名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊藤秀二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤秀二のプロフィール

伊藤秀二、いとう・しゅうじ。日本の経営者。「カルビー」社長。福島県出身。法政大学経営学部卒業後、カルビーに入社。関東事業部長、執行役員、取締役、常務などを経て社長に就任。

伊藤秀二の名言 一覧

何度もテストマーケティングを繰り返し、絶対に大丈夫と確信できたものだけを定番にしている。


長期的に育てる商品と、短期で売り切って商品開発のヒントを見つける商品を明確に分けています。


優秀な商品ほど壊すのは怖いですが、メガヒットを作るには大変な労力が必要です。ヒット商品を磨き、ロングセラー商品にして、その間に次のヒット商品を開発していけば、成長軌道がずっと続く。


商品は、誕生して成長し、成熟して、最終的には衰退するというヒット商品のライフサイクル仮説がありますが、私はそうならないための努力をすれば、下がることはないと思っています。


もともと持っている力を最大限に引き出すため、「自立的実行力」を身につけようと社内に発信しました。社員に自立的実行力をつけてもらうためには、思い切って会社側も変わる必要がありました。そのキーワードが「簡素化」「透明化」「分権化」でした。


当社はもともと持っていた商品や人材、外部へのパフォーマンスなどが上手に発揮できていませんでした。私は社長に就任して以来、それをいかに最大限に引き出すか。常にそのための取り組みを考え、実践してきました。


「かっぱえびせん」も、これを作った創業者が生きていたら怒られるな、というくらいの変革をしていかないと衰退するでしょう。基本的な良い部分は残しつつ、部分的に壊してもう一回作り上げる取り組みは常にしていかないといけない。


当社の今までを振り返ると10年に1度のビッグヒットと、その間にも小さなヒットを繰り返しています。ヒット商品を生み出すためには、お客様が求めている商品がうまく出来上がって、それがブランドとして認めてもらえるようなレベルに達するという過程を丁寧にやっていくしかないと思っています。逆に、ヒット商品を作るのは10年かかると言ったほうが正しいのかも知れません。


女性の場合、特に家庭を持っていると、自分のことをしたいから、どうやって短時間で成果を上げるかを考えて仕事をします。ところが男性は、上司が残っていたりすると、長時間会社で時間を費やすことが会社への忠誠心だとか美意識のような思い込みがある。その後に一緒にお酒を飲みに行ったりして、結局、何をしていたのかといったことは往々にしてあるでしょう。これは女性を上司にしてみないと分からないことだと思います。今では若くても、あるいは男女に関係なく、チャレンジして成果が出そうな人には管理職になってもらいます。その代わり結果で評価するので、成果が上がらなければ、部長に引き上げたけど外れるといったケースもあります。過去の人事制度のルールを撤廃したことで、女性を管理職にしやすくなりました。


今は言い訳ができないところまで分権化しています。例えば、自分のところの部長は自分では決められない、お金を使う権限がないなどと言い訳をすることがあります。でも部長は選んでいいし、お金も使っていいよ、自分が責任を持てる範囲でということにした。そうすると、そこまでしなくてもいいですよと言う人も出てくる(笑)。多少強引であってもスピード感で進めて行くことが必要な場合と、こつこつとやった方がいい場合もありますから、組織として上手に人を配置することで回っていくのです。


お客様からこんなことをしてほしいという要望があっても、以前は現場が自分では判断できないからと会社に戻って所属長に諮り、その所属長は自分では分からないからと本社に諮り、本社は全国の担当に聞いて、こんなことをやりたいと言ってきたがどうだろうと話し合ったところ、反対意見が出て、何週間もたってから、やっぱりできませんとお客様に戻すといったイメージでした(笑)。ただし、分権化を進めるには、そもそも実力がない人にいくら分権しても成果が出るはずはないし、売れる商品を持っていなければ結果が伴うはずもありません。何か新しいことを教えるわけではなく進んでこられたのは、当社に基礎の力が備わっていたからだと思います。


