名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤次郎左衛門(16代目)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤次郎左衛門(16代目)のプロフィール

伊藤次郎左衞門、次郎左衛門(16代目)、いとう・じろざえもん。日本の経営者。松坂屋社長。名古屋出身。織田信長の時代から続く名古屋の旧家で、松坂屋の前身である「いとう呉服店」を営む伊藤家の長男として出生。慶應義塾大学卒業後、父から、家督と松坂屋デパートを引き継ぎ16代目「次郎左衛門」を襲名。また、名古屋商工会議所副会頭・会頭として名古屋の産業発展に尽力した。そのほか、中部電力や近鉄の監査役、全日本航空の重役なども務めた経営者。

伊藤次郎左衛門(16代目)の名言 一覧

私が若い時代に会って、偉い人だと思った人たちの印象は、陰になり陽になり私の人生観や生活態度に少なからぬ良い影響を与えてくれていると思う。人の交際の重要さが、いまにして肝に銘ずるのである。


私の店(松坂屋)はどういうわけか、昔から火災と因縁があるようである。古くは安政の大地震、大正12年の大震災では上野が灰燼に帰し、昭和15年の大火で静岡の店が焼けている。それで復興の経験が豊富とでもいおうか、復興には素晴らしい腕前を見せている。
【覚書き|太平洋戦争の大空襲で名古屋、静岡、銀座の店が焼けてしまったとき素早く復興した理由を問われての発言】


百貨店は大衆のものであるはずだ。小売店はもっと専門化して、大きな資本のものは専門的な小売店になっていかなければならない。


伊藤次郎左衛門(16代目)の経歴・略歴

伊藤次郎左衞門、次郎左衛門(16代目)、いとう・じろざえもん。日本の経営者。松坂屋社長。名古屋出身。織田信長の時代から続く名古屋の旧家で、松坂屋の前身である「いとう呉服店」を営む伊藤家の長男として出生。慶應義塾大学卒業後、父から、家督と松坂屋デパートを引き継ぎ16代目「次郎左衛門」を襲名。また、名古屋商工会議所副会頭・会頭として名古屋の産業発展に尽力した。そのほか、中部電力や近鉄の監査役、全日本航空の重役なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

古森重隆

厳しい経済環境の中、経営努力をしていかないと、会社の経営を安定した成長軌道に乗せることはできません。


小林陽太郎

ビジネスや経営に知識は必要である。だが同時に、知識だけでは判断しえない社会の状況が数多くある。


龍前隆

当社の特徴のひとつは、マンションやアパートを一か所に集中して建設することで、小さな街づくりから構想することです。街として考えれば、敷地の広さなど全体のバランスを見て設計できます。その結果、日当たりの良い建物、余裕のある駐車場、周囲と調和のとれた街並みなどすべて計画的に配置できます。こうしてできた龍前村は評判を呼び、人気も高まりました。


八代元行

アメリカの保険代理店を訪れたとき、デスクに2台のモニターがあって、一人が同時に2つの画面を開いて仕事をしていたのです。こうすると、ひとつの画面を開いたまま、もうひとつの画面で別の仕事をしたり必要なことを調べたりできます。これは便利だということで、帰ってからすぐに「デュアル画面」を導入しました。


永瀬昭幸

リーダーに必要な資質は、コミュニケーション力、カリスマ性などもありますが、最も大切なのは「志」。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

「仕事」のために100%の力を注ぐのは当たり前、そこに満足せず、普段から「自分」のためにもう一歩の努力をし続ける。「体を動かす」「心を動かす」「(読書で)脳に栄養を与える」といった行動術は、どれも自分を高めるためにフジマキが実践している「もう一歩の努力」なんだ。


吉田松陰

政(まつりごと)をなすの要は、人々をして鼓舞作興(こぶ・さっこう)して、各々自ら淬励(さいれい)せしむるにあり。
【覚書き|淬励=気を引き締めて励む】


金杉恭三

IoTによって、車との通信技術を使った新型の自動車保険が出るなど、新たな技術で問題を解決する時代。チャレンジできない組織の発展性は限られるでしょう。


オグ・マンディーノ

今夜あなたが永遠に召されると想像してみなさい。今、涙を流しなさい。流せるうちに。あなたが先週、そして先々週、家族に一緒に過ごそうと約束して果たせなかった団欒の日のために。あなたがいつも黄金を探すのに忙しすぎて楽しむことのなかった愛と笑い声に満ちたその一日のために。今、あなたの家族はあなたがもたらした黄金に恵まれている。それは事実だ。だがその黄金のすべてをもってしても、彼らはあなたの束の間の微笑みすら買うことはできないのだ。今、涙を流しなさい。あなたの心臓がまだ動いているうちに。再びその香りをかぐことのない花々のために。再び行うことのない善行のために。再び訪ねることのない母親のために。再び聞くことのない音楽のために。再び癒すことのできない痛みのために。完成させることのできない仕事のために。そして、実現できない夢のために。


西村元延(経営者)

インドネシアには69年に現地法人を作り、71年に事業をスタートさせました。特に将来性を感じたので、技術提携ではなく、自前のヒト・モノ・カネを最初からつぎ込んだ本格進出でした。自ら市場を開拓するのは苦難が伴いましたが、振り返れば、それが市場開拓の成功要因になったと思っています。


谷厚志

何らかのトラブルで怒っている方は「自分がどんな嫌な目に遭って嫌な気持ちになったか」や「お前のミスによって私の立場がなくなった」ことをわかって欲しいと思っているので、まず何か起きたのかを理解する。そのうえでお詫びをするのです。「交換します」「代金はお返しします」と、早くその場を収めようとする人も多いのですが、かえって怒りに油を注ぎかねません。


大河原愛子

ジュネーブ大学を卒業してすぐ日本に来てみたら、女性は就職しても2~3年したら結婚して家庭に入ればいいという風潮が当たり前。これには大変なショックを受けました。しかも、私が仕事を求めても4年制大卒で、外国人。言いたいこともはっきり言うので、日本の男性からすれば「大人しくない女性」だったのでしょう。採用してくれる会社はありませんでした。ですから、仕事をしたかった私はアントレプレナー(起業家)の道を歩むことを選びました。