名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤眞義(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤眞義(経営者)のプロフィール

伊藤眞義、いとう・まさよし。日本の経営者。「サンコーシヤ」社長。愛知県出身。米国サンダーバード大学でMBAを取得。サンコーシヤに入社。日本生産性本部米国ワシントン事務所駐在員、サンコーシヤ経営推進室長、営業本部長などを経てサンコーシヤ社長に就任。

伊藤眞義(経営者)の名言 一覧

我々は雷を1つのキーワードにビジネス展開をやっていこうと。当社はグループ全体で約900名の規模ですが、そのうち技術者は約100名。工学系の人材がほとんどです。当社は落雷情報を天気予報サイトやゴルフ場などにも提供していますが、雷の観測から対策、設置、あるいはコンサルタントといった雷に取り組む総合的な企業になることが目標になります。


当社は中国と東南アジアにかなり力を入れています。ヨーロッパの企業が早いうちから進出しています。ですから、欧州との競争になります。その際の当社の強みと言えば、我々は現場ごとの状況に合った対策をしっかり提供できるという点が挙げられます。雷の対策は状況によって違うのです。ヨーロッパのメーカーでは自分たちの製品を売り込むことに比重が置かれており、製品が壊れたとしても取り換えればいいというスタンスです。それに対して我々は事故があれば、その状況をしっかり調査して、ここではこういう対策をする必要があると総合的な判断に重きを置くことをコンセプトにしています。ヨーロッパのメーカーにそこまでのことをやっている会社はないと思います。


伊藤眞義(経営者)の経歴・略歴

伊藤眞義、いとう・まさよし。日本の経営者。「サンコーシヤ」社長。愛知県出身。米国サンダーバード大学でMBAを取得。サンコーシヤに入社。日本生産性本部米国ワシントン事務所駐在員、サンコーシヤ経営推進室長、営業本部長などを経てサンコーシヤ社長に就任。

他の記事も読んでみる

大室正志

体の弱い人が「明日から風邪をひかない体質になろう」としても、急には無理な話です。こういう場合、長期的には体質改善を目指しつつも、「風邪をひきそうだから、今日は早く寝よう」といった短期の対処をすることが肝要です。長期目標と短期の対処を混同してはいけません。メンタルについても同様で、いきなり「ストレスに負けない心を作る」と構えず、まずは小さな対処法を覚えましょう。


名越康文

心をコントロールするのにお勧めなのが、体を動かすこと。心と体は一体。心が乱れていたら、体のバランスも崩れる。体のバランスが崩れ、硬くなっていたら、心も柔軟でなくなり、視野が狭くなって集中力も落ちる、というふうに、心と体は常に連動しているのです。


加谷珪一

「どこかに特別な情報がある」というのは妄想で、お金儲けには新聞と雑誌を読むだけで事足りるのです。目立たないベタ記事まで含めて、一通り目を通していれば「この話、別のところでも読んだな」とピンとくるときがきます。


石川康晴

当社が駅ビルに進出し始めた頃、当時は駅ビル開発が盛んではなく、「駅ナカ」という言葉もありませんでしたから、アパレル業界からは変人扱いされましたよ。安物のイメージが強い駅ビルなんかをどうして攻めるのかと2年くらい言われ続けました。その後、彼らは今度は「やっぱり駅ビルだよね」と言い出した(笑)。


高田明(ジャパネットたかた)

販売で若い人は自分の思いをなかなか上手く説明できません。消費者が求めているものは何かを理解しきれていないからです。お客様は話し手の生き方や経験を見ています。失敗しながら人間として魅力を磨いてほしい。


眞保智絵(鳥海智絵)

投資において時間を味方に付けることは鉄則の一つ。若い方たちこそ、長期運用のメリットに目を向けていただきたい。


元谷芙美子

会社はこれまで1人のリストラもせず、1度の赤字もありません。今までに払った税金は1200億円以上。できる節税をしたうえで収益を上げて1円でも多くの税を納めることを心掛けてきました。雇用をつくり出し、需要を創造し、納税の義務を果たす――これらを同時に継続するのが、オーナーとしての社会貢献だと思います。


佐藤優

組織の力学を見誤ると、とんでもないしっぺ返しに合います。僕自身も外務省でのいろんな経験から、その怖さを痛感しています。自分が正しいとか間違っているという次元ではなく、組織の論理というものがある。組織が本気で牙をむいたら、個人はまず太刀打ちできません。


石橋貴明

秘訣と言うほどのことじゃないかもしれないですけど、ひとつ挙げるとすれば「好きだ」ということですね。僕らはテレビでお笑いをやっていることが好きなんですよ。

【覚え書き|コンビ結成35周年について】


松下幸之助

どんな科学者でも、カンの働かない科学者はダメだといいます。偉大な発明をしたエジソンのような人でも、その発明は、ふっと浮かぶひらめき、カンによっています。そのひらめきによって、よりよい科学というものをつくりあげているわけです。


中山讓治(中山譲治)

マネジメントといっても、目先の課題のマネジメントばかり考えていると、調整型のマネジメントになってしまいます。A案とB案があったら、どう折り合いをつけるかという発想になってしまいます。私が考えるマネジメントとは、調整型ではなく、提案型です。A案とB案があったら、それを凌駕するC案を提案していくのです。


川越達也

もともと僕は、「俺が、俺が」というタイプではありません。どちらかというと裏方志向が強いくらいです。ですから、商品開発にしても、「美味しいなと思って食べていたら、実は川越さんの仕事だった」というくらいのほうが僕の美学には合っているのです。ただ、そういう仕事ができるポジションに行くまでには人の目に多く触れる、世間に認知していただくプロセスが必要です。それもあって、僕はメディアでの仕事もたくさんしてきました。