名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤洋一(エコノミスト)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤洋一(エコノミスト)のプロフィール

伊藤洋一、いとう・よういち。日本のエコノミスト。長野県出身。早稲田大学政経学部卒業。三井住友トラスト基礎研究所主席研究員などを務めた。専門分野は国際経済・金融・マーケット。著書に『スピードの経済』『グリーンスパンは神様か』『カウンターから日本が見える』『日本力』『ITとカースト:インド・成長の秘密と苦悩』ほか。

伊藤洋一(エコノミスト)の名言 一覧

仕事ではなく、他にやりがいを持つという人もいるでしょう。それもひとつの考え方です。そういうふうに生まれている人もいるでしょう。仕事そのものにやりがいを見いだすだけでなく、私的なやりがいのために仕事を頑張るという生き方だって、おかしなことではありません。


やりたいことがなくても、会社に所属するのは面白いことです。会社に入ると面白い人がいます。様々な大学から来た人、外国人もいるかもしれない。そうした出会いの中で「これは面白い」ということにも出会えればいいのではないでしょうか。


講演などをしていて思うのは、相手の話をちゃんと聞いたうえで質問してくれる人は、それが伝わるということ。独りよがりではダメで、相手の話と自分の持っているものを照らし合わせて、でもここがわからないというところを質問すると良いでしょう。


よく言われることですが、就活ではコミュニケーション能力を高めること。自分の魅力をプレゼンすることが大事です。


僕が人事担当者なら、「この人はどこに使えるか」を考えます。企業にはファンクションがあって、非常に合目的的。多くの企業の人事部は、どのファンクションから新人要請が来るかを把握していて、どこに配属するかまで何となく考えています。まだそこまで考えるのは難しいかもしれませんが、自分の能力と経験がその企業のどこに当てはまるか、考えてみるといいと思います。相手の立場に立ってみるということです。


人間は職業を創り出す生き物です。たとえば、野球選手という職業は江戸時代にはありませんでした。逆になくなった職業もあります。だから、いまある職業に自分がはまらないと思っても、新しい職業を作ればいい、というくらいの気持ちを持ちましょう。私たちは常に、動的な社会にいるのだと考えるべきです。


人間は他者を必要としながら社会を形成しています。自分がどこに必要かを考えれば就職できないということはないのではないでしょうか。


僕の息子は、リーマンショックの直後に就職しました。彼は大学で勉強したことを活かして、業種を絞っていくつか受けたところ、複数社から内定を得ました。そのときの僕の印象では、実は巷で言われているほどには就職活動が厳しいと思えないのです。


伊藤洋一(エコノミスト)の経歴・略歴

伊藤洋一、いとう・よういち。日本のエコノミスト。長野県出身。早稲田大学政経学部卒業。三井住友トラスト基礎研究所主席研究員などを務めた。専門分野は国際経済・金融・マーケット。著書に『スピードの経済』『グリーンスパンは神様か』『カウンターから日本が見える』『日本力』『ITとカースト:インド・成長の秘密と苦悩』ほか。

他の記事も読んでみる

新宅祐太郎

最初の段階で医療現場の潜在的なニーズをつかむのは容易ではありません。カギは、医療関係者へのインタビューの質を高めることでしょう。医師や看護師の方々が何を考えているのかをなるべく高い精度で把握する。そうした質の高いインタビューを多くの社員ができる仕組みを作ることも必要です。


西多昌規

嫌いな人がやった事実だけをノートに書くことをおすすめします。たとえば嫌いな上司がいつまでも帰らずに嫌だと思ったら、「うざい」と書かずに、「今夜は10時までいた」と客観的事実だけを書きます。こうすることで感情に簡単に引きずられなくなり、嫌いな相手とも淡々と接することができるようになるでしょう。


徳重徹

よく「海外で営業するのは大変でしょう?」と聞かれますが、私はむしろ海外のほうがセールスはしやすいと感じています。なぜなら、海外では日本企業の価値が高いからです。とくに私たちが勝負をかけている東南アジアや南アジアでは、「日本製品は品質が良い」「アフターサービスも行き届いていて安心」といった好印象を持たれています。なぜ他の日本企業は、このアドバンテージを活用して積極的に海外へ打って出ないのか不思議なほどです。


香山リカ(精神科医)

諦めないことはもちろん大切なんだけど、それを持ちすぎると、夢や希望もいつしか幻想になってしまう。それに、諦めることは必ずしも悪いことばかりではなく、裏返すと、感謝の気持ちにもなる。小さな家しか建てられなくても、「雨露をしのげるだけでもありがたい」と思ったり。


高嶋由美子

リーダーという立場なので私がイライラしていると周りにも影響がある。プレッシャーの強い仕事なので、基本的にいつも楽しくしていよう、話しかけやすいようにしようと心がけています。


泉谷直木

経営者には基本的に3つの能力が必要です。ひとつは「戦略構築能力」、2つめは「目標達成能力」、3つめは「リーダーシップ」です。


板倉広高

人のため、社会のためにならないと事業の永続性はない。


ドナルド・トランプ

個人に向けられたわけではないものを、個人的に受け止めないことだ。人が怒りの矛先を間違うのはよくある話で、それを個人的に受け止めてしまうと、罵詈雑言のサンドバッグ状態になってしまう。


木村祐一

最初にちょっと変わったのは、もう30年前になりますが、今田(耕司)さんに誘われて、初めて松本(人志)さんと喫茶店に行った時。でも最初は緊張して、ひと言もしゃべられなかった。それ以降も何度か喫茶店でご一緒させてもらって、ある時、軽い大喜利みたいな流れになったんです。従業員がいつもより多かったので、僕が「今日はお店のボウリング大会なんでしょうね」と言ったんです。そんな他愛もないことですよ(笑)。すると、松本さんが「ふっ」と鼻で笑ってくれたんです。嬉しかったですね。それが自信になって、自分をもっと出していこうと思うようになりました。


心屋仁之助

母親の顔色をうかがって生きてきた子供は、行動や価値観の中心軸を自分に置かず、他者に置く習慣ができています。ですから大人になっても、周囲の顔色をうかがい続けます。


藤田和日郎

中途半端は許されない。全力でやらないと。


山極毅

当社は人事制度や報酬、評価制度を中心に人事コンサルタントを提供しています。その大きな目的は生産性の向上です。個別のコーチングと、組織設計を通じて生産性を高めるソリューションを提供しています。現在は、数百人規模を中心に、さらに大規模な企業も手がけています。業種は物流、製造、不動産仲介など、多岐にわたっています。人が働いている場所なら、業種や規模を限定することなく、基本的にどのような組織でも対応するポリシーです。