名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊藤正(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤正(経営者)のプロフィール

伊藤正、いとう・ただし。日本の経営者。住友商事社長・会長。大正時代、兵庫県出身。東京帝国大学法学部卒業後、日本建設産業(のちの住友商事)に入社。本店繊維部繊維原料課長代理、東京支社鉄鋼業務部鉄鋼貿易課長、鉄鋼本部東京鋼材貿易部長代理、同次長、鉄鋼本部鋼材貿易部長、取締役、鋼材本部長、米国住友商事会社社長、住友商事常務、専務、業務本部長、副社長などを経て社長に就任。そのほか、国際民商事法センター会長などを務めた。

伊藤正(経営者)の名言 一覧

下から上にものが言えず、下が上の言うことを何でもイエスイエスではコミュニケーションが成立せず、風通しが悪くなる。上に立つものは部下からの進言、忠告を受け入れる雰囲気を作ること。もっと言えば上に逆らっても言ってこられるような上下関係にしなければいけない。


伊藤正(経営者)の経歴・略歴

伊藤正、いとう・ただし。日本の経営者。住友商事社長・会長。大正時代、兵庫県出身。東京帝国大学法学部卒業後、日本建設産業(のちの住友商事)に入社。本店繊維部繊維原料課長代理、東京支社鉄鋼業務部鉄鋼貿易課長、鉄鋼本部東京鋼材貿易部長代理、同次長、鉄鋼本部鋼材貿易部長、取締役、鋼材本部長、米国住友商事会社社長、住友商事常務、専務、業務本部長、副社長などを経て社長に就任。そのほか、国際民商事法センター会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

豊田英二

いかに立派な社是・社訓でも、これがひとつの社風になるまで年期を積み上げないとものにならない。そして、社風なき会社からは、立派な人材や製品は生まれてこない。


枝廣憲

新卒で入社した大手広告代理店を辞める際は「高水準の安定」を、自分の会社を構えると決めた際は「何も考えない時間」を代償にしました。悩んでいる時は眉間にシワを寄せ、ベッドの中でもうなされていましたが、今となっては何の事はないただの思い出です。むしろ、そんな時に親身になってくれた方々の言動が今でも大きな財産になっています。


林要(経営者)

マネジメントという仕事は、目標を実現するための役割の1つにすぎません。しかし、逆に考えれば目標実現のためには、マネジメントという手法を身につけることは、決してムダにはなりません。


南部靖之

社会の問題点を考えて事業を始めて行くと、不思議と事業になって利益もついてくる。だから、社会の問題点を解決するという企業理念を最初に確立できたことは非常に大きかった。


矢部輝夫

安全管理の世界に「二流三流の戦略でいいから、一流の実行力を持とう」という言葉があります。ノウハウも大事だけれど、それをやり遂げることのほうがもっと大事なのです。


永守重信

危機ほど楽しいものはない。困難と出合うたびにそう思う。克服することで、会社がますます強くなるからだ。


高野研一

英国や米国などのいわゆるアングロサクソンの世界では、「ビジョン型」と「育成型」の管理職が多い傾向がある。部下の専門性が高く、雇用も流動的な環境では、双方向のコミュニケーションを通じてリーダーがビジョンを示さなくては組織がまとまらないためだ。そのため米国などでは、管理職は年齢に関係なくビジョンを示すことが求められる。


ウィリアム・エックハート

システムに持たせる自由度は三か四程度。チャートパターンを使ったシステムは98%ぐらいは使いものにならない。似たような問題に何度も出くわしたら、そのシステムは変えるべき。押し目買いはしない。RSI(相対力指数)やストキャスティクスなどの逆張り指標はほとんど意味がない。


木川眞

経営計画について、社員にきちんと説明することはもちろん重要です。しかし長々と話せば話すほど、逆に焦点がぼやけ伝言ゲームになるリスクが高い。私の発したメッセージが現場に届くころには変質してしまうこともあります。しかしワンワードの単語なら変わりようがありません。そこで一語に思いを込めました。


堤智章

こだわりを持つ、集中して効率を上げるためのアイデアを出すなど、会社の一層の成長のためには、社員に全力で走ってもらうことが不可欠。


仲暁子

人間の健康を形成する3大要素は「栄養・睡眠・運動」と言われますが、私が特に重視しているのは「睡眠」です。23時にはベッドに入り、起きるのは翌朝7時くらい。毎日8時間寝ている経営者は実は多く、米アマゾンCEOのジェフ・ベゾス氏や米マイクロソフトCEOのサティア・ナデラ氏も8時間睡眠だと聞きます。それくらいの時間を費やす価値が睡眠にはあると、私は考えています。


いっこく堂

2体の人形を同時に操る技術、時間差の腹話術、腹話術では不可能といわれてきた「マ・パ・バ行」の破裂音も、長時間の研究と練習によって身につけていきました。どれも、みんな驚くだろう、喜んでくれるだろうという思いが原点です。