名言DB

9412 人 / 110637 名言

伊藤瞭介の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤瞭介のプロフィール

伊藤瞭介、いとう・りょうすけ。日本の経営者。東京出身。成城大学経済学部卒業後、電子部品、オーディオ機器の山水電気に入社。取締役などを経て社長に就任。約4年間社長を務めたのち退社し、コンサルタント業を経て、風力発電機メーカーのゼファーを設立。同社を小型風力発電施設シェア日本一に成長させた。

伊藤瞭介の名言 一覧

これからは再び、専業メーカーが脚光を浴びる時代になると確信しています。モノが溢れるいまの時代、特徴のない商品では消費者の心をとらえられません。


専業メーカーが存続し続けるための2つの条件

  1. 絶対にリストラをしないこと。新しい価値を生み出すことができるのは、尖った才能を持つ人材であり、彼らが最大の財産なのです。
  2. 安易な株式上場を避けること。ひとたび上場すると、市場から「成長し続けること」を求められます。経営者が短期の業績や株価ばかりを気にするようになると、とにかく数字を伸ばそうと、新鮮味に欠ける商品を次々と投入することになりがちです。

得意分野だけでは目指す規模に達しないという理由で、多角化を進めてしまう。こうなったら、専業メーカーの強みは失われてしまいます。


企業規模が大きくならなくても、社員が幸せで、顧客に新しい価値を提供し続けられることの方が、拡大路線を突き進むことよりも重要ではないでしょうか。


リストラは社員の失望を買います。一度でもやると、もう二度と立ち直れません。それはなぜか。企業文化を失うからです。文化はカネでは買えません。日本企業はそこに気づいてほしい。企業文化は、従業員と顧客が時間をかけて作り上げるものです。


かつて専業メーカーには、必ず才能あふれるタレントがいました。彼らの多くは組織に迎合せず、一匹狼のような存在です。専業メーカーは、扱いにくいタレントを窓際に追いやることなく処遇する文化を持っていました。ところがリストラに走ると、こうした人材が真っ先に会社を去ってしまいます。彼らは企業のブランドや心意気に忠誠心を感じるからこそ、会社にとどまってくれるのです。


もし、専業メーカーが上場するなら、自社の強みや特性を経営者や株主が深く理解し、その企業文化を守り続けることが必要です。業績が低迷したときに、株主や金融機関から「今期の利益を確保するために、新規の商品開発はやめてくれ」と言われるようではまずいのです。ただし、こうした条件を整えて上場を果たすことは難しい。それならば、専業メーカーは株式を公開してなくてもいいのではないでしょうか。


伊藤瞭介の経歴・略歴

伊藤瞭介、いとう・りょうすけ。日本の経営者。東京出身。成城大学経済学部卒業後、電子部品、オーディオ機器の山水電気に入社。取締役などを経て社長に就任。約4年間社長を務めたのち退社し、コンサルタント業を経て、風力発電機メーカーのゼファーを設立。同社を小型風力発電施設シェア日本一に成長させた。

他の記事も読んでみる

フレデリック・アミエル

民衆を自分の道具にするために民衆に媚びるというのが、普通選挙の手品師・ペテン師の業である。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

家電部門の分離は非常に難しい決断でした。GEには130年の歴史がありますが、家電には100年の歴史があります。私は敬意を抱いていました。ブランド力があり、競合他社と比べて利益率が高い時期もありました。しかし、競争力を保つのが難しくなりました。また、成長のための資本があれば、GE内でもっと潜在性のあるところに活かしたい。


石川康晴

派遣にしていたらノウハウが溜まらないどころか、怖いのは競争相手に行ってしまうことです。ノウハウ、リソースを確保しておくには正社員制度は必要なことです。


義家弘介(ヤンキー先生)

やりたいことが見つからない子供に、私は必ず「いま、君にできることは何?」と聞くことにしています。するとほとんどの子が、「何もできない」と答えます。私はそれに「それはそうだよ。だから学んでるんだろ」と語りかけます。できないで終わるのではなく、できることをどう増やしていくのかが重要です。その先に見えてくるのが職業で、その原点にあるのがどう生きていきたいかという夢なんだと思います。


樋口卓治

ネタ帳をうまく使うコツは、懸案事項をいつも頭のなかに「箇条書き」にすることです。たとえば、「からくりTV」で「そろそろ新コーナーが必要かな」とか、「笑っていいとも!」で「あのコーナーをもっと面白く改良するにはどうすればいいかな」とか。自分が視聴者として気になったことを、つねに頭のなかに並べておきます。すると、本を読んだり、友達とお酒を読んでいるときでも、気になることやヒントが、アンテナに引っかかってくるわけです。


箭内道彦

マジメにやっていれば認められるなんてことは、絶対ない。好きだと思っているだけで、相手がプロポーズしてくれるなんて、あり得ないでしょ。絶対ないです。


吉田忠裕

当社が「窓学」という言葉を作って取り組みを始めてから、もうすぐ10年になります。この10年で様々な分野の先生方にご協力いただいてきました。学問にも通じるような切り口で取り組めば、新しい分野が広がるのではないかという思いです。


冨安徳久

大切なのは、人生を終えるまでに想いをどれだけ遺し、次につなぐか。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

組織社会であれば「マネージする(管理する)」ことが重要なのですが、ネットワーク社会であれば「リードする(指導する)」ことがポイントになると思います。組織と違い、ネットワーク内ではあなたは他人に対して何の権限も持っておらず、管理ができないからです。権限がなければ、自らがリーダーシップを発揮するしかありませんからね。


成毛眞

大事なのはコストをかけずにやるということです。できることなら、何かにかこつけたりして、工夫してダダでやる。できることなら、他の会社にやってもらうのがいいでしょう。


木瀬照雄

2ランク上の立場から自分の仕事を見ることが大切です。課長なら役員、部長なら社長の立場で自分の仕事を見るのです。自分が社長だったらと考えることで日常の仕事が違って見えます。


橋本秋人

相談をしたときに、担当者が自分の投資の目的を理解してくれているか、それに見合った提案をしてくれてるか。この辺りが、(資産運用をするときの事業者を選ぶ)見極めの一つのポイントだと思います。本来、目的のない資産運用というのはありませんから。


吉田松陰

聖人もとより苛数(かすう)を以て人を責めざるなり。
【覚書き|聖人は相手の罪を数え上げて人を責めることはしない】


南美希子

「人前で泣かない」「信念を持っている」「親の有難みが分かる」。この3つができてこそ、真の大人だと思う。


柴田励司

私は、多くの人と向き合ってきた経験から、面談開始から1分で、その人がどのような人物かわかります。早いときは話し始めて10秒というときもあります。仕草を含め、少しの会話で人間性が見えてくるのです。某企業のオーナーは、「俺は足音だけでわかる」とおっしゃっていました(笑)。