名言DB

9429 人 / 110879 名言

伊藤洋之輔の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤洋之輔のプロフィール

伊藤洋之輔、いとう・ようのすけ。日本の経営者。「外装専科」社長。山口県出身。19歳で防水工事職人になり24歳で独立。その後、外装専科を設立。

伊藤洋之輔の名言 一覧

中抜きを排除したことで、業者から中傷を受けることもありますが、全く気にしていません。顧客にとって良い事業を行っていれば必ず報われる。そう信じています。


19歳から実家が経営する会社で、防水工事の職人として働き始めました。24歳で独立して工事店を開設。非常に順調でしたが、無理な拡大がたたって1998年に自己破産しました。「自分にはこの道しかない」と覚悟を決めて外装専科を創業し、現在に至ります。


管理組合と工事業者の間にいる下請けや孫請けの存在で中間マージンが発生し、コスト高の要因になっています。当社では管理組合と直接取引をすることで費用を抑えています。そのほか工事面では、不必要な場面での組み立て足場をなくし、ロープを活用しています。塗装においても業界の慣習として外壁を3回塗りすることが多いのですが、当社では傷んでいない箇所は1回で済ませます。ある管理組合のケースでは、他社から6千万円の見積もりを受けていた修繕工事を、当社が2千万円弱で担当しました。お客様に喜ばれて紹介が紹介を呼び、営業職が不要な状態です。


私はかねてから、本来必要のない工事を行い、借金をさせてでも高額な代金を請求するマンション修繕事業者を問題視していました。高額な支払いで管理組合の資金が枯渇すると、住民は修繕積立金の値上げを迫られてしまいます。ブラックボックスになっている工事の要不要を明らかにして、管理組合と住民がハッピーになれる事業を行いたい。そう思い立ったのがきっかけで、マンション修繕の駆け込み寺を名乗るようになりました。


伊藤洋之輔の経歴・略歴

伊藤洋之輔、いとう・ようのすけ。日本の経営者。「外装専科」社長。山口県出身。19歳で防水工事職人になり24歳で独立。その後、外装専科を設立。

他の記事も読んでみる

江見朗

自分がどうなりたいのかという目的を考えた時、「一度きりの人生だから幸せになりたい」と思った。幸せとは何か。私の場合、それは成長でした。


スティーブン・コヴィー

現在必要とされているのは道路地図よりも、はっきりとしたビジョン、あるいは目的地、そしてコンパス(方位磁石)なのである。なぜなら、前方の地勢が激しく変わっているため、どう進めばいいのかわからなくなることが多いからだ。新しい問題にぶつかった時、その場で素早く判断しなければならない。そのとき正しい方向性を示してくれるのは、自分の心のコンパスだけなのである。


塚越寛

会社のあるべき姿は、いい形で永続させることです。そうすれば社員をはじめ、会社に関わるすべての人が幸せでいられます。幸せの総和が企業価値です。永続させるためには、無理な規模を追わず、身の丈に合った成長を心がけたいものです。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

自分の行動を振り返ってみる。それによってムダな出費に気づくことができ、翌月から改善していくことで、貯蓄が徐々に増えていく。


山村幸広

上から「こうしろ」と命じられてやらされる仕事と、自分自身が納得して取り組む仕事では、仕事への意欲はまったく違ってきます。


澤田秀雄

とりあえず皆で検討して、莫大な費用がかかるなど、致命傷にならない限りはチャレンジします。


ベンジャミン・ディズレーリ

我々が予測するものが起こることは滅多にない。しかし、我々がほとんど期待もしない事態がしばしば発生する。


林望

病気になるといろんな意味で人生の質が低下します。何かやろうと思ってもできない。家族にも迷惑がかかる。仕事もなく、年収も失われる。健康問題は人生の最大のリスクです。40歳を過ぎたら、それまでの生活を総点検したほうがいいですね。


松尾静磨

企業というものは社長一人が優れていても、たいしたことではないんです。全社員がそれぞれの能力を十分に発揮できるような、一人一人が気持ちよく働けるような職場づくりをしなければ業績は上がりません。


土橋章宏

人を信じてほしいと思うんです。誰も助けてくれない状況なんてきっとない。自分からちゃんと手を伸ばしさえすれば。