名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤羊一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤羊一のプロフィール

伊藤羊一、いとう・よういち。「Yahoo!アカデミア」学長。東京大学経済学部卒業後、日本興業銀行を経て文具メーカー「プラス」に入社。マーケティング本部長、ジョインテックスカンパニー執行役員バイスプレジデント、Yahoo!アカデミア学長などを務めた。

伊藤羊一の名言 一覧

プレゼンで気をつけているのは情熱的にいくこと。僕も自分が話をするコンテンツは、世界で一番好きです。少なくとも俺以上に詳しい奴はいない。これが情熱なのかなと。


僕が資料作りで気をつけているのは、修飾語は極力排除して、簡単スッキリ、中学生でもわかるような言葉にすること。


言葉を尽くしても上司に理解してもらえない、わかりやすく説明したはずなのに部下が動かない。なぜ、伝わらないのか。それは、相手に「伝える」ことを意識するあまり、「どうすれば伝わるのか」を忘れているから。聞き手の特徴や条件を考えず、一方的に話しているのです。


僕自身が作る資料は、今こうだけれどこうしたいよねと。商品、サービス単体でどう、というより、みんなでこうしようぜ、僕らが思うこんな未来に行こうぜと、まだ見ぬ世界に連れていく提案です。


最近はパワーポイントの弊害というか、パワポで資料を作ると、なんとなくそれっぽく見えるので、ロジックが繋がっているようで繋がっていない資料をよく見かけます。


資料を作るときって、最初はとにかく拡散させます。ものすごい分量になって、そこからポイントを絞り、言葉を削り、ストーリー化していく。それが収縮のプロセス。これは、ほぼ気合と根性の世界です。


相手を迷子にさせないというか、きちんとガイドするというのは重要ですね。セミナーで話すときに、だらだら喋りだすか、大事なのが3点ありましてと始めるかで、聴衆の反応は全然違う。大事なことが3点ありますって言うと、みんなペンをとって1って書くんですよ(笑)。


商品のコピー(キャッチコピー)でいえば、お客様に商品を欲しいと思わせて買ってもらうとか、会社の方針を変えてもらうとか。結局、聞き手に動いてもらうためにやっている。ならば聞く側が内容を明確にイメージできないと、動くわけがない。


僕はよく「幽体離脱」という言葉を使うのですが、幽体離脱して上空から第三者的に見て、どういうふうに聞き手が感じているかを意識しています。聞いている人が上司に上げる情景もイメージします。恐らく簡単スッキリとか、ストーリーとか情熱というのは、必要条件。十分条件は、話をするときに聞き手をイメージするということ。そこで圧倒的に、伝わる、伝わらないの差が生まれると思うんです。


プレゼンでは相手を話に引き込まなければいけない。それにはストーリーが重要ということです。「~だから~である」と繋いでみて、話に説得力があるかどうか。わかりやすく言うと、「食べなければ痩せる」というのは、繋がっているわけです。でも、「食べても痩せる」は繋がっていないから、そこになにか付け加えないといけない。例えば「食べても炭水化物を摂らなきゃ痩せる」とか。やはりロジックは大事ですね。


プレゼンの目的は相手を動かすことで、そのために話術も使うし、資料も使う。プレゼンはエンターテインメント。いわばライブみたいなものだから、トークはボーカル、資料は楽器、ひとつのパートみたいなものですよ。楽器だとすると、当然、テクニックも必要です。音程が正確でリズムも狂わないみたいなこともいいけれど、大事なのは、演奏が聴衆の心を捉えるかどうかでしょう。


右脳と左脳を刺激する話し方を意識することが大切。人は、ロジカルに考える左脳と、イメージや感情を司る右脳の両方を揺さぶられて初めて興味を持つ生き物。まずは、自分が感動できるアイデアをイメージし、話の核を形成します。聞き手は、はじめに伝える側の情熱を感じられなければ、興味を示しません。それを、伝わるようにロジカルに整理する。最後に、聞き手の感情を盛り上げる要素を加えるのです。右脳→左脳→右脳の順にストーリーを作れば、聞き手も耳を傾けるようになり、自ずと行動を起こします。


