名言DB

9413 人 / 110706 名言

伊藤惇夫の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤惇夫のプロフィール

伊藤惇夫、いとう・あつお。日本の政治アナリスト。神奈川県出身。学習院大学法学部卒業後、出版社、自由民主党本部を経て新進党事務局に勤務。その後、太陽党・民政党・民主党事務局長を務めたのち、政治アナリストとして独立。

伊藤惇夫の名言 一覧

政治の世界は常にだまし合い。先読み、裏読みができなければ政治生命すら危うくなる。


優れた政治家は先を読むだけでなく、自分で先をつくっていく。


気になる事件が起きたときは、その歴史的背景を調べる。過去10年くらいの歴史を調べれば、事象の裏にあるものが見えてくる。


小沢一郎さんが選挙のときに辻立ち演説をするのは、田中角栄さんの教えを忠実に守っているから。このように、相手のルーツを知れば対策が立てやすくなる。


取引でも相手企業の生い立ちを把握していないと、いい戦いはできない。「創業者が誰で、回復の立役者は誰なのか」などを知れば、企業の強みと弱みが浮かび上がってくるはず。


相手か次にどんな人事をするか、新しい政策をどう打ち出してくるか……を知りたいときは、先輩政治家が過去に同じような局面でどのような判断をしたのかを調べよう。驚くことに政治の世界では「先輩」「後輩」の関係にあたる政治家の動きは似ていることが多い。


先ではなく人の裏を読むのが政治の世界。それには相手の頭の上がらない人物が誰かを知ることが大切。自分のライバルの政治家が昔世話になっていた政治家はいわばその人の教科書のような存在。その人の思想や言動を知ることで、次に相手がどんな動きをするかが読めるようになる。


伊藤惇夫の経歴・略歴

伊藤惇夫、いとう・あつお。日本の政治アナリスト。神奈川県出身。学習院大学法学部卒業後、出版社、自由民主党本部を経て新進党事務局に勤務。その後、太陽党・民政党・民主党事務局長を務めたのち、政治アナリストとして独立。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

厳しい道程を厳しく歩む――そこにはじめて、人間としての正しい習性が養われ、そのいい習性によって、はじめて幸せというものが味わえてくるのであろう。


谷所健一郎

新卒に限らず中途採用でも入社後にその人をどう育てるかがポイントですが、多くの採用担当者は肩書と頭数だけ揃えて現場に投げたままで育てるという意識が希薄です。採用担当者は、まず自社にふさわしい人材とは何か、いままで育ってきたのはどういう人材かを把握し、そのうえで一流大学・一流企業出身者といえど本当に育てられるのか、活躍するフィールドがあるのかを吟味すべきです。畑違いの人材を採用する際は、受け入れる体制があるか否かも重要です。


守谷雄司

部下が上司から命令や指示を受ける際、最も大切なのは、その目的や意図をはっきりさせておくことです。よく上司は、言った「ハズ」、部下は聞いている「ハズ」という声を耳にしますが、そんな「ハズ」ほど、あとで精神的な苦痛を感じるものはありません。


内田和成

新しい勝ちパターンを作るときに重要なことは「顧客の視点」と「企業の視点」という二つの軸で見ること。


江上治

稼ぐ人といえども、最初から稼げる人であったわけではない。ただ、その人生の軌跡を伺うと、大いに稼げるようになった現在まで、人間関係を良好にしたり、人に気に入られたりすることに向けて努力している。


宗次徳二

毎朝5時に起きて会社に一番乗りし、お客様が意見やクレームを書き込んでくれたハガキに目を通す。出張に行けば深夜営業の店を見てまわる。私は店長などが気にしないような細かな点が気になって仕方がない。飲食店の経営はわずかなことの積み重ねです。それが60点なのか70点なのか。その違いが店の格差になる。重箱の隅をつつくような仕事が私の役割でした。


青木利勝

その道だけで食べていくことは簡単ではない。しかし、苦労して身につけた技術は自分だけのもの。辛いときにこそ自分を支えてくれる。


清田瞭

重要なのは生産性をいかに上げていくか。一発ホームランで、誰も考えつかないような魔法のようなことはない。やはり地道に、企業は自らの生産性を上げる投資をやって企業構造の革新をやらなくてはいけない。


柳井正

従来の繊維産業、旧来の小売業にとどまっていては生きていけない。それには自らが創り出すという考え方が必要。


本城武則

極端な話、英語が出てこなければ日本語で返してもいいのです。相手が何を言っているのかわからない場合は、「はっ?」と、尋ね返すだけでいい。逆に伝わらない場合も同じです。何度でも繰り返し伝える厚かましさを持ちましょう。


小林一雅(小林製薬)

詳しくない事業であれば、その分野に詳しい人にトップは任せてしまう。報告を受けても、きちんと理解していなければ問題のタネが発生していても分からない。気づいた時には大きな問題へと発展し、もう手遅れ。これでは、買収した事業を大きくしていくことなどできません。


渡文明

石油会社は今、生きるか死ぬか大構造変化の時代。だからこそ若手には萎縮してほしくない。足元を見直し再構築し飛躍する。そんな意気込みを持ち続けてほしい。


三木雄信

膨大な仕事の量や失敗できない仕事を前に不安な人もいるでしょう。でも、自分で「できる」「できない」ことははっきりしている。だから、今できることを突き詰め、行動するしかない。


田中角栄

私は、「腐った橋を渡っても、橋は自分が渡ったあと落ちる」と信じてきた。


角和夫

バランス感覚は経営者にとって重要な素養だと思います。私も100%できているとは思いませんから、これからもバランス感覚を磨くことを継続していきたいと思っています。