名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤瞭介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤瞭介のプロフィール

伊藤瞭介、いとう・りょうすけ。日本の経営者。東京出身。成城大学経済学部卒業後、電子部品、オーディオ機器の山水電気に入社。取締役などを経て社長に就任。約4年間社長を務めたのち退社し、コンサルタント業を経て、風力発電機メーカーのゼファーを設立。同社を小型風力発電施設シェア日本一に成長させた。

伊藤瞭介の名言 一覧

これからは再び、専業メーカーが脚光を浴びる時代になると確信しています。モノが溢れるいまの時代、特徴のない商品では消費者の心をとらえられません。


専業メーカーが存続し続けるための2つの条件

  1. 絶対にリストラをしないこと。新しい価値を生み出すことができるのは、尖った才能を持つ人材であり、彼らが最大の財産なのです。
  2. 安易な株式上場を避けること。ひとたび上場すると、市場から「成長し続けること」を求められます。経営者が短期の業績や株価ばかりを気にするようになると、とにかく数字を伸ばそうと、新鮮味に欠ける商品を次々と投入することになりがちです。

得意分野だけでは目指す規模に達しないという理由で、多角化を進めてしまう。こうなったら、専業メーカーの強みは失われてしまいます。


企業規模が大きくならなくても、社員が幸せで、顧客に新しい価値を提供し続けられることの方が、拡大路線を突き進むことよりも重要ではないでしょうか。


リストラは社員の失望を買います。一度でもやると、もう二度と立ち直れません。それはなぜか。企業文化を失うからです。文化はカネでは買えません。日本企業はそこに気づいてほしい。企業文化は、従業員と顧客が時間をかけて作り上げるものです。


かつて専業メーカーには、必ず才能あふれるタレントがいました。彼らの多くは組織に迎合せず、一匹狼のような存在です。専業メーカーは、扱いにくいタレントを窓際に追いやることなく処遇する文化を持っていました。ところがリストラに走ると、こうした人材が真っ先に会社を去ってしまいます。彼らは企業のブランドや心意気に忠誠心を感じるからこそ、会社にとどまってくれるのです。


もし、専業メーカーが上場するなら、自社の強みや特性を経営者や株主が深く理解し、その企業文化を守り続けることが必要です。業績が低迷したときに、株主や金融機関から「今期の利益を確保するために、新規の商品開発はやめてくれ」と言われるようではまずいのです。ただし、こうした条件を整えて上場を果たすことは難しい。それならば、専業メーカーは株式を公開してなくてもいいのではないでしょうか。


伊藤瞭介の経歴・略歴

伊藤瞭介、いとう・りょうすけ。日本の経営者。東京出身。成城大学経済学部卒業後、電子部品、オーディオ機器の山水電気に入社。取締役などを経て社長に就任。約4年間社長を務めたのち退社し、コンサルタント業を経て、風力発電機メーカーのゼファーを設立。同社を小型風力発電施設シェア日本一に成長させた。

他の記事も読んでみる

立花陽三

選手の査定では、評価項目をできるだけ細かく数値化しています。たとえば打者なら、打撃に関する項目だけでも30は下りません。細かいほど特定の人の主観を排除し、フェアネスを担保できると考えるからです。


三木谷浩史

誰だって失敗は怖い。僕だって怖い。会社の規模が大きくなり、仕事が順調に進めば進むほど、失敗を恐れる気持ちは強くなる。けれどその気持ちに負けてしまったら、会社の成長力は確実に鈍ることになる。インターネット時代の企業は、いつも最新でなければ生き残れない。


世古詞一

マネジメントのあり方や求められる上司像が変化する中で、上司に求められるマネジメントスキルも変わってきていると言えます。しかし、今の管理職や中間管理職世代は、そのような上司に育てられているわけではないため、自分が教えられたように部下に接するとうまくいかないのが難しいところです。自分が部下だった時代とは違うことを認め、時代の変化を捉えて自分を変えていくことも、今の上司には求められていると言えます。


阿部寛

40歳を過ぎ、面と向かって怒ってくれる人も少なくなってきました。だから、自分で自分に厳しくなるしかない。毎回新しいチャレンジ、試練のつもりで現場に臨んでいます。


河村泰貴

飲食業で付加価値と言えば従来、産地にこだわるなど、食材のグレードを上げることばかりに意識が向きがちだった。だが今は店舗で心地よく過ごしてもらうなどの「体験」を総合して、付加価値として提供する必要がある。レストラン業はこれからも我々の主力事業だが、より広い意味で「飲食業」を再定義する必要があると考えている。


和田裕美

人は、ものごとを肯定的に捉える人に好感を抱き、協力したくなります。


石原司郎

時代に合わせた戦略を講じながら、成長戦略を強化する。


前田東一

3年の経営計画を立てましたが、3年というのは本当に短く、長期視点の戦略を考えるには難しい面がありました。そこで、より自由な発想で考えるために、6年後の末時点での「荏原グループのありたい姿」をまず明確にしました。それは「世界トップクラスの産業機械メーカー」になるということです。


セルバンテス

自分のポケットの中の小銭は、他人のポケットの中の大金に勝る。卵を抱いているのはいいことだ。塵も積もれば山となる。光り輝くものすべてが金ではない。


根本二郎

的確な時代認識を持ち、その中でどういう価値を企業として追求するかを決め、その処方箋(計画)を立て、実行し、チェックする。これを正しく繰り返すことを肝の銘じて行えば、盤石だと思います。


青野慶久

会議資料やメールなどでちゃんとした文章を考える時間がなかったら、思いきって箇条書き中心でポイントだけまとめる。図表なども、プレゼンテーションソフトを使ってきれいにつくらなくてもいい。会議当日にホワイトボードにササッと手描きしても、言いたいことは十分伝わりますよね。「こうしなければいけない」と思い込んでいるだけで、じつは品質を落としても問題がない場面は結構あるはずです。


鈴木喬(経営者)

売れる商品が、商品開発会議や消費者調査で分かるほど世の中、甘くはない。