伊藤明(伊東屋)の名言

伊藤明(伊東屋)のプロフィール

伊藤明、いとう・あきら。日本の経営者。「伊東屋」社長。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、米アートセンターカレッジ・オブ・デザイン留学を経て伊東屋に入社。同社社長を務めた。

伊藤明(伊東屋)の名言 一覧

思いついたら、さっと書けるのは紙ならでは。我が社の商品企画室は厳しくて、社長の提案も簡単には通らない(苦笑)。ふと浮かんだ良いアイデアを逃さないように、ノートはいつも手元に置いています。


相手の立場を考えるとは、相手に万事合わせることではありません。相手を大事にするだけでなく、自分のことも大事にし、信念を持たなければ、相手の立場に立った発言はできません。


我々が大切にしているのは、新しいものを見つけて、お客様に紹介すること。また商品は使い捨てではなく、一度手にしたらずっと使いたくなるようなものであるべき。そして人と人との関係性を大事にしていなければならない。


日々のスケジュールはiPhoneで管理しています。伊東屋で扱う手帳や文房具もデジタル機器と併用される機会が多い。相乗効果が出る使い方を常に考えています。


基本的には、文房具を売るという姿勢は変わっていません。ただ、従来の「何でも揃う」「新しい商品が豊富」という方向性ではなく、「伊東屋が自信を持っておすすめできる商品」を提供しています。今やどこでも文房具が買えるようになりましたから、差別化をはかっていきたいですね。


伊東屋は明治37年に銀座で創業しました。初代の勝太郎(曾祖父)はこのときどういう思いだったのか、彼が書き残したものを読み解き、書いていない部分は想像力を働かせ、「伊東屋らしさ」とは何なのかを分析していきました。


書く行為が思考を塗り替えることもあります。意外に面白いのが、書きなぐってみると思ってもみなかった発見があることです。書き間違えた言葉から新しい考え方を学ぶこともあるし、自分の勘違いで書いたメモが結果的に学びになることもあります。


ノートのあちこちには絵を描いています。絵は多色ボールペンがあれば、1~2分でサッと描けてしまいます。それをみんなに「こんな感じ」と見せれば、私が意図していることは大体伝わり、到達点やイメージを共有することができます。まず、解釈に齟齬が生じることはないでしょう。


デジタル機器だけに頼ると、故障した時にフォローが利きません。紙の手帳に必ずバックアップを取ります。1か月単位の予定表を毎日、印刷して持ち歩いています。出先で「次のアポイントを」などと相談する時、iPhoneでアプリを呼び出していたのでは相手を待たせてしまう。紙でパッと確認し、サッと書き留める方がいい。


銀座は、「銀座にしかないモノや店があるから行こう」と思える街であってほしい。うちはリニューアルしたことで、既存のお客様はもちろん、新しいお客様にも来ていただけるようになりました。今までは、文房具というモノをめがけていらっしゃる人が多かったんですが、新規のお客様はこの場所そのものを楽しみにして訪れて下さるようです。


昔は机に座って手紙を書いて文房具を使っていましたが、今はパソコンでメールを打つ時代になってきました。このままだと時代に取り残されると思ったんです。うちの子供が今アメリカに留学中ですが、小学校でも高校でもiPadを使うようになっているそうです。もうペンは必要ないんです。日本もそうなる日は近いと思います。そういう時代背景がある以上、伊東屋も変革の時期がきたのではないかと。そして、文房具というものの根本は何なのかと考えた時に、ペンもノートも「働く」ことをサポートしてきた存在だったんですよね。これからは、ただ文房具というモノを売るだけでなく、体験を通じてクリエイティブな仕事をサポートする場所を提供する、これこそが伊東屋の使命と考えております。


当社では月に1回、当月に誕生日を迎える従業員を集めて誕生会を開催しています。部長が持ち回りで登壇し、私も皆の前で話します。誕生会は毎月開催しますから、1年かければ、皆に直接会って話をすることができるわけです。この会を活用して、従業員に伊東屋らしさとは何かを説明して回りました。社内の価値観をそろえることが大切だと思っているからです。


銀座店の建て替えプロジェクトにあたり、従業員と何度も話し合いを重ねました。新しい店はどのような店にしたらいいのか、これまでどおりの文房具店を続けていてお客様は今後もいらしてくださるのか。そのとき誰もが口にしたのは「伊東屋らしくするのがいい」ということでしたから、それは果たしてどのようなことなのか、改めて考える機会になりました。


私はノートをよく取るほうで、社内の会議でも発言者の話を聞きながらずっと何かメモしています。書き方には私なりの流儀があります。ノートを見開きにして、右ページはほかの人が話した内容の要点を記録し、左ページには話を聞きながら自分が気になることや思いついたことを書きつけていくのです。ただし、一度書いたノートを後で見返すことはまずありません。書く目的が、話を頭に叩き込むことにあるからです。実際、書けばその内容を記憶してしまうので、メモをもう一度見る必要はないのです。


言葉で到達点やイメージを共有しようと思っても、上手く伝わらないことは多い。たとえ意味的には正しい言葉を使ったところで、一つの言葉が受け手によっていろんな意味に変換され、齟齬か生じることもあります。この前も、成田空港にオープンした新店舗を説明する資料に、「愚直にアナログに」と書かれていたので、資料の担当者に「愚直」はいらないと注意しました。本人は「ザ・日本の文房具」という新店舗のコンセプトを言い表すために、「真面目に取り組んでいる」という意味で「愚直」を使ったようです。でも私にとっての「愚直」は、「愚か」という言葉にあるように、「前に進んでいない」マイナスの意味に感じられました。


