名言DB

9413 人 / 110706 名言

伊藤秀二の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤秀二のプロフィール

伊藤秀二、いとう・しゅうじ。日本の経営者。「カルビー」社長。福島県出身。法政大学経営学部卒業後、カルビーに入社。関東事業部長、執行役員、取締役、常務などを経て社長に就任。

伊藤秀二の名言 一覧

何度もテストマーケティングを繰り返し、絶対に大丈夫と確信できたものだけを定番にしている。


長期的に育てる商品と、短期で売り切って商品開発のヒントを見つける商品を明確に分けています。


優秀な商品ほど壊すのは怖いですが、メガヒットを作るには大変な労力が必要です。ヒット商品を磨き、ロングセラー商品にして、その間に次のヒット商品を開発していけば、成長軌道がずっと続く。


商品は、誕生して成長し、成熟して、最終的には衰退するというヒット商品のライフサイクル仮説がありますが、私はそうならないための努力をすれば、下がることはないと思っています。


もともと持っている力を最大限に引き出すため、「自立的実行力」を身につけようと社内に発信しました。社員に自立的実行力をつけてもらうためには、思い切って会社側も変わる必要がありました。そのキーワードが「簡素化」「透明化」「分権化」でした。


当社はもともと持っていた商品や人材、外部へのパフォーマンスなどが上手に発揮できていませんでした。私は社長に就任して以来、それをいかに最大限に引き出すか。常にそのための取り組みを考え、実践してきました。


「かっぱえびせん」も、これを作った創業者が生きていたら怒られるな、というくらいの変革をしていかないと衰退するでしょう。基本的な良い部分は残しつつ、部分的に壊してもう一回作り上げる取り組みは常にしていかないといけない。


当社の今までを振り返ると10年に1度のビッグヒットと、その間にも小さなヒットを繰り返しています。ヒット商品を生み出すためには、お客様が求めている商品がうまく出来上がって、それがブランドとして認めてもらえるようなレベルに達するという過程を丁寧にやっていくしかないと思っています。逆に、ヒット商品を作るのは10年かかると言ったほうが正しいのかも知れません。


女性の場合、特に家庭を持っていると、自分のことをしたいから、どうやって短時間で成果を上げるかを考えて仕事をします。ところが男性は、上司が残っていたりすると、長時間会社で時間を費やすことが会社への忠誠心だとか美意識のような思い込みがある。その後に一緒にお酒を飲みに行ったりして、結局、何をしていたのかといったことは往々にしてあるでしょう。これは女性を上司にしてみないと分からないことだと思います。今では若くても、あるいは男女に関係なく、チャレンジして成果が出そうな人には管理職になってもらいます。その代わり結果で評価するので、成果が上がらなければ、部長に引き上げたけど外れるといったケースもあります。過去の人事制度のルールを撤廃したことで、女性を管理職にしやすくなりました。


今は言い訳ができないところまで分権化しています。例えば、自分のところの部長は自分では決められない、お金を使う権限がないなどと言い訳をすることがあります。でも部長は選んでいいし、お金も使っていいよ、自分が責任を持てる範囲でということにした。そうすると、そこまでしなくてもいいですよと言う人も出てくる(笑)。多少強引であってもスピード感で進めて行くことが必要な場合と、こつこつとやった方がいい場合もありますから、組織として上手に人を配置することで回っていくのです。


お客様からこんなことをしてほしいという要望があっても、以前は現場が自分では判断できないからと会社に戻って所属長に諮り、その所属長は自分では分からないからと本社に諮り、本社は全国の担当に聞いて、こんなことをやりたいと言ってきたがどうだろうと話し合ったところ、反対意見が出て、何週間もたってから、やっぱりできませんとお客様に戻すといったイメージでした(笑)。ただし、分権化を進めるには、そもそも実力がない人にいくら分権しても成果が出るはずはないし、売れる商品を持っていなければ結果が伴うはずもありません。何か新しいことを教えるわけではなく進んでこられたのは、当社に基礎の力が備わっていたからだと思います。


伊藤秀二の経歴・略歴

伊藤秀二、いとう・しゅうじ。日本の経営者。「カルビー」社長。福島県出身。法政大学経営学部卒業後、カルビーに入社。関東事業部長、執行役員、取締役、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

