名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊藤瞭介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤瞭介のプロフィール

伊藤瞭介、いとう・りょうすけ。日本の経営者。東京出身。成城大学経済学部卒業後、電子部品、オーディオ機器の山水電気に入社。取締役などを経て社長に就任。約4年間社長を務めたのち退社し、コンサルタント業を経て、風力発電機メーカーのゼファーを設立。同社を小型風力発電施設シェア日本一に成長させた。

伊藤瞭介の名言 一覧

これからは再び、専業メーカーが脚光を浴びる時代になると確信しています。モノが溢れるいまの時代、特徴のない商品では消費者の心をとらえられません。


専業メーカーが存続し続けるための2つの条件

  1. 絶対にリストラをしないこと。新しい価値を生み出すことができるのは、尖った才能を持つ人材であり、彼らが最大の財産なのです。
  2. 安易な株式上場を避けること。ひとたび上場すると、市場から「成長し続けること」を求められます。経営者が短期の業績や株価ばかりを気にするようになると、とにかく数字を伸ばそうと、新鮮味に欠ける商品を次々と投入することになりがちです。

得意分野だけでは目指す規模に達しないという理由で、多角化を進めてしまう。こうなったら、専業メーカーの強みは失われてしまいます。


企業規模が大きくならなくても、社員が幸せで、顧客に新しい価値を提供し続けられることの方が、拡大路線を突き進むことよりも重要ではないでしょうか。


リストラは社員の失望を買います。一度でもやると、もう二度と立ち直れません。それはなぜか。企業文化を失うからです。文化はカネでは買えません。日本企業はそこに気づいてほしい。企業文化は、従業員と顧客が時間をかけて作り上げるものです。


かつて専業メーカーには、必ず才能あふれるタレントがいました。彼らの多くは組織に迎合せず、一匹狼のような存在です。専業メーカーは、扱いにくいタレントを窓際に追いやることなく処遇する文化を持っていました。ところがリストラに走ると、こうした人材が真っ先に会社を去ってしまいます。彼らは企業のブランドや心意気に忠誠心を感じるからこそ、会社にとどまってくれるのです。


もし、専業メーカーが上場するなら、自社の強みや特性を経営者や株主が深く理解し、その企業文化を守り続けることが必要です。業績が低迷したときに、株主や金融機関から「今期の利益を確保するために、新規の商品開発はやめてくれ」と言われるようではまずいのです。ただし、こうした条件を整えて上場を果たすことは難しい。それならば、専業メーカーは株式を公開してなくてもいいのではないでしょうか。


伊藤瞭介の経歴・略歴

伊藤瞭介、いとう・りょうすけ。日本の経営者。東京出身。成城大学経済学部卒業後、電子部品、オーディオ機器の山水電気に入社。取締役などを経て社長に就任。約4年間社長を務めたのち退社し、コンサルタント業を経て、風力発電機メーカーのゼファーを設立。同社を小型風力発電施設シェア日本一に成長させた。

他の記事も読んでみる

中原淳

人間は環境に左右されないほど、「確固たる自己」を持っていない。周囲の人間関係などによって、考え方が大きく変わってしまうもの。


大原聡

当社では社内の戦略、業務、ITのプロフェッショナルはもちろん、社外のエキスパートとのコラボレーションにも注力しています。事業のコンセプトづくりから実行までをやり遂げる体制が必須だからです。


山口誠一郎

強調したいのは、不動産再生のノウハウです。表面的に化粧を施すようなリノベーションではなく、「安心・安全」「環境配慮」「デザイン」の3つの指針をもってバリューアップします。たとえば、ある程度築年が経ったビルとなると(消防法、建築基準法などで)非遵法の場合もありますが、当社は必ず是正します。社内に一級建築士を擁しているので、外観には見えないところまでしっかり手をかけ、安心、安全な建物に再生しています。