伊藤秀二の経歴・略歴

伊藤秀二、いとう・しゅうじ。日本の経営者。「カルビー」社長。福島県出身。法政大学経営学部卒業後、カルビーに入社。関東事業部長、執行役員、取締役、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

坂根正弘

コマツでは、「サクセションプラン(後継者育成プラン)」というものを導入し、役員や主要部署の部長、工場長などが「自分の次」「自分の次の次」の後任者のリストを提出して社長と意見交換をしている。


本田圭佑

目標は誰が何を言おうと揺るがない。もちろん人生で有言実行できなかったことも多々ある。でも、デカい目標を掲げたことを後悔したことは一度もない。


大塚正富

「ごきぶりホイホイ」は、子供が自ら組み立てて、仕掛けて、「ああ、入ってる入ってる」って喜ぶんです。おもちゃのような家の模様をパッケージに描いたことで、ゴキブリ捕獲器でも人の心を魅了できた。最近は、そんなアートが商品に欠けていると思うんです。自社でも他社でも。


湯浅誠(社会活動家)

支援活動を通じて、人々が支え合うとか、何かに気づくとか、そういう個人や社会の「アンテナのレベル」がもっと高まればいいなと思います。決して大それたことではないはずなんですが。でかい箱物を作って、復興のシンボルにする時代ではないですよ。もっとソフト面での変化というか創出というか。人が周りを気遣ったり、声をかけ合ったり、支え合ったりできるようにする。そういう社会になるための、今は転機だと思います。


藤田晋

迷ったうえでの決断は間違いやすいと思います。それが、たとえ論理的に説明できる決断であってもです。論理の積み重ねは、全体を捉えるのがとても難しく、大事な何かが抜け落ちていることがよくある。それに論理的な理由は、後づけでどうとでも創作できます。だから、理屈が通る決断というのは、それだけでは信用できません。


石川康晴

関係の質を高めるために絶対的に必要なのは、よく話すこと。「オフ」「オン」の境界線をコミュニケーションを通じて消すことが、「関係の質」を高める早道。仕事の話題だけではなく、「趣味」や「特技」などでもいい。相手の思考や個性を知る手がかりになる。


大西洋

農水省に出向した若手は1カ月で顔つきが変わりました。JR東日本に出向した若手も、戻った時には明らかに成長していた。こうした学びのチャンスを増やしていかなくてはなりません。


小林亮介(経営者)

EC業界の歴史を誰も記録してなかったので、EC業界メディアの弊社が行うべく、年表を作成することになりました。「EC業界年表」は、弊社が独自の調査で調べ上げた、EC業界の歴史が分かる年表となっています。この年表を見ることで、「この時代の流れを考慮すれば、次はこんな未来が描けるかもしれない」という具合に、新たな気付きを得ることができると思います。


ジェイ・エイブラハム

アドバイザーとして結果に対して絶対の自信を持っていなければいけないと、自分の経験から確信しています。それが私の「卓越性」なのです。


天野暢子

プレゼンテーションという言葉の語源はプレゼント、つまり贈り物と共通です。それを成功させるには、相手への「思い」が欠かせません。


岸見一郎

上司ともうまくやっていくためには、上司の要求をきちんと把握する必要がある。というのも、部下を嫌っているような態度を取る裏には、部下に対する何らかの不満が隠されていることが多いから。案外、単にもっと売り上げを上げてもらいたいとか、部署の業績に貢献してもらいたいと思っているだけかもしれません。なんといっても、部下が頑張ってくれたほうが上司もトクですから。自分の部署の業績に貢献する部下なら、多少生意気でもかわいいと思うものです。


坂本孝

私が最終的に目指すのは、単なる事業の拡大ではありません。一緒に働く人が、自分の仕事に誇りを持ち、待遇面でも精神面でも幸せを感じながら働くことができる。そんな場所を創ることです。