名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

伊藤慎介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤慎介のプロフィール

伊藤慎介、いとう・しんすけ。日本の経営者。小型モビリティメーカー「rimOnO(リモノ)」社長。京都大学大学院修了。通商産業省(のちの経済産業省)に約15年勤務したのちリモノを設立。

伊藤慎介の名言 一覧

この会社でやろうとしていることは、小さな電気自動車を作って、世の中に新しい移動手段を提供すること。


新しい物の構想を持っている人と、それを実際に作ることができる人がコラボレーションしながら、世の中にはないけど消費者には面白いと思ってもらえるプロダクトを次々と世の中に送り出していく。我々がやろうとしていることもそういうことです。そのための最初の取り組みが超小型の電気自動車なのです。


我々は自動車を作るって言っていますけど、実際に目指している乗り物は実は自転車に近いものです。自転車から「あがる」乗り物に挑戦しようというわけです。決して僕らは、軽自動車とか乗用車とか、立派なクルマと頭からケンカするつもりはないんです。そもそも、勝てる相手じゃないですしね(笑)。


コンセプトカー「Camatte(カマッテ)」に乗った瞬間に「こういうクルマなら自分も欲しいし、世の中の人もそう思うのではないか」と思った。「やるなら本気でやりましょう」という話になって、リモノという会社を立ち上げることになった。


東京都内でも、渋谷や六本木にあるITやアプリの会社が大田区のモノづくり系中小企業とコラボレーションするとすごいことが起こるんじゃないかと思います。あるいは墨田区でもいい。でも、渋谷や六本木の人たちは「大田区は大田区で違う世界だよね」と見えてしまっているから、なかなか蒲田に行ってコラボしようということにならないわけです。ところがシリコンバレーではこれからはモノづくりが面白いと言って、ITとかソフトウェアの分野で活躍していた人たちがこぞってモノづくりに挑戦し始めています。でも、残念ながらシリコンバレーには大田区、墨田区、東大阪など想像を超えるアウトプットを出せるモノづくりの産業基盤がないので、日本と同じようなことはできないはずです。日本はとても恵まれていると思いますよ。


日本の中小企業の多くは大企業からの仕事さえあれば会社が経営できていましたが、徐々にそれでは成り立たなくなってきています。そのため新しいことに挑戦しなければならないという問題意識はあるのですが、何をやればよいのかと悩んでいるケースが多いように感じます。そこで、我々の方からやってほしいことをお願いできないかと考えています。多くの中小企業には優れた技術やノウハウがありますので、「こういうことをやりたい」「こういうものを作りたい」「あなたの会社の技術をこういう風に使いたい」と言えば、我々が想定していた以上のアウトプットを出してくれると思います。


仕事に対して受け身で、与えられた仕事だけやればいいと思ってやっている人なのか、チャンスがあれば少しでも自ら動こうと思っている人なのか、割合は異なるかもしれませんが、どんな組織であってもどちらのタイプの人もいるわけです。役人だからみんな固い、上から目線だというようなステレオタイプでとらえてしまうと、向こうも「そういう目で見るのであれば、こちらもそのことを前提で付き合うしかない」となってしまいます。どの組織にいても人それぞれなんですよ。


役所の人というと「固い」とか「気難しい」といったイメージでとらえている人が多いですが、企業でも大学でも色々な人がいるように、役所の中にも色々な人がいることを理解してもらいたい。実際に、役所の中にも「世の中を動かしたい」とか「新しいことをしたい」と思っている人はたくさんいるんですよ。したがって、大切なのはそういう人たちとうまく知り合って、彼らが手伝いたいと思うような関係性を作ることです。


国や地方自治体の支援制度に応募するときに注意しないといけないのは、お金がもらえるからと言って自分の会社がやろうとしていることに合わないものに応募すること。補助金の中には厳しい条件が課されているものもありますので、採択された結果、本来やりたくないと思っていたことをやらざるを得なくなって事業自体がうまくいかなくなってしまうリスクもあるので、そこは応募する前にちゃんと考えたほうが良いと思います。


確かに今のクルマは相当排ガスがクリーンになりましたし、静かになりました。でも、仮に電気自動車のように静かなクルマのみが街中を走るとしたらどう思いますか? 都心であってもオープンカフェやオープンレストランが立ち並び、天気の良い日はオフィスやおうちの窓を開けたくなると思うんですよ。そういう生活が送れるようになると毎日が豊かになった気がしませんか?


業界を動かし、勝つための仕組みを作り出す官の役割は今の時代にも必要だと思う。例えば、経産省が力を入れる「第4次産業革命」には国内企業しか参加していないが、国内だけの独自制度を作っても意味がない。場合によっては海外勢を巻き込むといった大局に立った判断が必要になる。それは民には担いきれない役割だからだ。


経産省は「天下り」ではなく、最前線で活躍する20~30代の若手官僚にもっと民での経験を積ませたらどうか。現在も官民人事交流制度があるが、数年で戻ってくることが決まっているため、「お客さん」扱いで終わってしまい、意味がない。プロジェクトが完了するまで責任を持たせることで、OBたちが各界で活躍するリクルートや日本IBMのような、人材輩出機関になるべきだろう。


