名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤慎介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤慎介のプロフィール

伊藤慎介、いとう・しんすけ。日本の経営者。小型モビリティメーカー「rimOnO(リモノ)」社長。京都大学大学院修了。通商産業省(のちの経済産業省)に約15年勤務したのちリモノを設立。

伊藤慎介の名言 一覧

この会社でやろうとしていることは、小さな電気自動車を作って、世の中に新しい移動手段を提供すること。


新しい物の構想を持っている人と、それを実際に作ることができる人がコラボレーションしながら、世の中にはないけど消費者には面白いと思ってもらえるプロダクトを次々と世の中に送り出していく。我々がやろうとしていることもそういうことです。そのための最初の取り組みが超小型の電気自動車なのです。


我々は自動車を作るって言っていますけど、実際に目指している乗り物は実は自転車に近いものです。自転車から「あがる」乗り物に挑戦しようというわけです。決して僕らは、軽自動車とか乗用車とか、立派なクルマと頭からケンカするつもりはないんです。そもそも、勝てる相手じゃないですしね(笑)。


コンセプトカー「Camatte(カマッテ)」に乗った瞬間に「こういうクルマなら自分も欲しいし、世の中の人もそう思うのではないか」と思った。「やるなら本気でやりましょう」という話になって、リモノという会社を立ち上げることになった。


東京都内でも、渋谷や六本木にあるITやアプリの会社が大田区のモノづくり系中小企業とコラボレーションするとすごいことが起こるんじゃないかと思います。あるいは墨田区でもいい。でも、渋谷や六本木の人たちは「大田区は大田区で違う世界だよね」と見えてしまっているから、なかなか蒲田に行ってコラボしようということにならないわけです。ところがシリコンバレーではこれからはモノづくりが面白いと言って、ITとかソフトウェアの分野で活躍していた人たちがこぞってモノづくりに挑戦し始めています。でも、残念ながらシリコンバレーには大田区、墨田区、東大阪など想像を超えるアウトプットを出せるモノづくりの産業基盤がないので、日本と同じようなことはできないはずです。日本はとても恵まれていると思いますよ。


日本の中小企業の多くは大企業からの仕事さえあれば会社が経営できていましたが、徐々にそれでは成り立たなくなってきています。そのため新しいことに挑戦しなければならないという問題意識はあるのですが、何をやればよいのかと悩んでいるケースが多いように感じます。そこで、我々の方からやってほしいことをお願いできないかと考えています。多くの中小企業には優れた技術やノウハウがありますので、「こういうことをやりたい」「こういうものを作りたい」「あなたの会社の技術をこういう風に使いたい」と言えば、我々が想定していた以上のアウトプットを出してくれると思います。


仕事に対して受け身で、与えられた仕事だけやればいいと思ってやっている人なのか、チャンスがあれば少しでも自ら動こうと思っている人なのか、割合は異なるかもしれませんが、どんな組織であってもどちらのタイプの人もいるわけです。役人だからみんな固い、上から目線だというようなステレオタイプでとらえてしまうと、向こうも「そういう目で見るのであれば、こちらもそのことを前提で付き合うしかない」となってしまいます。どの組織にいても人それぞれなんですよ。


役所の人というと「固い」とか「気難しい」といったイメージでとらえている人が多いですが、企業でも大学でも色々な人がいるように、役所の中にも色々な人がいることを理解してもらいたい。実際に、役所の中にも「世の中を動かしたい」とか「新しいことをしたい」と思っている人はたくさんいるんですよ。したがって、大切なのはそういう人たちとうまく知り合って、彼らが手伝いたいと思うような関係性を作ることです。


国や地方自治体の支援制度に応募するときに注意しないといけないのは、お金がもらえるからと言って自分の会社がやろうとしていることに合わないものに応募すること。補助金の中には厳しい条件が課されているものもありますので、採択された結果、本来やりたくないと思っていたことをやらざるを得なくなって事業自体がうまくいかなくなってしまうリスクもあるので、そこは応募する前にちゃんと考えたほうが良いと思います。


確かに今のクルマは相当排ガスがクリーンになりましたし、静かになりました。でも、仮に電気自動車のように静かなクルマのみが街中を走るとしたらどう思いますか? 都心であってもオープンカフェやオープンレストランが立ち並び、天気の良い日はオフィスやおうちの窓を開けたくなると思うんですよ。そういう生活が送れるようになると毎日が豊かになった気がしませんか?


