伊藤昌寿の名言

伊藤昌寿のプロフィール

伊藤昌寿、いとう・よしかず。日本の経営者。「東洋レーヨン(のちの東レ)」社長・会長。東京出身。京都帝国大学卒業後、東洋レーヨンに入社。ナイロン原料の光合成法を開発。開発研究所所長、常務などを経て社長に就任。社名を東レに変更。同社を繊維メーカーから総合化学メーカーへと転換した。

伊藤昌寿の名言 一覧

モノは作るだけでは売れない。メーカーは、マーケティングが前輪、研究開発が後輪の前輪駆動車たるべし。【覚書き:メーカーが成功するには何が必要かと問われた時の返答。ものづくりは売れるものを作ることが前提という誰もが知っているのに忘れがちになることを戒める言葉】


伊藤昌寿の経歴・略歴

伊藤昌寿、いとう・よしかず。日本の経営者。「東洋レーヨン(のちの東レ)」社長・会長。東京出身。京都帝国大学卒業後、東洋レーヨンに入社。ナイロン原料の光合成法を開発。開発研究所所長、常務などを経て社長に就任。社名を東レに変更。同社を繊維メーカーから総合化学メーカーへと転換した。

他の記事も読んでみる

鈴木茂晴

10年以上働き方改革を進めてきた我が社でも、まだ幹部以上は「長時間残業のDNA」がある人が多い。不断の改革が必要だと気を引き締めている。


シェリル・サンドバーグ

政治家に転身する気は全くありません。政治家は大変で、あまり面白くなさそうです。自分には合わないと感じています。女性が政治の分野でも活躍することは大切だと思うので、その分野を目指そうという人の気を削ぐことはしたくないですが、自分には向いていない。


井上明美

状況にふさわしい言葉や表現を使っている、年齢にふさわしい言葉遣いができている、使っている敬語や慣用句が、その人の一部になっている、そのような人には教養を感じる。


大田誠(経営者)

当社のビジネスは、収入のほとんどを行政からの給付金で得ています。報酬体系は1日いくらという基本報酬に加えて、定着実績に応じて加算される仕組みで、実績がない事業者は黒字化へのハードルが高い。この業界は社会福祉法人を含め、事業所ベースで3100あると言われるが、うち33.8%は一人も就職実績がない。このため、実績やノウハウのある優良事業者が残る仕組みになっていて、真面目な事業者ほどメリットを享受しやすい。


筒井義信

新しい携帯端末は本部の顧客データベースとつながっています。お客様と一緒に画面を見ながら、ペーパーレスかつ印鑑レスで各種手続きが完了できます。これによってお客様の利便性が高まると同時に、営業職員の負荷が軽減されます。これまでは、会社に戻って書類を確認したら記入漏れがあり、またお客様のところに足を運ぶといったことがよくありました。こうした部分が効率化されると、ほかの活動に時間を振り分けられ、お客様とのコンタクトの量も増えていくはずです。


山田昭男

バブル経済が崩壊したあと、多くの製造業ではパート従業員や派遣社員を採用するようになった。おそらくその影響だろうが、昔では考えられなかったようなリコールが多発している。リコールといえば格好よく聞こえるが、要は「不良品」のことだ。パートや派遣は15万円しかもらっておらず、ボーナスも少なく、いつ解雇されるか分からず、退職金ももらえない。つまり、将来の保証も何もない。そのためやる気がなく、サボりがちで、技術を覚えない従業員が増えた。極論だが、たぶんそのせいで不良品の発生率が高まってしまったんだろう。


門昌央

相手のことを考えて「叱る」つもりが、話しているうちに感情的になり、いつの間にか「怒る」になってしまう人も多い。つい感情的になって相手の人格を否定するような言葉が口から出てきて、部下はショックを受けてしまう。そうならないためにも、事前に頭を整理しておく方法は有効です。相手に逃げ道をつくっておくことも忘れないようにしましょう。


堀之内九一郎

これも昔から変わらないことなんですが、生活創庫の接待交際費は年間で約100万円。税務署が驚くほどの少なさですが、たまたま昼時に来客があったときに、近所の店でソバを食べる程度ですから、月に10万もあれば十分。実際、酒を飲みながらじゃないと成立しない話なんておかしいでしょ。酒なんか飲まなくても、お互いにメリットのある商談であれば、必ずまとまる。高い料理や酒で接待漬けにしないとまとまらない仕事なんて、そのうちこじれるに決まってます。だから、うちの社内には飲み屋の領収書なんて、一枚もないですよ。経費として決済されないことを皆が知ってますからね。


桃山透

書類を捨てる3つのルール。

  1. 【データ化されているものは捨てる】必要になった場合も、プリントアウトすればOK。
  2. 【一年以上使っていないものは捨てる】期間は仕事内容によって変更しても構いません。
  3. 【上司や先輩に尋ねる】自分だけの判断で迷う場合でも、適切な判断ができます。また、上の人の了解をとっておけば、あとで「なぜ捨てたのか」と言われることもありません。

谷田千里

私が在宅勤務の実現について真剣に考えるようになったのは、社長就任後に2名の社員が退職したのがきっかけでした。私は自分のマネジメントに問題があったのかと思い、その社員たちに「自分に悪いところがあったら改めたいので、辞める理由を正直に教えてほしい」と頼んだのです。すると2人とも、親の介護が理由だと打ち明けました。家で親の面倒を見ながら、オフィスまで毎日通うのは難しいと言うのです。これにはショックを受け、「こんな形で社員を失うのは耐えられない」と思いました。それで、社員が在宅でも仕事ができる環境を作ろうと決心したのです。


糸井重里

新しい仕事を始める時は、様々な壁が立ちはだかります。それは、参考にする前例がないことへの戸惑いなどから生じたりするわけですがそこを突き破るには、やはりアイデアが必要で、「それ面白そう!」と思ってもらえる企画を立てなければいけない。


リード・ホフマン

自分をひとつの事業体と捉え、その事業を成功させる起業家のような意識を持つ人が仕事で成功する。


野中正人

しまむらが勝ち組とかいう組に入った事実はありません。ほかの企業さんが苦戦をなさっているときに苦戦の幅が小さかったというだけで、決して景気の影響を受けてこなかったわけではありません。当社も一番業績が良かったのはバブル時代ですし、リーマンショックのときは初の減収減益も経験しました。ただ、しまむらは急激な落ち込みをせずに済んだというだけです。そのあたりをご評価いただいているということでしょう。
【覚書き|しまむらがデフレの勝ち組と呼ばれたことについてのコメント】


上田清司

06年の県別不登校出現率で、埼玉県は悪い方から数えて8番目。現在は良い方から数えて7番目に来ています。何をやったかと言うと、市町村別に不登校の率を発表して、市町村の長と教育委員長に配っただけなんです。つまりみんなが意識し出した。外から見られていると思うと、それだけでこうなるんです。


野地秩嘉

日本に来た人たちが「これはいい!」と思ったものは、「自分の国にもあってほしい」と思うはず。そこに進出していけばいい。


ページの先頭へ