名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊藤羊一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤羊一のプロフィール

伊藤羊一、いとう・よういち。「Yahoo!アカデミア」学長。東京大学経済学部卒業後、日本興業銀行を経て文具メーカー「プラス」に入社。マーケティング本部長、ジョインテックスカンパニー執行役員バイスプレジデント、Yahoo!アカデミア学長などを務めた。

伊藤羊一の名言 一覧

プレゼンで気をつけているのは情熱的にいくこと。僕も自分が話をするコンテンツは、世界で一番好きです。少なくとも俺以上に詳しい奴はいない。これが情熱なのかなと。


僕が資料作りで気をつけているのは、修飾語は極力排除して、簡単スッキリ、中学生でもわかるような言葉にすること。


言葉を尽くしても上司に理解してもらえない、わかりやすく説明したはずなのに部下が動かない。なぜ、伝わらないのか。それは、相手に「伝える」ことを意識するあまり、「どうすれば伝わるのか」を忘れているから。聞き手の特徴や条件を考えず、一方的に話しているのです。


僕自身が作る資料は、今こうだけれどこうしたいよねと。商品、サービス単体でどう、というより、みんなでこうしようぜ、僕らが思うこんな未来に行こうぜと、まだ見ぬ世界に連れていく提案です。


最近はパワーポイントの弊害というか、パワポで資料を作ると、なんとなくそれっぽく見えるので、ロジックが繋がっているようで繋がっていない資料をよく見かけます。


資料を作るときって、最初はとにかく拡散させます。ものすごい分量になって、そこからポイントを絞り、言葉を削り、ストーリー化していく。それが収縮のプロセス。これは、ほぼ気合と根性の世界です。


相手を迷子にさせないというか、きちんとガイドするというのは重要ですね。セミナーで話すときに、だらだら喋りだすか、大事なのが3点ありましてと始めるかで、聴衆の反応は全然違う。大事なことが3点ありますって言うと、みんなペンをとって1って書くんですよ(笑)。


商品のコピー(キャッチコピー)でいえば、お客様に商品を欲しいと思わせて買ってもらうとか、会社の方針を変えてもらうとか。結局、聞き手に動いてもらうためにやっている。ならば聞く側が内容を明確にイメージできないと、動くわけがない。


僕はよく「幽体離脱」という言葉を使うのですが、幽体離脱して上空から第三者的に見て、どういうふうに聞き手が感じているかを意識しています。聞いている人が上司に上げる情景もイメージします。恐らく簡単スッキリとか、ストーリーとか情熱というのは、必要条件。十分条件は、話をするときに聞き手をイメージするということ。そこで圧倒的に、伝わる、伝わらないの差が生まれると思うんです。


プレゼンでは相手を話に引き込まなければいけない。それにはストーリーが重要ということです。「~だから~である」と繋いでみて、話に説得力があるかどうか。わかりやすく言うと、「食べなければ痩せる」というのは、繋がっているわけです。でも、「食べても痩せる」は繋がっていないから、そこになにか付け加えないといけない。例えば「食べても炭水化物を摂らなきゃ痩せる」とか。やはりロジックは大事ですね。


プレゼンの目的は相手を動かすことで、そのために話術も使うし、資料も使う。プレゼンはエンターテインメント。いわばライブみたいなものだから、トークはボーカル、資料は楽器、ひとつのパートみたいなものですよ。楽器だとすると、当然、テクニックも必要です。音程が正確でリズムも狂わないみたいなこともいいけれど、大事なのは、演奏が聴衆の心を捉えるかどうかでしょう。


右脳と左脳を刺激する話し方を意識することが大切。人は、ロジカルに考える左脳と、イメージや感情を司る右脳の両方を揺さぶられて初めて興味を持つ生き物。まずは、自分が感動できるアイデアをイメージし、話の核を形成します。聞き手は、はじめに伝える側の情熱を感じられなければ、興味を示しません。それを、伝わるようにロジカルに整理する。最後に、聞き手の感情を盛り上げる要素を加えるのです。右脳→左脳→右脳の順にストーリーを作れば、聞き手も耳を傾けるようになり、自ずと行動を起こします。


