名言DB

9413 人 / 110706 名言

伊藤秀嗣の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤秀嗣のプロフィール

伊藤秀嗣、いとう・ひでつぐ。日本の経営者。「オープンロジ」社長。東京都出身。明治大学商学部卒業。ネットエイジ、富士山マガジンサービスなどを経てオープンロジを設立。

伊藤秀嗣の名言 一覧

当社は倉庫を自社で持つことはせず、複数の倉庫会社と提携しています。出荷作業をはじめ、物流業務を担う倉庫会社と、ECで商品を販売する荷主とを当社独自のプラットフォームでつなげています。


日本の物流システムは依然として古いままです。倉庫会社の業務は労働集約型で属人的な作業がほとんどです。荷主側から見ても「いかにコストを下げられるか」という観点からしか注目されず、効率化のためのシステムづくりが遅れてきました。当社は荷主と倉庫の間に立っているので、それぞれが抱える課題を熟知している強みがあります今後は物流業界の合理化に貢献しつつ、今まで蓄積されたノウハウを提供し、実店舗や自社オフィスの在庫管理に対する需要にも応えていきたいと考えています。


荷主(EC事業者)が当社を通して物流業務を外注するメリットとして、明快な価格設定が挙げられます。これまでの物流業界の慣習となっている要問い合わせ・要見積もりの不透明さをなくし、荷物のサイズと個数に応じた明瞭価格ですぐにご利用できます。その上、在庫管理から入出庫履歴まであらゆる業務管理がウェブ上で完結できます。また、倉庫を外注すれば、荷主はどこに居ようと問題ありませんので、最近では外国人の顧客も増えてきています。当社と提携した倉庫に商品をストックし、いつでも配送できるのです。


伊藤秀嗣の経歴・略歴

伊藤秀嗣、いとう・ひでつぐ。日本の経営者。「オープンロジ」社長。東京都出身。明治大学商学部卒業。ネットエイジ、富士山マガジンサービスなどを経てオープンロジを設立。

他の記事も読んでみる

竹田和平

私はずっと何十年も会社の経営を見てきましたが、つぶれる会社もごまかす会社もみんな借金の多い会社です。逆に財務が健全でつぶれたところは見たことがありません。PBR(株価純資産倍率)は会社の活力を示す。


澤田秀雄

春休み、夏休みやゴールデンウイークは、ファミリーやヤングの集客が強い。しかし学校が始まれば、土日以外にはなかなか来場できませんから、集客が極端に下がります。そこで我々が考えたのがアフターゴールデンウイークを意識した100万本のバラなのです。この時期にファミリーは減少しますが、逆にシニアにたくさん来場して頂けるようになりました。ゴールデンウイークまでしか稼げなかったものが、この施策を実施したことで二毛作が可能になりました。


大泉洋

20代のころは、思いっきり役に入り込んでましたね。それがシリアスなキャラだと大変です。笑いがいっさいない、重たい過去を背負った役を減じると、私生活まで影響されました。日常生活から暗い人になってしまう。ラジオとかバラエティの仕事をやるのが苦しくなったりしてました。最近は、本番で集中力を高めるためにも、普段は役に引っ張られないようにしてます。じゃないと本番で疲れて集中できなくてね(笑)。


高井伸夫

仕事柄、成功している企業の社長などとよくお会いしますが、彼らは口をそろえて、今があるのは「出会いに恵まれたから」と言うんです。衝撃的な出会いがあるわけでなく、いい出会いに恵まれる人は、わずかなご縁を大切に育み、良い出会いにしている。つまり、誰しも他人との関係を良縁にし、運命的な出会いにできるんですよ。


升田幸三

人生は将棋と同じで、読みの深い者が勝つ。


山田満(経営者)

無駄を省くことも利益につながる。


佐々木常夫

「この仕事をやるべきか?」と考え、優先順位をつける時間が必要。少し早めに出社して一人で考える時間を作るといった良い習慣を身につけるべきでしょう。


野村克也

大事な交渉ごとも、日々の仕事から地続きにつながっているんだ。目の前の仕事に打ち込む、常に己を磨いておくこともまた、いざという時の交渉力になるということだ。


弘兼憲史

多少きつい言い方になるかもしれない。しかし本気で自己啓発に取り組めない管理職はどこかで落ちこぼれる。時代はいつも変化している。変化に対応するためには自分自身を変えていく必要がある。そこそこできればいいと思っていると、ある程度のところで満足してしまう。自己啓発はそこで終わる。大切なのは自分に満足しないということなのだ。


小笹芳央

忙しい時は要注意。なぜなら、今まさに仕事に追われている人は、視野が狭くなりがちだからです。それは例えば時速100kmで走っているクルマのようなもの。運転席からの視界は極めて狭い。時速10kmなら、周りがよく見えますよね。「最近、忙しいな」と感じたら、時には立ち止まってみましょう。


島村琢哉

結局、自分たちの「原点」、「強み」は何なのかを考えることが全てだ。それを認識していれば、どんな環境変化にも対応できる。


安田保馬

当社は大同グループの一員として「みがき棒鋼」の製造分野を担っています。高品位な鋼材を素材として供給される体制と、これを当社とグループ企業のバックアップで研究開発した高い技術で加工し、製品化しています。より高品質な製品が求められるなかで優れた素材と先端のニーズに合った加工が一本の線でつながり、一体となったサービスを実現しています。


澤上篤人

これからはどんな大企業でも、経営がまずければバタバタ倒れていく。逆に無名でも、頑張り次第で一気にのし上がれる。だから株を買うにしても、もうブランド買いはやめた方がいい。きちんと経営内容を見ないと何が起こるかわかりません。逆にきちんと見極められれば大きなリターンになる。


茂木健一郎

僕は「発達障害」という言葉自体に違和感を抱いている人間です。もちろん研究の重要性は理解していますし、実際に困っている人を診察されている先生のような方は非常に尊敬しています。ただ、診断される側のマインドが問題で、例えばわが子に診断が下ったとき、必要以上にパニックになり、将来を悲観してしまう親御さんも多いですよね。まるで烙印を押されたかのように落ち込む人がいて、でもそもそも「自閉スペクトラム症(ASD)」という言葉からもわかるように、本来人間の特性は「スペクトラム(連続体)」であり、「正常」と「障害」の明確な線引きなどできないはずですよね。


鍵山秀三郎

無私の心を自分で確立するのは、実はそれほどむずかしいことではありません。どうすればよいかと言うと、自分の得にならないことをできるだけやっていく、ということに尽きるのです。