名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤淳史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤淳史のプロフィール

伊藤淳史、いとう・あつし。日本の俳優。千葉県出身。法政大学経営学部卒業。子役として活躍したのち、映画『鉄塔 武蔵野線』で映画初主演。その後、映画、ドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀助演男優賞、日本映画批評家大賞助演男優賞を受賞。

伊藤淳史の名言 一覧

いい仕事をするためには、ときに仕事を忘れて何かに集中することが大事。新しい気持ちで物事をとらえられるようになるから。


弱さは誰の中にもあるものだと思う。抜け出せない暗闇にいるときは外部に頼っていいし、そうすることできっと新しい何かが見つかる。


実際に旅行することも大切だけど、好きなものに没頭する時間を持つだけで仕事のオンオフもつく。


自分からこれをやりたいと主張しない分、難しい役、想像もつかない職業の役は、いい刺激になるんです。どう演じようかと考えを巡らせて、やりがいを感じます。


目の前の現場で勝負できなければ、次の作品に呼ばれる保証はありません。自分はこうあるべきという理想を決めるよりも、周りの人が求める形を作り込んでいくのが役者の仕事かなと思います。


最近は、カフェやバーなどでスキマ時間を使って覚えています。以前は、周囲がにぎやかだとムリでしたけれど、追い込まれると頭に入るものですね。あちこちで会話が聞こえても、台本読みに集中できています。「できない」「ムリ」というのは、ただの思い込みだったと実感しました。


すべては周りの人たちの評価で決まります。いくら僕がこんな役を演じたいとか、こういう作品に出たいと考えても、監督や製作者の人たちが、「伊藤」と一緒にやりたいと思ってくれなければ依頼は来ません。なので、僕はいままで自分から仕事を選んだことはないんですね。頂ける仕事は全部受けて、1本1本の作品をちゃんとやろうと心がけ、いままで積み重ねてきました。


よく人から驚かれるんですが、僕は役者の仕事を始めて約30年になります。いまや記憶が定かではない子役の頃から仕事をしていて、高校や大学に通っていた時期も、そのあともずっとこの世界にいます。ただそれだけ長い間、取り組み続けても、まだ将来の方向性は定まっていません。僕はこういう役者を目指しているという明確な形って持っていないんです。とはいえ、そんな自分の状況をネガティブにはとらえていません。役者は、自分のやりたい形でなかなか仕事が出来る職業ではないと思っているからです。


伊藤淳史の経歴・略歴

伊藤淳史、いとう・あつし。日本の俳優。千葉県出身。法政大学経営学部卒業。子役として活躍したのち、映画『鉄塔 武蔵野線』で映画初主演。その後、映画、ドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀助演男優賞、日本映画批評家大賞助演男優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

古森重隆

私が営業部長になった1980年代半ば頃はVHSとベータマックスによる家庭用ビデオの規格争いの最終局面でした。ビデオデッキの普及とともに、ビデオテープも爆発的に売れるようになりましたが、価格競争もすさまじく、毎日店頭価格が下がるような状態でした。このときの経験から、特徴のある製品を売っていかなければならないと肝に銘じました。製品は必ず差別化し、単なる価格競争を防ぐ。でなければ、オンリーワン製品、ナンバーワン製品がよいのです。


鈴木修

自分たちのできることをして、それでも駄目なら撤退という割り切った心構えが経営者には不可欠だろうと思います。


高橋宣行

理屈ではなく、ひたすら書いて、その中から選ぶしかない。見出しを10本や20本書くのなら、大した苦労はしない。が、それ以上書くとなると、語彙も表現方法も、自分の知識を総動員して考えないと出てきません。私の経験で言うと、最初に書いた10本よりも、苦しんで書いたものの方が出来がいいことは、よくあります。しかも、100本に近づくほど、良くなることが多いですね。


山海嘉之

私たちの組織は、未来開拓型の組織です。とにかく一点集中。テクノロジーと人との関係において、未来開拓へ注力していきます。


高橋誠(経営者)

よく言われたのは、「競争がなければ、お客様のサービスは決してよくならない」ということ。実現のために、迷いなく歩んできた。その姿勢を教えてくれたのが稲盛(和夫・創業者)氏だったと思う。


エドガー・ケイシー

毎日の生活が大切です。昨日、行い考えたことが、今日の自分だからです。一つ一つの思いが、あなたの中に新しい性質を作っていきます。今日のあなたは、それらの集積された性質の総計なのです。


中島武

飲食店としてでも、男としででもそうなんですけど、なんでこんなに仕事をするのかと考えてみると、自分のお金が欲しくてやっているわけじゃないしょみんな。すごい男だと言われたくて、自分の能力を試したくてやっているんじゃないですか。


ロアン・カン

ビル(ゲイツ)はいつも「自分よりも優れた人」を求めていました。英語で「Get the Right People on the Bus」という表現があります。訳すと「適切な人をバスに乗せろ」。要は適材適所ということです。ビジネスや市場の状況は予測しにくく、技術はめざましいスピードで進化しています。様々な能力を持つ人を結集した多様性あふれるチームをつくり、市場の変化に対応するには「優秀な人材をどれだけ集められるか」が重要です。


家入一真

新しい環境に飛び込むことに、漠然とした不安を抱く人も多いようです。「逃げた先で新しいことを始めて、失敗したらどうしよう」と考えてしまう。その不安は、「本当のリスクとは何か」を考えていないために生まれているように思います。


永瀬昭幸

短期で上達を目指すなら、仲間と一緒に勉強するのも効果的です。グループでやるメリットは2つあります。まず、他の人の考えが聞けること。何かのテーマについて1人ずつ発表するとき、自分と似たレベルの人の発表を聞けば、間違えやすい箇所がわかります。また他の人が発表する問に自分の考えをまとめることもできます。先生と1対1は息をつく余裕がなくて案外しんどいですから、3~5人がちょうどいい。もう一つは、ライバル効果です。日本は恥の文化。みなさん、仲間や会社の同期の前では恥をかきたくないと考えています。だから遅れている自覚がある人は、授業が終わってからも明日の発表に向けて自習をする。グループで学ぶことでいい意味でのプレッシャーがかかるのです。


近藤史朗

現在起点ではなく、未来起点でお客様がどう変化して、どういう固有価値がトレンドになるかを考えるべき。


並木裕太

マッキンゼーに入社して3、4年は劣等生でした。誰からも見向きもされなかった。そこで、担当していたコンビニ業界に精通する人物を探しました。伝説の店長やコンビニ出身の経営コンサルタントなどを探し、会いにいったんです。若くて、人に会うしか活路がなかったんですが、結果的には一番有切な手段でした。