伊藤明(伊東屋)の経歴・略歴

伊藤明、いとう・あきら。日本の経営者。「伊東屋」社長。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、米アートセンターカレッジ・オブ・デザイン留学を経て伊東屋に入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

齋藤孝(教育学者)

パーティーに出席する目的は、「主催者への義理を果たす」ことに加え、「普段会わない人と交流する」こと、さらに「人脈づくり」だろう。だが無理矢理、積極的にならなくてもいい。ひと言も発せずに帰るのは寂しいが、誰彼かまわず話しかける必要もない。それよりも、「誰か1人と話ができればいい」くらいに考えること。狙い目は、同じく壁際でぽつねんとしている人だ。孤独な人同士が仲良くなるというのは、学校の教室でもよくあること。さり気なく近づいて、「随分盛大なパーティーですね」「どういう関係でご出席されているんですか」「こういう場はなかなか慣れなくて……」などと声をかける。わざとらしさは否めないが、これがパーティーにおけるコミュニケーションというもの。アルコールの力を借りつつ、「パーティーの恥はかき捨て」の精神で臨んでみよう。相手も社会人ならわきまえているはずだ。


佐藤可士和

物事を客観的、あるいは俯瞰的に見つめてこそ、いままで気がつかなかった真実や大事なエッセンスを発見できるのです。


武者小路実篤

人生は面白い。人間の精神は無限大だ。美の世界は大無辺だ。君はそう思わないか。死、なにものぞ、笑って進もう。男らしく勇ましく進もう。女子らしく愛らしく進もう。人生賛美の曲を鳴り響かせて、この短い人生を悠々と進んで行こう。


村上太一

長期的にはニッチでなく、やるからには世の中にしっかりと影響を与え、存在価値が提供できるような領域でもっと事業を拡大していきたい。


かわぐちかいじ

作者は新人であってもキャリアを重ねていても、「いい意味では感情過多、悪い意味では独りよがり」で、自分の描いたものを冷静には見られないんです。「これはわかりにくいですね」と言ってもらって初めて思い込みから抜けられる。それほど当事者って見えないし、わからないんですよ。


川上徹也(コピーライター)

人の心を動かすのは、等身大の体験談。格好をつけたり、自分を飾ったりしていては駄目。自分の弱さや失敗を正直に話すほど説得力が高まる。


吉田穂波

締め切りを早めに設定するなど、今までの自分を振り返って「自分がうまく行動できた」ときの時間の使い方を再現することで、時間管理はぐっとうまくいくはずです。


川端裕人

一人の教祖を盲信して痛い目に合わないため、ある程度、自分で勉強する必要があります。


山尾志桜里

民進党には、09年に初めて民主党で当選した議員がとても多い。私たちの期で話をしていると、イデオロギーの左右と、一つひとつの問題の是非を結び付けるという感覚はないんです。これまでの感覚からの解放を進めていきたい。


熊本浩志

プロジェクトXの見すぎかもしれないけど(笑)、ものをつくる行為というのは俺にとってものすごく尊いことなんですよ。だから当然、ものをつくる人も生き生きと働いていると思っていました。ところが、東芝時代に訪れた工場は、薄暗くて冬でも暖房すら入っていない。そこで働く人たちも「ここでつくったものなんて、どうせニッキュッパ(2980円)で売られるんでしょ」とあきらめ顔。


菅原美千子

良好な人間関係を構築するには、とにかく接触回数を増やすしかありません。1週間に1時間話し合うよりも、毎日1分の会話をする方が大切です。


わたなべぽん

最初は簡単なことでいいと思うんです。自分が生活していく中で、「なんか不便だな」「もうちょっといい方法ないかな」ってところから始めるのはいかがでしょう。「こうすべき」という考えを取り払って、自分らしい方法でやればいいと思いますよ。洋服屋さんで、自分に合う洋服を探すのって楽しいですよね。それと同じように、自分の暮らしでも「これは必要だな」「これは要らないかな」っていろいろ試すのも楽しみのひとつだと思います。何かを変えることって、すごくワクワクしますよ。


ショーペンハウエル

どのような不幸に際しても、何よりも強い慰めとは、自分より、もっと不幸な他の人たちを見ることによって得られる。


伊本貴士

次世代テクノロジーの場合、これを学んでおけば安心というものはありません。大きなキーワードだけでも、枚挙にいとまがありません。全部に手を出そうとすると挫折するので、まずは興味のあるところから手をつけましょう。たとえば、教育関係の仕事をしている人なら、「教育×AI×小学生」という視点を軸に、次世代テクノロジーを学んでいく。その方が効率よく、モチベーションを維持しながら学べます。


木川眞

よく耳にする間違いは「いいものをつくれば売れる」という理論です。けれども「いいものってなんですか」と聞くと、実は開発者が誇れるものだったりします。開発者の自己満足がいいものにすり替わってしまうんですね。そうなると、たとえほかにない唯一無二の商品でも、メーカー側の押し売りになるでしょう。一部の消費者は喜ぶでしょうが、これでは爆発的なヒットは生まれません。


ページの先頭へ