名言DB

9412 人 / 110637 名言

伊藤瞭介の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤瞭介のプロフィール

伊藤瞭介、いとう・りょうすけ。日本の経営者。東京出身。成城大学経済学部卒業後、電子部品、オーディオ機器の山水電気に入社。取締役などを経て社長に就任。約4年間社長を務めたのち退社し、コンサルタント業を経て、風力発電機メーカーのゼファーを設立。同社を小型風力発電施設シェア日本一に成長させた。

伊藤瞭介の名言 一覧

これからは再び、専業メーカーが脚光を浴びる時代になると確信しています。モノが溢れるいまの時代、特徴のない商品では消費者の心をとらえられません。


専業メーカーが存続し続けるための2つの条件

  1. 絶対にリストラをしないこと。新しい価値を生み出すことができるのは、尖った才能を持つ人材であり、彼らが最大の財産なのです。
  2. 安易な株式上場を避けること。ひとたび上場すると、市場から「成長し続けること」を求められます。経営者が短期の業績や株価ばかりを気にするようになると、とにかく数字を伸ばそうと、新鮮味に欠ける商品を次々と投入することになりがちです。

得意分野だけでは目指す規模に達しないという理由で、多角化を進めてしまう。こうなったら、専業メーカーの強みは失われてしまいます。


企業規模が大きくならなくても、社員が幸せで、顧客に新しい価値を提供し続けられることの方が、拡大路線を突き進むことよりも重要ではないでしょうか。


リストラは社員の失望を買います。一度でもやると、もう二度と立ち直れません。それはなぜか。企業文化を失うからです。文化はカネでは買えません。日本企業はそこに気づいてほしい。企業文化は、従業員と顧客が時間をかけて作り上げるものです。


かつて専業メーカーには、必ず才能あふれるタレントがいました。彼らの多くは組織に迎合せず、一匹狼のような存在です。専業メーカーは、扱いにくいタレントを窓際に追いやることなく処遇する文化を持っていました。ところがリストラに走ると、こうした人材が真っ先に会社を去ってしまいます。彼らは企業のブランドや心意気に忠誠心を感じるからこそ、会社にとどまってくれるのです。


もし、専業メーカーが上場するなら、自社の強みや特性を経営者や株主が深く理解し、その企業文化を守り続けることが必要です。業績が低迷したときに、株主や金融機関から「今期の利益を確保するために、新規の商品開発はやめてくれ」と言われるようではまずいのです。ただし、こうした条件を整えて上場を果たすことは難しい。それならば、専業メーカーは株式を公開してなくてもいいのではないでしょうか。


伊藤瞭介の経歴・略歴

伊藤瞭介、いとう・りょうすけ。日本の経営者。東京出身。成城大学経済学部卒業後、電子部品、オーディオ機器の山水電気に入社。取締役などを経て社長に就任。約4年間社長を務めたのち退社し、コンサルタント業を経て、風力発電機メーカーのゼファーを設立。同社を小型風力発電施設シェア日本一に成長させた。

他の記事も読んでみる

野口健

日本人は社会問題で自分の意見を主張する人が少ないように思えます。自分の好きなように生きていくだけでは、社会人としての責務を果たしているとはいえません。社会的な課題を自分たちの問題と意識し、行動する人が増えることを願っています。


宮嶌裕二

「選択と集中」で位置ゲームに特化した開発を進めることで「位置ゲームならモバファク」というイメージが定着、固定ファンの獲得に成功しました。捨てる恐怖はありましたが、恋愛ゲームの新規開発を止めたからこそ、今があります。


加賀見俊夫

年間3000万人規模のゲスト(お客様)が来園する中では、賛辞だけではなく、いわゆるクレームに相当するご意見も年1万件ほど頂きます。このうちキャストの対応などに関する意見が約半分です。これを十分と見るか、むしろ少ないと見るかは人それぞれかもしれませんが、この意見の裏に、直接ご意見を申されなくても、同じ思いをされている方が数多くいると私は考えています。


