名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤秀二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤秀二のプロフィール

伊藤秀二、いとう・しゅうじ。日本の経営者。「カルビー」社長。福島県出身。法政大学経営学部卒業後、カルビーに入社。関東事業部長、執行役員、取締役、常務などを経て社長に就任。

伊藤秀二の名言 一覧

何度もテストマーケティングを繰り返し、絶対に大丈夫と確信できたものだけを定番にしている。


長期的に育てる商品と、短期で売り切って商品開発のヒントを見つける商品を明確に分けています。


優秀な商品ほど壊すのは怖いですが、メガヒットを作るには大変な労力が必要です。ヒット商品を磨き、ロングセラー商品にして、その間に次のヒット商品を開発していけば、成長軌道がずっと続く。


商品は、誕生して成長し、成熟して、最終的には衰退するというヒット商品のライフサイクル仮説がありますが、私はそうならないための努力をすれば、下がることはないと思っています。


もともと持っている力を最大限に引き出すため、「自立的実行力」を身につけようと社内に発信しました。社員に自立的実行力をつけてもらうためには、思い切って会社側も変わる必要がありました。そのキーワードが「簡素化」「透明化」「分権化」でした。


当社はもともと持っていた商品や人材、外部へのパフォーマンスなどが上手に発揮できていませんでした。私は社長に就任して以来、それをいかに最大限に引き出すか。常にそのための取り組みを考え、実践してきました。


「かっぱえびせん」も、これを作った創業者が生きていたら怒られるな、というくらいの変革をしていかないと衰退するでしょう。基本的な良い部分は残しつつ、部分的に壊してもう一回作り上げる取り組みは常にしていかないといけない。


当社の今までを振り返ると10年に1度のビッグヒットと、その間にも小さなヒットを繰り返しています。ヒット商品を生み出すためには、お客様が求めている商品がうまく出来上がって、それがブランドとして認めてもらえるようなレベルに達するという過程を丁寧にやっていくしかないと思っています。逆に、ヒット商品を作るのは10年かかると言ったほうが正しいのかも知れません。


女性の場合、特に家庭を持っていると、自分のことをしたいから、どうやって短時間で成果を上げるかを考えて仕事をします。ところが男性は、上司が残っていたりすると、長時間会社で時間を費やすことが会社への忠誠心だとか美意識のような思い込みがある。その後に一緒にお酒を飲みに行ったりして、結局、何をしていたのかといったことは往々にしてあるでしょう。これは女性を上司にしてみないと分からないことだと思います。今では若くても、あるいは男女に関係なく、チャレンジして成果が出そうな人には管理職になってもらいます。その代わり結果で評価するので、成果が上がらなければ、部長に引き上げたけど外れるといったケースもあります。過去の人事制度のルールを撤廃したことで、女性を管理職にしやすくなりました。


今は言い訳ができないところまで分権化しています。例えば、自分のところの部長は自分では決められない、お金を使う権限がないなどと言い訳をすることがあります。でも部長は選んでいいし、お金も使っていいよ、自分が責任を持てる範囲でということにした。そうすると、そこまでしなくてもいいですよと言う人も出てくる(笑)。多少強引であってもスピード感で進めて行くことが必要な場合と、こつこつとやった方がいい場合もありますから、組織として上手に人を配置することで回っていくのです。


お客様からこんなことをしてほしいという要望があっても、以前は現場が自分では判断できないからと会社に戻って所属長に諮り、その所属長は自分では分からないからと本社に諮り、本社は全国の担当に聞いて、こんなことをやりたいと言ってきたがどうだろうと話し合ったところ、反対意見が出て、何週間もたってから、やっぱりできませんとお客様に戻すといったイメージでした(笑)。ただし、分権化を進めるには、そもそも実力がない人にいくら分権しても成果が出るはずはないし、売れる商品を持っていなければ結果が伴うはずもありません。何か新しいことを教えるわけではなく進んでこられたのは、当社に基礎の力が備わっていたからだと思います。


