名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤由美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤由美のプロフィール

伊藤由美、いとう・ゆみ。日本の経営者。銀座「クラブ由美」オーナーママ。東京都生まれ愛知県育ち。18歳で単身上京し、クラブ「紅い花」に勤務。その後、「クラブ宮田」ナンバーワン、「クラブ修」ママなどを経て「クラブ由美」を開店。オーナーママを務めた。

伊藤由美の名言 一覧

自分で選んだ道ですから、ダメになるのも自分次第ですし、成功するのも自分次第。他人と競うのではなく、一意専心、自分に負けないように頑張ろうと。


基軸のようなものがないと、人は易きに流れてしまう。


本性はちょっとした所作であらわになってしまいますから、うわべの姿だけでは通用しません。結局、常日頃から品性と品格を磨くことが大事。


どんな小さな約束でも守らねばなりません。自分が約束を守らなければ、結局、破られるほうになってしまいます。


当たり前のことですが約束と時間は必ず守ること。それが信用につながります。


人のために尽くせる人じゃないと、尽くしてもらえない。


自分を磨かない限りは、お客さまからは決して褒められない。


トップを取れる方と取れない方の差は、ほんの少しの違いかと思われます。ちょっとした立ち居振る舞いから道が分かれて、ご自身でも気付かれないうちに、差をつけられてしまうのでしょう。


日々の努力なくして、35年もお店を続けることはできなかったと思います。


自分の得意な話題を持ちなさいということを常々言っています。小説でも映画でも何でもいいんです。何か、一芸に秀でたものがあれば認めてもらえます。


言葉使いが悪い子は、どんな美人でも好感をもたれません。逆をいえば、美人でなくとも美しい言葉と綺麗な文字は、育ちの良さを印象付けます。


最初に仕えたママが1日も休まない主義だったのです。それで私も「休まず」の信念を貫き通しています。それは、いつ何時どなたがいらっしゃるか分からないので、お店を休んでいては始まらないのです。そして休めないことが前提とされ、自己管理能力が高められると思うんです。


結果的に伸びなかった人というのは、周りに対する配慮や優しさにやや欠け、利己的な方が多いように思います。自分のことしか考えられないので思わぬところから足を引っ張られることもあるでしょう。また、人に対する感謝の気持ちがない方は、いざという時に他人から助けてもらえませんし、大事にも思われません。


わたくしが思うのは、粋な人というのは自分のスタイルや生き方というのを持っていて、周りの人にもきちんと気配りができる人です。ファッションや装飾品にしても、ご自分に似合うものをご存じですし、別に高いものをお召しにならなくても品のあるものを着ていらっしゃる。


努力できるのは好きだからこそでしょうが、世の中には好きだからといって努力できない人は多い。もっといえば努力すら知らない人もいます。ですが、努力して頑張っていれば、ますますレベルアップできます。


一流で粋な人は、常日頃から感謝の気持ちを忘れず、さりげなく振る舞われる方です。さらに、人生に対する姿勢や確固たる信念をもたれているので、そういった方の周りは、どんどん人の輪も広がり、いろいろな人から頼りにもされます。


わたくしは毎日が戦闘モードですから、お客様に対しても真剣に向き合ってきました。もしわたくしが、お客様から尊敬され認められている部分があるとすれは、それは仕事に対して真摯であることと、一日も休んだことがないという実績だと思います。


伊藤由美の経歴・略歴

伊藤由美、いとう・ゆみ。日本の経営者。銀座「クラブ由美」オーナーママ。東京都生まれ愛知県育ち。18歳で単身上京し、クラブ「紅い花」に勤務。その後、「クラブ宮田」ナンバーワン、「クラブ修」ママなどを経て「クラブ由美」を開店。オーナーママを務めた。