山田隆持

仮にものすごく優秀な社員が10人いても、1人が持っている時間は1日24時間しかないわけです。このベクトルがバラバラだと、下手をすれば足の引っ張り合いになります。最悪の場合、お互いが持つ時間を相殺してしまうかもしれません。しかし、10人のベクトルをピタリと合わせると、240時間分のアウトプットを出せるわけです。


北尾吉孝

多彩な構成企業が相互進化し、そのシナジーを発揮する組織的優位性を生み出す仕組みを、私は「企業生態系」と呼んでいます。このようなシステムをつくることが、勝利への道ではないかと思います。ですから私たちは、SBIを創業してまもなくグループ内に40社以上の会社を設立しました。そして非常に短期間でその中から10社の株式上場を果たしたのです。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

種を蒔けば刈り取らねばならない。人を殴れば苦しまねばならない。人に善をなせば、あなたも善を受け取るだろう。


宮内寿和

いったい、誰のための家づくりなんや、ということをもう一度考え直さなあかんと思うんですわ。木組みとか伝統構法とか、自分の大工としてのこだわりを満足させるためだけの家づくりじゃあかん。自分を頼って家をつくってくれと言ってきてくれはったお施主さんに満足してもらうことをまず第一に考えなあかんのです。


名越康文

嫉妬や羨望の気持ちに支配されないためには、現実を見ることが大事です。誰かをうらやましく感じるのは、その人を理想化しているからです。しかしよく見ると、じつは一時的なものであったり、ある面ではうまくいっていても別のところで問題を抱えていることがよくあります。そうした現実を直視することで冷静になれるはずです。


大江英樹

損をしたくないという気持ちが、結果的に大きな損に繋がる。損をしたくないから、余計な手を打ったり、現実をごまかそうとする。その気持ちを捨てないと勝てない。


村田昭治

私が奨めているのは、尊敬している人との会話、研修会や勉強会に自ら進んで出て行って討論に参加し、雑談の輪に入っていくことだ。その「知」のミキサーのもつ力は大きい。


宇佐美進典

自分がやっていることと将来やりたいと思っていることがつながっているように思えなかったとしても、実は見えない線でつながっている。


百武資薫

会社役員は経営のプロではあっても、個人資産の運用については、多くの知識・経験を持たない方がほとんどです。企業経営と個人の資産運用は、まったくの別もの。私は証券マン時代に、役員富裕層の相談も受けていましたから、欧米のファミリ-バンクのような、個人資産の見守り役が日本にも必要と考え、ワンハンドレッドパートナーズを設立したのです。


田中洋(マーケティング)

セイコーは60年代から80年代にかけて、様々な「世界初」の製品を生み出してきました。たとえば、82年には世界初のテレビ付き腕時計を、84年には世界初のコンピュータ機能付き腕時計を発売しています。しかし、それらの製品群はセイコー・ブランドを腕時計以上の存在に導くことはありませんでした。スイスの腕時計産業の復興を担ったスウォッチグループ社長のハイエック氏は、セイコーは本来、腕時計に集中すべきであったのに、自身を電子産業の一部と付置づけたことで競争力を失ったと指摘しています。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

英国海軍の教えに、「洗うなら大きな皿から」という言葉があります。最初に大きな仕事・厄介な仕事から片づけるべし、という考え方です。そうすることで、いわゆる「不測の事態」に対応しやすくなります。突然予期しない仕事が舞い込むシーンはビジネスにつきものですが、そのときまだ「大皿」にまったく手をつけていないとなると、難しい仕事を並行で抱えて多大な消耗を強いられることになるでしょう。


渡辺大

食事や休息について気にし始めたきっかけは18歳のとき。翌日が撮影なのに、40度近い高熱を出したんです。フラフラで現場へ行ったものの、みんなに迷惑がかかるし、自分もきつい。なにより出番に穴を開けそうになったのが、本当に怖かった。父親(渡辺謙)を見ていても、自己管理をしていかないとなって。心身ともに自分を鍛えるのは、役者として、より上を目指すためには欠かせないし、大切なことですから。