名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊藤洋一(エコノミスト)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤洋一(エコノミスト)のプロフィール

伊藤洋一、いとう・よういち。日本のエコノミスト。長野県出身。早稲田大学政経学部卒業。三井住友トラスト基礎研究所主席研究員などを務めた。専門分野は国際経済・金融・マーケット。著書に『スピードの経済』『グリーンスパンは神様か』『カウンターから日本が見える』『日本力』『ITとカースト:インド・成長の秘密と苦悩』ほか。

伊藤洋一(エコノミスト)の名言 一覧

仕事ではなく、他にやりがいを持つという人もいるでしょう。それもひとつの考え方です。そういうふうに生まれている人もいるでしょう。仕事そのものにやりがいを見いだすだけでなく、私的なやりがいのために仕事を頑張るという生き方だって、おかしなことではありません。


やりたいことがなくても、会社に所属するのは面白いことです。会社に入ると面白い人がいます。様々な大学から来た人、外国人もいるかもしれない。そうした出会いの中で「これは面白い」ということにも出会えればいいのではないでしょうか。


講演などをしていて思うのは、相手の話をちゃんと聞いたうえで質問してくれる人は、それが伝わるということ。独りよがりではダメで、相手の話と自分の持っているものを照らし合わせて、でもここがわからないというところを質問すると良いでしょう。


よく言われることですが、就活ではコミュニケーション能力を高めること。自分の魅力をプレゼンすることが大事です。


僕が人事担当者なら、「この人はどこに使えるか」を考えます。企業にはファンクションがあって、非常に合目的的。多くの企業の人事部は、どのファンクションから新人要請が来るかを把握していて、どこに配属するかまで何となく考えています。まだそこまで考えるのは難しいかもしれませんが、自分の能力と経験がその企業のどこに当てはまるか、考えてみるといいと思います。相手の立場に立ってみるということです。


人間は職業を創り出す生き物です。たとえば、野球選手という職業は江戸時代にはありませんでした。逆になくなった職業もあります。だから、いまある職業に自分がはまらないと思っても、新しい職業を作ればいい、というくらいの気持ちを持ちましょう。私たちは常に、動的な社会にいるのだと考えるべきです。


人間は他者を必要としながら社会を形成しています。自分がどこに必要かを考えれば就職できないということはないのではないでしょうか。


僕の息子は、リーマンショックの直後に就職しました。彼は大学で勉強したことを活かして、業種を絞っていくつか受けたところ、複数社から内定を得ました。そのときの僕の印象では、実は巷で言われているほどには就職活動が厳しいと思えないのです。


伊藤洋一(エコノミスト)の経歴・略歴

伊藤洋一、いとう・よういち。日本のエコノミスト。長野県出身。早稲田大学政経学部卒業。三井住友トラスト基礎研究所主席研究員などを務めた。専門分野は国際経済・金融・マーケット。著書に『スピードの経済』『グリーンスパンは神様か』『カウンターから日本が見える』『日本力』『ITとカースト:インド・成長の秘密と苦悩』ほか。

他の記事も読んでみる

佐々木茂喜

経営はスピードが求められます。経営会議で浮き彫りになった重大な課題は、即断即決で答えを出すのが一番いい。私の指示や助言を聞いたメンバーが、具体的なアクションにすぐ移れます。


伊藤雅俊(味の素)

クノールのスープは米社との合弁事業でした。東京に移ってすぐ、相手が「売れないカップスープをやめろ」と迫ってきました。必死に説得し、何とか続ける算段はつけますが、「広告に一切カネを使わない」という条件が付きました。そこで売り場で目立つようにと、緑と黄色だったパッケージの色を赤と青に変更。お湯に溶けやすく改良すると、急に売れ出しました。常に売り方を工夫し、商品も磨き続けるマーケティングの原点をカップスープで学びました。


夢枕獏

僕が30代で得たのは、地力ですね。筋肉で言えば、足腰にブレない筋力がついたのかなと思います。限界まで書き、ぶっ倒れるという経験もして、むりやり身体で覚えたものが、40代、50代を越えていくための支えになった。


津川雅彦(マキノ雅彦)

いい映画を作る方法は達人の知恵をたくさん入れることだね。情報やアイデアが増えるほど、成功率は高くなる。良いものだけをチョイスしてまとめ上げるのは得意でね。つまらんものは捨てればいい。


小山薫堂

学生たちには、僕は窓なんだと言っています。僕という窓を通して、社会から何かをつかんでほしい。そのために僕を利用してほしいのです。


黒田如水(黒田官兵衛)

乱世に文を捨てる人は、軍の道理を悟らないから、制法が定まらず、国家の仕置に私心が多く、家人や国民を愛する術がないから、人の恨みが多い。血気の勇だけで、仁義の道がないから、士卒に敬慕の念が欠け、忠義の志が薄くなるから、たとえいったん軍に勝つことがあっても、後には必ず亡びるものである。


島田裕次(工学博士)

リスク対応のステージには予防、発見、回復があり、対策の手段には大きく物理的、技術的、管理的なものがあります。これをマトリックス図で考えると、自社の現状が見えてきます。予防のための対策は充実しているが、回復の措置が取られていない。技術的な対策に偏っている。そうしたアンバランスを解消することによって、セキュリティ対策の質を高めることができます。


荒金雅子

いまの時代に必要な人材は、自分で考え判断し、自ら率先して行動する人材である。変化の激しい時代に、「学習」しないとどうなるか。答えは明らかだ。目の前の仕事だけに追われていて、どうやって自分の付加価値やスキルを高められるのか?自己投資の時間の差が、今後のキャリアに決定的な差を生むのである。


樋口武男

私心があれば子に事業を譲ろうと考えてもおかしくありません。しかし創業者(石橋信夫氏)は私を後継に指名しました。4万人を超える従業員とその家族を抱える企業のトップは、厳しいことも含めてありとあらゆることを考えなければいけません。リーダーが自分のことだけ、自分の家族のことだけがいいと少しでも考えていたら、そんな会社は早晩潰れるでしょう。


西田公昭

「どんな人が」「何を」「どうやって」「どんな人に」伝えるかによって、伝わり方が変わる。


近藤誠一

企業には、社会が発展するためのエンジンとしての役割があります。企業経営者には、まず、その自覚を持ってほしいと思います。そして、単に経済の成長率を上げるというだけでなく、経済という手段を通じて豊かな社会をつくるという目的があることを忘れないでほしい。


加藤嘉一

日本が明確かつ大胆なビジョンを提示することを、世界も本当は求めています。ビジョンは決して総理大臣だけに任せておけばいいものではありません。企業人も若者も主婦も、皆一緒になって、当事者意識を持って考える。そうしなければ、すべてが中途半端になります。