名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤洋之輔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤洋之輔のプロフィール

伊藤洋之輔、いとう・ようのすけ。日本の経営者。「外装専科」社長。山口県出身。19歳で防水工事職人になり24歳で独立。その後、外装専科を設立。

伊藤洋之輔の名言 一覧

中抜きを排除したことで、業者から中傷を受けることもありますが、全く気にしていません。顧客にとって良い事業を行っていれば必ず報われる。そう信じています。


19歳から実家が経営する会社で、防水工事の職人として働き始めました。24歳で独立して工事店を開設。非常に順調でしたが、無理な拡大がたたって1998年に自己破産しました。「自分にはこの道しかない」と覚悟を決めて外装専科を創業し、現在に至ります。


管理組合と工事業者の間にいる下請けや孫請けの存在で中間マージンが発生し、コスト高の要因になっています。当社では管理組合と直接取引をすることで費用を抑えています。そのほか工事面では、不必要な場面での組み立て足場をなくし、ロープを活用しています。塗装においても業界の慣習として外壁を3回塗りすることが多いのですが、当社では傷んでいない箇所は1回で済ませます。ある管理組合のケースでは、他社から6千万円の見積もりを受けていた修繕工事を、当社が2千万円弱で担当しました。お客様に喜ばれて紹介が紹介を呼び、営業職が不要な状態です。


私はかねてから、本来必要のない工事を行い、借金をさせてでも高額な代金を請求するマンション修繕事業者を問題視していました。高額な支払いで管理組合の資金が枯渇すると、住民は修繕積立金の値上げを迫られてしまいます。ブラックボックスになっている工事の要不要を明らかにして、管理組合と住民がハッピーになれる事業を行いたい。そう思い立ったのがきっかけで、マンション修繕の駆け込み寺を名乗るようになりました。


伊藤洋之輔の経歴・略歴

伊藤洋之輔、いとう・ようのすけ。日本の経営者。「外装専科」社長。山口県出身。19歳で防水工事職人になり24歳で独立。その後、外装専科を設立。

他の記事も読んでみる

奥正之

研修会で同じ時間を使うなら、双方向の対話を増やしたほうが濃いものになります。視線を合わせることがコミュニケーションを深めるポイントです。


南伸坊

お金ってのは、あるに越したことはないけど、集め出すといくらでも集めたくなっちゃうんじゃないかな。最初は理性的な人でも、貯まってくると、お金に主導権がいっちゃってなんでもかんでも殖やそうってなる。お金自体にそういう人を動かす力があるんですね。


大西賢

邪心が入っていると、あとになって必ずブレます。やはり、最初の決断の段階で心底正しいと自分で納得していることが大切です。そうであれば、ブレることなく最後まで思いを貫くことができます。


小倉昌男

リーダーとしての責任を果たすためには、多少の遠回りは覚悟の上で、自分の頭で考えられる部下を育てなければいけない。あいつらに任せるより自分でやったほうが早いと短気を起こすと、結局は忙しくなって自分の首を絞めることにもなる。


ゴードン・トム

企業がユーザーの使い方を限定するようではいけない。「使い方はご自由に」、これが本当の使いやすさだと考えています。


ホルスト・シュルツ

従業員にビジョンを示し、仲間に迎え入れ、彼らが進んで仕事をしたいと思える環境をつくるのがリーダーシップです。


鎌田和彦

青い鳥症候群というのは、単に仕事にコミットするまでの猶予期間を延長しているだけですから、僕は評価しません。だいたい、自然とやる気が出るような仕事や会社がどこかにあるはずだと考えること自体が、あまりに現実的じゃないし、現実と向き合えないのもまた問題です。


西川浩司

もし研究開発投資を継続しなければ見た目の財務状況は一時的に良くなり、我が社は創業以来初の赤字にならないで済む。しかし、未曾有の世界同時不況といわれる辛い時期だからこそ、次に世界経済が上向いてきた時に先んずる為にも、研究開発投資は止めない。止めたら終わり。人財と共に研究開発は当社の命。


桑野光正

私がダイクマ茅ヶ崎店店長をしていた当時、親会社イトーヨーカ堂の伊藤雅俊名誉会長が店舗視察に来られたことがありました。一介の店長に過ぎない私は一番後ろに控えていたのですが、伊藤さんは私を見つけると「君が店長か?」と声をかけてくださり、売り場づくりのコツをいろいろと教えてくださりました。そのときに強く印象に残ったのは、創業経営者の徹底した現場主義です。すべての課題と答えは現場にある。だから、伊藤さんは現場の責任者の私に直接、いろいろ伝えたかったのだと思います。


一瀬邦夫

我が社も組織が充実し人材が育ってきましたが、現在はペッパー大学というものも設立して研修により力を入れています。ペッパー大学では「人が見てない時の行動にその人の価値を高める要素がある」と伝えています。今後は株式を公開したことで、さらに多くの優秀な人材が増えていくと思います。


徳重徹

人生を一回チャラにするつもりで29歳のときに会社をやめました。
【覚書き|サラリーマンを辞めて起業家になることを決意した当時を語った言葉】


佐藤優

考えなきゃならないのが、経済的な見極め。かつての右肩上がりの時代なら、結婚したら、子供の教育と住宅の、いずれにもお金をかけられました。が、いまはその余裕はありません。子供の教育に力を入れるなら、マイホームは諦め賃貸にする。家を買うなら、子供は私立は諦め、公立で我慢してもらう。どちらかを選択すべき時代です。自分たちの家族は何を優先し、選択するか、その見極めが大事なんです。