名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤洋志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤洋志のプロフィール

伊藤洋志、いとう・ひろし。香川県出身。京都大学大学院農学研究科森林科学専攻修士課程修了。ベンチャー企業勤務を経て独立。様々な事業を行った。著書に『ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方』『フルサトをつくる:帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方』。

伊藤洋志の名言 一覧

仲間で楽しくやっていると、なにやら面白そうだと、人が集まるようになった。


専業でないからこそ、本質的に良い仕事ができる場合はかなりある。専業だと成立しないが、複業の1つなら成り立つ仕事もたくさんある。


小さな仕事でも自分たちで創り出していく。大変な時もあるけれど面白いですね。


企業に入って1つの仕事を専業で生涯続け、人によっては自分の健康とお金を交換することもある。このような現代の働き方はおかしい。僕はいろいろな仕事を作って、仕事に多様性を取り戻したい。


ひとつひとつの収入は多くないですが、まとめると十分生計を立てられます。複数やるとリスクヘッジにもなりますしね。内容はどれもかなりニッチ。でも自分発信だからこそ競争にさらされず、個人でも稼ぎやすいんです。


じつは大正時代以前は多くの人が複数の仕事を持っていました。仕事を本業1つに絞ると、嫌でも必死に続けなければならない。小さな仕事を複数持って、もっと肩の力を抜いて楽しく仕事ができる方法が、「ナリワイ」の考え方です。


伊藤洋志の経歴・略歴

伊藤洋志、いとう・ひろし。香川県出身。京都大学大学院農学研究科森林科学専攻修士課程修了。ベンチャー企業勤務を経て独立。様々な事業を行った。著書に『ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方』『フルサトをつくる:帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方』。

他の記事も読んでみる

松本晃(経営者)

私は店頭での鮮度管理をやめさせ、商品の回転率を上げるように指示した。たくさん売れば、商品は入れ替わり、店頭鮮度は維持されるからだ。現場からすれば、長年の取り組みを否定されたように思うかもしれない。だが、お客様からすれば、新鮮でおいしい商品が購入できるのであれば、鮮度管理の方法は問われないだろう。


永守重信

企業にとって重要なことは、時代の変化に順応していくこと。脱皮しない蛇は死ぬのと同じように、その時、その時の服装に着替えないといけない。


大須賀正孝

一所懸命、真剣にやれば、なんとかなる。


河合滉二

私は「和」の正しい意味を旧制高校時代の柔道生活から学んだ。柔道は一対一で力と力をぶつけ合い、技を競い合うスポーツである。そこにはむき出しの闘志があるだけだ。馴れ合いでやっていたなら、それは柔道ではなく、他人にはダンスのように見えてしまうだろう。そして試合が終わった後に充実感。互いに相手の技量を認め、さらに切磋琢磨を誓う。あれだけ虚心坦懐に人間関係が発生し、「和」の生まれるスポーツはない。


後藤孝洋

会社の生み出すものがお客様の満足をつくり、社員の幸せをつくり、ひいては世の中のためになる。


寺尾玄

私たちの将来で唯一約束されているものは、死という形でこの日々は必ず終わるということだけ。死はいつやってくるか分かりません。それは明日かもしれない。将来の計画を立てるのもいいでしょう。準備を念入りにすることも大事かもしれません。でも私は、いつも今日を人生のピークにしたい。毎日がお祭りの当日だと思っているので、「今日ブレークしなくては」「今日ハートに火をつけなきゃ」と思い続けて行動しています。そんな生き方をしているから、毎日がすごく疲れます(笑)。でも、最高に楽しい人生を送っていると断言できます。


鈴木義幸

不快感を抱く瞬間というのは、じつはグッと体温が上がる瞬間でもあります。リスクをとること、変化すること、それを繰り返していければ、自然と熱いものになっていきます。


栗山清治

1日の来店者平均100人から110人ぐらいです。ワークマンは職人さん向けの店だと思う方が多く、来店者100人ぐらいでも加盟店さんの利益が出るような形になっています。


池上彰

かつてマスコミに入るような連中はどこか道を外れたような人間が多かった。浪人や留年は当たり前、学生運動で逮捕歴があるとか。まともな会社に就職できないようなやつらばかりでした。反面、耐性は強かったですよ。でも、テレビも東大卒のエリートがどんどん入ってくるようになってから番組がつまらなくなった。エリートじゃない人ほど、じつは発想力や雑草力という強みがあることを知ってほしい。


望月晴文

資金の有効活用というと、今は海外のM&A(合併買収)しか考えていない面があります。もちろん事業展開を早めるために必要だとは思いますが、自分のやるべき事業に、自らの技術と能力を使って投資するというのが最も資金効率がいいはずなんです。


スティーブン・コヴィー

問題の見方こそが問題なのである。「問題を一刻も早く解決してくれるような手っ取り早い解決方法はないだろうか」自らの問題に直面したとき、あなたはいつもこう思ってはいないだろうか。こうした即効性ばかりを求める問題の見方こそが問題なのである。


山岸和実

自分を主語にするのは、「君自身はどう思うの?」と聞かれたときだけに側めましよう。「私は」と自分を主語にすると、ともすれば、野心的、自己中心的な印象を与えます。それを、「当社は」「当部署は」、あるいは「お客様は」などに置き換えると、自分ではなく会社のメリットや顧客の満足を目指しているという印象になります。