伊藤由美の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤由美のプロフィール

伊藤由美、いとう・ゆみ。日本の経営者。銀座「クラブ由美」オーナーママ。東京都生まれ愛知県育ち。18歳で単身上京し、クラブ「紅い花」に勤務。その後、「クラブ宮田」ナンバーワン、「クラブ修」ママなどを経て「クラブ由美」を開店。オーナーママを務めた。


伊藤由美の名言 一覧

1 / 11

自分で選んだ道ですから、ダメになるのも自分次第ですし、成功するのも自分次第。他人と競うのではなく、一意専心、自分に負けないように頑張ろうと。


基軸のようなものがないと、人は易きに流れてしまう。


本性はちょっとした所作であらわになってしまいますから、うわべの姿だけでは通用しません。結局、常日頃から品性と品格を磨くことが大事。


どんな小さな約束でも守らねばなりません。自分が約束を守らなければ、結局、破られるほうになってしまいます。


当たり前のことですが約束と時間は必ず守ること。それが信用につながります。


人のために尽くせる人じゃないと、尽くしてもらえない。


自分を磨かない限りは、お客さまからは決して褒められない。



トップを取れる方と取れない方の差は、ほんの少しの違いかと思われます。ちょっとした立ち居振る舞いから道が分かれて、ご自身でも気付かれないうちに、差をつけられてしまうのでしょう。


日々の努力なくして、35年もお店を続けることはできなかったと思います。


自分の得意な話題を持ちなさいということを常々言っています。小説でも映画でも何でもいいんです。何か、一芸に秀でたものがあれば認めてもらえます。


言葉使いが悪い子は、どんな美人でも好感をもたれません。逆をいえば、美人でなくとも美しい言葉と綺麗な文字は、育ちの良さを印象付けます。


最初に仕えたママが1日も休まない主義だったのです。それで私も「休まず」の信念を貫き通しています。それは、いつ何時どなたがいらっしゃるか分からないので、お店を休んでいては始まらないのです。そして休めないことが前提とされ、自己管理能力が高められると思うんです。


結果的に伸びなかった人というのは、周りに対する配慮や優しさにやや欠け、利己的な方が多いように思います。自分のことしか考えられないので思わぬところから足を引っ張られることもあるでしょう。また、人に対する感謝の気持ちがない方は、いざという時に他人から助けてもらえませんし、大事にも思われません。


努力できるのは好きだからこそでしょうが、世の中には好きだからといって努力できない人は多い。もっといえば努力すら知らない人もいます。ですが、努力して頑張っていれば、ますますレベルアップできます。


一流で粋な人は、常日頃から感謝の気持ちを忘れず、さりげなく振る舞われる方です。さらに、人生に対する姿勢や確固たる信念をもたれているので、そういった方の周りは、どんどん人の輪も広がり、いろいろな人から頼りにもされます。


わたくしが思うのは、粋な人というのは自分のスタイルや生き方というのを持っていて、周りの人にもきちんと気配りができる人です。ファッションや装飾品にしても、ご自分に似合うものをご存じですし、別に高いものをお召しにならなくても品のあるものを着ていらっしゃる。


わたくしは毎日が戦闘モードですから、お客様に対しても真剣に向き合ってきました。もしわたくしが、お客様から尊敬され認められている部分があるとすれは、それは仕事に対して真摯であることと、一日も休んだことがないという実績だと思います。


伊藤由美の経歴・略歴

伊藤由美、いとう・ゆみ。日本の経営者。銀座「クラブ由美」オーナーママ。東京都生まれ愛知県育ち。18歳で単身上京し、クラブ「紅い花」に勤務。その後、「クラブ宮田」ナンバーワン、「クラブ修」ママなどを経て「クラブ由美」を開店。オーナーママを務めた。

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 11

ページの先頭へ