名言DB

9412 人 / 110637 名言

伊藤有壱の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤有壱のプロフィール

伊藤有壱、いとう・ゆういち。日本のアニメーション作家。東京都出身。東京藝術大学美術学部デザイン科を卒業。SFXプロダクション「白組」を経て「I.TOON(アイトゥーン)」を設立。東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻教授、日本アニメーション協会理事などを務めた。代表作に『ニャッキ!』。

伊藤有壱の名言 一覧

馬鹿なことを楽しんで真剣にできることが、モノ作りの根っこに大切だと思う。


プロフェッショナルでありたい。常にそう思ってやってきました。プロとは自分にこだわらないこと。作家や芸術家は自分のために自分自身を表現する。一方、プロフェッショナルは自分以外の観客や世界に向けて表現する。世の中と関わるために全力を尽くすプロフェッショナルな姿勢に共感する。


インスピレーションは常にどんな所からでも受けることができると思う。日常の何気ない会話、風景、テレビのニュースにもたくさんヒントがあります。モノそのものをジッと見て、「なんでこんな形してるのかな」などと考える。動物も建物もみな形には意味がある。それを読み解いたり、真逆に眺めると新しい発想につながったりします。


30代前後って若さもあるし、同時に仕事に慣れていろいろできるようになる時期。まさに宝石みたいに輝いてる世代じゃないでしょうか。この最高の年代を自分の信じる道に向けて思う存分生かしてもらいたいと思います。


若い頃、あるフェスティバルに作品を出品したんです。150万円もかけ光が織りなすアニメーションを撮影。こんな馬鹿なこと考えるのは自分くらいだろうと思って会場に行ったら、僕以上の人がたくさん! とっても安心したというか(笑)。


密度を高めて完成度を高くすればするほど、肩の凝らない自然な作品になる。でもそこには無意識に見ている人に訴える「何か」が生まれる気がします。


CMは限られた時間の中に膨大な情報が要求されます。制作も短期間に集中してやる。だから人もたくさん関わるし、その連携がとても重要です。それは大変でもありますが、逆に楽しいことでもあります。それぞれの分野のプロや、能力の高い人たちが集まる場は心地いい。そして不思議なことにモノを作る人たちに悪い人はいないように思う。CM制作は大変だけど自分にとってはすごく刺激的な現場です。


独立当時、イギリスの作品『ウォレスとグルミット』が登場、世界中がクレイアニメーションに注目していた。興味はあったけど、ブームに安易に乗りたくないと、あえて避けてましたね。しかし、ふと、「クレイの色は溶かして混ぜ合わせると無限に作れる。クレイは3次元の絵の具なんだ」と気づいた。その瞬間、僕の頭の中で可能性がバッと広がった。進むべき道はこれだと。


伊藤有壱の経歴・略歴

伊藤有壱、いとう・ゆういち。日本のアニメーション作家。東京都出身。東京藝術大学美術学部デザイン科を卒業。SFXプロダクション「白組」を経て「I.TOON(アイトゥーン)」を設立。東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻教授、日本アニメーション協会理事などを務めた。代表作に『ニャッキ!』。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

常識を壊すんだから、イノベーションとは要するに喧嘩。


松本零士

命というのは、生きるために生まれるのであって、死ぬために生まれるものではない。


山西健一郎

改善活動で大事なのは、まずは聞き役に徹すること。社長は10人の役員の話を聞き、役員はさらに10人の部下と話し合う。理解してもらえるまで説明することで、自発的な改善活動が定着する。


長崎忠雄(経営者)

2006年からの10年間で51回も値下げしています。これを実現するために、継続的に徹底したローコストオペレーションを追求しています。


オダギリ展子

机の上のモノの置き場と作業のしやすさには、利き手が大きく関係します。利き手を考慮して右側に置くべきモノ、左側に置くべきモノを決めると、自動的にとりだしやすい位置にモノを置くことができます。


星野佳路

スーツは2~3年かけて着るのをやめました。日本でクールビズが叫ばれるようになる遥か前に、超クールビズを実践していました。スーツ着用をやめたのは、スーツを窮屈に感じていたことと、日本の気候に合っていないと思ったのが理由です。もっとさかのぼると、20代でアメリカの大学院に在学中、フォーマルな席にスーツ着用で出席したところ、「なぜお前はスーツなんだ」と言われたことがありました。クラスメートがみな自国の衣装を着用する中で、日本人の僕が西洋の洋服を着ているのはおかしいと指摘され、とても恥ずかしい思いをしました。世界の人から見れば、日本人にスーツは似合わないし、期待されてもいない。いつかスーツはやめようと思いました。


石井裕(工学者)

自分のいる環境に不満を持っていて、何とか這い上がろうとしている人たちのハングリー精神はすさまじい。


宮内義彦

自分の性格はごまかせないから、突き詰めて考えるときは、暗くなっても考えるのです。そうやって暗く暗く突き詰めた先に、見えてくるものもある。


内田雅章

大きなビジネスを成し遂げるには、一人だけでは到底不可能で、人の力が必要です。そんなとき、喜んで応援する手を差し伸べてくれる人がいる――それが人脈のなせるわざです。


丹羽宇一郎

若いうちに苦労をすると、精神的に強くなるだけでなく、人間性も磨かれます。逆境や苦労を経験すると、人の痛みがわかるようにもなります。そして、人に優しく、温かい視線を持つようにもなります。こうした人間的優しさというのは、人の上に立つ人には絶対に必要なものです。


北条重時

できるだけ素直な心になって、人の教訓を聞き容れるようにしなさい。教訓として物語るほどの事柄は、すべて悪い意味のものであるはずがない。だから10人の者の教訓に従うなら、良いことを10もすることになり、また、100人の者の教訓に従うならば、良い事柄を100する結果となる。


川上徹也(コピーライター)

私は長年、広告のコピーライティングやスピーチ原稿の執筆を手がけてきました。いずれの仕事でも、「目的(Why)」「内容(What)」「手段(How)」の三段階で考えます。一番重要なのは、その広告やスピーチの目的である「Why to say」を考えること。次に「何を話すか」という「What to say」を決め、最後に「どう表現するか」という「How to say」を検討します。


土光敏夫

死んだあとのことは引き受けてやるから、死ぬ気でやれ。


井上礼之

大事なのは、常に変化できる柔軟な企業体質をつくっておくこと。変わり身の早さこそ、激変する世の中への対応に欠かせない条件。


蛭子能収

サラリーマンでも漫画家でも芸能人でも、一番大事なものは信用だと思います。