名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤秀嗣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤秀嗣のプロフィール

伊藤秀嗣、いとう・ひでつぐ。日本の経営者。「オープンロジ」社長。東京都出身。明治大学商学部卒業。ネットエイジ、富士山マガジンサービスなどを経てオープンロジを設立。

伊藤秀嗣の名言 一覧

当社は倉庫を自社で持つことはせず、複数の倉庫会社と提携しています。出荷作業をはじめ、物流業務を担う倉庫会社と、ECで商品を販売する荷主とを当社独自のプラットフォームでつなげています。


日本の物流システムは依然として古いままです。倉庫会社の業務は労働集約型で属人的な作業がほとんどです。荷主側から見ても「いかにコストを下げられるか」という観点からしか注目されず、効率化のためのシステムづくりが遅れてきました。当社は荷主と倉庫の間に立っているので、それぞれが抱える課題を熟知している強みがあります今後は物流業界の合理化に貢献しつつ、今まで蓄積されたノウハウを提供し、実店舗や自社オフィスの在庫管理に対する需要にも応えていきたいと考えています。


荷主(EC事業者)が当社を通して物流業務を外注するメリットとして、明快な価格設定が挙げられます。これまでの物流業界の慣習となっている要問い合わせ・要見積もりの不透明さをなくし、荷物のサイズと個数に応じた明瞭価格ですぐにご利用できます。その上、在庫管理から入出庫履歴まであらゆる業務管理がウェブ上で完結できます。また、倉庫を外注すれば、荷主はどこに居ようと問題ありませんので、最近では外国人の顧客も増えてきています。当社と提携した倉庫に商品をストックし、いつでも配送できるのです。


伊藤秀嗣の経歴・略歴

伊藤秀嗣、いとう・ひでつぐ。日本の経営者。「オープンロジ」社長。東京都出身。明治大学商学部卒業。ネットエイジ、富士山マガジンサービスなどを経てオープンロジを設立。

他の記事も読んでみる

星野佳路

米国留学中、本ではなく、授業中に配られるプリントで山ほど読み、経営学の主要な論文の内容を頭に入れました。今も書店に行って、新しい経営学の本を見つけるたびにめくっています。音楽の好きな人が、新しい音楽が発売されるたびに聴くのと似た感覚だと思います。


木村尚敬

最も大切なのは、周囲の人との関係作りです。自分の周りにいる人の考え方や得手不得手、人となりまで含めてよく観察し、「自分と志を同じくする人」や「自分にないスキルや能力を持っている人」を選び出して、関係性を強化しましょう。私はこの作業を「社内外に自分独自の神経回路を作る」ようなものだと考えています。


大久保幸夫

30代前半にやっておくべきは「弱みの克服」です。10年近く働けば、自分の弱みは十分自覚できていることでしょう。しかし、その克服が可能なのはせいぜい30代前半までです。30代半ばを過ぎるころには、弱みはもう直らないものとして、強みを伸ばす方へシフトせざるを得なくなります。30歳を目安にラストチャンスと思って弱みの克服を意識的に行っていくと、後々の成長につながるはずです。


織田信長

藤吉郎(秀吉)は何が不足なのか。浮気など言語道断です。あんな禿げネズミ、どこをどう探したってあなたのような女性には二度と巡り合えないというのに。しかし、やきもちはいけない。夫の世話をちゃんとして、言いたいことがあっても言わない方がいいでしょう。【覚書き|夫に対する愚痴を信長にぶちまけた秀吉の妻ねね(おね、高台院)に送った手紙より】


板倉雄一郎

株の必勝本を読むよりも有価証券報告書(有報)をぜひ読んでほしい。これは金融庁のホームページなどで見ることができ、企業の沿革から投資の状況、業績の概況、財務情報など企業の経営について相当のことがわかる。「有報の量が多すぎてどこをどう読めばいいのかわからない」、そんな声を聞くことがある。しかし、そもそもそんな難解な報告書を出す企業の株は買わない方がいい。本業が怪しいから、評価されたくないから、報告書が難解になる。良い会社の報告書は、シンプルでわかりやすい。


富田純弘

右肩上がりの時代が終わった中で持続的な成長を実現するには、新たな市場を求めることと、新しい価値を創出することが必要。


Mr.マリック

人は崖っぷちに追い込まれると力が出る。だから、仕事の効率を上げたいと思っている人は、とにかく先に引き受けること。やりますと頷いた以上、スイッチを入れざるえをない。そういう状況で心の奥底から出てくる火事場の馬鹿力こそ、人の持つ超能力だ。


大村浩次

リーマンショック前の数年間で、不動産ファンドやREIT(不動産投資信託)事業などを拡大してしまいました。私の判断ミスです。本業である賃貸仲介や賃貸管理を深掘りし、入居者やオーナー様に、高いサービスを提供することだけに経営資源を使わなくてはならないのに、変な下心が生じました。いまは真摯に反省しています。


五木寛之

低成長の時代は、成熟した文化をつくるチャンス。イメージ戦略が大事。


丹羽宇一郎

商社で学んだことは、現場の一次情報から判断すること。


フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)

良いでっち上げは民衆の知性を研ぎ澄ます。


福沢諭吉

いま、国が富強であるのを幸いと、貧しく弱い国へ無理難題を持ち掛けるというのは、いわゆる力士が腕力で病人の腕をへし折るのと同じで、国の権義(権利と義務)から言っても許してはならない暴挙です。