佐藤優

誤解してはいけないのは、単に「教えてほしい」と甘えるだけではダメだということ。優秀な人ほど忙しい。相手の貴重な時間を奪うことになる。相手から見て「こいつは面白そうだ」と期待を抱かせるくらいのものがなければいけません。結局のところ、相手から引き出すには、自分自身が相応のレベルになっていなければいけない。そのためには、たくさん本を読むこと、たくさんの人とつき合い、引き出しを多く持つことが大事。


寺澤康介

リクルーターには、仕事に前向きな社員を選びましょう。仕事の愚痴や内部情報を漏らしてしまう事例もあるため、十分トレーニングを積ませた方が良いですね。真面目な学生ほど不用意な一言を真に受けてしまいがちです。


塚本隆史

銀行の人事評価と言えば「減点主義」とのイメージを持つ方が多いかもしれません。しかし、いまの時代となっては、それは全くの誤解なのです。現在の人事評価については相当程度、加点主義の評価軸に変わってきています。私どもは商業銀行として安定した信頼される経営が求められる一方で、グローバル化の波のもと世界の列強と伍して戦い、新規分野に出ていかなければいけません。減点主義では競争に勝てるわけがないのです。


真山仁

社会の仕組みを変えていくには、人の意識を揺さぶらないといけない。私は小説を通じて、こんなところを見落としてるんじゃないか、こんな社会もあるんじゃないかと、いろいろなチャンネルから揺さぶりたい。根本的に考え方を変えれば、たぶん別の視点が出てくると思うんです。


中山讓治(中山譲治)

自分の仕事に関係のある情報を意識的に定点観測し、フォローしていると、だんだん自分なりの未来予測図が描けるようになり、先読みの力もそれに比例して高まっていきます。管理職には、頭の何割かを戦略思考、世の中はどう流れていくのかを考える訓練に割いてほしいと思います。


澤田秀雄

変化のスピードが速い時代を生き抜くのはしんどいことだが、裏返して考えてみれば、一夜にして巨万の富を手にできる面白い時代でもある。


アレックス・ラミレス

座右の銘は日本語なら「頑張ります」です。前向きな気持ちになれる言葉なので。英語では「God Bless」「Tomorrow is another day」です。


林文子

セールスを始めた当初、あるトップ営業マンの書かれた本に「1日100件訪問すべし」と書かれていたのを読んで、すぐに飛び込み訪問を始めました。スマートなやり方ではないかもしれませんが、「飛び込みなんて」と思わずにやったからこそ、「モノを売る秘訣は人間関係なんだ」という、その後のセールスを進めるうえでもっとも重要な気づきを得られたのです。


乙武洋匡

ここ最近は「イヤなこと」がほとんどないんです。もちろん、その時点では自分にとってマイナスに思えたり、不快に感じたりすることはあります。ただ、「これは自分にとって必要なことで、将来必ずプラスになる」と自動変換するクセがついているので、素直に受け止められるのです。


中村信仁

本にかぎらず、「お勧めを教えてください」という人は多いですが、それを本当に実行する人はじつはそれほど多くはありません。感想を報告する人となればさらに少数でしょう。商談でお勧めの本を聞いたならば、「先日教えていただいた本を読みました。52ページに書かれていた言葉で物の見方が変わりました」などと、具体的な感想とお礼を伝えれば、相手のあなたに対する見方もきっと変わるはずです。このように言葉と行動で「私はあなたに関心をもっています」というメッセージを伝えることが、じつは商談でもっとも重要なことなのです。


森正文(経営者)

「ブランドは磨き続けなければいけない」という危機感を常に持っています。


鈴木喬(経営者)

僕は「社長」と「経営者」は違うと思っています。「社長」は、決断を先送りして、任期が切れればやめてしまって、お咎めなしの人。「経営者」は決断ができる人。「死んでも自分の責任でやる」という決意を持っている人のこと。


清水久三子

資料づくりの成功のポイントは、相手の期待を越えるサプライズがあるかどうかです。それは月並みな言い方ですが、ターゲットに対する思いの深さによります。言い換えれば、自分が関わっている資料作成のテーマとそのターゲットをどれだけ好きになれるかということです。


ロマン・ロラン

人間にとって大事なのは、現実を素直に見て、それを認める勇気である。


橋本信次郎

既存の流通を崩すには大きなエネルギーが必要です。ならば、高い価格に見合うだけの付加価値をつけたビジネスモデルを作ることが、生産者にとっても消費者にとってもいいんじゃないかと考えた。