名言DB

9413 人 / 110706 名言

伊藤正(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤正(経営者)のプロフィール

伊藤正、いとう・ただし。日本の経営者。住友商事社長・会長。大正時代、兵庫県出身。東京帝国大学法学部卒業後、日本建設産業(のちの住友商事)に入社。本店繊維部繊維原料課長代理、東京支社鉄鋼業務部鉄鋼貿易課長、鉄鋼本部東京鋼材貿易部長代理、同次長、鉄鋼本部鋼材貿易部長、取締役、鋼材本部長、米国住友商事会社社長、住友商事常務、専務、業務本部長、副社長などを経て社長に就任。そのほか、国際民商事法センター会長などを務めた。

伊藤正(経営者)の名言 一覧

下から上にものが言えず、下が上の言うことを何でもイエスイエスではコミュニケーションが成立せず、風通しが悪くなる。上に立つものは部下からの進言、忠告を受け入れる雰囲気を作ること。もっと言えば上に逆らっても言ってこられるような上下関係にしなければいけない。


伊藤正(経営者)の経歴・略歴

伊藤正、いとう・ただし。日本の経営者。住友商事社長・会長。大正時代、兵庫県出身。東京帝国大学法学部卒業後、日本建設産業(のちの住友商事)に入社。本店繊維部繊維原料課長代理、東京支社鉄鋼業務部鉄鋼貿易課長、鉄鋼本部東京鋼材貿易部長代理、同次長、鉄鋼本部鋼材貿易部長、取締役、鋼材本部長、米国住友商事会社社長、住友商事常務、専務、業務本部長、副社長などを経て社長に就任。そのほか、国際民商事法センター会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

佐藤可士和

仕事でも何でも、何か思考し始めるときには必ず前提があります。大切なのは、自分が今、立っているその前提が正しいのかどうかを検証する「視点」を持つことです。この視点を持たず、検証をしないまま、例えばアイデアだけを求めて走り始めると、決して良い結果は出ません。


郷治友孝

ベンチャーキャピタリストと起業家は、深い信頼関は係を築いたとしても、一体化はしない。互いの立場をわきまえる規律を持ったうえで、信頼関係を築くことが重要だ。


松山大耕

喜びは、人からもらうものでもある。だから、利他の心で生きる人は、人に喜ばれることを自分の喜びにできるし、人のためにお金を使うことができる。


弘兼憲史

あなたは他人に見られていることを意識して仕事をしているだろうか。もしあまり意識していなければいますぐ意識してほしい。あなたはいつも部下に見られて仕事をしている。上司とは部下に見られる存在なのである。見られたくないところを見られる存在だと思っていたほうがいい。手を抜かず、気を抜かずに仕事をする。それでいいのだ。


福嶋康博

常識と言われていることでも自らが納得できない方法は止め、自らの感覚、信念を貫いたことが、成功に結び付いた。


熊谷正寿

ここに書かれているのは本質的な事柄ばかりです。言葉尻だけ知ったところで、実際に真似して行動するのは難しい。特に、企業全体に周知徹底した状態を継続するとなると至難の業ですからね。

【覚え書き|夢、ビジョン、フィロソフィー、基本行動原理などが書かれた「スピリットベンチャー宣言」をネット上で公開していることについて】


さかなクン(宮澤正之)

本当に好きで心から願っていると、お魚はもちろん、周囲の人たちも手を差し伸べてくれます。


野津基弘

企業を人にたとえるなら、業績(P/L)は体調を、資産(B/S)は体質を表している。経営は体調に目が向きがちだが、健康な体質があれば不測の事態にも対応でき、成長の可能性は広がる。


世阿弥

能の演技者として功なり名を遂げたのは、能がしだいに上達していったからである。にもかかわらず、上達の過程を忘れてしまっていては、もし自分の芸が初心の段階に逆戻りしてもわからない。初心の芸に帰ってしまうということは、すなわち能が退歩することだ。だから現在の自分の芸境を見失わないためには、初心の芸を忘れまいと工夫しなければならない。


古市憲寿

例えばカンボジアに学校を作る、みたいな分かりやすい目標があれば、それを行動に移す若者はいるわけですよ。要するに「若者は立ち上がらない」と嘆いている側が、若者に明確な目標を与えるのに失敗していることになります。その前に、「まずあなたが立ち上がっては」とは思いますが(笑)。


江口歳春

当社が気をつけているのは、チェーン店でありながらも、個人経営のような雰囲気のラーメン店のパッケージにするということ。


築山節

脳の回転数をさらに上げようと思ったときに有効な方法は、「これだけの仕事を何時までに終わらせよう」と時間制限を与えること。試験のように時間を制限されることで、回転数が上がります。通勤電車はそんな状況を作り出す最適な場所でしょう。


西尾太

40代といえば、会社の中核を担う世代。しかし本人はその意識が低く、30代の頃と変わらぬ姿勢で仕事をしていると、次第に職場で浮き始める。自分はどうなのか、一度客観的に見るといいでしょう。


及川智正

農家と青果店両方を体験して、作り手と売り手の間には大きなギャップがあることを思い知らされました。このギャップを埋め、農家とスーパーを繋ぎ、日本の農業の流通を改革したいと、今の農総研を立ち上げました。我々は農家とスーパーを繋ぎ、スーパーに「農家の直売所」を委託販売してもらっています。最初は苦労の連続でした。しかし今や6500の農家と契約、全国のスーパー970か所に「直売所」があります。農家は好きな作物をつくり、自分で価格を決め、売りたいスーパーで売れるのです。農業の新しい流通システムを創っているのが我々農総研です。


いぬかいはづき

早稲田大学、明治大学の社会人講座はとくに充実しています。「もう一度、キャンパスに戻って、しっかり学びたい」というビジネスマンが通っています。