名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

伊藤昌寿の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤昌寿のプロフィール

伊藤昌寿、いとう・よしかず。日本の経営者。「東洋レーヨン(のちの東レ)」社長・会長。東京出身。京都帝国大学卒業後、東洋レーヨンに入社。ナイロン原料の光合成法を開発。開発研究所所長、常務などを経て社長に就任。社名を東レに変更。同社を繊維メーカーから総合化学メーカーへと転換した。

伊藤昌寿の名言 一覧

モノは作るだけでは売れない。メーカーは、マーケティングが前輪、研究開発が後輪の前輪駆動車たるべし。【覚書き:メーカーが成功するには何が必要かと問われた時の返答。ものづくりは売れるものを作ることが前提という誰もが知っているのに忘れがちになることを戒める言葉】


伊藤昌寿の経歴・略歴

伊藤昌寿、いとう・よしかず。日本の経営者。「東洋レーヨン(のちの東レ)」社長・会長。東京出身。京都帝国大学卒業後、東洋レーヨンに入社。ナイロン原料の光合成法を開発。開発研究所所長、常務などを経て社長に就任。社名を東レに変更。同社を繊維メーカーから総合化学メーカーへと転換した。

他の記事も読んでみる

吉田春樹

復興とは、この国難を機として、新しい時代へ向け、これまでの社会組織やインフラを超えた国土や自治体を構築していくことではないだろうか。ただ従前の村や町を復旧するだけでは不十分なのだ。


篠原欣子

会社には10年ごとに垢を落とす変わり目がある。苦しくとも、それは絶対にやらなければならない。


出口治明

大事なのは年齢や社歴ではなく、人を動かす方法を知っているかどうか。


加藤順彦

取引先だったグーグルのカンファレンスに毎年参加していたのですが、06年になってアジアのパートナー企業が急激に増えました。そこで話題にのぼっていたのは中国の検索エンジン大手バイドゥのロビン・リー社長や、アリババのジャック・マー社長です。二人は海外で成功して中国に帰るウミガメ族のシンボル的な存在でした。彼らの活躍を耳にして、ビジネスをやるなら国内より、外で成功して日本に貢献するやり方の方がいいし、自分も若い日本のウミガメを支援したいと考えるようになりました。


鑄方貞了(鋳方貞了)

社史をつくる際には、後継者を編纂(へんさん)に携わらせることをお勧めします。最初は余計な仕事と感じて不満顔をするかもしれませんが、過去の出来事を検討していくうちに、いかに知らないことが多いかを実感していくことでしょう。そして、自社の歴史のエポックメーキングとなった経営判断をめぐって皆で議論していくうちに、「この経営判断の背景にはどんな事情があったのだろう」とか「自分ならどう考え判断しただろう」と想像が膨らんできます。こういったプロセスは、一人前の経営者になるための素晴らしい訓練になるのではないでしょうか。


小池百合子

東京都の全事業の総点検を行いました。その結果、各事業について「期限」が定められているのは全体の約2割で、それ以外の事業には特に期限が定められていませんでした。期限がない場合、見直しのきっかけがないため、惰性で続いてしまうこともありえます。このため、すべての事業に「終期」を設定し、事業評価を行う時期を明確化しました。


福嶋康博

新規事業を成功させるアイデアの種は異業界に眠っている。


平林亮子

富裕層の方々は、いつも節約を心がけています。確かに、大きな家に住み、いい車に乗ってはいますが、収入の割に暮らしは質素です。ときには「ちょっとケチだな」と思われることもあるかもしれません。例えば、自動販売機にお金を使わない主義の方が多い。自分が価値を見いだせないものには一円たりとも出さない意識が徹底しているのではないでしょうか。


榊原定征

私が社長に就任した前年度は創業以来の危機的状況でした。立ち直るために「新しい東レをつくろう」と改革を始めて以来、私は意識改革を唱え、「大企業でも潰れることがある」という危機意識を持ち続けようと言いました。


瀬戸健

失恋をきっかけに大学を目指し、3日間徹夜で勉強し、その後3時間睡眠、そして3日間徹夜の猛勉強という生活を3カ月続けました。結果として目標だった一流大学には合格できませんでしたが、その時に「目標に向かって自分を限界まで追い込む、努力する」ことに幸福感を感じたのです。結果に向かって努力するプロセスの大切さ、幸福感は「ライザップ」にも生かされています。


和才博美

我々通信業界の状況も、ここ10年、ドラスティック(徹底的)に変わり続けています。新しい技術がどんどん出て、さまざまな会社が参入し、前に行くには、常に新しいことを考えなくてはならないのです。失敗を恐れたり過去の成功体験にこだわりすぎていては、理想に向かって前進することができません。


辻本憲三

面白い商品をつくるにはコストと時間を惜しんではいけない。今回の「モンスターハンター:ワールド」だって、4年ぐらい開発に時間をかけました。発売開始から約1か月で750万本を突破しました。通常のソフト開発というのは2年から2年半くらいです。ただ、4年も開発に時間をかけるということは50か月ぐらい同じことをやっているのだから、開発の発想が4年前と同じでは困るわけです。だから、時代の波にうまく乗ることができるような商品開発というのは、なかなか難しい面もありますね。