名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊藤洋之輔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤洋之輔のプロフィール

伊藤洋之輔、いとう・ようのすけ。日本の経営者。「外装専科」社長。山口県出身。19歳で防水工事職人になり24歳で独立。その後、外装専科を設立。

伊藤洋之輔の名言 一覧

中抜きを排除したことで、業者から中傷を受けることもありますが、全く気にしていません。顧客にとって良い事業を行っていれば必ず報われる。そう信じています。


19歳から実家が経営する会社で、防水工事の職人として働き始めました。24歳で独立して工事店を開設。非常に順調でしたが、無理な拡大がたたって1998年に自己破産しました。「自分にはこの道しかない」と覚悟を決めて外装専科を創業し、現在に至ります。


管理組合と工事業者の間にいる下請けや孫請けの存在で中間マージンが発生し、コスト高の要因になっています。当社では管理組合と直接取引をすることで費用を抑えています。そのほか工事面では、不必要な場面での組み立て足場をなくし、ロープを活用しています。塗装においても業界の慣習として外壁を3回塗りすることが多いのですが、当社では傷んでいない箇所は1回で済ませます。ある管理組合のケースでは、他社から6千万円の見積もりを受けていた修繕工事を、当社が2千万円弱で担当しました。お客様に喜ばれて紹介が紹介を呼び、営業職が不要な状態です。


私はかねてから、本来必要のない工事を行い、借金をさせてでも高額な代金を請求するマンション修繕事業者を問題視していました。高額な支払いで管理組合の資金が枯渇すると、住民は修繕積立金の値上げを迫られてしまいます。ブラックボックスになっている工事の要不要を明らかにして、管理組合と住民がハッピーになれる事業を行いたい。そう思い立ったのがきっかけで、マンション修繕の駆け込み寺を名乗るようになりました。


伊藤洋之輔の経歴・略歴

伊藤洋之輔、いとう・ようのすけ。日本の経営者。「外装専科」社長。山口県出身。19歳で防水工事職人になり24歳で独立。その後、外装専科を設立。

他の記事も読んでみる

アデマール・エスマン

自己への信頼こそ成功の秘訣である。


須田将啓

私は、次に登る山(事業)を「旅行」に決めました。なぜいきなり、「ファッション」から「旅行」なのかと思われるかもしれませんが、実はこの両者は相性の良い存在です。BUYMA(バイマ)のユーザーのインスタグラムを見ると、服の写真と同じくらい旅行の写真も投稿されています。ファッション誌でも旅行特集の人気は非常に高いのが特徴です。また、これも最近の傾向かもしれませんが、「モノ」への投資よりも「コト(体験)」に価値が移ってきていると感じています。「モノ」はアマゾンなどで速く安く手に入りますし、シェアリングの文化も一般的になってきました。ラグジュアリーブランドの「モノ」を取引するサービスから旅行などの有益情報の交換も可能になります。


殿村美樹

行き詰まったらスーパー銭湯で2時間ほど湯につかります。電話やメールも遮断でき、ゆっくり考えることができる。脳まで血が巡るので、潜在意識も浮かび上がりやすくなる気がします。入浴中にアイデアが浮かび、脱衣所までメモに走ったこともあります(笑)。


木村昌平

我々は常に「安心で安全な社会とはこうあるべき」という理想があって、市場を創出していきます。


朝倉千恵子

部下を好き嫌いで見るのではなく仕事で見ることが重要です。好き嫌いで見ると、「たぶん、彼(彼女)なら大丈夫だろう」「彼(彼女)にかぎって」という甘さが生じます。でも、この「たぶん」「かぎって」が命取りになるのです。


古屋大貴

カプセル玩具は、一瞬でくすりと笑わせたり、精巧なつくりで感動させたりして消費者の心を動かせれば勝ちです。そういう意味で私たちは、一発ギャグを得意とする芸人さんに似ているのかもしれません。人を笑わせたり驚かせたりする方法を、朝から晩まで考え続けているのです。


松井道夫

自らも含めて成功という商売の醍醐味を会社の仲間たち全員に味わわせてやれるのがリーダーの生き甲斐。じゃなかったら社長なんてアホ臭くてやってられません。


新井健一

これまでの日本企業は一般的に減点主義なうえ、個々の責任の範囲が曖昧で、責任転嫁を生みやすい環境だった。今の管理職が若手だったころは、減点主義に基づいた上下関係も職場によっては当たり前だったため、チャレンジして失敗することをよしとする「加点主義管理職」になるのは、簡単なことではない。しかし、今転換を図らないと、その会社の未来はない。


弘兼憲史

人間の幸せは金銭としっかりと結びついています。人によって額は違うにしても必要最小限のお金は必要です。ただ、お金をたくさん持っていれば幸せかというとそうでもない。僕のように60歳を超えると特にそう思います。芸人ならば師匠、社会人ならば上司、全面的に信じられる人間と出会えた人もまた幸せだと感じることがあります。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

家計の相談を受けていても、お金持ちほどムダなものをばっさりと捨てる技術に長けています。それに対して年収800万円台の人は中途半端です。この層は家計でも見栄を張って浪費しがちなのですが、勉強にもその傾向が現れています。


児玉光雄

よく言われることですが、日本人はリスクが低く達成度が高いスモール・ゴールを好みます。しかし、それでは進歩が望めません。適切なストレッチ・ゴール(背伸びすれば届くゴール)を設定し、たとえ失敗しても、その失敗から次の成功のヒントを得る。ここに、モチベーションを保ち続ける秘訣があるのです。


岡野喜太郎

私はもう安閑として机にかじりついている気がしなくなった。学校を退き、家事を手伝って、我が家の危機を乗り越えるとともに、村の窮乏を救うために努力したいと決心した。貯蓄と言っても一人ではなかなかできにくい。また村全体が立ち直るには、村全体がやらねば意味がない。私は貯蓄組合をつくろうと思った。
【覚書き:上記は岡野氏が20歳のころに郷里の大飢饉を目の当たりにして立てた志。旧制中学は現在の高校】