名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤次郎左衛門(16代目)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤次郎左衛門(16代目)のプロフィール

伊藤次郎左衞門、次郎左衛門(16代目)、いとう・じろざえもん。日本の経営者。松坂屋社長。名古屋出身。織田信長の時代から続く名古屋の旧家で、松坂屋の前身である「いとう呉服店」を営む伊藤家の長男として出生。慶應義塾大学卒業後、父から、家督と松坂屋デパートを引き継ぎ16代目「次郎左衛門」を襲名。また、名古屋商工会議所副会頭・会頭として名古屋の産業発展に尽力した。そのほか、中部電力や近鉄の監査役、全日本航空の重役なども務めた経営者。

伊藤次郎左衛門(16代目)の名言 一覧

私が若い時代に会って、偉い人だと思った人たちの印象は、陰になり陽になり私の人生観や生活態度に少なからぬ良い影響を与えてくれていると思う。人の交際の重要さが、いまにして肝に銘ずるのである。


私の店(松坂屋)はどういうわけか、昔から火災と因縁があるようである。古くは安政の大地震、大正12年の大震災では上野が灰燼に帰し、昭和15年の大火で静岡の店が焼けている。それで復興の経験が豊富とでもいおうか、復興には素晴らしい腕前を見せている。
【覚書き|太平洋戦争の大空襲で名古屋、静岡、銀座の店が焼けてしまったとき素早く復興した理由を問われての発言】


百貨店は大衆のものであるはずだ。小売店はもっと専門化して、大きな資本のものは専門的な小売店になっていかなければならない。


伊藤次郎左衛門(16代目)の経歴・略歴

伊藤次郎左衞門、次郎左衛門(16代目)、いとう・じろざえもん。日本の経営者。松坂屋社長。名古屋出身。織田信長の時代から続く名古屋の旧家で、松坂屋の前身である「いとう呉服店」を営む伊藤家の長男として出生。慶應義塾大学卒業後、父から、家督と松坂屋デパートを引き継ぎ16代目「次郎左衛門」を襲名。また、名古屋商工会議所副会頭・会頭として名古屋の産業発展に尽力した。そのほか、中部電力や近鉄の監査役、全日本航空の重役なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

鈴木修

自分のところの商品の良さを誠心誠意説明し、お客さんのハートをつかむのがセールスの真髄です。


倉本聰

自然界に右肩上がりのものはないんです。それなのに世の中の人たちは、もっと良くしろと年がら年中言っている。


永守重信

当社が目指すのは残業ゼロではない。残業ゼロは「手段」であり、目的は「生産性を世界のトップレベルまで高めること」だ。その結果、競争力が高まれば、利益が増える。利益が増えれば、給料もボーナスも上がる。むしろ、従業員の収入は上がる。残業代で稼げる額の比ではない。


片山幹雄

私には一兵卒に戻ったつもりで、本気で取り組みたいことがある。それは新たな産業作りだ。私はテレビがまだブラウン管だった時代から、シャープで液晶テレビの事業化に取り組んだ。一企業の事業にとどまらず、産業形成で世界をリードしたと自負している。そして今、次の産業を作りたいという気持ちが高ぶっている。


J・P・モルガン

これからは経理を透明にして商売をする時代がやってくる。
【覚書き|米国政府の金融・通貨委員会内の小委員会(プジョー委員会)で金融機関各社が裏で申し合わせ、インサイダー取引をしいるのではないかという追及を受けた後の発言】


北村正志

「人が主役」の会社にするには、一人ひとりが持っている能力や可能性を存分に発揮できるよう、「明るく、朗らか、のびのび」と仕事ができる環境を整えなければなりません。


山崎秀嗣

マニュファクチャリング(製造業)とは、man-u-fact-u-ring。つまり製造業とは「man(人材)」、「fact(現物)」、そして「ring(総力)」の3つを「u(unit=単位)」で結び付けたものです。


塚田健雄

「閉じこもる」「ぶらさがる」「しがみつく」の3つは日本人の悪い癖です。生き残りのために合併を決めながら、旧会社の経営幹部が何らかの形で新会社に居残るのはみっともない。


鈴木茂晴

会社が自分のことを考えてくれていると実感した社員は、自分の力を高めながらこの会社でずっと働いていこうという気になってくれる。「働き方改革」と会社の競争力は直結している。


義家弘介(ヤンキー先生)

大事なことは一方的に「やれ!」と押し付けるのではなく、親や教師が子供と一緒になって頑張ることです。あることで苦しんでいる子が、自分に心の内をすっかり打ち明けてくれたことがありました。しかし、その子の周囲には親やカウンセラーがいます。自分は時々会うだけなのに、なぜ心を開いてくれたのかと問うと、その子はこう言いました。「先生だけは、『一緒に頑張ろう。一緒に行こう』と言ってくれました。周囲の大人は『頑張れよ』とか『もう頑張らなくていいよ』と口当たりのいいことを言いますが、みんな他人事です。周囲の大人は誰も信じられません」と。


吉野真由美

無理な要求を通そうとする熱意ある相手に対し、その要求を角を立てずにやんわりと退ける方法として有効なのは、「3か月後に実行しようと思います」という言い方です。「そのうちに」という言葉を使うと、「いまスタートすることの重要性」について熱心なプレゼンを延々と聞かされる羽目になるので避けるべきです。大抵の場合、3か月後には相手のターゲットは他へと移っているはずです。


大崎洋(大﨑洋)

本来努力の嫌いな自分が、どうしてやる気を出せたのかと言えば、タレントたちが頼ってくれたから。「自分を頼ってくれる人に応えたい」という気持ちは、僕にとっての何よりのモチベーションでした。