名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤正明(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤正明(経営者)のプロフィール

伊藤正明、いとう・まさあき。日本の経営者。「クラレ」社長。大阪大学基礎工学部卒業後、クラレに入社。南通可楽托蕾服装有限公司 総経理、クラレトレーディング経営企画部長、クラレ化学品カンパニーメタアクリル事業部長、執行役員、機能材料カンパニー副カンパニー長、機能材料カンパニーメタアクリル事業部長、常務執行役員、経営企画本部長などを経て社長に就任。

伊藤正明(経営者)の名言 一覧

議論に肩書・ポストは関係ありません。その課題について一番考えている担当者が一番偉く、その人に教えてもらう方がいいはず。


社長は必ずしも社内のすべての課題を把握しているわけではありません。会議では、最初に現場の担当者が発言するように促します。


中国・南通での縫製工場の立ち上げたときのことです。糸の開発や生産をしてきたクラレにとって、縫製は未経験の事業。社内にはノウハウや知識を持っている人は誰もいません。取引先や外部の技術者に聞かないと何も分からない。「すいません。教えてください」と頭を下げる日々でした。そこで、素直に教えを請う大切さを学びました。その経験は今も生きています。


工場で労務管理を手掛けていた当時の部下はおやじと同い年。「あなたに何が分かるんですか」と食ってかかられることが多く、そんな時は一晩中膝を突き合わせて、とことん議論しながら信頼を深めていきました。


伊藤正明(経営者)の経歴・略歴

伊藤正明、いとう・まさあき。日本の経営者。「クラレ」社長。大阪大学基礎工学部卒業後、クラレに入社。南通可楽托蕾服装有限公司 総経理、クラレトレーディング経営企画部長、クラレ化学品カンパニーメタアクリル事業部長、執行役員、機能材料カンパニー副カンパニー長、機能材料カンパニーメタアクリル事業部長、常務執行役員、経営企画本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

美月あきこ

接客というのは、要するに相手が何を求めているのかを察知して応えることです。だから、まずはいい空気をつくって、お客様に安心して自分を出していただくことが大事です。営業などの初対面のシーンでも同じだと思います。


西水美恵子

私は人の言っていることをしっかり聞きたいときには目をつぶります。普通の人の視覚は聴覚より優位にあり、誤魔化しがききます。


ジョセフ・トリポディ

最悪なのはリスクを避けることです。リスクをとらなければ、ブランドはおかしくなり、究極的には失敗します。いつも新しいことに大胆に挑戦し、攻撃的であって、学ぶことに貪欲でなければなりません。


前田利家

人間は不遇になった時、はじめて友情のなんたるかを知るものだ。【覚書き|信長に取り入って権力を手中に収めようとした僧侶を斬り殺し、信長の怒りを買ってしまった時を振り返っての言葉。不遇な境遇になった時こそ、本当の友人、偽物の友人がわかり、友情のありがたさがわかるという趣旨の発言】


小路明善

これからは競争と協調ということを明確にしていかなければ、企業はなかなか生き残れない。いま、共同配送をアサヒ、キリン、サッポロ3社でやっています。商品の付加価値競争は思いっきりしながら、一方では共同物流でコストダウンや二酸化炭素削減を図っていく。


松井道夫

他人と同じことをやっても成功しないし、だからと言って意表を突いたことをやってもベースがしっかりしてなければ駄目。


小笹芳央

20代の部下が、今週や今月の目標が達成できないということで過度に思い詰めてしまっているとしましょう。そのときには、「君はどういう30歳を迎えたい?」と声をかけてあげるといいでしょう。時間のレンジが極端に短くなっていたことに気づかせ、より本質的な課題に向かわせることができます。


井上愛一郎

日本企業の存在感が薄いのが心配だ。かつては「ガラパゴス」と揶揄されながらも、日本企業は信頼性に優れた様々な製品を開発し、世界を驚かせてきた。(スーパーコンピューター)「京」はその代表だろう。ところが今、先端のコンピューター研究は「風前のともしび」だ。ガラパゴスすら作れない状況に陥りつつあるのが、気がかりでならない。


和嶋慎治

怖いことや恐ろしいことって、サラッと簡単な言葉で歌う方が印象的なんですよね。だから今作はあえてポップに、わかりやすく表現することに挑戦しました。目に見えているものがすべてではないということに気づいてもらえたらいいですね。


柳井正

日本には人、モノ、カネ、インフラのすべてが揃っています。やる気さえあれば、日本は最高の立地と言える。チャンスはたくさんある。


藤田晋

ネットビジネスは先行者メリットが大きいので、とにかく早くスタートを切ることが大切です。「わからないことはやりながら覚えていく」のが正解です。頭でっかちで身体が動かない人は、この業界には向かないかもしれません。


三喜俊典

失敗を恐れる気持ちは誰にでもあるでしょう。私も若いころはとくにそうでした。ただ、若い時代に失敗することなしに、いいビジネスマンになることはできない。これを否定する経営者はいないはずです。