伊藤東涯の名言

伊藤東涯のプロフィール

伊藤東涯、いとう・とうがい。江戸中期の儒学者。主に中国語、中国制度史、儒教の歴史の研究を行った。新井白石、荻生徂徠などと親交を深くした。著書に『用字格』『名物六帖』『制度通』『古今学変』『弁疑録』など。

伊藤東涯の名言 一覧

君子は己を省(かえり)みる。人をそしる暇(いとま)あらんや。


道を曲げずして、よく人心に従う。これ中庸の極みなり。


口に才ある者は、多くのことに拙なり。


学問をするには、必ず一定不変の志がなくてはならぬ。なんら定まった志がなく、今日はこの書(書籍)、明日はあの書と、手当たり次第に書を読んだのでは、舵のない船が波に任せて、どこへ行きつくかわかったものでない。


伊藤東涯の経歴・略歴

伊藤東涯、いとう・とうがい。江戸中期の儒学者。主に中国語、中国制度史、儒教の歴史の研究を行った。新井白石、荻生徂徠などと親交を深くした。著書に『用字格』『名物六帖』『制度通』『古今学変』『弁疑録』など。

他の記事も読んでみる

金究武正

大手との差別化を図るため、設計から製作までは短納期で対応しています。大手にはないきめ細かい顧客の要望にお応えすることでここまで来ることが出来た。


猪塚武

この都市(カンボジア・キリロム)にはこれまでの私の夢がすべて詰まっています。IT技術者としての経験もそうですが、大学院では博士を目指してかなわなかったけれど、大学の学長になれた。かつて政治家を目指して都議選と総選挙に出馬した経験はこの都市の市長になることで実現しました。またデジタルフォレストでは上場を目指しながら売却してしまいましたが、ここで上場の夢がかなえられそうです。自分がやりたかったことが全部できる。私にとってキリロムはそういう場所なのです。


松本正義

グローバリゼーションという視点は大事です。ただ、グローバルというかけ声の下で関西独自の魅力が埋没するようなことにならないよう、関西の強みを磨いていく必要があると思います。その際に考えるべきことは、決して東京との比較ありきではない。アジアをはじめとする世界の中でいかに関西の存在感を高めるかが重要。


高城幸司

10円20円のコストを削るというのは理由を説明しづらい。しかし、大幅なコストダウンということならば、枠組みから根本的に変えなければ達成できません。予算の限られている理由を明確に説明できれば、こちらの事情を理解して、相手側も挑戦に応じてくれるのではないでしょうか。


石川直樹

冒険家や探検家と呼ばれる人たちは、多くの場合、極端な生き方をしています。世間から見れば、はみ出しているところもあるかもしれませんが、彼らは日常の安定のために自分を押し殺すのではなく、そこから一歩踏み出して、自分の信念に従っています。それが冒険家と呼ばれる人たちの魅力だと思うし、僕もそれに憧れるのです。


藤田晋

我々はこの環境変化の速いインターネット業界でビジネスを展開しているので、事業構造を変えることについては慣れています。


ハワード・マークス

分散投資を進めてリスクを低減する方法もある。複数の異なる資産に投資することによって、資産運用の質と安全性の両方を高めることができる。


國松孝次

仕事という1つのチャンネルだけでなく、趣味の世界や地域社会といった複数のチャンネルを通して多くの人たちと交際すること。そうでないと、人間の幅が狭くなってしまう。世の中の現実は仕事だけでは学べません。


本田圭佑

目標は誰が何を言おうと揺るがない。もちろん人生で有言実行できなかったことも多々ある。でも、デカい目標を掲げたことを後悔したことは一度もない。


中井紀之

仕事は先延ばしにすればするほど、気分が重くなっていきます。仕事がどんどん積み重なってますます時間がなくなり、さらに忙しくなるからでしょう。


石水勲

私が不器用だったせいもあるかもしれませんが、本当においしいものであれば変える必要なんてない。それが私の持論でもあります。


鏑木正

報告、連絡、相談。いわゆる、ホウレンソウの重要性は昔から指摘されてきました。営業や生産などの現場の第一線に立つ部下からの情報を間を置かずに入手して、瞬時に判断を下し、部下に指示を出す。ビジネスコミュニケーションの基本といってもよいでしょう。しかし、いくらITが発達しても、フェイス・トゥ・フェイスの会話が重要だと考えています。


安藤正弘

今後インフレになって金利が上昇すると、今まで住宅ローンを組むことができた人たちが組めなくなる。顧客は減り、体力のない不動産会社は脱落していくでしょう。そこで当社は、いろいろなサービスの幅を広げることで、リスク分散を図っているのです。


井阪隆一

普通は一度失敗したら、なかなかやらないですよね。ところが我々はとても執念深い集団で、失敗を失敗と捉えない企業文化がある。社員が再度「やりたい」と言うなら、「やってみなさい」と応えるカルチャーがある。


大山健太郎

私が20代のとき、松下幸之助さんの本を読んで大変影響を受けました。そして、やはり製造業は10%の利益がないと再生産ができないと気付かされました。つまり、再生産するためには10%の利益が必要だと。なおかつ利益というのは「お客様からのご褒美」なんだと。ですから、お客様に認めていただき、喜んで買っていただいた結果として10%の利益を取るというような経営をしなさいと本に書いてありました。私は、この教えにいたく感銘を受けました。


ページの先頭へ