伊藤羊一の経歴・略歴

伊藤羊一、いとう・よういち。「Yahoo!アカデミア」学長。東京大学経済学部卒業後、日本興業銀行を経て文具メーカー「プラス」に入社。マーケティング本部長、ジョインテックスカンパニー執行役員バイスプレジデント、Yahoo!アカデミア学長などを務めた。

他の記事も読んでみる

阿部次郎

敵手を否定せんとする戦いは冗談である。敵手の態度を否定せぬ怒りは洒落である。


俣野成敏

30歳の頃、勤めていた会社が50年ぶりの赤字転落。社内に「早期退職」を勧める告示が出たのですが、2度目の対象が「30歳以上」だった。そこで生き方のスイッチが切り替わった。会社という沈まない船に乗っていたつもりが、その安堵感は沈み欠けた船に乗っている危機感に変わった。同時にものの考え方をガラリと変えた。まず定年までどうやって、のらりくらりと生きていくか、という発想を捨て、社内ベンチャー事業の募集に手をあげた。


菊地敬一

ヴィレッジヴァンガードは、僕が本と雑貨を「融合して」つくった店です。「複合」じゃなくて「融合」ね。本と文房具、本とCD、これらを「複合的に」扱っている業態は以前からたくさんありました。それぞれ売り場が独立してる店。でもそれってまったくカオス感がない。僕はそのことがずっと不満だったんです。それで僕が考えたオリジナルの店舗形態がそれらを「融合」させることでした。つまり、売り場をジャンルごとに独立させずに本の隣に関連した雑貨、CDがある。単純なことだけど、これがほかの店にはまったくない発想だったんです。ここで重要なのが「アナロジー(連想)」。本をキーにして、そこから連想される雑貨を並べるわけです。そうすることでパノラミックな売り場ができあがる。しかも本より雑貨のほうが粗利が高いので、両方扱うことでマージンミックスで粗利を上げて経営を安定させたいという目論見もありました。


橋本大也

ブログの書き方に悩んだ時は、「読んだ人にも、この本や雑誌を読ませたいという気持ち」に立ち戻るようにしています。


谷正人

幼稚園の年中から小学校2年生までアメリカに住んでいたこともあって、日本をすごく客観的に見ることが出来ました。日本のことを語る機会も多く、将来的には何かしら日本をアピールするようなことをやりたいなと思うようになっていました。


永守重信

死ぬ気でやれば、そこそこの人間でも相当の人材になれる。


岩崎達也(マーケティング)

最近の若い人のように叱られると萎縮してしまうようなケースでは、ゴールまでの道筋を示し、役割を与えるサーバントリーダーシップも必要。時代や組織の成熟度によってもリーダーシップの形は変わる。


葛西紀明

「なぜ、同世代の選手が引退するなか、競技を続けているんですか?」と聞かれると、長野の夜の(五輪団体メンバーから外された)ことが思い浮かびます。負けたくないという気持ち、家族の支え、会社の支え、日々のトレーニング。そういったものが全部、競技を続ける方向に自分を導いているんだと思います。


髙村正人(高村正人)

ありがたいのは、実績が増えるにつれ、IPOをお手伝いした会社の同業態の会社から声がかかるケースが増えています。当社が主幹事でIPOした会社が他社に紹介してくれるのです。もし当社の引受業務に不満があったら、リコメンドをしてくれることはないでしょうから、これは誇っていいと思います。


経沢香保子

仕事でも、プライベートでも、話すということは、何か伝えたいことがあるはずです。その伝えたいことの本質を、よりわかりやすく伝えることが、話し方が上手くなるための第一歩だと思います。


楠木新

周囲からの評価に対して自己評価は高くなりがちだ。かって私は保険会社の支社次長時代に20人程度の人事異動を行った。業務に支障はなかったのに、異動になった社員の7~8割が不満を持っていた。納得がいかなかったので、対象者一人一人に改めて話を聞いた。すると、私や人事部の把握する評価に対して、社員自身の自己評価は3割程度高いことが分かった。会社員は「上司が自分を正当に評価してくれていない」とよくぼやく。その心情には、この「3割増しの原則」が隠れている。


深澤真紀

私は編集者として就職してから、「これは必要だろうな」と思った「写真」「レイアウト」「校正」の講座に自腹で通いましたが、とても役立ちました。仕事のための習い事は、漠然としたものより、具体的に役立つ技術の方がよいのです。