名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤洋志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤洋志のプロフィール

伊藤洋志、いとう・ひろし。香川県出身。京都大学大学院農学研究科森林科学専攻修士課程修了。ベンチャー企業勤務を経て独立。様々な事業を行った。著書に『ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方』『フルサトをつくる:帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方』。

伊藤洋志の名言 一覧

仲間で楽しくやっていると、なにやら面白そうだと、人が集まるようになった。


専業でないからこそ、本質的に良い仕事ができる場合はかなりある。専業だと成立しないが、複業の1つなら成り立つ仕事もたくさんある。


小さな仕事でも自分たちで創り出していく。大変な時もあるけれど面白いですね。


企業に入って1つの仕事を専業で生涯続け、人によっては自分の健康とお金を交換することもある。このような現代の働き方はおかしい。僕はいろいろな仕事を作って、仕事に多様性を取り戻したい。


ひとつひとつの収入は多くないですが、まとめると十分生計を立てられます。複数やるとリスクヘッジにもなりますしね。内容はどれもかなりニッチ。でも自分発信だからこそ競争にさらされず、個人でも稼ぎやすいんです。


じつは大正時代以前は多くの人が複数の仕事を持っていました。仕事を本業1つに絞ると、嫌でも必死に続けなければならない。小さな仕事を複数持って、もっと肩の力を抜いて楽しく仕事ができる方法が、「ナリワイ」の考え方です。


伊藤洋志の経歴・略歴

伊藤洋志、いとう・ひろし。香川県出身。京都大学大学院農学研究科森林科学専攻修士課程修了。ベンチャー企業勤務を経て独立。様々な事業を行った。著書に『ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方』『フルサトをつくる:帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方』。

他の記事も読んでみる

ヨルゲン・ランダース

未来についての意見は多様であっていいと思います。


野村克也

一打席、一打席対峙するだけではつかめなかった相手の配球傾向が、データを集めれば、簡単に手に取るようにわかった。こうして俺の配球を見る目は段違いに上がった。以降、ホームラン王と打点王などタイトルを獲れるようになれた。


松本晃(経営者)

私は新卒で伊藤忠商半に入社したのですが、当時の越後正一社長は、ことあるごとに「名を成すは常に窮苦の日にあり。事を敗るるは多く得意の時に因る」と言っていました。「成功しようと思ったら、しんどいときにちゃんとやっておかないとダメだ。良いときに浮かれて気を抜いてしまうから、失敗する」という意味なのですが、とにかく何度も何度も聞かされたので、40年以上経った今でも覚えています。しかし次の社長は、いろんなことを言っていたので、あまり覚えていない(笑)。言うことは絞らないと伝わらないのです。


国吉拡

組織や上司を急に変えることはできません。でも、自分を変えることはすぐにでもできます。ないものねだりをせず、現状を受け入れ、自分のできることに目を向ける。そうして、小さくても結果を出していけば、モチベーションアップにつながります。


井上貞治郎

巫女は白髪の老婆だった。御幣を上げ下げしているうちに、体が踊りだす、目がつりあがる。巫女は上ずった声で言った。「他はいかん、いかん。紙じゃ、紙の仕事は立て板に水じゃ……」。よし、これで決まった。それから50年、私はカミのお告げに従って、紙にしわを寄せながら生きてきた。
【覚書き|29歳のとき、これからどんな仕事で生きていくか悩んでいたとき、占い師に意見を聞きに行ったことを振り返っての発言】


福沢諭吉

望みがなかったら、世の中に仕事に励む人がいなくなってしまいます。明日の幸せが見えれば、今日の不幸を慰めることができます。来年の楽しみが見えれば、今年の苦しみを忍ぶことができます。


鈴木修

経営とは数字である。同じく、仕事も数字である。
【覚書き|鈴木氏は大学卒業後、中央相互銀行(現:愛知銀行)に5年間勤務している。金融界での実務経験が氏の経営観に大きな影響を与えたと言われている】


松本晃(経営者)

以前、私が社長を務めていた外資系企業では、当初は長時間残業が常態化していました。そこで、労働時間ではなく、成果をベースにした給与体系に変えました。すると、残業はピタッとなくなりましたよ。それでも業績は年々良くなりましたから、給料水準は3年間で2倍にアップできました。


藤田晋

ビジネスでは模範解答は何ら参考になりません。求められているものが、アイデアや改善案であれば、さらに意味がありません。当たり障りのない凡庸なアイデアは、議論の余地がないからです。必要なのは、常識外れであっても可能性を感じさせるアイデアです。


小山昇

一発で成功させようとするのが間違いです。パチンコや麻雀を100回やって100回勝つ人はいません。ましてやビジネスで失敗するのはあたりまえ。どんな名経営者だって判断ミスはします。最初からトライ&エラーを前提にして、そのサイクルを早く回した人が最終的にもつとも早くゴールに到達するのです。


庄田隆

海外市場に対して輸出中心、パートナー経由中心で展開していたのを、製造から販売まで自前で展開できるように換えていこうと思っています。インフラを築くための先行投資でいったん利益率は落ちますが、以前のように価値の一部をパートナーとシェアする必要がないので、大きく成長できます。


高岡浩三

自分のことを嫌っているからといって、その相手を遠ざけるのは並の上司がやること。自分を嫌っている人や周囲から仕事ができないと思われている人を率いて成果を出してこそ一流のリーダー。