業界を動かし、勝つための仕組みを作り出す官の役割は今の時代にも必要だと思う。例えば、経産省が力を入れる「第4次産業革命」には国内企業しか参加していないが、国内だけの独自制度を作っても意味がない。場合によっては海外勢を巻き込むといった大局に立った判断が必要になる。それは民には担いきれない役割だからだ。


経産省は「天下り」ではなく、最前線で活躍する20~30代の若手官僚にもっと民での経験を積ませたらどうか。現在も官民人事交流制度があるが、数年で戻ってくることが決まっているため、「お客さん」扱いで終わってしまい、意味がない。プロジェクトが完了するまで責任を持たせることで、OBたちが各界で活躍するリクルートや日本IBMのような、人材輩出機関になるべきだろう。


経産省は「仮説のデパート」と揶揄される。いわゆる監督官庁ではないため、仮説を提唱しないと予算を得られないからだ。一方、担当者は2~3年で異動し、仮説の実行フェーズまで関われず、言いっ放しだけで終わってしまうことが多い。経産省には頭の良い人が多く、仮説作りもうまい。でも実行されなかったら仮説は机上の空論にすぎない。その点にジレンマを感じ、役所を飛び出して超小型EV(電気自動車)開発ベンチャーを自ら立ち上げることを決心した。


伊藤慎介の経歴・略歴

伊藤慎介、いとう・しんすけ。日本の経営者。小型モビリティメーカー「rimOnO(リモノ)」社長。京都大学大学院修了。通商産業省(のちの経済産業省)に約15年勤務したのちリモノを設立。

他の記事も読んでみる

出原洋三

必死で英語を学べば、かなりのコミュニケーションが可能になります。仕事抜きの会食など、通訳を連れていけないときに、どの程度会話ができるかはものすごく大事です。


津村記久子

私にとって、書くことは、ある意味ライフワークそのものなんです。使命感とか気負いとかでなく、日常というか。子供が家に帰って宿題するみたいに、当たり前のこととして書いています。小説を本格的に書き始める前は、体は楽やったけど、ふわふわとして地に足が着いていませんでした。小説を書くことで日課ができた。今の方がずっと安定していますね。


田母神俊雄

指揮の本質は意志の強制です。自分がこうしたいと思ったことを部下に「やれ」と命じてやらせること。しかし、部下は上司に命令されたからやるとは限りません。「この人の言うことならやろう」「あの人の命令は聞きたくない」というのは、人間として当然あることです。だから指揮官、つまり上司には、部下に「この人の言うことはやらなくてはいけない」と思わせる能力がなくてはならない。それが統御です。統御の裏づけがあって初めて意志の強制、つまり指揮が出来るということです。


山本徳次

この3月に名誉会長になりました。30代の初めから会社をやってきましたので、もう代わらなあかんなと。ただ、もう代わったんだからやかましいこと言うなと言われますけど、工場や店などの現場に顔を出すのは相変わらずですね。これは変わりません。ちょっとでも時間があったら現場に行かないと気が済まんのです。


杉山博孝

我々は、投資資金が入るのであれば出し手は海外の投機家でも構わないという考え方はしません。むしろ重要視するのは、開発する街をどうマネジメントするか、どう魅力を高めるかという点です。そこが折り合わなければパートナーとなることはありません。


松岡正剛

電子書籍もホント同じ轍を踏みつつある。「書籍」がつくと、とたんに新しい発想が出ない。ブログやツイッターのようにまだ電子屋のほうが面白いものをつくる。


望月実

ひとつの数字や現象から多くの情報を引き出すにはどうすればよいのか。株価が上がったというニュースが流れたとします。普通はそれを聞いただけで終わりがちなのですが、それは「相対的に貯金の価値が下がったということではないか」とその裏側も考えてもらいたい。ガソリン価格が上がると、日本ではデメリットばかりが指摘されます。しかし、その一方で産油国の中東やロシアに資金が集まるわけで、「そこにモノを売れないか」という発想も成り立つ。表と裏の両方を見ておくのが大切だと思います。


カルロス・ゴーン

リーダーとは一体何か。私の答えは一言に尽きます。「変革者」、すなわち現実を実際に変える人です。これは、政治でもビジネスでも社会でも同じことです。


渡邉美樹

20世紀型の「もっと、もっと」で豊かになったのか、「もっと高級なものを」「もっと贅沢を」と求めていた幸せが、はたして本当に幸せだったのかと、みんなが考え始めたのでしょう。利己的な物欲から心の豊かさや共生、共助といったことに人々が向き始めたということだと思います。これは震災報道の影響もあるでしょうね。ニュースを通じて、家族や地域の絆、助け合いの大切さが、連日報じられています。それらに触れて、改めてそういったものの大切さに気付かされたことが、変化のきっかけになったのではないでしょうか。


越智仁

三菱レイヨンのこれまでを振り返ると、苦しい時期が長かった。しかしながら、苦しみ、力を蓄え、数々の困難を乗り越えてきたからこそ、本当に人が強い。実直で粘り強い人間ばかりです。再び厳しい局面が訪れるかもしれませんが、こうした社員の力があればきっと乗り越えられる。苦難の時代も当社にとって決して無駄ではなかったのだと思います。


藤田晋

ベテラン社員は「自分のやり方」にこだわる傾向がある。これは「新しいこと」をする時に足かせになる。


今村暁

学習塾の運営や経営者のコンサルタントをしていく中で私が感じたのは、皆、自信を失いつつあることでした。そこで、目標を持つ大切さに気づくために、日記をツールとして使うようにしたのです。結果、メンタルが不調だった人たちにも日記は効果を発揮し始め、多くの人が自信を取り戻し、ビジネスの成果を出しました。書くことは2つです。1つは未来。これからの目標ややりたいことです。もうひとつが現在で、その日の達成感や出来事に対して感情を含め記録していくことです。