他の記事も読んでみる

井上高志

私はよく社員たちに向けて、かの「薩摩の教え」を引用し、挑戦することの大切さを語っています。人として一番価値があるのは「何かに挑戦し、成功した者」。二番目が「何かに挑戦し、失敗した者」。三番目が「挑戦した人の手助けをした者」。とにかく、どんな結果やかたちであっても挑戦することが大事であり、たとえ失敗しても、挑戦を続けなければ人も組織も成長しないと。


貞末良雄

初めての商談の場合は、その会社に足を踏み入れた瞬間からあらゆることに神経を研ぎ澄ませています。従業員の身なりはできているか、事務所は乱雑ではないか、トイレはきれいに清掃されているか、知らぬ顔をしてチェックしているのです。そんな基本がしっかりしている会社は、いざ商談となって出された製品も質がいい。


坂東眞理子

自分より若い人は、教えたり叱ったりするだけの対象ではありません。逆にこちらが教わることもあります。先日アメリカに行ったとき、親しい友人から「rebirth coach」という言葉を聞きました。自分を生まれ変わらせ、再生してくれる人を大切にすべきだというのです。歳をとると、自分の性格や興味を決めつけて守備範囲を狭めてしまいがちです。だからこそ一層好奇心をもって、知らない分野について教えてくれる若い人を大切にしましょう。


井上礼之

技術革新は一見異質なものをぶつけ合ったり、組み合わせたりする中から生み出される場合が少なくない。


新浪剛史

買収して業績の数字だけを追っていても相乗効果は出ません。大事なのは価値観を統一させること。


佐々木圭一

どんなに自信のある企画でも、「これは素晴らしいのです!」という説明では絶対に通らない。自分の意見に対する「イエス」の決定権は、相手の頭の中にある。


馬場正尊

心強いのは、地元企業の三代目の人たちの存在ですね。「これまでと同じやり方では駄目だ」という危機感を持っている人が多く、外部のデザイナーと組んで一緒に新しいものをつくっていくことにも積極的なのです。僕はこれを、「三代目の法則」と言っているのですが(笑)。だから、ゆっくりとではありますが、日本橋界隈は着実に変わっていくエリアだと感じています。


笹氣健治

自分は運が悪いと嘆き、意欲を失って何もしないのではなく、逆境のときこそ自己成長の好機だと視点を変えれば、辛いながらも未来に希望を託して頑張ることができるのではないでしょうか。仮にうまくいかなかったとしても、その事実をありのまま受け止め、次の機会に挽回するために、新しい行動を起こせばいいだけのはずです。


遠藤功

大胆に機会と役割を与えれば、個人の能力は一気に伸びます。もちろん失敗もあるでしょうが、元気なミドルたちにはそれを乗り越える突破力がある。さらに、この世代が活躍するのを見た20代の若手たちが、「俺もやってやろう」と影響を受けるので、組織全体が活性化していくわけです。


橘玲

アスリートが厳しい競争に向かう時、大きなストレスにさらされますが、ストレスがあるからこそ高いパフォーマンスを発揮できるのも事実です。ロシアの心理学者ユーリ・アナンの「不安と運動能力の関係に関する研究」によると、人にはそれぞれパフォーマンスに効果的な不安レベルがあるそうです。たとえばある選手は不安レベル60の時に最も力を発揮し、ある選手はレベル30くらいの時に最高の成果を上げるのです。これはIZOF(個人の最適機能ゾーン)理論と呼ばれ、アスリートだけでなく、舞台俳優から軍事行動に参加する兵士まで、多くの分野にも応用されています。仕事も同じです。


マイケル・ヒルティ

イノベーションで最も重要なのは、オープンな企業文化です。役員以下すべての従業員が同じテーブルで自由に語り合い、互いのチャレンジ精神を引き出す。そんな開かれた風土が不可欠です。全員でどうしたら上手くいくかを議論します。そう、日本のカイゼンと似ています。ただ、ヒルティでは、このカイゼンを2万人全員が行っているのです。


河合利樹

四半期単位で受注を評価するのは短期的すぎる。付加価値を追求していくには、より長期的な視点が必要。投資家の皆様には、中計の進捗率などで判断していただきたい。