伊藤洋一(エコノミスト)の名言

伊藤洋一(エコノミスト)のプロフィール

伊藤洋一、いとう・よういち。日本のエコノミスト。長野県出身。早稲田大学政経学部卒業。三井住友トラスト基礎研究所主席研究員などを務めた。専門分野は国際経済・金融・マーケット。著書に『スピードの経済』『グリーンスパンは神様か』『カウンターから日本が見える』『日本力』『ITとカースト:インド・成長の秘密と苦悩』ほか。

伊藤洋一(エコノミスト)の名言 一覧

仕事ではなく、他にやりがいを持つという人もいるでしょう。それもひとつの考え方です。そういうふうに生まれている人もいるでしょう。仕事そのものにやりがいを見いだすだけでなく、私的なやりがいのために仕事を頑張るという生き方だって、おかしなことではありません。


やりたいことがなくても、会社に所属するのは面白いことです。会社に入ると面白い人がいます。様々な大学から来た人、外国人もいるかもしれない。そうした出会いの中で「これは面白い」ということにも出会えればいいのではないでしょうか。


講演などをしていて思うのは、相手の話をちゃんと聞いたうえで質問してくれる人は、それが伝わるということ。独りよがりではダメで、相手の話と自分の持っているものを照らし合わせて、でもここがわからないというところを質問すると良いでしょう。


よく言われることですが、就活ではコミュニケーション能力を高めること。自分の魅力をプレゼンすることが大事です。


僕が人事担当者なら、「この人はどこに使えるか」を考えます。企業にはファンクションがあって、非常に合目的的。多くの企業の人事部は、どのファンクションから新人要請が来るかを把握していて、どこに配属するかまで何となく考えています。まだそこまで考えるのは難しいかもしれませんが、自分の能力と経験がその企業のどこに当てはまるか、考えてみるといいと思います。相手の立場に立ってみるということです。


人間は職業を創り出す生き物です。たとえば、野球選手という職業は江戸時代にはありませんでした。逆になくなった職業もあります。だから、いまある職業に自分がはまらないと思っても、新しい職業を作ればいい、というくらいの気持ちを持ちましょう。私たちは常に、動的な社会にいるのだと考えるべきです。


人間は他者を必要としながら社会を形成しています。自分がどこに必要かを考えれば就職できないということはないのではないでしょうか。


僕の息子は、リーマンショックの直後に就職しました。彼は大学で勉強したことを活かして、業種を絞っていくつか受けたところ、複数社から内定を得ました。そのときの僕の印象では、実は巷で言われているほどには就職活動が厳しいと思えないのです。


伊藤洋一(エコノミスト)の経歴・略歴

伊藤洋一、いとう・よういち。日本のエコノミスト。長野県出身。早稲田大学政経学部卒業。三井住友トラスト基礎研究所主席研究員などを務めた。専門分野は国際経済・金融・マーケット。著書に『スピードの経済』『グリーンスパンは神様か』『カウンターから日本が見える』『日本力』『ITとカースト:インド・成長の秘密と苦悩』ほか。

他の記事も読んでみる

川辺清

新年だからといって特に意識することはありません。12月から1月に単に月が変わるというものでしかありません。とにかく社員がいろいろなことにチャレンジする環境をさらに加速し、その果実を手にしてほしいと思います。

【覚え書き|新年の抱負を聞かれて】


篠崎正芳

外国人と接する時は、「空気を読む」といったコミュニケーションではなく、「理解を深める」ためのコミュニケーションを心がける必要があります。「これぐらい言えば想像して分かるだろう」という、曖昧な伝え方は、「解釈の幅が広い」「言外に含まれる内容が多い」「抽象的」ということ。それでは、外国人に自分の気持ちや考えは伝えられません。あらゆる角度から様々な表現を使って伝えることが大事です。


梅原勝彦

若い人と話をすると、「どうすれば事業を起こせるか」とか、「どういうタイプの人が起業に向いているか」といったことをよく聞かれます。でも私は「自分が企業家に向いているかどうか」を考えたことはありません。ただ父が事業をしていて、「お前も親方になれ」といわれ続けていましたし、私も幼いころから「自分は親方になる」と決めていました。だから起業したのです。世の中の創業経営者の大半は私と似たようなものではないでしょうか。


逢坂ユリ

とくに若いころは、自分と同年代の人が集まる勉強会は学びが少ない。価値ある話が聞けたのは、自分より二回り上の人が集まる勉強会でした。同じような世代、年収の会で真ん中にいるより、お茶くみでもいいから上の会に潜り込んだ方が、ずっと役に立ちます。


澤田秀雄

あらゆる分野において、経験値の高い優秀な方に学ぶことによって、人は育つと思います。


白潟敏朗

提案したいのが「仕事って面白いぞ飲み会」を開くことです。失敗談でも自慢話でもいいので、自分の経験から「仕事は面白い」という情報を与えることで、部下の視野が広がり「もう少し頑張ろう」という意欲を引き出せるでしょう。


塩野七生

政治家は、「決めたらすべてのことを実行しなければならない」ことはないんです。これは、マキャヴェッリも書いています。待った方がいい場合もあると。


細谷功

私も退屈な会議に出たときは、「この会議はなぜつまらないのか」をこっそり書き出してみることがあります(笑)。これが、やってみるとなかなか面白い。それに、つまらない理由がはっきりすると、「今の形式だと一人に与えられる発言時間が短すぎるから、出席者と時間を半分にして、二回に分けて会議をしたらどうだろう」といった改善策も見えて来るかもしれない。そうすれば、次の会議をより良いものにしようというモチベーションも生まれてきます。


牧野正幸

最近若手のビジネスパーソンからよく受ける質問は、「どのようにすれば問題解決能力を鍛えられますか?」っていうものである。一番簡単な答えは、「仕事において、みんなが解決しない(できない)問題を解決しようとすべし」というものだ。たとえ失敗しても問題解決能力は鍛えられる。


ダニエル・ピンク

周囲に流されないためには、どんな小さいことでもいいから、何かを始めることが重要です。


佐藤綾子(心理学者)

日本人の場合は特に、「質問するのは、相手を非難していると取られるのではないか?」という恐れもあるため、質問すること自体が苦手です。そのため、「ここだけ一点、質問です」と前置きを言ってから質問を始めると、だいぶ気が楽になります。


宮迫博之

「アメトーーク!」をはじめるときも、ボクは司会なんかできないと思ってたんですよ。ボクは、もともとボケですから。「アメトーーク!」が始まったころは、まだボケとしての我が強くてね。「宮迫が喋りすぎる」って批判されたこともあったんですよ。それで、ある時期から、ボクが若手の話を面白がってやろうとスタンスを変えていったところ、本気で番組を楽しめるようになっていったんです。相方もボクも、素直に「話を聞いて笑いたい」と。


諸富祥彦

人間は誰しもミスをするものなのに、「絶対にミスをしてはいけない」などと思い込むことを心理学用語で、「イラショナルビリーフ(非合理的な思い込み)」と呼ぶ。この思考に陥ると、自分のミスは認めにくくなる。


梶谷真司

不思議なことに、ずっと発言していた人よりも、聞き続けていた人のほうが、終わったあとにいい感想をいうことも多い。


アントニオ猪木

1976年、当時のボクシング世界ヘビー級チャンピオンであるモハメド・アリと戦ったことがあります。今になって伝説の名勝負と言われていますが、当時は全然評価されなかった。


ページの先頭へ