伊藤淳二の名言

伊藤淳二のプロフィール

伊藤淳二、いとう・じゅんじ。日本の経営者。カネボウ社長。大正11年、中国青島市出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、鐘淵紡績(のちのカネボウ)に入社。社長に就任後、多角化経営路線をさらに推し進めた。そのほか、日本航空会長、鐘紡記念病院名誉理事長などを務めた。著書に『天命』『人生』『理想』など。

伊藤淳二の名言 一覧

判断は人間の首から上の作業でよいが決断は違います。全身全霊からのアクションです。


伊藤淳二の経歴・略歴

伊藤淳二、いとう・じゅんじ。日本の経営者。カネボウ社長。大正11年、中国青島市出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、鐘淵紡績(のちのカネボウ)に入社。社長に就任後、多角化経営路線をさらに推し進めた。そのほか、日本航空会長、鐘紡記念病院名誉理事長などを務めた。著書に『天命』『人生』『理想』など。

他の記事も読んでみる

森永雄太

ジョブ・クラフティングがうまくいかないケースを見ると、大抵、タスクを変えただけで、人間関係を変えていない場合が多いものです。タスクを変えただけでは、周りとの連携がうまくいかなくなってしまいます。タスクを変えると同時に、上司や周囲に意見を求めたり、フィードバックをしたりすることによって、自分もやりがいを感じられ、組織にも貢献できるジョブ・クラフティングが実現できます。タスクと人間関係を、バランスよく変えていくことが重要です。


矢頭美世子

やずや本体の社員数は今でも110人程度でその社員に幸せになってもらうには、会社としてどれくらいの利益を出せばいいか。そうやって遡って売り上げや利益の目標を立てていくのです。こうして規模の拡大を第一にはせず、「少数盛栄」の経営を目指したことが、結果的には売り上げを伸ばすことにつながったと思っています。


植田統

いま自分が優先しなくてはいけないことは何かをよく考え、そのための時間を割くということを意識したほうがいいでしょう。


似鳥昭雄

私も、欠点は山のようにあるし、長所は分からない。長所を探すのがビジネスの世界だし、世の中に出ての勝負になる。


橘フクシマ咲江

従来の“適材適所”は、イチから人材を育て、合う場所に配置する手法です。しかし、これだけでは日々変化するグローバルなビジネスのスピードに追いつけません。ミッションに最適な人物を世界中から連れてくる“適所適材”が必要なのです。


森下篤史

米国駐在の日本人と初取引をする事になった。予算を訊ねられたので、「28フィートコンテナ1車分500万円でどうだ」と答えた。2ヶ月して1コンテナ分の荷が届いた。請求書は500万円である。彼は「余分な経費が100万円程かかったがその分は初取引だから自分の方でみます。」と言った。初取引で信頼してもらうには、500万円の請求をしないで350万円か、400万円でコンテナ1車分の荷を集めて、私頑張りましたよとやらねばならぬ。大事な見せ場を失ったよ、君は。


矢沢大輔

1度目は、メモを見ながらでいいので、内容を口に出してみる。2度目からはメモを見ずに記憶を頼りに、内容を口に出す。内容を全て思い出せなくても、間違ってもOK。このトライ&エラーを繰り返すうちに、曖昧な記憶が正確な記憶になっていく。


宋文洲

中国では有名な話ですが、ある日、なじみのラーメン屋に行くと、店主が皿を洗っている。そして、アルバイトがふんぞり返っている。「どうしたの?」と聞くと、「昨日、麻雀で負けて店を取られた」と。「でも大丈夫、今晩取り返すから」って(笑)。まさに「明日があるさ」の精神です。


加藤浩次

もちろん「ここは流されるべきか」「抗うべきか」と選択を迫られることはある。でも、40歳を過ぎたら、もう自分のジャッジくらいは信用していいと思うんですよ。のるかそるか、くらいは間違わないでしょ。20代の頃のジャッジは絶対信用できないけど、いまはそれなりの経験を積んできているんだから、堂々と選んで進めばいいんだと思います。


マハトマ・ガンジー

前進するなら、歴史を繰り返すのではなく新しい歴史をつくろう。私たちの祖先が残した遺産に、新たな良きものを加えよう。


吉田秀彦

柔道でも総合格闘技でも、やはり練習ですよ。練習こそが、不安を取り除き、心の隙間を埋めて、自信を生み出す一番の方法なんです。


木村信司

演劇って総合芸術だから。小さな変化が全体の雰囲気に大きな影響を及ぼすことが多分にある。(再演でも)前回のことは全部忘れて挑みたいね。


森田仁基

もともと僕は社員たちとランチをしたり飲みに行ったりするのが好きで、何気ない会話の中から「この人にはこんな強みがあるんだな」ということを頭に刻んでいました。だから比較的すぐに、適性のある社員の情報を引き出せたのです。実は、「モンスト」の初期メンバーも、こうした日頃のコミュニケーションから常々目をつけていた人たちでした。


萩本欽一

80代になっても、90代になっても、生きている限り挑戦は続けますよ。チャレンジのない人生なんて、全然面白くないからね。


北尾吉孝

わが社にはおよそ100の子会社があり、ややこしい意思決定ほど私のもとに来ます。でも私は、これまでの意思決定にほとんど間違いはないと自負しています。常に「信・義・仁」に基づいて判断しているからです。「信」とは社会からの信頼を失わないか、「義」とは社会正義に則っているか、「仁」とは他者を思いやっているか、を指します。


ページの先頭へ