伊藤秀二の名言

伊藤秀二のプロフィール

伊藤秀二、いとう・しゅうじ。日本の経営者。「カルビー」社長。福島県出身。法政大学経営学部卒業後、カルビーに入社。関東事業部長、執行役員、取締役、常務などを経て社長に就任。

伊藤秀二の名言 一覧

何度もテストマーケティングを繰り返し、絶対に大丈夫と確信できたものだけを定番にしている。


長期的に育てる商品と、短期で売り切って商品開発のヒントを見つける商品を明確に分けています。


優秀な商品ほど壊すのは怖いですが、メガヒットを作るには大変な労力が必要です。ヒット商品を磨き、ロングセラー商品にして、その間に次のヒット商品を開発していけば、成長軌道がずっと続く。


商品は、誕生して成長し、成熟して、最終的には衰退するというヒット商品のライフサイクル仮説がありますが、私はそうならないための努力をすれば、下がることはないと思っています。


もともと持っている力を最大限に引き出すため、「自立的実行力」を身につけようと社内に発信しました。社員に自立的実行力をつけてもらうためには、思い切って会社側も変わる必要がありました。そのキーワードが「簡素化」「透明化」「分権化」でした。


当社はもともと持っていた商品や人材、外部へのパフォーマンスなどが上手に発揮できていませんでした。私は社長に就任して以来、それをいかに最大限に引き出すか。常にそのための取り組みを考え、実践してきました。


「かっぱえびせん」も、これを作った創業者が生きていたら怒られるな、というくらいの変革をしていかないと衰退するでしょう。基本的な良い部分は残しつつ、部分的に壊してもう一回作り上げる取り組みは常にしていかないといけない。


当社の今までを振り返ると10年に1度のビッグヒットと、その間にも小さなヒットを繰り返しています。ヒット商品を生み出すためには、お客様が求めている商品がうまく出来上がって、それがブランドとして認めてもらえるようなレベルに達するという過程を丁寧にやっていくしかないと思っています。逆に、ヒット商品を作るのは10年かかると言ったほうが正しいのかも知れません。


女性の場合、特に家庭を持っていると、自分のことをしたいから、どうやって短時間で成果を上げるかを考えて仕事をします。ところが男性は、上司が残っていたりすると、長時間会社で時間を費やすことが会社への忠誠心だとか美意識のような思い込みがある。その後に一緒にお酒を飲みに行ったりして、結局、何をしていたのかといったことは往々にしてあるでしょう。これは女性を上司にしてみないと分からないことだと思います。今では若くても、あるいは男女に関係なく、チャレンジして成果が出そうな人には管理職になってもらいます。その代わり結果で評価するので、成果が上がらなければ、部長に引き上げたけど外れるといったケースもあります。過去の人事制度のルールを撤廃したことで、女性を管理職にしやすくなりました。


今は言い訳ができないところまで分権化しています。例えば、自分のところの部長は自分では決められない、お金を使う権限がないなどと言い訳をすることがあります。でも部長は選んでいいし、お金も使っていいよ、自分が責任を持てる範囲でということにした。そうすると、そこまでしなくてもいいですよと言う人も出てくる(笑)。多少強引であってもスピード感で進めて行くことが必要な場合と、こつこつとやった方がいい場合もありますから、組織として上手に人を配置することで回っていくのです。


お客様からこんなことをしてほしいという要望があっても、以前は現場が自分では判断できないからと会社に戻って所属長に諮り、その所属長は自分では分からないからと本社に諮り、本社は全国の担当に聞いて、こんなことをやりたいと言ってきたがどうだろうと話し合ったところ、反対意見が出て、何週間もたってから、やっぱりできませんとお客様に戻すといったイメージでした(笑)。ただし、分権化を進めるには、そもそも実力がない人にいくら分権しても成果が出るはずはないし、売れる商品を持っていなければ結果が伴うはずもありません。何か新しいことを教えるわけではなく進んでこられたのは、当社に基礎の力が備わっていたからだと思います。


伊藤秀二の経歴・略歴

伊藤秀二、いとう・しゅうじ。日本の経営者。「カルビー」社長。福島県出身。法政大学経営学部卒業後、カルビーに入社。関東事業部長、執行役員、取締役、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

安岡正篤

人間の進歩というものは、偉大なる発明発見でも悟りでも、すべてインスピレーションとか感動から始まる。ただし感動するためには、我々の心の中に感受性がなければならない。感受性というものは、自分が充実しなければ出てこない。放心したり、自分が自分を忘れていたら、これはあるわけがない。