経産省は「仮説のデパート」と揶揄される。いわゆる監督官庁ではないため、仮説を提唱しないと予算を得られないからだ。一方、担当者は2~3年で異動し、仮説の実行フェーズまで関われず、言いっ放しだけで終わってしまうことが多い。経産省には頭の良い人が多く、仮説作りもうまい。でも実行されなかったら仮説は机上の空論にすぎない。その点にジレンマを感じ、役所を飛び出して超小型EV(電気自動車)開発ベンチャーを自ら立ち上げることを決心した。


伊藤慎介の経歴・略歴

伊藤慎介、いとう・しんすけ。日本の経営者。小型モビリティメーカー「rimOnO(リモノ)」社長。京都大学大学院修了。通商産業省(のちの経済産業省)に約15年勤務したのちリモノを設立。

他の記事も読んでみる

樺島弘明

今、当社が意識しているのは中堅・中小企業に対するデジタル活用の支援です。多くの仕事に取り組んでいると、その会社独自のものと、各企業で共通化できるものとが見えてきます。今、共通化できる部分をパッケージ化して提供していこうとしています。営業コストゼロで我々の経験をパッケージ化したものをご提供することができます。


小田禎彦

料理自動搬送の導入を決めたのは、客室係が辞める最大の理由が「料理を運ぶのがつらい」というものだったからです。料理自動搬送システムを導入して以降客室係の平均勤続年数は10年を超えました。また、料理を運ぶ時間や労力が軽減されたので、接客に一段と集中できるようにもなりました。


石原加受子

未来は必ずネガティブな方向に転ぶわけではありません。ポジティブに予測できる要素も、現状には必ず存在するはずです。不安に陥る人はそれを見過ごし、否定的な見方へと傾きすぎるのです。不安を解決する方法とは、公平な見方をすることというこの一点に尽きます。


相田雪雄

もしかしたら、子供の運動会より会社の運動会を優先させる社員もいるかもしれない。それが会社に尽くす証だと思われたらとんでもない。家族を犠牲にして平気な社員が上に立つようでは、およそ尊敬される会社にはなりえない。子供の運動会に参加する方がよっぽど意味がある。


青井宏和

休日に動物園や水族館に行くことが多いですね。それがヒントになることがよくあります。動物にしろ魚にしろ、人工物ではない美しい姿が多くの人を魅了します。文具はまず機能や使いやすさを追求して形を作ってデザインを考えるんですが、動物や魚のシルエットを取り入れるケースもあります。ヒットした「ハリナックス」がまさにそうでした。


澤田秀雄

ハウステンボスを先端技術の拠点にする企画を進めています。今、どんどんベンチャーを育てています。ハウステンボスの敷地は私有地なので、規制を受けずに実験ができる。今後はハウステンボスからいろんな技術が世界に出て行くでしょう。


三田紀房

周囲の期待や要求に応えていくとき「ボランティア精神が大切」とか、「本当はイヤだけど仕方なく」という気持ちでやろうとすると、それは続かなくなります。そうではなくて、こちらのリターンも考えるんです。たとえば、講演会で1時間なり1時間半なり直接顔を突き合わせて話せば、その場にいる人たちの心に強い印象を残すことができます。そのうちの何人かは僕に親近感を抱いてくれて、読者になってくれることもあるでしょう。つまり、相手の立場に立って、その期待に応えることで、自分も何らかの価値を手に入れられるわけです。そんなふうにドライに捉えた方が人付き合いは楽になるのではないかと思います。


村山滋

ヘリコプターや小型飛行機の開発は、6~7年かかる長期プロジェクトです。設計図を描いて風洞試験や強度試験を繰り返し、様々な部品を組み立てていくのですが、私の経験では決まって最終段階で深刻なトラブルに見舞われます。一生懸命やって飛行直前までこぎ着けたのに、なぜこんな不具合が起きるのか。青い月明かりに照らされながら、何度も情けない思いに打ちのめされました。しかし嘆いていても意味がありません。初飛行の期限は決まっているので、やるしかない。そうした状況で開発チームのリーダーは何をすべきなのか。私は不具合を「楽しむ」ことだと思います。実は、最終段階で起きる不具合こそが面白い。単純ミスではなく、様々なチェックをくぐり抜けて発生した、極めて高度な問題だからです。速度を出したり、長時間空を飛んだりしなければ分からないトラブルもあります。エンジニアの腕の見せどころでしょう。


岩崎裕美子

仕事環境を整えるため、弊社では改善提案制度を導入しています。ホームページ改善、書籍代負担など、改善提案をした社員には1件につき500円を支給する制度です。昨年は600件寄せられました。もちろん、何でも採用するわけではありません。少しでも迷いが生じる提案には期間を設けて試験的に実施していますし、反響がない制度は随時廃止しています。


栗山年弘

お客様ごとにビジネスの進め方は全く違います。例えば、存在が大きくなりつつある中国のお客様へは、やはり中国流でないと売れません。製品開発でも同様に日米欧のみならずアジアやASEANそれぞれに開発の進め方は異なり、個々に対応する必要があります。


熊本浩明

重要なのが、現地企業へ経営理念や事業の意義などを浸透させること。社会に対してどのような価値を提供していくのか。自社グループの存在意義はどこにあるのか。そうしたことが共有されると、一人一人やるべきことが見えてきますし、優先順位も明確になる。


岩井俊憲

ビジネス人生を卒業することになっても、人生そのものを卒業する段階ではありません。ビジネス人生で果たせなかったものを、これからの人生でまだまだ実現することが可能です。人生を二毛作にして、まだまだ貢献できるものがあることを忘れないように。