伊藤淳史の名言

伊藤淳史のプロフィール

伊藤淳史、いとう・あつし。日本の俳優。千葉県出身。法政大学経営学部卒業。子役として活躍したのち、映画『鉄塔 武蔵野線』で映画初主演。その後、映画、ドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀助演男優賞、日本映画批評家大賞助演男優賞を受賞。

伊藤淳史の名言 一覧

いい仕事をするためには、ときに仕事を忘れて何かに集中することが大事。新しい気持ちで物事をとらえられるようになるから。


弱さは誰の中にもあるものだと思う。抜け出せない暗闇にいるときは外部に頼っていいし、そうすることできっと新しい何かが見つかる。


実際に旅行することも大切だけど、好きなものに没頭する時間を持つだけで仕事のオンオフもつく。


自分からこれをやりたいと主張しない分、難しい役、想像もつかない職業の役は、いい刺激になるんです。どう演じようかと考えを巡らせて、やりがいを感じます。


目の前の現場で勝負できなければ、次の作品に呼ばれる保証はありません。自分はこうあるべきという理想を決めるよりも、周りの人が求める形を作り込んでいくのが役者の仕事かなと思います。


最近は、カフェやバーなどでスキマ時間を使って覚えています。以前は、周囲がにぎやかだとムリでしたけれど、追い込まれると頭に入るものですね。あちこちで会話が聞こえても、台本読みに集中できています。「できない」「ムリ」というのは、ただの思い込みだったと実感しました。


すべては周りの人たちの評価で決まります。いくら僕がこんな役を演じたいとか、こういう作品に出たいと考えても、監督や製作者の人たちが、「伊藤」と一緒にやりたいと思ってくれなければ依頼は来ません。なので、僕はいままで自分から仕事を選んだことはないんですね。頂ける仕事は全部受けて、1本1本の作品をちゃんとやろうと心がけ、いままで積み重ねてきました。


よく人から驚かれるんですが、僕は役者の仕事を始めて約30年になります。いまや記憶が定かではない子役の頃から仕事をしていて、高校や大学に通っていた時期も、そのあともずっとこの世界にいます。ただそれだけ長い間、取り組み続けても、まだ将来の方向性は定まっていません。僕はこういう役者を目指しているという明確な形って持っていないんです。とはいえ、そんな自分の状況をネガティブにはとらえていません。役者は、自分のやりたい形でなかなか仕事が出来る職業ではないと思っているからです。


伊藤淳史の経歴・略歴

伊藤淳史、いとう・あつし。日本の俳優。千葉県出身。法政大学経営学部卒業。子役として活躍したのち、映画『鉄塔 武蔵野線』で映画初主演。その後、映画、ドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀助演男優賞、日本映画批評家大賞助演男優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

勝俣恒久

社員には、いま自分の行っている仕事が、自分以外の社員や、陰で汗を流す縁の下の力持ちがあってこそ成り立っているんだということをしっかりと理解して、そのうえで自分の仕事に誇りを持って取り組んでもらいたい。


伊東信一郎

1986年にはじめて国際線に進出したとき、不安もありましが、会社全体に大きな熱意がありました。


佐々木常夫

始業前のオフィスには、社員がほとんどいません。会議もないし、電話もかかってこ液いので、時間を自分の好きなように使えます。逆に勤務時間中は、いろいろな会議や打ち合わせがあります。上司や取引先からも呼びつけられるし、部下の相談も受け厳ければならない。私の場合、自分の時間はせいぜい3割程度しかありませんでした。仕事に集中できる自分の時間は貴重なんです。


佐藤隆太

僕がいい仕事をするために心がけていることは、挨拶です。単純なことですけどね(笑)。最初に気持ちのいい挨拶ができれば、気持ちよく一日をスタートできる。逆に気持ちいい挨拶ができないと、最後までモヤッとして過ぎてしまうと思うので。


荒木貞夫

野獣のような爪や牙や毒は持たぬ故に、人間は野獣のようになってはならない。


中野貴志(経営者)

仕様変更を断ることはまずできない。どうせやらなければいけないのなら、快く応じたほうがいい。


テリー伊藤

芸能人もビジネスマンも、成功者たちは基本的にMだ。Mというのは向上心とセットなのだ。もっと自分を成長させたいと思ったら、Mになることだ。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

商売や経営について学ぶのは、歴史に教訓を求める気持ちを持ちつつ、本当に、実際に自分でやってみて経験しながら会得するしかありません。


岡康道

私が企画を考えるのは朝です。創造性が必要な仕事は、朝9時半から正午まで、自分のオフィスで1人でじっくり考えることにしています。アイデアが途中まで浮かんだ場合も、いい案が浮かばない場合も、正午が来たら、その日は「打ち止め」。アイデアはいったん寝かせ、続きは翌日に考えます。


枝野幸男

民進党などは政権を取ることが目的化しているかのように受け止められていたのだと思います。政党の合従連衡が繰り返される中で、それぞれの政党の主張、立ち位置が曖昧になっていたのではないか。それに対して立憲民主党は明確な主張を掲げ、いわゆる野党同士の数合わせへのアンチテーゼの立ち位置にあると受け止められた。それが、国民の潜在的な期待に応えることにつながったと思っています。


出口治明

歴史、経済・金融、この知識なくして、社会状況を正しく把握することはできません。例えば、金融緩和をさらに進めた方がいいのかどうかすら、判断できないはずです。そんな人が、仕事上の判断を正しく行えるわけがありません。


熊谷正寿

経営者は絶対に会社を潰してはならない。その会社に時間=命を捧げてくれている仲間の命を無駄にすることになるうえ、仲間の家族の人生までを左右することになる。


ガー・レイノルズ

プレゼンのスライドは、シンプルであることが大事です。データをたくさん載せて難しく見せたほうが説得力は増すという考えは逆効果。データはできるだけ省くか、見せる場合もシンプルなビジュアルにすべきです。詳しいデータで補完しなければいけない場合は、別に資料として配布しましょう。


木川眞

直に会い、必要なときには行動で示す方が現場は動きます。経営者がこの努力を怠れば、どんなに素晴らしい経営改革も、実現するのは難しいでしょう。


横田伊佐男

いきなりPCに向かって考え始める人が多いのですが、そうすると、どうしても「きれいな書類にまとめること」に意識が向かってしまいます。すると、深く掘り下げたアウトプットになりません。紙であれば、ペンで何度も書き直したり、付箋を貼り直したりするうちに、思考が練り上げられていきます。一枚の紙を複数のメンバーで囲みながら意見やアイデアを述べあうこともできます。


ページの先頭へ