崎電気」社長。山口県出身。立教大学経済学部卒業後、岩崎電気に入社。経営企画部長、取締役、光応用事業本部長などを経て社長に就任。

伊藤義剛の名言 一覧

多様な人材が集まって議論し、何かを思いついたらすぐに試作ができる環境を整えています。まったく異業種の方との共働こそ、新たな「ことづくり」につながる。


己の技術力を過信していては、頭打ちになってしまう。技術は常に新しく使われる機会を持たなければならない。


今後は光の用途を、「ものづくり」から、「ことづくり」に広げる必要があるでしょう。消費者の方々が求めているのは、照明という「もの」を買って所有することではありません。その照明のおかげで、暮らしがどんなふうに豊かになるか。安全で心地よく過ごせるか。その「ソフト」としての照明を考えていくべき時代に来ていると感じています。


私たち岩崎電気は1949年、日本初の反射型白熱ランプの開発から始まった会社です。照明をコツコツ技術開発してきましたが、それだけでは次のステップには到達できません。異質で多様なものが交じり合わないと、新しいものは生み出せないし、イノベーションは起こせないのです。そこで岩崎電気テクノセンター、通称「ヒカリウム」も開設しました。これもイノベーションの種を生むための試みの一つです。部門ごとで抱えていた研究開発部門の技術者を1か所に集約し、国内外のパートナーも自由に参加できるオープンな施設にしました。


当社は昔ながらの伝統的なメーカーであり、モノの生産プロセスで利益を上げている会社です。ところがLEDの場合、それは厳しい。複雑な技術が求められることもなく、発光部分のチップさえ購入すれば、誰でも簡単に参入できるからです。それ故に生産体系を見直し、ファブライト化で新しい発想が生まれる下地をつくっていきます。LEDに専心するのではなく、技術的な強みを生かし、当社ならではの製品を作るための、多様な生産形態を構築していきます。


施設によって東西南北の向きは違うので、太陽の光の入り方が違います。また、天候や季節、1年のうちでも太陽の付置によって、光の入り方が変わります。どれも、ただ標準的な設備を設置して終わりというわけにはいかず、オーダーメードで作り上げています。また、場所やコンセプトによって、気を付ける点は異なります。例えば高速道路の照明の場合は、ドライバーが夜間運転しやすいか、道路の線形を目で自然に追えるような誘導性も考慮しています。


スポーツ施設の照明は、私たちの得意分野の一つです。最も大切にしているのは、アスリートが競技に集中できる環境を整えていくという点です。施設全体のコンセプトを踏まえ、また実際に競技している人たちの意見にも耳を傾けながら、その環境でのベストを探していく。そして「アスリート主体の照明」の視点に加えて、これからはもっと「見る側」にも配慮が求められていると感じます。


伊藤義剛の経歴・略歴

伊藤義剛、いとう・よしたけ。日本の経営者。「岩崎電気」社長。山口県出身。立教大学経済学部卒業後、岩崎電気に入社。経営企画部長、取締役、光応用事業本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

石井淳蔵

ブランドづくりがないと、顔の見えない顧客相手のプロセス・マネジメントはできない。成熟期に対応したマーケティングをやるためには、まずもってブランド構築が必要なのだ。


坂根正弘

コマツでは会長と社長が1対1で話す機会を多く設け、社内の人事や人材育成について話し合っている。トップの育成は文章で残せない分、考え方を共有しておくのだ。私が野路(國夫)さんに渡した後継者候補リストにも、現社長の大橋(徹二)さんが入ってた。


堀場雅夫

旧来の日本企業は、社内の「和」に重心をかけすぎ、社員に「自分を捨てて全体のために生きるべきだ」という道徳を押し付けてきた。だが、今後は、いい意味で利己主義の人材が必要になる。もちろん「和を乱せ」というのではない。みんなで仲良くする前に、個々がしっかりとしたスキルと情熱、行動力を持たなくてはいけないということだ。


三鍋伊佐雄

経営陣が従業員と直接対話する経営計画説明会を始めたきっかけは、約30年前、従業員数が300人に達するかどうかの時期に、経営方針の伝達や社員のモチベーション確保には、人づてに伝えるより経営陣や部門のトップが直接伝える方がいいと考えたことからです。普段は40~50人の支店内でとらえている業務成績が、会社全体の中ではどんな位置づけかわかりますし、ほかの視点の社員と接することによる刺激、効果もあります。


小室淑恵

誰しも急いでやらなくてはいけない仕事はあるはずですが、その緊急性を意識せずに一日をスタートしてしまうと、顧客から「今日来て欲しい」と言われたときに断る理由を思いつかず、他の仕事を後回しにして出かけてしまいます。本来であれば優先度の高い仕事のスケジュールを固定して、その合間にそれ以外の仕事の対応をすべきなのに、逆になってしまうのです。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

当事者意識が欠如したままでは、本当の意味での仕事の楽しさなど感じることはできない。


大野直竹

今の事業がどのように広がっていくのか、どのように進化させていくのか。これを重点に考えて、各事業を考えよう。


村上龍

ひと頃、「自分探し」というのが流行りました。私は、まったく意味がわかりませんでした。自分なんか探しても絶対に見つからない、というか、「自分」は常に、自宅とか会社とか公園とかコンビニとか、どこかにいるわけで、探す必要などないわけです。「自分探しをしたい」という無職の友人に対し、私は、「自分なんか探さないで仕事を探せ」と言ったことがあります。


山田満(経営者)

経営とは責任を取るということです。責任の範囲と量を自覚していなければいけません。昔で言ったら、責任を果たせなかったら武士はその代償として、切腹しなければならなかった。それに比べたら現代は生ぬるいと違いますか。


八剱洋一郎

海外と日本の事情が違う場合、なぜ日本では違うルールが存在するのか。むしろ海外ルールよりも日本ルールのほうが合理的ではないのか。相手とのこういった議論を重ねながら、合意点を見つけて、解決策を提示し、実行できる人材。それがグローバル人材だと思います。


浜田宏

留学に行ったときも、すべて自費でしたから、社費で派遣されている留学生とは気持ちが違いました。外国人と安アパートをルームシェアして、自分でエアコンを取り付けたボロボロのクルマに乗ってと、ギリギリの生活をしながらも、しゃかりきに勉強してMBAを取得しました。海外で通用するプロの仕事師になりたい。そんなシンプルなモチベーションがあったからこそ、ピュアな集中力が生まれたんだと思います。


ウォーレン・バフェット

幸せと金は別物である