名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

伊藤淳史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤淳史のプロフィール

伊藤淳史、いとう・あつし。日本の俳優。千葉県出身。法政大学経営学部卒業。子役として活躍したのち、映画『鉄塔 武蔵野線』で映画初主演。その後、映画、ドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀助演男優賞、日本映画批評家大賞助演男優賞を受賞。

伊藤淳史の名言 一覧

いい仕事をするためには、ときに仕事を忘れて何かに集中することが大事。新しい気持ちで物事をとらえられるようになるから。


弱さは誰の中にもあるものだと思う。抜け出せない暗闇にいるときは外部に頼っていいし、そうすることできっと新しい何かが見つかる。


実際に旅行することも大切だけど、好きなものに没頭する時間を持つだけで仕事のオンオフもつく。


自分からこれをやりたいと主張しない分、難しい役、想像もつかない職業の役は、いい刺激になるんです。どう演じようかと考えを巡らせて、やりがいを感じます。


目の前の現場で勝負できなければ、次の作品に呼ばれる保証はありません。自分はこうあるべきという理想を決めるよりも、周りの人が求める形を作り込んでいくのが役者の仕事かなと思います。


最近は、カフェやバーなどでスキマ時間を使って覚えています。以前は、周囲がにぎやかだとムリでしたけれど、追い込まれると頭に入るものですね。あちこちで会話が聞こえても、台本読みに集中できています。「できない」「ムリ」というのは、ただの思い込みだったと実感しました。


すべては周りの人たちの評価で決まります。いくら僕がこんな役を演じたいとか、こういう作品に出たいと考えても、監督や製作者の人たちが、「伊藤」と一緒にやりたいと思ってくれなければ依頼は来ません。なので、僕はいままで自分から仕事を選んだことはないんですね。頂ける仕事は全部受けて、1本1本の作品をちゃんとやろうと心がけ、いままで積み重ねてきました。


よく人から驚かれるんですが、僕は役者の仕事を始めて約30年になります。いまや記憶が定かではない子役の頃から仕事をしていて、高校や大学に通っていた時期も、そのあともずっとこの世界にいます。ただそれだけ長い間、取り組み続けても、まだ将来の方向性は定まっていません。僕はこういう役者を目指しているという明確な形って持っていないんです。とはいえ、そんな自分の状況をネガティブにはとらえていません。役者は、自分のやりたい形でなかなか仕事が出来る職業ではないと思っているからです。


伊藤淳史の経歴・略歴

伊藤淳史、いとう・あつし。日本の俳優。千葉県出身。法政大学経営学部卒業。子役として活躍したのち、映画『鉄塔 武蔵野線』で映画初主演。その後、映画、ドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀助演男優賞、日本映画批評家大賞助演男優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

高橋克徳

社員のやる気低下が業績不振を招く、辞める社員が増えて人材が流出するなど、社員のストレスは会社にとっても大きなダメージになりうるのです。


横田尚哉

アイデアを脳に印象付けるために、単語や文章ではなく、絵を描くのも面白いと思います。イメージとしてアウトプットすると、脳に定着しやすいだけでなく、思わぬ形で他のイメージと結びつき、アイデアが広がっていくこともあります。


小寺春樹

社会に貢献し、企業が成長することが社員一人ひとりの成長、愛社精神につながっていく。


小川仁志

人間だからこそ裏切られる醍醐味も人間関係にはある。私たちはそこから学べることがたくさんある。


鳥原隆志

「この商品は絶対売れると思います!」という部下の言葉をそのまま受け入れるのは禁物です。主観が混じった情報ではなく、必ず定量的な情報に基づいて判断しましょう。数字や実際に起こった事柄を確認することが不可欠です。


本田宗一郎

世の中で一番素晴らしいものは若者のエネルギーだよ。こりゃあ進歩の原動力だ。社会ってのは常に有為転変するものだ。若い連中はそれに合わせて、ちゃんとやっていけるけど、年寄りはそうはいかない。だもんだから「今の若いものは……」なんて批判する。口で言うだけならまだいいが、伸びる芽まで摘んでしまっちゃ駄目だよね。そうなったら、老害以外の何物でもないからね。そう考えたから、俺は第一線から身を引いたんだ。人間、はじめるよりも終りのほうが大事なんだよ。


小林栄三

社長になると一対一で若い社員と話す機会というのはそう多くありません。社長に就任したときに私が一番危惧したのは社員から遠い存在になることです。社員の目の表情が見えないような遠い存在になったら、現場の臨場感は失われます。現場の臨場感なくして、的確な経営判断はできません。


松岡修造

真面目な人ほど、今自分の目の前のことばかりに意識が向いてしまいます。そんなとき僕は、「真剣」であっても、「深刻」にはなるなと言っています。この2つの言葉は、似ているようで違います。「自分はもうダメだ」「俺はどうせダメなんだ」などと「深刻」に悩んでいるとき、心のどこかに言い訳があるはずです。「もうダメだ」と思えば、それ以上何の努力もしなくてすむからです。でもそれでは問題は解決しない。言い訳のために深刻なふりをするのはやめ、そこから抜け出す方法を真剣に考えるべきなのです。


伊藤祐靖

特殊部隊にいたとき、我々は余命4年と言われても、成し遂げようとするものがあったから幸せだった。何があろうと、人は幸せになれる。投げ出さなければいいだけの話だ。


増田紀彦

プロになった瞬間とは、資格を取得したり、親方から「卒業だ」と言い渡された時と思えるかもしれません。しかし、その瞬間からも常に高いポジションや確実な市場を求めて自ら動き続ける向上心が絶対に必要です。「気を許したら負ける」との危機意識を持ち続けていること。私が真のプロに共通して感じ取っていることです。


竹中半兵衛

馬に限ったことではない。武士は名こそ惜しけれ、義のためには命も惜しむべきはない。財宝など塵あくたとも思わぬ覚悟が常にあるべきである。


伊藤義剛

私たち岩崎電気は1949年、日本初の反射型白熱ランプの開発から始まった会社です。照明をコツコツ技術開発してきましたが、それだけでは次のステップには到達できません。異質で多様なものが交じり合わないと、新しいものは生み出せないし、イノベーションは起こせないのです。そこで岩崎電気テクノセンター、通称「ヒカリウム」も開設しました。これもイノベーションの種を生むための試みの一つです。部門ごとで抱えていた研究開発部門の技術者を1か所に集約し、国内外のパートナーも自由に参加できるオープンな施設にしました。