伊藤秀二の経歴・略歴

伊藤秀二、いとう・しゅうじ。日本の経営者。「カルビー」社長。福島県出身。法政大学経営学部卒業後、カルビーに入社。関東事業部長、執行役員、取締役、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

井上智洋

AIは将棋や囲碁といたルールがあるものや、俳句やコラージュアートのような組み合わせの数が決まっているものは得意です。一方で、ゼロから作るものや複雑な構造物のものは苦手。そこは人間のほうが得意なところです。


西野浩輝

交渉の場所として料亭など中立的な場所もありますが、私はお勧めしません。オーダーや食事という、交渉とは関係ない余計な雑事が割り込んできて、中断されるからです。時間も削られ、相手のペースに巻き込まれる危険性も大です。


柴田励司

管理職は未経験の仕事に取り組まなければなりません。そのとき、「どんなことをしてでも達成しよう」と思う執念は欠かせませんが、同時に、自分の考え方ややり方に執着してもいけません。


中谷巌

資本主義の本質をいろいろ分析していくうちに、気が付いたことがあります。西洋が引っ張ってきた資本主義社会というのは、市場によって価値を「交換」させることによって成り立っています。逆に言えば、市場で交換できないものは価値がない、とするわけです。しかし、家族同士の愛情とか、地域社会の助け合いとか、人と人との絆とか、市場で交換できないものはたくさんあります。そうしたものがないがしろにされてきた結果、コミュニティが崩壊し、社会が荒れてきました。このあたりで一度立ち止まって、このままでいいのだろうか、と議論を始めないといけないと思います。


真山仁

アメリカ人と日本人の違いが分かる一番いい例が道徳に対する考え方です。アメリカでは成功すると道徳を口にするようになる。でも、日本人は失敗した人が道徳を口にして、成功した人を強欲とか銭ゲバなどと言って、批判します。アメリカ人にしてみればまず勝つことが大事で、金持ちになったらいくらでも施しをするという考え方なのです。経済行為に道徳を持ち込まないからアメリカは強い。


弘兼憲史

ワイン会の参加費は決して安くありません。希少で高額なワインを楽しむので、1回の会費が高い。しかしそこに集うのは、大手上場企業のトップや気鋭の若手ベンチャー経営者など、錚々たる顔ぶれです。誰もが自分なりの哲学を持ち、経験も人脈も豊富。「そんなことがあるのか!」という発見から僕の好奇心に火がつき、1つの事象を多角的に捉えるヒントにもなる。少々値が張っても、自らの引き出しを増やしてくれそうな魅力的な人と出会うチャンスならば、覚悟を決めて投資すべきだと僕は思っています。


林野宏

泉に石を投げると輪ができて広がっていく。いくつか石を投げると輪が重なっていく。異なる輪が重なるところにアイデアが生まれる。これをつなげれば良いんじゃないか、これは関係がありそうだと発想が広がっていく。そのためには、深くて広い「知の泉」が必要なんです。


鍵山秀三郎

国民一人ひとりが、自分にとって、もしくは誰にとってよいかどうかではなく、本当に何が正しいかどうかを考えて行動するようになれば、どんな問題も解決できるでしょう。


伊賀泰代

仕事で話す機会があれば、必ず前日に練習をしますし、以前は録音して聞き返していました。こうした練習を積み重ねれば、どんな人でもスキルを飛躍的に伸ばせるでしょう。


坂根正弘

早くグローバルスタンダード、デファクトスタンダードにするという動きをする必要があります。そうしなければ、せっかく作ってもグローバルスタンダードは誰かに取られてしまいます。


バイロン・ウィーン

たいていのポートフォリオ・マネジャーは、失敗とは常に変化する市場環境の中でランダムに起こるものだと考えている。将来の状況が過去と同じものになるはずがないから、過去の失敗を再び犯すことはありえないというのがそのロジックである。しかし、自分の過去の失敗を統計的に洗ってみた結果、やはりいくつかのパターンが見つかった。


稲盛和夫

床にこぼれ落ちている原料や、職場の片隅に積み上げられている不良品が、まさにお金そのものに見えてくるところまで、私たちの採算意識を高めていかなければなりません。