名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤秀嗣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤秀嗣のプロフィール

伊藤秀嗣、いとう・ひでつぐ。日本の経営者。「オープンロジ」社長。東京都出身。明治大学商学部卒業。ネットエイジ、富士山マガジンサービスなどを経てオープンロジを設立。

伊藤秀嗣の名言 一覧

当社は倉庫を自社で持つことはせず、複数の倉庫会社と提携しています。出荷作業をはじめ、物流業務を担う倉庫会社と、ECで商品を販売する荷主とを当社独自のプラットフォームでつなげています。


日本の物流システムは依然として古いままです。倉庫会社の業務は労働集約型で属人的な作業がほとんどです。荷主側から見ても「いかにコストを下げられるか」という観点からしか注目されず、効率化のためのシステムづくりが遅れてきました。当社は荷主と倉庫の間に立っているので、それぞれが抱える課題を熟知している強みがあります今後は物流業界の合理化に貢献しつつ、今まで蓄積されたノウハウを提供し、実店舗や自社オフィスの在庫管理に対する需要にも応えていきたいと考えています。


荷主(EC事業者)が当社を通して物流業務を外注するメリットとして、明快な価格設定が挙げられます。これまでの物流業界の慣習となっている要問い合わせ・要見積もりの不透明さをなくし、荷物のサイズと個数に応じた明瞭価格ですぐにご利用できます。その上、在庫管理から入出庫履歴まであらゆる業務管理がウェブ上で完結できます。また、倉庫を外注すれば、荷主はどこに居ようと問題ありませんので、最近では外国人の顧客も増えてきています。当社と提携した倉庫に商品をストックし、いつでも配送できるのです。


伊藤秀嗣の経歴・略歴

伊藤秀嗣、いとう・ひでつぐ。日本の経営者。「オープンロジ」社長。東京都出身。明治大学商学部卒業。ネットエイジ、富士山マガジンサービスなどを経てオープンロジを設立。

他の記事も読んでみる

関取高行

小さなメーカーだからこそ、しがらみや思い込み、固定概念に左右されない。


成毛眞

企業が人材を採用する視点はふたつあります。「仲間」として採用するか、「労働力」として採用するかです。面接官を笑わせられる人材ならば、仲間として迎えられる確率が高くなります。知的産業や日本的な風土の企業では仲間意識を大切にするから、点を稼ぐことができるはずです。


村上龍

すぐにカッとなる性格を直すのは簡単ではありません。まず重要なのは、「自分はすぐにカッとなる性格をしている」という本人の自覚ではないかと思います。自分の性格と向き合い、すぐにカッとなる傾向があると認めること、そして本人もできればそれを直したいと思っていること、直すためには「意思の力」が必要なこと、という風に段階的に進めれば理想です。


五味一男

悪い情報が僕の耳に届かずに苦労したという経験はないですね。何かありそうなときは、「ぶっちゃけ、どうなの?」といった感じで話をします。失敗したからといって、その人の人格を全否定するわけでもありません。その仕事に向いているかどうかの話ですから、気にしないで話してみれば?一緒に話し合おうよということです。


吉楽裕

魚も人の髪型も同じものはない。職人が自分で判断できる裁量が必要だ。


林野宏

心身ともに健康で、充実した人生を歩むためには、夢中で遊び、学び、働くことが大切だと思います。


マザー・テレサ

●人は一切れのパンではなく、愛に飢えているのです。
●強い愛は分け隔てをしません。ただ与えるものなのです。
●愛とは、大きな愛情で小さなことをすることです。


福嶋康博

社員は営業に苦戦すると、「今回の商品が売れていないのは、商品の良さを分かってもらえていないからなので、宣伝を強化しましょう」と提言しがちです。ところが、それは自分たちが作った商品をユーザー目線で見られなくなっているだけです。やはり売れる商品は「売れる顔」をしています。「売れない顔」の商品は、いくら宣伝しても売れません。


三木谷浩史

変化する価値観に対応できなければ、いまどんなに新しく見えるビジネスも、結局は衰退していくことになる。日々改善する意識を持ち続けなければ、この変革期を乗り切ることはできない。僕たちはいま現在、まさにそういう変革期に生きている。


パク・ジョアン・スックチャ

企業の競争が激化する昨今、ここの社員の能力を最大限に引き出すことが企業の重要な課題です。そこで、社員が最も効率的・創造的に働ける環境を整備する必要が出てきます。「会社でしか仕事ができない」という限られた選択肢では不十分です。


シェイクスピア

他人もまた同じ悲しみに悩んでいると思えば、心の傷は癒されなくても、気は楽になる。


清田瞭

機関投資家を相手にする場合、機関投資家は担当の営業マンが信用できなければ発注しません。相手の能力、知識、人間性などを十分に見極めて注文を出すのが善管注意義務上当然なのです。