伊藤慎介の名言

伊藤慎介のプロフィール

伊藤慎介、いとう・しんすけ。日本の経営者。小型モビリティメーカー「rimOnO(リモノ)」社長。京都大学大学院修了。通商産業省(のちの経済産業省)に約15年勤務したのちリモノを設立。

伊藤慎介の名言 一覧

この会社でやろうとしていることは、小さな電気自動車を作って、世の中に新しい移動手段を提供すること。


新しい物の構想を持っている人と、それを実際に作ることができる人がコラボレーションしながら、世の中にはないけど消費者には面白いと思ってもらえるプロダクトを次々と世の中に送り出していく。我々がやろうとしていることもそういうことです。そのための最初の取り組みが超小型の電気自動車なのです。


我々は自動車を作るって言っていますけど、実際に目指している乗り物は実は自転車に近いものです。自転車から「あがる」乗り物に挑戦しようというわけです。決して僕らは、軽自動車とか乗用車とか、立派なクルマと頭からケンカするつもりはないんです。そもそも、勝てる相手じゃないですしね(笑)。


コンセプトカー「Camatte(カマッテ)」に乗った瞬間に「こういうクルマなら自分も欲しいし、世の中の人もそう思うのではないか」と思った。「やるなら本気でやりましょう」という話になって、リモノという会社を立ち上げることになった。


東京都内でも、渋谷や六本木にあるITやアプリの会社が大田区のモノづくり系中小企業とコラボレーションするとすごいことが起こるんじゃないかと思います。あるいは墨田区でもいい。でも、渋谷や六本木の人たちは「大田区は大田区で違う世界だよね」と見えてしまっているから、なかなか蒲田に行ってコラボしようということにならないわけです。ところがシリコンバレーではこれからはモノづくりが面白いと言って、ITとかソフトウェアの分野で活躍していた人たちがこぞってモノづくりに挑戦し始めています。でも、残念ながらシリコンバレーには大田区、墨田区、東大阪など想像を超えるアウトプットを出せるモノづくりの産業基盤がないので、日本と同じようなことはできないはずです。日本はとても恵まれていると思いますよ。


日本の中小企業の多くは大企業からの仕事さえあれば会社が経営できていましたが、徐々にそれでは成り立たなくなってきています。そのため新しいことに挑戦しなければならないという問題意識はあるのですが、何をやればよいのかと悩んでいるケースが多いように感じます。そこで、我々の方からやってほしいことをお願いできないかと考えています。多くの中小企業には優れた技術やノウハウがありますので、「こういうことをやりたい」「こういうものを作りたい」「あなたの会社の技術をこういう風に使いたい」と言えば、我々が想定していた以上のアウトプットを出してくれると思います。


仕事に対して受け身で、与えられた仕事だけやればいいと思ってやっている人なのか、チャンスがあれば少しでも自ら動こうと思っている人なのか、割合は異なるかもしれませんが、どんな組織であってもどちらのタイプの人もいるわけです。役人だからみんな固い、上から目線だというようなステレオタイプでとらえてしまうと、向こうも「そういう目で見るのであれば、こちらもそのことを前提で付き合うしかない」となってしまいます。どの組織にいても人それぞれなんですよ。


役所の人というと「固い」とか「気難しい」といったイメージでとらえている人が多いですが、企業でも大学でも色々な人がいるように、役所の中にも色々な人がいることを理解してもらいたい。実際に、役所の中にも「世の中を動かしたい」とか「新しいことをしたい」と思っている人はたくさんいるんですよ。したがって、大切なのはそういう人たちとうまく知り合って、彼らが手伝いたいと思うような関係性を作ることです。


国や地方自治体の支援制度に応募するときに注意しないといけないのは、お金がもらえるからと言って自分の会社がやろうとしていることに合わないものに応募すること。補助金の中には厳しい条件が課されているものもありますので、採択された結果、本来やりたくないと思っていたことをやらざるを得なくなって事業自体がうまくいかなくなってしまうリスクもあるので、そこは応募する前にちゃんと考えたほうが良いと思います。


確かに今のクルマは相当排ガスがクリーンになりましたし、静かになりました。でも、仮に電気自動車のように静かなクルマのみが街中を走るとしたらどう思いますか? 都心であってもオープンカフェやオープンレストランが立ち並び、天気の良い日はオフィスやおうちの窓を開けたくなると思うんですよ。そういう生活が送れるようになると毎日が豊かになった気がしませんか?


