名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊藤昌寿の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤昌寿のプロフィール

伊藤昌寿、いとう・よしかず。日本の経営者。「東洋レーヨン(のちの東レ)」社長・会長。東京出身。京都帝国大学卒業後、東洋レーヨンに入社。ナイロン原料の光合成法を開発。開発研究所所長、常務などを経て社長に就任。社名を東レに変更。同社を繊維メーカーから総合化学メーカーへと転換した。

伊藤昌寿の名言 一覧

モノは作るだけでは売れない。メーカーは、マーケティングが前輪、研究開発が後輪の前輪駆動車たるべし。【覚書き:メーカーが成功するには何が必要かと問われた時の返答。ものづくりは売れるものを作ることが前提という誰もが知っているのに忘れがちになることを戒める言葉】


伊藤昌寿の経歴・略歴

伊藤昌寿、いとう・よしかず。日本の経営者。「東洋レーヨン(のちの東レ)」社長・会長。東京出身。京都帝国大学卒業後、東洋レーヨンに入社。ナイロン原料の光合成法を開発。開発研究所所長、常務などを経て社長に就任。社名を東レに変更。同社を繊維メーカーから総合化学メーカーへと転換した。

他の記事も読んでみる

山田隆持

変革を全員参加でやると、意見の集約をするだけでも膨大な時間がかかります。しかし、お客様満足度の向上を目指した変革運動は、やはり本社が旗を振るだけでは駄目なんです。全社員が運動の中身を理解しなくては意味がありません。


斎藤工

ハートランド映画祭という、インディアナポリスのシニアの世代の方たちが作っている映画祭で、上映後に、おばあちゃんが涙しながら「これは私の物語だ」とハグしてきてくださって……本質的なところは万国共通なんだなということを感じました。それと表現方法を、過剰に説明しすぎず、抑制することを意識していたんですが、それでもちゃんと届くんだということも実感できました。


鈴木敏文

我々がとかく目を奪われがちな数字があります。全体の平均値です。人間は、一番大きな数字や平均値にとらわれやすい傾向があります。平均値はある対象をある時点で断面にし、量的に捉えるにはひとつの目安になります。A社とB社を比較するときには、それぞれの平均値を取ればいいでしょう。しかし、個別に何かの課題に対して手を打つとき、平均値と自分の数字を比べても意味がありません。コンビニチェーンのA店は、人口が過疎な地域にありながら、宅配などのサービスを積極的に行なって、1日当たりの売上が50万円だったとします。一方のB店は、人口密度が高く、なおかつ競合もほとんどない恵まれた環境の店にもかかわらず、売上がA店と同じく50万円だったとします。そして、チェーン全体の1日の売上の平均も50万円だった。A店とB店は同じ売上でも、まったく意味合いが異なるのに、どちらも平均値と比べて同じである、などと考えるのは意味があるでしょうか。


遠藤結蔵

今後、店舗はどんどん自動化できるようになっていくでしょう。リユース店舗でいえば、レジはもちろん、お客様からお売りいただく商品の査定まで機械やAI(人工知能)でできるようになるかもしれません。ところが商品を査定したあと、「買取額は○○円になります」とお伝えし、お客様からご承諾をいただくクロージングは人にしかできないと私は思います。というのも、お客様が買取価格や担当者の対応に満足し、気持ちよく帰っていただくことができれば、「またここに商品を売りに来よう」とか「今度は商品を買いに来よう」と思ってくださるようになるからです。実はここがリユース店舗での営業の一番のポイント。最終的にはこうした人と人との接触が大切なのであり、これこそが店舗に人がいることの価値なのです。


柳井正

組織は大きくなると安定を求め、保守的になります。それは、日本の企業の多くが直面する課題です。だから、常にぶち壊して一番いい組織に造り替えていかなければなりません。一つ成功すると、達成感のようなものがあって、これでいんじゃないか、このままずっと続けられるのではないかという錯覚に陥る。しかし、世の中は動いていますからそのままではいけない。


黒石孝

ひと昔前までは銀行に追いつこうと躍起になっていました。しかし、我々と銀行とでは規模も成り立ちも違います。株式会社である銀行にはできない、地域密着を極めたことをやる、そのためのまちづくり推進室であり、生き残りを賭けた挑戦でもありました。


デビッド・テイラー(経営者)

重要なのは、カテゴリー自体の市場を大きくするということ。カテゴリーの成長を加速させながら、市場の成長以上のシェアの伸びをとっていきたいというのが弊社の戦略。


橋下徹

僕が大阪府知事に就任したときに、府庁のある幹部から、まずこう言われたね。「知事、私たちを信じて、役所組織にのびのびと仕事をさせてください。府庁組織が一番円滑に回っていたのは横山ノック知事のときです。横山知事は、すべて『よきにはからえ』『責任は俺が取る』という姿勢でした」この幹部の言葉を聞いて、大阪府庁では「よきにはからえ」は厳禁だと肝に銘じたよ(笑)。ここでもし僕が官僚組織の上に乗っかって「よきにはからえ」という親分肌の組織マネジメントをしていたら、これまでの大阪府政と何も変わらない。官僚では解決・対応できない課題が放置されたままになる。


樋口廣太郎

世間では経営者が夢を語ってぶち上げ、社員たちがそれに沿おうと汲々としている。という例が少なくないようですが、私は逆だと思うんです。社員たちの夢を実現させるために働くのが経営トップだと考えています。


本田健

ほとんどの人たちはお金の『奴隷』の関係で、1か月で使い果たすような報酬しか稼がない生き方をしています。収入が増えても、それに伴って支出も増えて、手元にあまり残りません。年収300万円の人も800万円の人も、「あと10%の収入があれば家計が楽になる」と言うんです。


中山讓治(中山譲治)

自分の仕事に関係のある情報を意識的に定点観測し、フォローしていると、だんだん自分なりの未来予測図が描けるようになり、先読みの力もそれに比例して高まっていきます。管理職には、頭の何割かを戦略思考、世の中はどう流れていくのかを考える訓練に割いてほしいと思います。


東出浩教

ある大手企業の社内報を分析したとき、個々の社員の業績を紹介する記事を掲載していた時期に比べ、チーム単位の業績を紹介していた時期のほうが、会社全体の業績が圧倒的に伸びていたという結果が出ました。「みんなから褒められるチームにいるのだから、自分もメンバーとして恥ずかしくないように頑張ろう」という意識が働くからだと考えられます。