名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤洋志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤洋志のプロフィール

伊藤洋志、いとう・ひろし。香川県出身。京都大学大学院農学研究科森林科学専攻修士課程修了。ベンチャー企業勤務を経て独立。様々な事業を行った。著書に『ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方』『フルサトをつくる:帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方』。

伊藤洋志の名言 一覧

仲間で楽しくやっていると、なにやら面白そうだと、人が集まるようになった。


専業でないからこそ、本質的に良い仕事ができる場合はかなりある。専業だと成立しないが、複業の1つなら成り立つ仕事もたくさんある。


小さな仕事でも自分たちで創り出していく。大変な時もあるけれど面白いですね。


企業に入って1つの仕事を専業で生涯続け、人によっては自分の健康とお金を交換することもある。このような現代の働き方はおかしい。僕はいろいろな仕事を作って、仕事に多様性を取り戻したい。


ひとつひとつの収入は多くないですが、まとめると十分生計を立てられます。複数やるとリスクヘッジにもなりますしね。内容はどれもかなりニッチ。でも自分発信だからこそ競争にさらされず、個人でも稼ぎやすいんです。


じつは大正時代以前は多くの人が複数の仕事を持っていました。仕事を本業1つに絞ると、嫌でも必死に続けなければならない。小さな仕事を複数持って、もっと肩の力を抜いて楽しく仕事ができる方法が、「ナリワイ」の考え方です。


伊藤洋志の経歴・略歴

伊藤洋志、いとう・ひろし。香川県出身。京都大学大学院農学研究科森林科学専攻修士課程修了。ベンチャー企業勤務を経て独立。様々な事業を行った。著書に『ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方』『フルサトをつくる:帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方』。

他の記事も読んでみる

藤田聰

一流の人は自己認識力が高い。自分のことをよく分かっているんです。それは能力やスキルだけではありません。パーソナリティー(性格特性)まで理解したうえで、自分らしいリーダーシップを発揮しています。


ジャガー横田

振り返って思うのは、33歳での現役復帰は絶妙のタイミングだったということです。最初の現役のときは、無我夢中で周りを見る余裕がなかったし、とくにチャンピオンになってからは、「強いジャガー」のイメージを守ろうと自分を縛りすぎていたところがありました。でも、年齢を重ねると肩の力が抜けるんですね。2度目の現役生活は自然体で取り組め、新しい世界が広がりました。


山下聰(経営者)

お客様はヒントはくれますが、具体的に何が必要なのかまでは教えてはくれません。そのヒントにどう付加価値を付けて応えるか、それが当社に求められています。


中山讓治(中山譲治)

第一サントリーファーマ社長時代、製品の回収を経験しました。そのとき、回収になった原因を検証してみると、製品設計の段階でこういう視点を持っておけばよかった、営業が速めに情報収集をしておけばよかった、生産プロセスでこんなことに気づいておけばよかったと、たくさんの反省点が出てきました。要は、日ごろから連携して仕事をしていれば、回収という事態は回避できたのではないかということです。


桜井弘(櫻井弘)

時にはこちらの話の腰を折って自分の話を始める相手や、こちらが関心のない話題を延々と続ける相手もいるでしょう。これを嫌がらず、チャンスと捉えること。それこそが、その人の趣味や価値観、人となりを知る機会となるからです。


マザー・テレサ

この世界は食べ物に対する飢餓よりも、愛や感謝に対する飢餓の方が大きいのです。


安藤徳隆

ブランドのライフサイクルの観点から見れば、かなり危ない時期に来ている。
【覚え書き|自社の商品に対する発言】


松方弘樹

仲間っていうのは、甘え合うつながりじゃない。刺激し合う関係なんだよ。


トニー・レオン

仮に、あなたの上司が駄目な上司でも、やさぐれたりしてはいけません。それでは、一流と言われるビジネスマンにはなれないでしょう。


大山健太郎

アイリスは内製化比率が高いという特徴があります。つまり、川下からニーズが上がってきたら、自分で作ってしまうのです。いまや日本の大手メーカーの大半は、アッセンブリー(組み立て)をやっているだけで自分ではものを作っていません。下請けに部品を作らせて、それを組み立てて、ラベルを貼って出荷しているだけ。だから、仮にニーズをキャッチできても、もはや自力で新しいものを作る力はないのです。しかし、うちの場合は何でも自作してしまう。だから、こういうものが欲しいというニーズに柔軟に応えていけるのです。


本田圭佑

意識していたのは犠牲心。一歩でもこのチームで前に進みたいと。好きでこの船に乗っているので、沈没するわけにはいかないという一心で、ピッチもベンチも、全員を見ていました。


佐々木大輔(経営者)

世の中には、経理にまつわる入力業務を面倒くさく感じている人がたくさんいます。不満が存在するのは明らかで、解消できれば膨大なチャンスが生まれます。ところが多くの人は、そこに思いが至りませんでした。どこかで「面倒くさいのが当たり前、仕方がない」と諦めていたのでしょう。