伊藤羊一の経歴・略歴

伊藤羊一、いとう・よういち。「Yahoo!アカデミア」学長。東京大学経済学部卒業後、日本興業銀行を経て文具メーカー「プラス」に入社。マーケティング本部長、ジョインテックスカンパニー執行役員バイスプレジデント、Yahoo!アカデミア学長などを務めた。

他の記事も読んでみる

三田聖二

同じことの繰り返しでは、市場を一段と活性化することはできない。むしろ、携帯電話会社ができないことに挑み続けることこそ、僕たちの使命だと考えている。


和田秀樹

人間のエネルギーや時間には限界があるから、できるだけ自分の得意な分野にそのエネルギーや時間には限界があるから、できるだけ自分の得意な分野にそのエネルギーや時間を振り向けた方が成果は上がりやすくなるはずである。不得意な分野だけど、この分野をどうしてもやりたいというものがあるなら話は別だが、そうでなければ自分の得意分野に情熱を振り向けた方が良い。


小山昇

お客様に話すときには、相手が満足度を高めることと、不満足度をなくすことの、どちらを求めているのかを見極めたうえで、トークをすることがカギとなります。


高城幸司

世の中には決着をつけたがらない人がとにかく多いものです。しかし、決着をつけなければ、前に進むことはできません。


永守重信

(日本電産が買収した)三協精機は、もともと600人辞めさせることが前提の再建計画でした。僕はひとりも切らずに、逆に3年間100人ずつ採用した。それで、閉めると言ってた工場がいま一番儲かってるんだから。従業員に一生懸命に働いてもらって、そのぶんのペイ(報酬・給料)はちゃんと払って大事にすることが、結果的には株主にとっても利益になるわけです。


藤田恭嗣

建築やアートは好きですね。空間をどのように設計するか、私はそこにお金をかける。家具も一流のものを置きます。何を置くかはその人の選択眼、哲学が出ると思っています。


出井伸之

いまの問題点をわかりやすくビジュアル化して、社員の頭の中に焼きこむことは、経営者の重要な仕事だと思います。私の経営哲学は和です。なんて言ってもわかりません。社長としてのこの三年間、難しいことをいかに簡単に説明するかということを心掛けてきました。


小笹芳央

今に不満がある人こそ夢を持ってほしいのです。夢があるから人との出会いを大切にできるし、日々の仕事を充実したものにできる。その夢が叶っても叶わなくても、ひと区切りついたら新しい夢を設定する。そうして過ごしていくことで、あなたの人生は充実したものになるでしょう。


古森重隆

研究開発投資を減らせば1000億円程度の利益はすぐに増える。ただ私の目標は、富士フィルムが成長し続けるリーディングカンパニーであり続けるようにすること。未来に向けて、必要な投資は続けていきます。


阿部観

ヤマト運輸などが労基の問題などで手が届かない仕事がウチに来ています。例えばコンビニの早朝の集荷など。こういうジャンルは元々やれる人が少ない。しかしIT化が進み、それが物流の業界にもシフトしている今、大手の手が行き渡らない時間・場所をカバーするウチのような業種への期待は高まっています。


ドリアン助川

昨年、僕の書いた『あん』という小説が映画化されました。ハンセン病を患っていた一人のお婆さんが、隔離された療養所で身につけた絶品のアンコの作り方を、主人公が営む町のどら焼き店を手伝いながら伝授する話です。僕自身かつての患者の人と会う機会がありました。正直言って手や顔に病気の跡が残っている人たちと向き合うのが怖かった。でも実際に会ってそういう人と握手をし話をすると、恐怖心が消え去って自然体で向き合えるようになった。僕の中にあった恐怖心やある種の差別的な意識が、体験すること、知ることによって氷解したんです。教養ってまさにこういうことではないか。そのとき、実感しましたね。自分の心と対話する中で様々な言葉が必要だったし、病やその患者の方々の歴史や苦労を知るためには膨大な言葉の蓄積が必要でした。


堀江薫雄

横浜正金銀行(のちの東京銀行)には、正金スピリットという伝統的な気風があった。これにはそれなりの背景もある。

  1. 人員採用が厳重なため優秀な人材が集まること。
  2. 身分保障がしっかりしていて、正金を生涯の働き場所と決めることができたこと。
  3. 首脳部が常に他の銀行界に劣るような待遇を行員に与えてはならないとし、銀行の利益と名誉を守るという精神に徹していたこと。