名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤惇夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤惇夫のプロフィール

伊藤惇夫、いとう・あつお。日本の政治アナリスト。神奈川県出身。学習院大学法学部卒業後、出版社、自由民主党本部を経て新進党事務局に勤務。その後、太陽党・民政党・民主党事務局長を務めたのち、政治アナリストとして独立。

伊藤惇夫の名言 一覧

政治の世界は常にだまし合い。先読み、裏読みができなければ政治生命すら危うくなる。


優れた政治家は先を読むだけでなく、自分で先をつくっていく。


気になる事件が起きたときは、その歴史的背景を調べる。過去10年くらいの歴史を調べれば、事象の裏にあるものが見えてくる。


小沢一郎さんが選挙のときに辻立ち演説をするのは、田中角栄さんの教えを忠実に守っているから。このように、相手のルーツを知れば対策が立てやすくなる。


取引でも相手企業の生い立ちを把握していないと、いい戦いはできない。「創業者が誰で、回復の立役者は誰なのか」などを知れば、企業の強みと弱みが浮かび上がってくるはず。


相手か次にどんな人事をするか、新しい政策をどう打ち出してくるか……を知りたいときは、先輩政治家が過去に同じような局面でどのような判断をしたのかを調べよう。驚くことに政治の世界では「先輩」「後輩」の関係にあたる政治家の動きは似ていることが多い。


先ではなく人の裏を読むのが政治の世界。それには相手の頭の上がらない人物が誰かを知ることが大切。自分のライバルの政治家が昔世話になっていた政治家はいわばその人の教科書のような存在。その人の思想や言動を知ることで、次に相手がどんな動きをするかが読めるようになる。


伊藤惇夫の経歴・略歴

伊藤惇夫、いとう・あつお。日本の政治アナリスト。神奈川県出身。学習院大学法学部卒業後、出版社、自由民主党本部を経て新進党事務局に勤務。その後、太陽党・民政党・民主党事務局長を務めたのち、政治アナリストとして独立。

他の記事も読んでみる

赤塚保正

「おいしいものをお値打ちに提供する」というのが当社の経営理念で、これは初代の赤塚安次郎から6代目の私まで今年で138年、ずっと引き継いできた不変の考え方です。これをきちっと守ってきたからおかげさまで6代まで商売させていただいたと思います。


ロバート・キヨサキ

あなたが真の投資家になりたいなら、四種類の資産(ビジネス、不動産、ペーパーアセット、コモディティ)のすべてに投資すべきだ。そして、そのうち一種類か二種類の資産については、投資に精通した専門家のレベルに到達しなければならない。ほとんどの人は、株や債券、投資信託といったペーパーアセットにしか投資しておらず、しかも、自分がどんな投資をしているかについて何の知識もない。だから、ファイナンシャル・プランナーの言うことを鵜呑みにして、ペーパーアセットという一つのカゴを後生大事に抱え、市場が常勝してくれることを祈り続けている。


倉重英樹

声を荒げるのが叱ることではありません。しばらく何も言わないのも立派な叱り方です。部下が失敗をしてしまった瞬間には何も言わず、1週間ほどたって「あのとき、こうしていればよかったね」とさりげなく指摘する。これは効きます。失敗を受け入れ、十分反省して立ち直ろうという瞬間に、グサッとやるのです。落ち込んでいる最中なら「わかっているよ!」と怒鳴りたくもなりますが、十分反省したタイミングでは反発できず、「おっしゃる通りです」と自然に頭が下がってしまいます。叱るというより、同じ失敗を繰り返さないために指針を与えるのです。


門昌央

相手の心を開こうとして、やたらと自分を出す営業マンもいますが、相手がしらけてしまうこともあるので注意したほうがいいでしょう。結局、雰囲気や態度で、相手の本心を想像したり、察知したりできるようになるには、何といっても経験です。言葉と表情のセットで相手の様子を見る、言葉にはない部分を読み取るといったことを意識し、訓練することで、徐々に相手の本心を読めるようになっていくでしょう。


澤田秀雄

チャレンジしなければ失敗や損をする確率は少ないですが、新しい時代を担うことはできない。


渡瀬謙

相手が黙っている時は返答を考えている時なので、その邪魔をしてはいけません。本音を聞き出せる直前のサインだと思って、焦らずに待つことですね。じっと待つ。そのことに相手は誠実さを感じて心を開いてくれるので、込み入った話もしてくれるようになります。


山下和美

何でもマンガに取り入れようとして、すごくジタバタしていますね。絵のレベルも、私の歳になると維持するのが大変なんです。20代の頃は、続けていれば自然に上手くなると思っていたんですよ。でも、全然そんなことなかった。毎日、意識して上を目指さないと。


藻谷浩介

地頭が良い人は、「そのセオリーが成り立つ前提は何か」ということまで理解していて、矛盾する現象が起きたときには、前提のどこが崩れたのかきちんと考えます。


鈴木敏文

変化はチャンスになる。工夫次第で成長は可能だ。


那須翔

もはや戦後ではないといったあたりから、日本人はこれでいいんだと思い始め、思い込んでしまったのです。戦後何十年間でできつつあった日本型システムのようなものを、これでいいんだと思いすぎた結果、我々は本当の意味での多様性をなくし、どんどん画一的になっていったんです。政治システムのなかでの政党の役割、経済システムにおける企業の役割、官の役割、民の役割、そういったものが次第に固まっていきました。


佐藤優

忙しいときこそ、フッと肩の力を抜いて、ちょっとだけ、他の人生の可能性をシミュレーションしてみてください。意外な人生のヒントが見つかるかもしれません。


成毛眞

問題意識などで、読む前から本に対する姿勢を決めてしまうのは誤読のもとです。また、批判しながら読むということは、自分の意見を重視して書き手の意見を受け入れないということ。だったら、わざわざ本を読んで人の意見に触れる必要はありませんよね。本を読み始める段階では、真っ白な状態でいることを意識する。それが読書から多くを得るために大事なことだと思います。