伊藤正(経営者)の名言

伊藤正(経営者)のプロフィール

伊藤正、いとう・ただし。日本の経営者。住友商事社長・会長。大正時代、兵庫県出身。東京帝国大学法学部卒業後、日本建設産業(のちの住友商事)に入社。本店繊維部繊維原料課長代理、東京支社鉄鋼業務部鉄鋼貿易課長、鉄鋼本部東京鋼材貿易部長代理、同次長、鉄鋼本部鋼材貿易部長、取締役、鋼材本部長、米国住友商事会社社長、住友商事常務、専務、業務本部長、副社長などを経て社長に就任。そのほか、国際民商事法センター会長などを務めた。

伊藤正(経営者)の名言 一覧

下から上にものが言えず、下が上の言うことを何でもイエスイエスではコミュニケーションが成立せず、風通しが悪くなる。上に立つものは部下からの進言、忠告を受け入れる雰囲気を作ること。もっと言えば上に逆らっても言ってこられるような上下関係にしなければいけない。


伊藤正(経営者)の経歴・略歴

伊藤正、いとう・ただし。日本の経営者。住友商事社長・会長。大正時代、兵庫県出身。東京帝国大学法学部卒業後、日本建設産業(のちの住友商事)に入社。本店繊維部繊維原料課長代理、東京支社鉄鋼業務部鉄鋼貿易課長、鉄鋼本部東京鋼材貿易部長代理、同次長、鉄鋼本部鋼材貿易部長、取締役、鋼材本部長、米国住友商事会社社長、住友商事常務、専務、業務本部長、副社長などを経て社長に就任。そのほか、国際民商事法センター会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

ピーター・ドラッカー

他人の短所が目につきすぎる人は、経営者には向いていない。長所を効果的に発揮させるのが自分の仕事だと考える人が、有能な経営者になれる。


村山昇

先の見えないいまの時代、上司といえども正解を持っているわけではありません。事前の情報収集や準備をしっかり行うことで、上司が答えを出しやすいように検討材料をそろえることが部下の役割だともいえます。これは、部下自身の仕事をしやすくするだけでなく、組織全体の仕事を効率化するためにも大変重要なことだと思うのです。


谷口健太郎(経営者)

商社にいたときも出世にはあまり関心がなく、それより自分はどんな仕事をやるべきだろうと考えていました。そして、ディーコープを任せると言われ、経営者としての責任を負ったとき、自分は何のために生まれてきたのかと考えるようになりました。その答えは、青臭いかもしれませんが、「周囲の人を幸せにしたい」と本気で考えています。


ハワード・シュルツ

社内文化を変えるのは不可能ではないが、極めて困難なのである。5年間、間違った価値観で会社を運営したら、その基本的理念を変えるには時間がかかる。すでに井戸の水があふれていたら、それを飲まざるを得ないのだ。企業家は、会社の発足当初から社内文化や価値観、指導理念を組織に浸透させなければならない。それが会社の方針や雇用、経営戦略を決める基盤となる。


岩片和行

若いスタッフたちと日々泣いたり、笑ったりしながら、楽しく仕事ができました。「いままでの仕事の中で、もう一度経験するとしたら?」と聞かれたら、真っ先にこの空港の仕事を選びます。


荒川詔四

具体的な施策をつくる権限を現場に任せると、確かにものすごいエネルギーが必要です。でもそこがミソなのです。施策づくりで本社に言いたいことはすべて言い、他部門とも散々やり取りする。だからあとは自分が責任をもってやらざるを得ないわけです。
【覚書き|本社が基本的な方針を立て、あとの具体策は事業単位、現場単位で決めさせている理由について語った言葉】


塚越寛

私は体を悪くしたこともあって、大学進学をあきらめ、高校を中退してその木材会社に入りましたから、とにかく働けることだけでうれしくて、夢中で働いていた。そんな私の働きぶりを見て、社長はそれこそ一か八かで賭けてみたのでしょう。社長に見込まれ、思わぬ経営者人生がスタートしたわけですが、引き受けてみたはいいが、当時のうちの会社は、あるのは借金ばかりで、お金も信用も、技術もないという状態でした。そのうえ、木材会社から食品会社へいきなり移ったわけで、業種がまるで違いますから、わからないことだらけ。何をおいても勉強しなければというので、基礎研究のために化学の参考書を読んだり、生産技術を改善するために社員といっしょになって研究に取り組みました。


岡本浩一郎

「数字力」を「分解力」と捉え直しています。例えば、「売り上げを1000万円増やす方法」を考えても、答えは出ません。対象や数字が大きすぎて、具体的に何をすればいいかが、分かりにくいからです。しかし、「売り上げ」を「A地区の売り上げ+……+Z地区の売り上げ」(足し算の式)と地域別に分解したり、「単価×延べ客数」(掛け算の式)と細かく分解したりすると、「すべきこと」が見えてきます。


横田尚哉

短期プロジェクトの場合、段取りを煮詰めないまま作業を始めると、手戻りが起きてかえって時間を要します。期日が近いプロジェクトこそ、段取りをしっかり組むべきです。


松坂晃太郎

父が社長だった時代、トップダウンで社員を引っ張っていたせいか、指示待ちの風土ができあがっていました。私はそれを変えたくて、能力よりも、やる気や人柄のよさなど、人間力の高い人物を抜擢して仕事を任せることにしたのです。当然、社内には摩擦が生じました。私が抜擢したのは、役員としては若手で実績がない人物だったからです。猛反発を食らいました。それでも、人間性重視の抜擢を続けました。


河野英太郎

懸案事項は、まだ問題化はしていないけど「気になる」事象のこと。トラブルを未然に防ぐには、これをどのように整理し、対処するかが大きなポイントになる。


三浦善司

一緒に働くメンバーには、納期を大事にするように伝えてきました。納期のない仕事はあり得ません。今日必要な部材を明日手配してもお金にならないでしょう。


加藤俊徳

脳は使うことによって成長します。経験、刺激が加わることによって、脳の中身・質が変わるのです。ですから、脳をどんなふうに使ってきたか、脳に対してどんな経験、刺激を与えてきたかによって、人それぞれ臓器としての脳の中身・質は大きく異なっています。脳は、いわば個性のある臓器なのです。


杉森務

とにかく真正面から、逃げずに誠意を持って取り組むこと。これが一番。逆にこれしかない。


鷲田小彌太

僕は9歳にして、両親には人生上の相談は一切しないと誓ったんです。考え方が合わないと思ったからね。軽蔑はしてないし、大学に行くお金も出してもらった。でも相談はしない。愛だけくれたらいいし、僕も愛だけあげます。そういう関係です。


ページの先頭へ