山田隆持

組織のトータルパワーを高めるには、立場は違ってもひとつの目標に向かって力を合わせていくことが必要なのです。結束すると、そこから知恵と力が湧いてきます。


道脇裕

ソフトにハードは宿らないけれど、ハードにはソフトが宿り得る。今の時代はソフト優先のように思えますが、ソフトウエア大手でも、ハードに手を伸ばして成功している例は意外と少ない。さらに言えば、人間って、やっぱりハードから離れられない。


ジェイ・エイブラハム

インディアナポリスのラジオ局の広告の営業をしていたときの話です。ラジオ局では必要な製品とかサービスをその価値と相殺して取引できると考えたのです。たとえば、ラジオ局の営業担当がクライアントをランチに連れて行く場合、3、4回分のランチ代は広告枠から払ってもらうというようにしました。なぜならば、そのレストランと取引をしていたからです。車を借りる場合もディーラーと交渉して、車を使用する権利を広告枠と交換したわけです。ですから、ラジオ局にとって営業の諸費用はゼロに近づいた。ただこの事例はお国柄、また業界によって通用するかどうか分かりません。しかし、その本質を理解すれば教訓があります。人から見て価値があるものをつくり出すことができれば、購買力を持ったに等しく、このようにコストの軽減にもつながるのです。


入山章栄

経営学でも長期ビジョンの重要性がよく言われます。例えば米デュポンは毎年、社内のトップ級が集まり、100年後の世界はどうなるかを、有識者を交えて真剣に議論するんです。そして、そこから逆算して、M&Aなどを考えているらしいです。この議論により、経営学的に言うと幅広い「知の探索」が可能になる。


乙武洋匡

文章を書くうえでも、緩急をつけることが大事だと思います。最初から最後まで堅苦しいことを書いていたら、読み手がストレスを感じて疲れてしまいます。そこで、途中でユーモアを交える。そうやって、フッと相手が力を抜いたところで、伝えたいことを豪速球でドン! と投げる。すると、「おお、乙武もたまには良いこと言うじゃん」と思ってもらえる。ユーモアにはそういう効果があるんじゃないかと思います。


中山勇

日本社会の良いところは、見返りを求めずに先に奉仕することで社会を回転させている点だと思います。また、そういった奉仕の文化は日本企業の強みになっています。リーダーにもその強みの部分を引き出す感性が求められます。


遠藤憲一

その時はなんでこんなことになっちゃうんだろうと思うんだけれど、起きた出来事に真正面からぶつかって深く考えていけば、意味を持ってくる。


鐙雅也

「Naked Horse」は仲間と趣味で楽しむスケートボードのチーム名です。僕らはスケボーがあまりうまくなくて、生まれたての馬みたいに足がよろよろしている(笑)。その様をチーム名にして僕がロゴをデザインし、どうせならとTシャツも作ることにしたんです。そんな時、ネットショップを簡単に作れる「stores.jp」のサービスを知りました。ゼロからサイトを立ち上げるのは手間だし、お金も結構かかる。そのハードルがなかったので、試しに挑戦してみようと思いました。サイトの構築に関しては素人でしたが、簡単にお店が作れました。


鍵山秀三郎

戦国時代に蒲生氏郷という武将がいました。豊臣秀吉に仕えた名将で、外様の伊達政宗を抑える役目を任され、秀吉の命により畿内から会津若松に領地替えとなりました。ところが、政宗との軋礫もあり、その上新参の領主ですから、周りの大名からしょっちゅう攻められる。必死で防戦するのですが、いくさに勝っても領地が増えるわけではありませんから、次第に家臣に褒美がやれなくなります。そのときに氏郷はどうしたかというと、褒美をやるべき家臣を一人ひとり呼んで、自分の屋敷の風呂に入れたのです。風呂を焚くのは氏郷自身。律儀な氏郷はわざわざ「湯加減はどうだ」と声をかけるのです。家臣たちはどんな褒美をもらうよりも感激したので、このもてなしは蒲生風呂として有名になりました。条件よりも配慮があれば、厳しい状況の中でも人はついてくるのです。