名言DB

9413 人 / 110706 名言

伊藤有壱の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤有壱のプロフィール

伊藤有壱、いとう・ゆういち。日本のアニメーション作家。東京都出身。東京藝術大学美術学部デザイン科を卒業。SFXプロダクション「白組」を経て「I.TOON(アイトゥーン)」を設立。東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻教授、日本アニメーション協会理事などを務めた。代表作に『ニャッキ!』。

伊藤有壱の名言 一覧

馬鹿なことを楽しんで真剣にできることが、モノ作りの根っこに大切だと思う。


プロフェッショナルでありたい。常にそう思ってやってきました。プロとは自分にこだわらないこと。作家や芸術家は自分のために自分自身を表現する。一方、プロフェッショナルは自分以外の観客や世界に向けて表現する。世の中と関わるために全力を尽くすプロフェッショナルな姿勢に共感する。


インスピレーションは常にどんな所からでも受けることができると思う。日常の何気ない会話、風景、テレビのニュースにもたくさんヒントがあります。モノそのものをジッと見て、「なんでこんな形してるのかな」などと考える。動物も建物もみな形には意味がある。それを読み解いたり、真逆に眺めると新しい発想につながったりします。


30代前後って若さもあるし、同時に仕事に慣れていろいろできるようになる時期。まさに宝石みたいに輝いてる世代じゃないでしょうか。この最高の年代を自分の信じる道に向けて思う存分生かしてもらいたいと思います。


若い頃、あるフェスティバルに作品を出品したんです。150万円もかけ光が織りなすアニメーションを撮影。こんな馬鹿なこと考えるのは自分くらいだろうと思って会場に行ったら、僕以上の人がたくさん! とっても安心したというか(笑)。


密度を高めて完成度を高くすればするほど、肩の凝らない自然な作品になる。でもそこには無意識に見ている人に訴える「何か」が生まれる気がします。


CMは限られた時間の中に膨大な情報が要求されます。制作も短期間に集中してやる。だから人もたくさん関わるし、その連携がとても重要です。それは大変でもありますが、逆に楽しいことでもあります。それぞれの分野のプロや、能力の高い人たちが集まる場は心地いい。そして不思議なことにモノを作る人たちに悪い人はいないように思う。CM制作は大変だけど自分にとってはすごく刺激的な現場です。


独立当時、イギリスの作品『ウォレスとグルミット』が登場、世界中がクレイアニメーションに注目していた。興味はあったけど、ブームに安易に乗りたくないと、あえて避けてましたね。しかし、ふと、「クレイの色は溶かして混ぜ合わせると無限に作れる。クレイは3次元の絵の具なんだ」と気づいた。その瞬間、僕の頭の中で可能性がバッと広がった。進むべき道はこれだと。


伊藤有壱の経歴・略歴

伊藤有壱、いとう・ゆういち。日本のアニメーション作家。東京都出身。東京藝術大学美術学部デザイン科を卒業。SFXプロダクション「白組」を経て「I.TOON(アイトゥーン)」を設立。東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻教授、日本アニメーション協会理事などを務めた。代表作に『ニャッキ!』。

他の記事も読んでみる

小倉広

仕事を手伝ってもらうと、その「借り」を返そうという気になります。実は、「借りを作り返そうとすること」こそが、相手とのつながりを深め、信頼関係を築き上げます。逆にいえば、仕事を頼まない人や借りを作らない人は、信頼関係作りを放棄しているのと同じなんです。


山地章夫

当社は、チャレンジ精神が旺盛な社員が多く、次々と新規事業が立ち上がっています。面白いことをやるのは科学的にも裏付けがあり、楽しい職場だと生産性が上がります。


神田昌典

収入の高い人と低い人では「行動量」が圧倒的に違う。


チャールズ・クーリー

我々は、自分の容姿や身ごなしや、目的や行為や、性格や友達その他についてのなんらかの考えを、他人の心の中に想像し、その考えのいかんによってさまざまな影響を受ける。


榊原健太郎

出来る人は小さな約束でも必ず守ります。達成するために、寝ずに、どんな手段を使っても期限を守ろうと必死に努力し、成し遂げます。


出澤剛

重要だったのは、「スマートフォン革命」と呼んでもいい大きなうねりを我々がうまくとらえ、最適なサービスをつくることができたという点でしょうか。スマホが人々の生活を変える局面で、新しいコミュニケーションの形を提案できたのだと思います。


松本晃(経営者)

目標を定めて、それを達成しなかったら、ビジネスなんてやる意味がない。裏返して言えば、目標設定の仕方が非常に重要なのです。


植田統

仕事ができる人は、どういう仕事をすれば自分が成長できるかという方向性を明確にしています。


浜島俊哉

我々の時代は、実践で先に学んで、あとから机上の知識をつけてきた。創業期特有の幸せな経験だよね。


鎌田浩毅

学生が関心を持っていることに教授が関心を持っていないと、何を言っても学生に伝わらない。


二宮尊徳(二宮金次郎)

昔蒔く、木の実大木(おおき)となりにけり、いま蒔く木の実、後の大木ぞ。


酒巻久

仮に会議でまったく同じ内容の発言をしたとしても、日ごろから光った仕事をしている社員であれば、「彼の着眼点はいつも鋭いね」と評価されますが、たるんだ仕事しかしていない社員に対しては、「偉そうなことを言っているけど、ありゃ口先だけだね」となります。だから、日ごろからきちんと仕事をして、「彼は見どころがある」という評価を周囲から受けることが、会議の場で発言が認められる前提となります。


宋文洲

利益の出にくい分野はどこの会社にもあるものです。たとえば顧客の中に、訪問回数が多いのに売上はわずかという相手はいませんか?そうした顧客を抱えていると、利益が圧迫されるだけでプラスに転じることはありません。しかし、営業担当者個人としては顧客に来いと言われたら、むげに断るわけにもいきません。個人で対処するのではなく、トップの判断で会社から案内状を送り、顧客に撤退を知らせるといった対処が必要です。


高岡浩三

問題を本質的に考えるためには、もっと考える時間を増やす必要があるでしょう。日本のビジネスパーソンは作業に追われすぎです。そして、与えられた課題を絶対に達成する強い意思があってこそ、深くまで考え抜けるのだと思います。


松田公太

店舗が増えていく過程では、私の判断ミスから3カ月で閉鎖に追い込まれた店もあった。それでもなんとか、タリーズコーヒージャパンの設立から3年2ヶ月というスピードで上場を達成できたのは、困難にぶつかった際には必ず、何が悪かったのか、どうすれば解決できるのか、徹底的に追求してきたからだ。失敗をすべて成功に向けた試験としてとらえ、何事も前向きに受け入れていくようにも務めた。