了徳寺健二

これまでの人生、いろいろな人に出会い、ここまで来ることができました。幾多の困難に遭遇しましたが、それも今となってはいい勉強です。もっとも、人は生きている限り一生勉強だと思います。これからも自分なりの努力を果たしていきたい。


メンタリストDaiGo

残業しないと終わらない仕事は、残業しても終わらないと考えたほうがいい。残業して仕事が終わるわけがないですよね。一番集中できない夜の時間帯に仕事をするわけですから。全然仕事は進まないし、ネットを見たり、スマホをいじったりといった余計なことに気を取られる時間も増えます。


安形哲夫

私は着任から4年間、ひたすらファンダメンタルズ(企業基盤)の整備に力を注いできました。いうなれば、種まく人。相応の固定費はかかりますが、この作業なくして成長は果たせません。種はやがて花をつけ、実を結びます。それを収穫するのは次の世代の人たちでいいのです。


冨澤文秀

孫(正義)社長はゴールしか提示しません。スケジュール設定もすごく厳しい。我々にはとうてい無理だと思えるのですが、社長は多くの経験から「できる」という感覚を持っている。我々はそれを実現する方法を考え、実行しなくてはならないわけですから、大変ですよ。たとえばその道のプロが10年かかると言うことでも、半分でやれと平気で言ってくるわけです(笑)。私もそれなりに経験を積んできましたが、孫社長の言葉を聞いて「え?」と耳を疑うことが今でもあります。その瞬間は実現のための方法論などまったく見えませんが、「わかりました」と涼しい顔で返事をします。言葉のやり取りはそれだけ。そうして、後で死ぬほど考えるのです。


正岡子規

病気の境遇に処しては、病気を楽しむということにならなければ、生きていても何の面白味もない。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

ビジネスの現場では、知識や思考力だけでなく人間力が問われる。


ドリアン助川

目標を持つことは良いことだと言われますね。でも目標のためにどれだけの人間が傷つき、死んでいるか。目標が生き方を狭くすることもあるんです。そこで「たまには目標もいいね」という言葉を作ったのですが、この話を高校生の前で話すと、先生は渋い顔をしていますが、生徒の表情は明らかに変わる。


中山讓治(中山譲治)

社員によく「ナンバーワンを目指せ」と言っていますが、これは必ずしも、売上や利益でナンバーワンになろうという意味ではないのです。それぞれの社員が担当している分野でナンバーワンを目指そうという意味です。


渋沢栄一

常に愛国忠君の気持ちを厚く持ち、公に奉ずることを忘れてはならない。


荒川詔四

メーカーが「これは良い製品だ」といって提案してきたのが日本の成功モデルだったが、これからはソフトを組み合わせて、お客様に価値を認めてもらえるものをつくらなければいけない。そう考えて、コアになる我々のモノづくりを進化させていく。


高田明(ジャパネットたかた)

商品はその魅力が伝わらないと買っていただけません。従って常にどう伝えるかを考え、実践してきました。


ロバート・キャンベル

知識をただ身につけるのではなく、自分の考えや感想などを絡めて話せるようになるといい。


加藤俊徳

脳の聞く力が弱い人はどのくらいいるのだろうかと、研究してみると女性より男性の方が、圧倒的に聞いたことが脳に残らない傾向が強いことが分かってきました。1度聞いてわずか2割しか残っていない人がかなりの割合でいます。2度聞くと6割程度が残ります。授業や講義の9割は、聞くことです。私は「このままの勉強法では、医学部受験の二浪目も合格しないかもしれない」と考えて、あえて聞きたい内容を選んで授業を受けてみました。するとどうでしょう、スイスイ入ってきます。さらに、1度で入らないなら、録音して2度、3度聞いてみました。聞きたいことを自分で選ぶこと、さらには、2度3度聞き直すだけで、脳は積極的に耳で聞いた情報を脳に入れようとします。少し聞き方を変えるだけで脳に記憶しやすくなるのです。


アレックス・カー

自分の「芯」は普通に仕事をする中で、自然と培われるものでもありません。仕事の場では、どうしても上司の意見や会社の方針に従うことが優先されてしまいがちで、確固たる自分の意見を持つことがなかなか難しいからです。むしろ、自分の「芯」を構築するチャンスは、仕事以外の世界にあると私は思います。例えばスポーツなら、勝負勘の強さやチームワークが身につき、メンタルの鍛錬にもなります。趣味やボランティアに打ち込めば、仕事上の利害関係のない、様々な世界に生きる人々との交流を通じて、独自の視点を培うことができます。教養を磨く、つまり歴史や文化、美術などに興味を持ち、知識を深めていくというのも有効なアプローチです。


ページの先頭へ