名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊藤有壱の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤有壱のプロフィール

伊藤有壱、いとう・ゆういち。日本のアニメーション作家。東京都出身。東京藝術大学美術学部デザイン科を卒業。SFXプロダクション「白組」を経て「I.TOON(アイトゥーン)」を設立。東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻教授、日本アニメーション協会理事などを務めた。代表作に『ニャッキ!』。

伊藤有壱の名言 一覧

馬鹿なことを楽しんで真剣にできることが、モノ作りの根っこに大切だと思う。


プロフェッショナルでありたい。常にそう思ってやってきました。プロとは自分にこだわらないこと。作家や芸術家は自分のために自分自身を表現する。一方、プロフェッショナルは自分以外の観客や世界に向けて表現する。世の中と関わるために全力を尽くすプロフェッショナルな姿勢に共感する。


インスピレーションは常にどんな所からでも受けることができると思う。日常の何気ない会話、風景、テレビのニュースにもたくさんヒントがあります。モノそのものをジッと見て、「なんでこんな形してるのかな」などと考える。動物も建物もみな形には意味がある。それを読み解いたり、真逆に眺めると新しい発想につながったりします。


30代前後って若さもあるし、同時に仕事に慣れていろいろできるようになる時期。まさに宝石みたいに輝いてる世代じゃないでしょうか。この最高の年代を自分の信じる道に向けて思う存分生かしてもらいたいと思います。


若い頃、あるフェスティバルに作品を出品したんです。150万円もかけ光が織りなすアニメーションを撮影。こんな馬鹿なこと考えるのは自分くらいだろうと思って会場に行ったら、僕以上の人がたくさん! とっても安心したというか(笑)。


密度を高めて完成度を高くすればするほど、肩の凝らない自然な作品になる。でもそこには無意識に見ている人に訴える「何か」が生まれる気がします。


CMは限られた時間の中に膨大な情報が要求されます。制作も短期間に集中してやる。だから人もたくさん関わるし、その連携がとても重要です。それは大変でもありますが、逆に楽しいことでもあります。それぞれの分野のプロや、能力の高い人たちが集まる場は心地いい。そして不思議なことにモノを作る人たちに悪い人はいないように思う。CM制作は大変だけど自分にとってはすごく刺激的な現場です。


独立当時、イギリスの作品『ウォレスとグルミット』が登場、世界中がクレイアニメーションに注目していた。興味はあったけど、ブームに安易に乗りたくないと、あえて避けてましたね。しかし、ふと、「クレイの色は溶かして混ぜ合わせると無限に作れる。クレイは3次元の絵の具なんだ」と気づいた。その瞬間、僕の頭の中で可能性がバッと広がった。進むべき道はこれだと。


伊藤有壱の経歴・略歴

伊藤有壱、いとう・ゆういち。日本のアニメーション作家。東京都出身。東京藝術大学美術学部デザイン科を卒業。SFXプロダクション「白組」を経て「I.TOON(アイトゥーン)」を設立。東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻教授、日本アニメーション協会理事などを務めた。代表作に『ニャッキ!』。

他の記事も読んでみる

本木雅弘

30代の頃は非常に中途半端でした。でも子供が生まれたことで生活が一変して、いままで気づかなかった自分への発見が多くなり、気持ちが豊かに広がっていきましたね。


朝倉千恵子

実は私は、ものすごくあがり症で、講演前など毎回緊張します。ひどく緊張したときは、手足、唇がしびれます。そういうときは、あえて胸を張るようにします。おどおどしているから、ゆっくり話す。気持ちが焦っているから、優雅に優雅に歩く。あがり症なので、緊張したままでいくと、動作も言葉も鳥みたいに早くなってしまう。だから、緊張を抑えるために、いつも逆の行動をとるように心がけています。


成宮雄三

街を歩くときは、目に映るものすべてに注目します。たとえば、交差点で信号待ちしているときに、私より上の世代のおじいさんがシャキッとした格好で立っているのを見たとしましょう。そこで「去年までは、この時間におじいさんが立っていることはなかった」ということに気づけば、世間で高齢社会と言われていることが本当なのだなと確認できます。続けておじいさんのファッションに目をやると、さらに多くのことがわかります。一昔前はジャージかゴルフウェアを着ている高齢者が多かったのに、最近の高齢者はチノパンにチェックのシャツ、それにキャップを被って杖も突かずにスタスタ歩いている。そこから、「高齢社会といっても、好奇心旺盛で元気な人が多い。これは私たちのビジネスにつながらないだろうか」と発想が広がっていくんです。


柳井正

日本人は困難な課題に直面した時、「難しいですね」とよく言います。しかし米国人は、「チャレンジングだ」と言う。「難しい」とは言わないんです。「チャレンジングだ、けれどひょっとしたら、自分にもできる」。そんな気持ちを持つことが、特に若い人には必要だと思います。


柳川範之

独学は「なんでもあり」。自分のペースで、好きなように勉強できるのが最大の魅力。続けるためには工夫が必要となってきますが、その工夫こそ結果への近道。コツさえ掴めば、効率的で記憶に残る勉強を実現できる。


宮沢俊哉

お客様には「物理的クレーム」だけでなく、「心のクレーム」もあります。最初は「ここに隙間がある」という物理的なクレームから始まる。こちらが相手の意を汲み取らずに「それは隙間ではありません」と反論すれば、段々「この担当者は私の言うことを聞かない」と心のクレームに変わっていく。お客様の立場になって気持ちを感じて対応すれば、やわらいでいきます。


東英弥

学んだことを、その人が自分でどう落とし込むかが大事。


大坂靖彦

人件費や広告費を削減したいのなら、今の一掛け(10パーセント)を目標にすればいい。一掛けを目標にしてはじめて半値、三掛けになります。まず一掛けの計画表をつくり、そのあと方法を模索する。人生の目標を最終形に置くのと同じです。十年後の夢のPL(損益計算書)、夢のBS(貸借対照表)を描き、年間計画に落とし込みましょう。そしてひたすら実行する。


澤上篤人

注意したいのは、底値で買って天井で売ろうなどとは考えないこと。どこが底値でどこが天井かなんて、それこそ神様しかわかりません。


ひろゆき(西村博之)

2ちゃんねるは匿名発信じゃなかったら、論理的な意見は出てこないでしょうね。日本人って自分の意見を述べないし、流されて意見を言う人も多い。だから、2ちゃんねるで発言をするのは、KY(空気が読めない人)になれる瞬間ですよね。


伊藤邦雄

危機に直面したときに、ただそれを凌げばいいと思う経営者と、危機をバネに会社をガラッと変えるぞと思う経営者とでは、将来のその会社の姿は変わる。


山田義仁

重視している経営指標は売上総利益率(粗利率)です。売上高の拡大は、オムロンが顧客から必要とされている証拠。ただし、価値がなければ買いたたかれてしまいます。営業利益は開発投資などの影響を受けますので、オムロンの価値を正確に反映しているとは言い難い。顧客が感じる価値をストレートに反映する指標として、粗利率を重視しています。