伊藤整の名言

伊藤整のプロフィール

伊藤整、いとう・せい。日本の小説家、詩人、文芸評論家。北海道出身。東京商科大学(のちの一橋大学)中退後、金星堂編集部に入社。日本大学芸術科講師、新潮社文化企画部長、旧制光星中学校英語教師、北海道帝国大学予科講師、日本文芸家協会理事、早稲田大学第一文学部講師、東京工業大学専任講師などを経て東京工業大学教授に就任。そのほか日本ペンクラブ副会長、日本近代文学館理事長などを務めた。

伊藤整の名言 一覧

いつも自分を少しだけ無理な状態の中に置くようにしなさい。


夕映(ゆうば)えが美しいように、老人の場所から見た世界は美しいのです。


伊藤整の経歴・略歴

伊藤整、いとう・せい。日本の小説家、詩人、文芸評論家。北海道出身。東京商科大学(のちの一橋大学)中退後、金星堂編集部に入社。日本大学芸術科講師、新潮社文化企画部長、旧制光星中学校英語教師、北海道帝国大学予科講師、日本文芸家協会理事、早稲田大学第一文学部講師、東京工業大学専任講師などを経て東京工業大学教授に就任。そのほか日本ペンクラブ副会長、日本近代文学館理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

桑原豊(経営者)

若い頃に抱いた自分の喫茶店の夢を捨てたわけではありません。今はワタミの経営にやりがいを感じているので、その夢を休憩しているだけ。将来、老眼にならないうちに、やりたいと思っています(笑)。


貝原益軒

心を平(たい)らかにし、気を和(わ)にす。これ身を養い、徳を養うの工夫。


山下勝(経営学者)

従来の組織間理論では上司一人に対して部下は7から8人が適正とされていましたが、メールなどの情報ツールの発達で現在の管理職は10から20人の部下を抱えることも可能という意見もあります。しかし、この議論は大いに疑問です。確かに業務上の報告・連絡ならメールでも可能です。しかし本来、上司が部下に仕事を与えるときは、部下と話し、様子を観察して仕事を割り振る必要があります。メールではこの部分がフォローできません。報連相の相談の部分がスッポリ抜けてしまうのです。


茂木克己

人間やる気が起こると、それまで眠っていた能力にも火がついて、思いがけない力を発揮します。こうした人間が増えることによって、企業が活性化されるのです。


ロッシェル・カップ

終身雇用や年功序列、頻繁な人事異動に表れる人事管理への伝統的な日本式アプローチは高度成長期の日本では機能していました。しかし、変化が激しいこの時代では機能しなくなってきました。今こそ変革が必要。


安田隆夫

振り返ってみると、大きな危機に陥るほど、その後大きく成長した。だから危機はいわば、「成長痛」のようなものだったのかもしれない。


井上雄彦

「何らかの価値がある絵を描かなきゃいけない」とか、「誰かに期待されてそれに応える」絵ということじゃなく、誰も待っていない絵を、誰にも頼まれずにただ描く、そういう人になりたい。


谷藤吉郎

ネバダでの金の採掘を始めて、今年で8年になります。その間安定した成長を遂げることができたわけです。そこで、さらなる発展のために、収益構造と財務体質の抜本的な改革に着手します。これを第2の創業と呼んでいるのです。


藤田晋

仕事をする時は「無理なく無駄なく目標を達成する方法はないか」を考えると思いますが、「新しいこと」をする時には、こうした「効率的」な考え方はかえって「非効率」な結果を生むことが多い。想像の範囲の中で考え抜いて導き出した「最適解」や「最短コース」は間違っていることが多く、途中でやり直すはめになるからです。しかも、環境や社内ルールの変化など想像以外の要因で自分が描く「最短コース」が覆されることもあります。では、どうしたらいいか。それは、思いついたこ一とを「全部やる」こと。


マルクス・アウレリウス・アントニヌス

名声を追う者は、他人の行動に己自身の善を置く。快楽を追う者は、善を己の官能に置く。賢者は己の行いに善を置く。


澤上篤人

だいたい、日本株市場の展望などと言っている暇があったら、さっさと株を買えばいいだけのこと。相場なんて、皆が買えば上がるんだから。


大串亜由美

初対面の場合、過去の話を延々とするのはご法度です。この人は前向きに生きている人間なんだと思わせなくては、なかなか実際のビジネスにはつながらないと思います。


永持孝之進

現在の仕事にどれだけ真剣に取り組み、自分を磨いているか、そういう社風を作っていくしかありません。そういう社風ができていれば、無理にこちらが育てなくても能ある鷹はひとりでに出てくるものです。


福井威夫

想像を超える困難な状況の中で、自分で何とかしないとダイレクトに結果に表れてきます。誰も教えてくれない。失敗はしたくないが、失敗を恐れていたら何もできない。必要な情報や知識をどんどん吸収し、あらゆる力を一点に集中して突破する。そして、見事成功したときは達成感に浸る。こうした修羅場体験を経ると、ひと皮も、ふた皮も向けて力をつけることができます。


ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)

人それぞれ、境遇と才能にふさわしい顔がある。その顔をやめて他の顔にすれば必ず失敗する。自分にとって自然な顔を心得て、それを置き忘れず、できるだけ良い顔にしようと努めなければならない。


ページの先頭へ