名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤正(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤正(経営者)のプロフィール

伊藤正、いとう・ただし。日本の経営者。住友商事社長・会長。大正時代、兵庫県出身。東京帝国大学法学部卒業後、日本建設産業(のちの住友商事)に入社。本店繊維部繊維原料課長代理、東京支社鉄鋼業務部鉄鋼貿易課長、鉄鋼本部東京鋼材貿易部長代理、同次長、鉄鋼本部鋼材貿易部長、取締役、鋼材本部長、米国住友商事会社社長、住友商事常務、専務、業務本部長、副社長などを経て社長に就任。そのほか、国際民商事法センター会長などを務めた。

伊藤正(経営者)の名言 一覧

下から上にものが言えず、下が上の言うことを何でもイエスイエスではコミュニケーションが成立せず、風通しが悪くなる。上に立つものは部下からの進言、忠告を受け入れる雰囲気を作ること。もっと言えば上に逆らっても言ってこられるような上下関係にしなければいけない。


伊藤正(経営者)の経歴・略歴

伊藤正、いとう・ただし。日本の経営者。住友商事社長・会長。大正時代、兵庫県出身。東京帝国大学法学部卒業後、日本建設産業(のちの住友商事)に入社。本店繊維部繊維原料課長代理、東京支社鉄鋼業務部鉄鋼貿易課長、鉄鋼本部東京鋼材貿易部長代理、同次長、鉄鋼本部鋼材貿易部長、取締役、鋼材本部長、米国住友商事会社社長、住友商事常務、専務、業務本部長、副社長などを経て社長に就任。そのほか、国際民商事法センター会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

福沢諭吉

カゲロウは朝に生まれて夕に死すというといえども、人間の寿命に比べてさしたる相違にあらず。蚤と蟻と背比べしても、大衆の目より見れば大小なく、一秒時の遅速を争うも百年の勘定の上には論ずるに足らず。されば宇宙無辺の考えをもってひとり自ら観ずれば、日月も小なり、地球も微なり。まして人間ごとき無知無力、見る影もなきうじ虫同様の小動物にして、石火電光の瞬間、偶然この世に呼吸眠食し、喜怒哀楽の一夢中、たちまち消えて痕なきのみ。


和地孝

十年日記は仕事を始めて間もなくつけ始めました。ときどき過去の記録を見直して、季節の変わり目の体調管理や、行事のタイミングを図るのに役立てています。メモにはスピーチに使えそうだと思ったことを記録します。


西山昭彦

自分のミスなどのネガティブ情報を上司に報告するのは難しいものです。誰でもネガティブ情報を上司に伝えるのは気が重い。もう少し時間がたてば解決できるかもしれないし、新たな展開が期待できるかもしれない。そんなふうに都合よく解釈して先延ばししたくなるのが心情です。しかし、発覚した時点で上司に報告して会社として対応しなければ、取り返しのつかなくなることがよくあります。


加藤景司

私たちは、人とのかかわりの中でものづくりをしています。かかわりを除外したら、働くこと自体が成り立たなくなってしまいます。様々な年齢層の人が一つ屋根の下で仕事をすることで、かかわりが生まれますし、人としての経験値が積み重なります。古きよき日本の企業ではありませんが、二世代、三世代が当たり前に職場にいることで、いろいろな価値観に触れることができます。


林義郎(経営者)

仕事は、経験値がたまると、官僚化していく。ならば、自分から新しいことをやる部署に行けばいい。そうすれば、自分のやりたいことに挑戦しやすい。


松本淳志

請負開発の仕事をしているだけでは駄目で、自社開発の製品を持ってそれでライバルと戦うしかないと思いました。コールセンターシステムでは、当時の主流は海外のメーカーでしたが、高い割には使い勝手も良くない。そこにメードインジャパンの自社製品を開発したらお客様も増えていきました。


吉田勝彦

同い年でも向こう(岩崎良蔵)は18歳にして花形、僕はぺーぺー。一緒に風呂に入ったときに「俺も岩ちゃんみたいな騎手になれたらな」と冗談半分にこぼしたら「お前しゃべるために来たんやろ、ならしゃべりで騎手を男前にしてくれたらいいやんか」と言われた。それで実況アナウンサーとしての覚悟が決まりました。馬と競馬を知るために厩舎を手伝い始め、師匠や厩務員の会話を盗み聞きして馬のことを学びました。


松本桂樹

「あがってしまう=緊張状態になってしまう」ことは、人として、というよりは動物としてごく自然なことです。緊張とは生き物が自分の生命を維持させるために生じる身体的反応です。脅威に接すると交感神経が優位になり、筋肉の緊張や心拍の増加が起こります。それは「逃げるか、戦うか」を即断し、対応できる状態をつくるための生理現象なのです。


井上礼之

決断には相当をパワーを要します。とくにリーダーと呼ばれるポジションでの決断は、部下や部署、さらには会社全体と責任の範囲が大きくなるほど重圧がかかってきます。私が心がけていることは、あまり考えすぎないようにすることです。具体的には、「悩むのは30分だけ」と決めています。そして、30分経ったら、そのことに関しては一切考えないようにしています。その代わり、その30分間は、そのことだけをとことん考えます。誤解を招かないように話しておきますが、30分間とは、最終決断をするときということです。決断したら、スパッと頭を切り替えます。考えすぎると、なかなか実行に移せないからです。それに、考えないようにすると、心も楽になります。


嶋浩一郎

リアルな本屋は私たちにとって非常に魅力的な空間なんです。大げさに言えば、人生を変えてしまう可能性を秘めている場所でもある。例えば小さな本屋の場合、5分程度で店内をぐるっと見て回れます。大型書店でもざっと見て回るなら十数分程度でしょう。本屋では、そんなわずかな時間で「世界」が巡れちゃうんです。圧倒的な情報量を誇る本屋では、しばしば「おや? 何だろうこの本?」といった思わぬ本との出会いがあります。店内でざっと本を眺めていると、気になる本が出てきますよね。その瞬間、あなたの好奇心はくすぐられています。人は今まで知り得なかった自分の好奇心を発見した時、知的な喜びを感じるもの。「ちょっと面白そう」と、ワクワクしたり、ゾクゾクしたりするんです。


出口治明

ビジネスマンに成り立ての頃、ある先輩に「管理職になったら、部下の言うことを良く聞くこと」と教わりました。「賛成か反対か、部下の意見をちゃんと聞けと言うことですね」と聞くと、「そうではない」と言いました。「賛否のような結論は、話を聞かなくても数秒でわかる。大事なのはなぜ反対なのか、なぜ賛成なのか。部下の考え方のパターンを知らないと、その部下を上手に使えないだろう」と言うわけです。


泉谷直木

「ただでさえ忙しいのに、やるべき課題をいくつも抱えたらもっと大変になる」と思うかもしれません。しかし複数の課題があれば、どこかの時点で別の課題に乗り換えられます。たとえ一つの課題がうまくいかなくても、もう一つの課題に手を着けてみれば、そちらはうまくいくかもしれない。すると元の課題に戻ったときも、前向きに取り組めます。