名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

伊藤洋一(エコノミスト)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤洋一(エコノミスト)のプロフィール

伊藤洋一、いとう・よういち。日本のエコノミスト。長野県出身。早稲田大学政経学部卒業。三井住友トラスト基礎研究所主席研究員などを務めた。専門分野は国際経済・金融・マーケット。著書に『スピードの経済』『グリーンスパンは神様か』『カウンターから日本が見える』『日本力』『ITとカースト:インド・成長の秘密と苦悩』ほか。

伊藤洋一(エコノミスト)の名言 一覧

仕事ではなく、他にやりがいを持つという人もいるでしょう。それもひとつの考え方です。そういうふうに生まれている人もいるでしょう。仕事そのものにやりがいを見いだすだけでなく、私的なやりがいのために仕事を頑張るという生き方だって、おかしなことではありません。


やりたいことがなくても、会社に所属するのは面白いことです。会社に入ると面白い人がいます。様々な大学から来た人、外国人もいるかもしれない。そうした出会いの中で「これは面白い」ということにも出会えればいいのではないでしょうか。


講演などをしていて思うのは、相手の話をちゃんと聞いたうえで質問してくれる人は、それが伝わるということ。独りよがりではダメで、相手の話と自分の持っているものを照らし合わせて、でもここがわからないというところを質問すると良いでしょう。


よく言われることですが、就活ではコミュニケーション能力を高めること。自分の魅力をプレゼンすることが大事です。


僕が人事担当者なら、「この人はどこに使えるか」を考えます。企業にはファンクションがあって、非常に合目的的。多くの企業の人事部は、どのファンクションから新人要請が来るかを把握していて、どこに配属するかまで何となく考えています。まだそこまで考えるのは難しいかもしれませんが、自分の能力と経験がその企業のどこに当てはまるか、考えてみるといいと思います。相手の立場に立ってみるということです。


人間は職業を創り出す生き物です。たとえば、野球選手という職業は江戸時代にはありませんでした。逆になくなった職業もあります。だから、いまある職業に自分がはまらないと思っても、新しい職業を作ればいい、というくらいの気持ちを持ちましょう。私たちは常に、動的な社会にいるのだと考えるべきです。


人間は他者を必要としながら社会を形成しています。自分がどこに必要かを考えれば就職できないということはないのではないでしょうか。


僕の息子は、リーマンショックの直後に就職しました。彼は大学で勉強したことを活かして、業種を絞っていくつか受けたところ、複数社から内定を得ました。そのときの僕の印象では、実は巷で言われているほどには就職活動が厳しいと思えないのです。


伊藤洋一(エコノミスト)の経歴・略歴

伊藤洋一、いとう・よういち。日本のエコノミスト。長野県出身。早稲田大学政経学部卒業。三井住友トラスト基礎研究所主席研究員などを務めた。専門分野は国際経済・金融・マーケット。著書に『スピードの経済』『グリーンスパンは神様か』『カウンターから日本が見える』『日本力』『ITとカースト:インド・成長の秘密と苦悩』ほか。

他の記事も読んでみる

関文彦

中途半端な高価格設定をするくらいなら、もっと大胆に高めの値決めをして、その分、新たな価値を創造した方が、今の時代は活路が開ける。


石井裕(工学者)

適応力こそがこれからの時代を生きていくために一番大事な力です。20代、30代の人はぜひ感性が豊かで知的吸収力が最も高い時に異文化に飛び込んで、知的な刺激を自分に与え、新しい環境に適応する力を鍛えてください。


黒田如水(黒田官兵衛)

人には気が合う気が合わないということがある。主人が家来を使う場合には、とくにありがちなことだ。気の合う家来が、もし善人であったならば、国の重宝となるが、悪人であったとすれば、国家の妨げとなるのであるから、大変な違いである。家来たちの中に、たとえ自分と気が合わない者がいて、それを傍ら近く召し使い、軽い用事を勤めさせることがあっても、その者に心を奪われてはならない。


高橋俊介

仕事が楽しくてしょうがない。そう感じながら仕事をしている人は強い。楽しいから仕事にのめり込める。だから結果が出る。これを行動心理学の世界ではエンゲージメントと呼ぶ。


松本洋(コンサルタント)

個人がそれぞれ独自のペースで動いたら、全体としては成果は上がらない。しかし、誰もが成功できる仕組み、常に進歩が分かる見える化された仕組みを作っておけば、組織全体のパフォーマンスを上げることができる。


宮崎駿

(エヴァンゲリオンは)3分と観られないですね。観るに堪えないです。僕はああいうもの、もういらないですよ。最初の絵コンテを見ただけで「エライこと始めやがったな、この野郎」って思ったんですけど、まあ終わってよかったですね。テレビシリーズのとき、庵野がどういう状態だったか聞いていましたから。机の横に布団敷いて、そこから出たり入ったりしてやってるっていうね。庵野のことだから、どうせ風呂入ってないんだろうなとか。それはもうわかりますよ。中身については、観なくてもいいんです。
【覚書き|宮崎監督と庵野監督は師弟であり友人であり、チャリティサイン会を一緒に行うような親しい間柄】


中嶌秀高

ベンツという商品自体はどこで買われても同じですから、最終的には人だと思います。来店される方にも、お電話で最初のコンタクトをとられる方にも、第一印象が非常に大事でしょう。受付の女性、応対する社員、商談を進めるうえであいさつをする上司、それぞれの対応が大切です。


林文子

営業ってやっぱり楽しい仕事だと思いますよ。営業ができること自体ありがたいことなのです。たくさんの方に出会って、たくさん失敗を経験することは、ビジネスパーソンとして、また人として自分を成長させる最高のチャンスになります。


草場滋

僕だったら、その町で何十年と続いている飲食店へ行き、店のオヤジさんに「この町の景色もずいぶん変わりましたね」と話しかけてみる。そういう会話を通して得た情報から自分なりの視点を持つこと。それができて、はじめて情報は生きてくる。


明石康

国益というものは、イマジネーションを持って広い見地から考える必要があると思います。


大賀昭司

当店での売れ筋PB(プライベート・ブランド商品)は、うどん玉、豆腐、食パン、納豆など、いずれも購入頻度の高い商品です。総務省統計局の家計調査では、二人以上の家庭の1か月の食費は、57,525円だそうです。すべてをNB(ナショナル・ブランド。メーカー品)で購入していたとすると、それを3割安いPB品に切り替えるなら、1か月で17,257円もの節約になります。


村上太一

ブラックカードを私は欲しいと思わない。自分が使っている姿を想像すると、「見栄を張ってます」と、わざわざ人に言ってるような感じがして……。それを見せたところでリスペクトされるのは、私はうれしくないんです。ブラックカードを持っている先輩に、「何で使うんですか?」と素朴な疑問をぶつけたこともあります(笑)。私はカードで威厳を作るより、仕事の成果とか、作ったサービスなどで、人から一目置かれたいという思いが強いんです。