名言DB

9412 人 / 110637 名言

伊藤次郎左衛門(16代目)の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤次郎左衛門(16代目)のプロフィール

伊藤次郎左衞門、次郎左衛門(16代目)、いとう・じろざえもん。日本の経営者。松坂屋社長。名古屋出身。織田信長の時代から続く名古屋の旧家で、松坂屋の前身である「いとう呉服店」を営む伊藤家の長男として出生。慶應義塾大学卒業後、父から、家督と松坂屋デパートを引き継ぎ16代目「次郎左衛門」を襲名。また、名古屋商工会議所副会頭・会頭として名古屋の産業発展に尽力した。そのほか、中部電力や近鉄の監査役、全日本航空の重役なども務めた経営者。

伊藤次郎左衛門(16代目)の名言 一覧

私が若い時代に会って、偉い人だと思った人たちの印象は、陰になり陽になり私の人生観や生活態度に少なからぬ良い影響を与えてくれていると思う。人の交際の重要さが、いまにして肝に銘ずるのである。


私の店(松坂屋)はどういうわけか、昔から火災と因縁があるようである。古くは安政の大地震、大正12年の大震災では上野が灰燼に帰し、昭和15年の大火で静岡の店が焼けている。それで復興の経験が豊富とでもいおうか、復興には素晴らしい腕前を見せている。
【覚書き|太平洋戦争の大空襲で名古屋、静岡、銀座の店が焼けてしまったとき素早く復興した理由を問われての発言】


百貨店は大衆のものであるはずだ。小売店はもっと専門化して、大きな資本のものは専門的な小売店になっていかなければならない。


伊藤次郎左衛門(16代目)の経歴・略歴

伊藤次郎左衞門、次郎左衛門(16代目)、いとう・じろざえもん。日本の経営者。松坂屋社長。名古屋出身。織田信長の時代から続く名古屋の旧家で、松坂屋の前身である「いとう呉服店」を営む伊藤家の長男として出生。慶應義塾大学卒業後、父から、家督と松坂屋デパートを引き継ぎ16代目「次郎左衛門」を襲名。また、名古屋商工会議所副会頭・会頭として名古屋の産業発展に尽力した。そのほか、中部電力や近鉄の監査役、全日本航空の重役なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

原裕輝

自分がそれまで培ってきた営業力や人脈があればなんとかなる、というふうに、自分の能力を洗い出し未来への投影が働けば、不安は自信に変わっていくと思います。


宇佐美進典

主力事業の取引先から契約を解消された時は大変でした。しかし、それが会社の転機になったのです。「この事業に期待できないなら、新しいことに挑戦しよう!」と考え、アドテクノロジーの基盤となる事業に取り組み始めました。結果的にそれが成功。今ではアドテクが売り上げの半分以上を占めています。


山本ケイイチ

早朝のジョギングを習慣にしたいというのであれば、まずは早起きを2~3か月続けてみて、それができるようになった段階でジョギングを始めるのです。その際も、最初から毎日走ろうとするのではなく、「週2日」から始めて、「1日おき」「毎日」と少しずつステップアップしていくのがいいでしょう。ただ、「週2日走る」と決めたら、それは必ず守ってください。


福川伸次

いまトップとして活躍している人も、様々な困難を乗り越えて、自己改革を図り、現在の地位を築いたはずです。学生にはその経験談から多くのものを学んでほしいと願っています。


佐々木常夫

上司が高く評価するのは、何でも言うとおりにする部下ではありません。上司も間違うことはありますから、ミスを寛容に受け入れ、適切な対応をしてくれる部下こそ、頼りがいがあると感じるのです。


笠原健治

当社においては、「真剣に遊ぶ」ことが、大切なプロセスだと思っています。新しいサービスを立ち上げる人間にとって何より重要なのは、自分たちがつくったサービスを、自分たち自身がユーザーとしてどれだけしっかりと使い込んでいるか。どれだけ愛情をもって楽しみ続けているか。そして、人々が何に驚き、喜び、感動するかを細部にわたるまで、どれだけ徹底して検証しているかに尽きるのではないでしょうか。そうして得たみずからの体感知こそが、新しい価値やユーザー体験を生み出す発想の源泉であり、ユーザー・サプライズ・ファーストの軸になるものだと、我々は確信しています。


西室泰三

かんぽ生命の主力商品に学資保険があります。かつてはシェア100%だったのですが、今は30%になっています。それはこの10年で他社が商品内容を分かりやすいものにし、約款も変えてアピールしているのに、当社は認可などの関係で約款を変えることさえ難しく、そのままでやってきたことが大きいと思います。


山内宏

かつての大蔵省では仕事の価値観も「国のためになるか」だけで十分でした。余計なことは考えなくてよかった。政治家や上司の機嫌が悪かろうが、自分が「国にとって良い」と考えれば、その仕事をやり遂げる。そんなことが許されたのです。
【覚書き|太平洋戦争敗戦直後の大蔵省での仕事について語った言葉】


村井史郎

大阪の35階建て高層ビルの34階に、ゲストハウスをつくりました。大阪一見晴らしのいいところです。このビルの1階から周りを見ても、向いのビルの正面しか見えません。でも上に登れば、すべてが見える。どこに人が集まるかもすぐ分かる。経営にもそういう視点を持つことが大切。


聖徳太子

早くから出仕し、夕方遅くなってから退出しなさい。公務はうかうかできないものだ。一日中かけてもすべて終えてしまうことが難しい。したがって、遅く出仕したのでは緊急の用に間に合わないし、早く退出したのでは必ず仕事を残してしまう。


坂本孝

師匠を探し出す努力を何よりも大事にしてほしい。どうしようもない先輩も多くいることは否定しません。でも、先輩が10人いれば自分の師匠になり得る魅力的な人が1人はいるはずです。「この人ではないか」と感じたら自分から近寄って、仕事のノウハウにとどまらず、その人の全人格から何かを学んでほしい。


ウォルト・ディズニー

人間は誰でも、世の中で最も素晴らしい場所を夢に見、創造することはできる。設計し、建設することもできるだろう。しかし、その夢を現実のものにするのは人である。


守島基博

2011年3月11日(東日本大震災)から私たちは、これまでの常識を疑うことを余儀なくされた。その中で、もがき苦しみながら、新たな日本の方向性を考えてみなければならない時代に入ってしまったともいえよう。ポイントはこれを好機と見るか、危機と見るかである。そのこと(新たな時代に入ること)自体は決して悪いことではない。経営学的にはパラダイム・シフトのきっかけとなるからだ。


古森重隆

我々は従来のマインドを変える勇気を持つことが必要。


澤田秀雄

私は旅行を通して、自分の知らない文化、知らない世界を肌で感じました。旅行は私に、未知の世界を開いてくれました。自分の目で事実を見ることの大切さを教えてくれました。