名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤絵美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤絵美のプロフィール

伊藤絵美、いとう・えみ。日本の臨床心理士。東京都出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業、慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程修了。精神科クリニックでカウンセリングの仕事を開始。認知行動療法を専門とするカウンセリング機関「洗足ストレスコーピング・サポートオフィス」を開設。

伊藤絵美の名言 一覧

ストレスの対処法を考え、50個でも100個でも、できるだけ多くリストアップしてください。「自分にはストレスに立ち向かう方法がある」と思えれば、それだけで気持ちはかなりラクになるはず。


「認知」や「行動」は自分で選択できます。上司に叱られたとき、強く言い返すこともできれば、笑顔で「アドバイスをいただき、ありがとうございます」と言うこともできる。自分の助けになる認知や行動を選択することで、ストレスを軽減させることができるのです。


そもそもストレスは、「シマウマがライオンを見つける」→「ストレスを感じる」→「逃げる」といった、生き延びるために、ある瞬間だけ出る反応でした。しかし、文明社会となった今、私たちは刺激に囲まれ常にストレスを感じています。言い換えると、ストレスを感じずに生きることはできないのです。ならば、できるだけストレスを感じないよう対処をすることが、今の世の中でより健やかに生きる方法と言えるでしょう。


伊藤絵美の経歴・略歴

伊藤絵美、いとう・えみ。日本の臨床心理士。東京都出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業、慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程修了。精神科クリニックでカウンセリングの仕事を開始。認知行動療法を専門とするカウンセリング機関「洗足ストレスコーピング・サポートオフィス」を開設。

他の記事も読んでみる

藤田晋

プレゼンは最初の印象が肝心です。市場背景から知りたい相手もいるかもしれませんが、相手の経験や知識レベルに合わせて、説明の仕方を変えなければいけません。それができる人は、実は少ない。だからこそ、できると非常に賢く見えます。


カルロス・ゴーン

究極の選択は、不確かな状況や未知のこと、あるいは対立した意見の中から生まれる。自分の価値観、直感、確信、信念に立ち戻って決断するしかない。


箭内道彦

僕は34歳で初めて金髪にした。最初の頃は「作品で目立て」とよく言われ、見た目に負けないインパクトを仕事でやらざるを得ない環境に身を置き、自分を追い込んでいった。


豊田佐吉

障子を開けて見よ、外は広い。


菜々緒

私は「やる」と決めたら100%の力でやり抜くことを自分のルールにしています。子供の頃から、ずっとそうです。


久米信行

モチベーションを高めるために大切だと思っていることが二つあります。「脳のパラボラ力」と、「心のズームカ」です。

  1. パラボラ力とは、いろいろな興味関心をキャッチできるアンテナのこと。このアンテナがひとつしかないと、仕事で心配事があったとき、そればかりが気になってしまいます。アンテナが複数あれば、仕事で気になることがあっても、道を歩けば「あ、綺麗な花だ!」「こんな店、あったつけ?」と新しい発見があり、仕事での嫌なことを忘れてしまえます。世の中に興味関心があることがたくさんあると、モチベーションが高まります。
  2. もうひとつのズーム力とは、ひとつのことに焦点を当ててよく見つめ、心から面白がれる力です。

仕事と家を往復するだけでなく、脳のパラボラカと心のズームカを高めることで、自ずと幸せになり、モチベーションが高くなると思います。


川鍋一朗

「日交マイクル」の失敗は痛い経験でしたが、「結果を出さないと何も始まらない」ことを、改めて痛感できた出来事でした。


盛田昭夫

自分の能力を発揮できない職場、必ずしも「自分はこの職場でなくては」という強い希望を持ってその職場を選択したとは限らぬのに、いつまでもそこに腰を据えていることは、社会全体の不利益にもなるだろう。自分の欲するところに就職する機会を多く持てるような環境を作ることこそ、人材開発の大前提なのである。


中井政嗣

トップに立つ者は自由だ。反面、常に責任と義務が伴う。自分で判断して行動するからこそ、誇りと自信が持てる。悩み苦しみながらも、続けることで本物に近づける。ただし、自由とは勝手気ままに振る舞うことではない。個性も同じだ。人間としての基本ができてこそ個性が生きてくる。


ムーギー・キム(金武貴)

応援される人の第一の特徴は何と言っても、その人がものすごく頑張っているのが、周囲に伝わってくることである。熱量高く自分を応援してくれる人たちは、第一に対象が全力で頑張っている姿に引きつけられるのだ。これは、高校野球で仮に大量失点で負けていても、全力で1塁にヘッドスライディングする選手を見て感動するのと同じメカニズムかもしれない。


茂木健一郎

脳の仕組みは、小さな成功体験の積み重ねが、大きな変化を起こしていくようにできている。


本田健

大金持ちを目指すと、必ず無理をすることになるので、どうしても家庭が疎かになってしまいます。本当に子どものことを考えるなら、莫大な富を遺すよりも、お金を自分で生み出す知恵を授けたほうが彼らの将来のためになるでしょう。