名言DB

9419 人 / 110788 名言

伊藤洋之輔の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤洋之輔のプロフィール

伊藤洋之輔、いとう・ようのすけ。日本の経営者。「外装専科」社長。山口県出身。19歳で防水工事職人になり24歳で独立。その後、外装専科を設立。

伊藤洋之輔の名言 一覧

中抜きを排除したことで、業者から中傷を受けることもありますが、全く気にしていません。顧客にとって良い事業を行っていれば必ず報われる。そう信じています。


19歳から実家が経営する会社で、防水工事の職人として働き始めました。24歳で独立して工事店を開設。非常に順調でしたが、無理な拡大がたたって1998年に自己破産しました。「自分にはこの道しかない」と覚悟を決めて外装専科を創業し、現在に至ります。


管理組合と工事業者の間にいる下請けや孫請けの存在で中間マージンが発生し、コスト高の要因になっています。当社では管理組合と直接取引をすることで費用を抑えています。そのほか工事面では、不必要な場面での組み立て足場をなくし、ロープを活用しています。塗装においても業界の慣習として外壁を3回塗りすることが多いのですが、当社では傷んでいない箇所は1回で済ませます。ある管理組合のケースでは、他社から6千万円の見積もりを受けていた修繕工事を、当社が2千万円弱で担当しました。お客様に喜ばれて紹介が紹介を呼び、営業職が不要な状態です。


私はかねてから、本来必要のない工事を行い、借金をさせてでも高額な代金を請求するマンション修繕事業者を問題視していました。高額な支払いで管理組合の資金が枯渇すると、住民は修繕積立金の値上げを迫られてしまいます。ブラックボックスになっている工事の要不要を明らかにして、管理組合と住民がハッピーになれる事業を行いたい。そう思い立ったのがきっかけで、マンション修繕の駆け込み寺を名乗るようになりました。


伊藤洋之輔の経歴・略歴

伊藤洋之輔、いとう・ようのすけ。日本の経営者。「外装専科」社長。山口県出身。19歳で防水工事職人になり24歳で独立。その後、外装専科を設立。

他の記事も読んでみる

ヒラリー・クリントン

説得しようとする相手に、当初低く見積もられていると、それが有利に働くことが多い。


冨山和彦

参謀には一般的に、血も涙もない嫌なヤツのようなイメージがあります。しかし、実際には、アルフレッド・マーシャルが「クールヘッド、ウォームハート」と言ったように、頭はクールでなければならないが、心は温かくないと人はついてきません。


山名昌衛

大事なことは、上司のマインドセット。上司がダイバーシティを理解し、女性の力を引き出す人でないと、会社全体のダイバーシティは進まない。時間あたりの生産性向上という意味でも上司の意識が変わらないといけませんし、社員の側にも管理職の側にもマインドセットというのが大事になってくる。


久水宏之

イノベーションこそが難局をこえる鍵。


小林幸雄(経営者)

金融機関の考え方としては、「面倒なので壊してから経営に参画したほうがいい」となりますが、我々のように事業を手掛けている身からすれば、「倒産した会社を再建するほうが難しい」。一度倒産してしまうと、商権が失われ、失ったものを集め直すには、相当な努力が必要になりますから。


鈴木博毅

うまくいっている人はどこが違うのか。常にその違いを観察することが重要。


笹沼泰助

メガネスーパーの経営再建でより重要だったのは戦略の転換です。格安メガネ店を中心に新規参入が続く「レッドオーシャン(競争の激しい既存市場)」ではなく、競争が少なく独自性が生かせる「ブルーオーシャン」を探さなくてはなりません。そこで狙いを定めたのが中高年です。視力矯正に加えて老眼、眼精疲労などの問題も改善し、クオリティー・オブ・ライフを改善することに力を注いだのです。検査方法を変え、「これ以上にはできない」ぐらい精密に情報を取得し、レンズを作るようにしました。時間も手間もかかりますから、格安メガネ店に比べると値段は圧倒的に高くなります。それでもお客様からは非常に高い評価を頂いています。既存店の月別売上高の前年度比の伸びを見ると、メガネスーパーはこの2年ほど他のチェーンをほぼ上回っています。


山光博康

起業したのは自分の考えを試したかった。それだけなんです。思い切って挑戦しなければ、こうはいかなかった。楽観的になるのも大事かな、と思います。


大久保幸夫

若いうちのキャリア形成についての多々ありますが、ミドルキャリア以降の働き方については、日本ではこれまであまり語られてきませんでした。個人差が拡大するために、共通して語れることが少ないという理由が大きいでしょう。しかし、ビジネスパーソンとして最も脂ののる40代、そしてそこからトッププロが巣立っていく50代こそ、自律的なキャリアデザインの必要性が高まる時代です。


岩村水樹

「グーグルカレンダー」は自分の作業予定を書き込んで、自律的に自分の仕事を管理するという使い方もできます。この時間はプレゼン資料を仕上げる、この時間はミーティング、と細かく書き込み、チーム全員で共有すれば、みんなの仕事の進捗が一目瞭然だし、メンバーはわざわざ時間の使い方をリーダーに報告する必要がなくなります。