業界を動かし、勝つための仕組みを作り出す官の役割は今の時代にも必要だと思う。例えば、経産省が力を入れる「第4次産業革命」には国内企業しか参加していないが、国内だけの独自制度を作っても意味がない。場合によっては海外勢を巻き込むといった大局に立った判断が必要になる。それは民には担いきれない役割だからだ。


経産省は「天下り」ではなく、最前線で活躍する20~30代の若手官僚にもっと民での経験を積ませたらどうか。現在も官民人事交流制度があるが、数年で戻ってくることが決まっているため、「お客さん」扱いで終わってしまい、意味がない。プロジェクトが完了するまで責任を持たせることで、OBたちが各界で活躍するリクルートや日本IBMのような、人材輩出機関になるべきだろう。


経産省は「仮説のデパート」と揶揄される。いわゆる監督官庁ではないため、仮説を提唱しないと予算を得られないからだ。一方、担当者は2~3年で異動し、仮説の実行フェーズまで関われず、言いっ放しだけで終わってしまうことが多い。経産省には頭の良い人が多く、仮説作りもうまい。でも実行されなかったら仮説は机上の空論にすぎない。その点にジレンマを感じ、役所を飛び出して超小型EV(電気自動車)開発ベンチャーを自ら立ち上げることを決心した。


伊藤慎介の経歴・略歴

伊藤慎介、いとう・しんすけ。日本の経営者。小型モビリティメーカー「rimOnO(リモノ)」社長。京都大学大学院修了。通商産業省(のちの経済産業省)に約15年勤務したのちリモノを設立。

他の記事も読んでみる

坂本孝

目に見えない絶対的な法則がありましてね。死ぬほど努力をした人に神様は必ずご褒美をくれるんです。


古森重隆

強い組織とは贄肉を落としたスリムな組織。そして、それが強靱な体質につながる。


三村明夫

リーダーにとって自分の意見をみんなに理解してもらう能力というのは非常に大事だと思うんですよね。個性を明確にするのは必要だけれど、自分の言葉で分かりやすく喋れるということが大事だと思います。


喜久川政樹

私が昇格できた理由は、ひと言でいえば、ネバーギブアップで仕事に取り組んできたからでしょうか。私が入社した当時の第二電電(のちのKDDI)は事業を始めたばかりで、売上げはほとんどゼロでした。私の仕事は、東京を起点に、大阪や北海道までネットワークを構築する業務でした。ネットワークというと聞こえがよいのですが、実際に行なったのは、鉄塔建設と用地買収の仕事です。具体的には、やぶこぎ(クマザサなどの薮をかき分けて進むこと)をして山に登ったり、市役所や町役場の職員や地権者の方と交渉したりしていました。土台になったかどうかはわかりませんが、ネットワークづくりを進めるなかで、全国津々浦々を回って、土地土地のもつ特徴が実感としてわかりました。鉄塔の建設をするために地権者の方と話し合う、説明力や交渉力の基礎も身についたと思っています。


加藤修一(経営者)

当社でも、社内でポイント制を入れないと競争に勝てないという声が強くなったことがあります。私も折れて、設備を整え導入目前までいきました。でも「ポイントの分を売価にどのくらい乗せればいいか」という話になった時にやめました。どう考えても本末転倒だからです。お客様のためのようで、そうなっていない。今も当社は店頭では現金値引きをしていますが、その方がお客様のお得になると考えているからです。


平野岳史

なるべくリスクが少ない形で起業したいと思っていましたから、思う存分チャレンジするために一番いい年齢は25歳くらいじゃないかな、と考えて決めたんです。


柳井正

自分はこれをやりたいと心底思わないといけない。人の意見でやっていては駄目です。


望月弘一

ビジネスへの貢献を果たしていくには、まずお客様を理解することが不可欠です。社員一人ひとりがお客様目線でものごとを捉え、お客様の立場で考え、行動する。


佐久間俊行

業績を上げることはもちろん、新規事業や組織改革、サービスの質を上げるための スタッフ育成、そして、従業員の生活と幸せを守ることが私の役割です。


原田泳幸

私がマクドナルド社長を務めていた2007年、フランチャイズの店舗で、賞味期限切れサラダを販売していたことが明らかになりました。これは厳密に言えば社内の自主基準違反であって、食品衛生法に抵触していたわけではありません。それでも私は発覚直後から一週間連日会見を開いて、その時点でわかった情報はすべて開示し、記者の質問にも一つひとつ答えました。トップがそういう姿勢を見せなければ、社内の意識も変わりません。


小暮真久

私が新しい働き方のキーワードになると考えているのが、「ライフシフター」です。これは、働く場所や環境を柔軟に変化させ、人生をより良い方向に転換しながら自分らしい生き方を見つけていく人たちのこと。他人から見れば「あの人、脈絡のないことばかりやっているよね」と思われても、本人の中では自分が好きなことや得意なことを常に探していて、挫折や失敗がありつつも、最終的には自分の中に一本の軸を作り上げていく。それが、これからの時代に幸せになれる働き方であり、生き方ではないかと思います。


本庄八郎

取引先とは共存共栄で一緒に大きくなっていく。一方で、苦しいときは苦しいときで互いに応援し合う。


三木谷浩史

一番最初に導入したサーバーは、僕が秋葉原へ買いに行って自分で事務所に持って帰ってきたのだ。そういうレベルで運営できたからこそ、月額5万円ポッキリなんて無茶な価格設定ができたのだ。
【覚書き|楽天市場開始当時、入会金無料・売上マージンなしにできた理由を語った言葉。当時すでに大企業がオンラインモールを開始していたが、コストのかかる大規模システムを使っていたので商店が出店するだけで数百万円の費用がかかっていた】


盛田昭夫

人の心を打つためには、下を向いて原稿を読んではダメだ。


河田真誠

判断ミスを防ぐためには、自分の先入観を交えず、相手のことをより深く知ろうとする姿勢が大切。


ページの先頭へ