伊藤昌壽の名言

伊藤昌壽のプロフィール

伊藤昌壽、いとう・よしかず。日本の経営者。東レ社長。東京出身。京都大学卒業後、東洋レーヨン(のちの東レ)に入社。同社で社長・会長を務めた経営者。

伊藤昌壽の名言 一覧

目先の業績をあげるだけならわけはない。次の次の世代のために種を仕込むのが社長の仕事だから苦労する。


目先の業績を上げるだけならわけはない。次の次の世代のために種を仕込むのが社長の最大の仕事です。


伊藤昌壽の経歴・略歴

伊藤昌壽、いとう・よしかず。日本の経営者。東レ社長。東京出身。京都大学卒業後、東洋レーヨン(のちの東レ)に入社。同社で社長・会長を務めた経営者。

他の記事も読んでみる

柳井正

これから問われるのは、自分の頭で判断して、決めること。周りの空気、隣の人の行動に左右されるなんてことは情けないことだ。


迫俊亮

現場での仕事から学んでいくことも当然重要ですが、それだけでなく「どうすれば経営者的な立場で仕事ができるか」を考えてみて欲しい。


名越康文

能力があっても、うまくいく人といかない人の違いが出るのは、集中力の有無。


横田雅俊

一生懸命に指導しているのに、なぜ部下は変わらないのか。何を言っても響かない部下を見て、このように悩んでいるマネジャーの方は多いことと思います。しかし、それはお互いさまでもあります。じつは部下の側も上司に対して、自分はこんなに頑張っているのになぜわかってくれないのかと、もどかしい思いを抱いています。


田原総一朗

気持ちを絞り込む必要はない。チャンスがあればいつでもやってやるという気持ちを大事にすべき。


三谷幸喜

なにかを決める時、一種の賭けに出るのは必要なこと。


上田研二

定年を過ぎても気力や体力のある方々に生きがいを提供したい。


樽見茂

使える情報は、ありとあらゆるものを使う。今日見たものも、聞いたこと、人に話したこと、すべてが考えるための材料です。


田中孝司(経営者)

政府から指導されたからやるのではなく、あくまで自分たちがお客様のほうを見てやることが大切。


ジャック・ウェルチ

花を育てるには、肥料と水を両手に持って、常に両方をかけなくてはいけない。うまく育てば美しい花壇になる。育たなければ抜くしかない。経営もそれと同じだ。


前田勝之助

社会の基本的な価値観や倫理観が崩れ、若者が迷っているいまだからこそ、いま一度、先人が歩いた道をきちんと教え、改めてそれらの価値を社会が共有することが必要なのではないでしょうか。


津坂純

飛躍的な業務改革は、同じ秩序の中ではなかなかできません。人材の根本的な補強が必要です。


元谷芙美子

チャンスを逃がすわけにはいきません。もっともっと前に前に出て行きます。


嶋浩一郎

企画書などでやたらと細かい話から始めるのもNGです。これは仕事ができる優秀な人材がやってしまいがちです。細かい数字や統計データを持ち出して、論理的に説明しようとしているのでしょうが、何を伝えたいのかが伝わらず、読む気がしなくなってしまいます。


山西健一郎

何かの課題を解決する際に、まず必要なのは問題の見える化です。問題が見える化できれば半分は解決ですが、もちろんそこで終わりではありません。その後、その問題をいかに取り除き、具体的にどう解決するかという仮説・推論が必要となってきます。このアブダクション(仮説的推論)のプロセスを手帳に書き出しています。


ページの先頭へ