名言DB

9490 人 / 112001 名言

伊藤淳二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤淳二のプロフィール

伊藤淳二、いとう・じゅんじ。日本の経営者。カネボウ社長。大正11年、中国青島市出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、鐘淵紡績(のちのカネボウ)に入社。社長に就任後、多角化経営路線をさらに推し進めた。そのほか、日本航空会長、鐘紡記念病院名誉理事長などを務めた。著書に『天命』『人生』『理想』など。

伊藤淳二の名言 一覧

判断は人間の首から上の作業でよいが決断は違います。全身全霊からのアクションです。


伊藤淳二の経歴・略歴

伊藤淳二、いとう・じゅんじ。日本の経営者。カネボウ社長。大正11年、中国青島市出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、鐘淵紡績(のちのカネボウ)に入社。社長に就任後、多角化経営路線をさらに推し進めた。そのほか、日本航空会長、鐘紡記念病院名誉理事長などを務めた。著書に『天命』『人生』『理想』など。

他の記事も読んでみる

鈴木敏文

僕は大衆の立場に立ってコンビニエンスストアは何かというものを追求してきた。


町田勝彦

トップには多少上手くいかなくとも強引に引っ張っていくリーダーシップが要求される。しかしもっと重要なのは、この制度しかないという強い信念と、何が何でもやり遂げるという本気の覚悟だ。継続することでしか会社の風土は作られないからだ。


澤田秀雄

世の中の変化は激しい。以前なら10年かかったことも、いまでは数年でガラリと変わります。チャレンジをしないと時代に乗り遅れてしまう。先が見えない激動の時代だからこそ挑戦が必要なのです。


立石豊

普段は忙しくてなかなか相手にしてもらえない会社でも、仕事が減った今なら話を聞いてもらえる時間があるはず。
【覚え書き|リーマンショック時を振り返っての発言】


仲山進也

重要なのはお客さんとどれだけコミュニケーションをとるかです。小売りに限らず、仕事とは何らかの価値を最終的に使ってくれるお客さんに伝え、理解してもらう活動です。そこでお客さんとキャッチボールをしていると、新しい発想をどんどんもらえるし、自分磨きにもつながります。


青山愛(アナウンサー)

父の仕事の関係で7才まではニューヨーク、12才から高校2年まではテキサスで暮らしました。テキサスの白人社会では人種差別とも直面。異文化と向き合うことで、自分の土台をつくる経験になりました。


永瀬昭幸

努力する、その自分の知識を次に未来に向かって大いに蓄積する、そしてその知識を使って今まで全くなかったものをクリエイトしていく。受験勉強は受験勉強だけで終わってしまったら非常につまらないですけれども、受験勉強という契機が、自分が将来世の中に全く存在しないものをクリエイトしていくための基礎知識として役に立つことは間違いありません。そうとらえていけば、生徒にとっては大いに楽しいことであり、非常にやりがいのあることです。


佐藤富雄

毎日、定時に出社して定時になえるという人は、早起きをしていつもより早く家を出て、雰囲気の良いホテルで朝食をとり、ゆっくりコーヒーを飲んでから出社してはいかがでしょうか。いつもと違う通勤ルートで出社するのも手です。環境や行動が変わると、脳は刺激を受けて活性化します。新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができるでしょう。


八ツ井慶子

20~30代のあいだに気兼ねなくお金を使いすぎたために、貯蓄額が心もとない人が多く見られます。これが、老後に響いてくるのは必至。貯蓄と年金を使って生きる生活に入ったとき、今の額では不安です。そこで必要なのは、2つの解決策です。一つは、60歳以降も何らかの形で働き続け、収入を得ること。そしてもう一つはもちろん、今から支出の見直しをすること。


施崇棠(ジョニー・シー)

ソフトの開発過程で、この技術がなぜ大事なのか、ハードにどんな利点をもたらすのか理解していなければいい製品は生み出せない。エンジニアには、このことを忘れないよう口酸っぱく言っています。


酒巻久

誠実さとは、相手に忠誠心を見せることではありません。相手の意に沿うことばかり考えるのではなく、時には「この案を採用しないなら、他に持って行きますよ」という強気も見せる。相手に対してではなく、自分の目的に対して忠実であること。それが結果的に、その人物の揺るぎない信頼性の証となります。


小堺桂悦郎

サラリーマンのときは早く一人前になりたいという気持ちが強くて、自分より年齢も社会的地位も上の方々とお付き合いしたり、資格取得の勉強をしたりして出費が多く、ギリギリの生活でした。実家に仕送りもしていましたから、自分が勤めている銀行のカードローンによくお世話になっていました(笑)。
【覚書き|銀行員時代を振り返っての発言】