名言DB

9412 人 / 110637 名言

伊藤惇夫の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤惇夫のプロフィール

伊藤惇夫、いとう・あつお。日本の政治アナリスト。神奈川県出身。学習院大学法学部卒業後、出版社、自由民主党本部を経て新進党事務局に勤務。その後、太陽党・民政党・民主党事務局長を務めたのち、政治アナリストとして独立。

伊藤惇夫の名言 一覧

政治の世界は常にだまし合い。先読み、裏読みができなければ政治生命すら危うくなる。


優れた政治家は先を読むだけでなく、自分で先をつくっていく。


気になる事件が起きたときは、その歴史的背景を調べる。過去10年くらいの歴史を調べれば、事象の裏にあるものが見えてくる。


小沢一郎さんが選挙のときに辻立ち演説をするのは、田中角栄さんの教えを忠実に守っているから。このように、相手のルーツを知れば対策が立てやすくなる。


取引でも相手企業の生い立ちを把握していないと、いい戦いはできない。「創業者が誰で、回復の立役者は誰なのか」などを知れば、企業の強みと弱みが浮かび上がってくるはず。


相手か次にどんな人事をするか、新しい政策をどう打ち出してくるか……を知りたいときは、先輩政治家が過去に同じような局面でどのような判断をしたのかを調べよう。驚くことに政治の世界では「先輩」「後輩」の関係にあたる政治家の動きは似ていることが多い。


先ではなく人の裏を読むのが政治の世界。それには相手の頭の上がらない人物が誰かを知ることが大切。自分のライバルの政治家が昔世話になっていた政治家はいわばその人の教科書のような存在。その人の思想や言動を知ることで、次に相手がどんな動きをするかが読めるようになる。


伊藤惇夫の経歴・略歴

伊藤惇夫、いとう・あつお。日本の政治アナリスト。神奈川県出身。学習院大学法学部卒業後、出版社、自由民主党本部を経て新進党事務局に勤務。その後、太陽党・民政党・民主党事務局長を務めたのち、政治アナリストとして独立。

他の記事も読んでみる

安西祐一郎

「君たちも頑張れ! 自分だって頑張ったんだ」と言っているだけでは、若い世代はついてこない。経営者層は口で「頑張れ」と言うだけでなく、若い人たちが本当に頑張れる機会や場を具体的に創らないといけない。


及川光博

デビュー当時は、いまと違ってコンピューターで音をいじったりできませんでしたから、生のライブに来る100人のお客様を感動させられなければ、全国の1000人のリスナーを満足させることはできない。実力主義でしたよ。メジャー、インディーズなんていう定義もなく、客を集める実力のある人しかプロになれなかったんです。だからライブハウスでのファンの動員を増やすための努力はしましたね。


宮永俊一

やっている人たちはプライドがあるから、何か聞いても「できます」と答える。でも、ちょっと変だなと思った時に、見極めてそこに手を入れていく経営の判断力が問われている。


椋木修三

思い出せば思い出すほど、記憶のパイプは太くなります。一番いいのは、一日の終りに今日会った人のことについて記録を付けることですが、さすがに負担だと思う人も多いでしょう。そこまでしなくても、たとえば取引先に行った帰りの電車の中でその人のことを思い出してみたり、一日の最後に名刺を整理しながら思い出したりするだけでも、記憶は強化されます。


寺下史郎

入社当時、当社の業績は非常に厳しく、はっきり言って会社は傾きかけていた状態でした。それでも私の心は平穏でした。なぜなら、株主と会社を結ぶという、伊藤(雅俊イトーヨーカドー創業者)さんから学んだことをもう一度、日本で実現したいという夢に挑戦することができると思ったからです。この挑戦を続けることができたから、今日、お陰様で当社は東証2部上場も果たすことができたのだと思っています。


ケリー・マクゴニガル

あなたが純粋に他人の幸運を祝福すれば、祝福された相手はあなたに感謝し、あなたの友人や味方、メンターになってくれるでしょう。普通の人は他人の成功を羨ましく思ったり、怒りや悲しみを感じたりするのに、あなたは喜んでくれるわけですから。


孫正義

(アメリカのM&Aのイメージでは)「血族に事業のリーダーを引き継がせてもその後継者に能力とやる気がなければ本人も従業員もみんなが不幸になってしまう。それなら意欲に燃える経営能力の高い別企業に任せた方がいい」という考え方です。


和崎信哉

NHKの新人時代、4年ほど松山にいました。松山で番組のネタを考えても、すぐにネタ切れになって、考えても「それはもうやったよ」と言われる。そんな頃に、『坂の上の雲』が産経新聞に連載されていたんです。連載時は読んでいなかったのですが、後から読んで、松山を舞台にして魅力的な物語が紡がれている。秋山兄弟や正岡子規は知っていたのに、こんな切り口があるとはと驚かされた。同じ松山にいて、そんな視点が持てなかった自分が情けなかった。ネタがないなんて泣き言を言って、自分の力不足に気付かされました。


ゲーテ

人生は、愚者には困難に見えるとき賢者には容易に見え、愚者に容易に見えるとき賢者には困難に見える。


川原俊明

教員からの意見が出づらくなるという懸念があったので、積極的に意見を出してもらえるよう、円卓で会議をする方式を取り入れるなど工夫をしています。円卓会議で、互いに顔を突き合せて意見を言えるようになったので、報告集会ではなく、学部長を中心とした建設的な議論ができるようになりました。


ジャック・マー(馬雲)

ブランドをつくりあげるのは時間と経験の蓄積です。知名度を上げるなら簡単なことです。いくばくかのお金を使い、注目されるようなイベントなり話題なりをぶち上げれば、たちまち人々の知るところになります。しかし、真のブランド同士の競争とは、生き残り競争でしょう。短期的な知名度の違いは重要ではありません。


大給近憲

カリスマはカリスマゆえに意見にぶれがなく、固定的になりがちです。だけど普通の人の好みの感覚は日々変わっていくものだし、オタクにもならない。いい意味で移り気。そういう自分たちの感覚に合う情報を教えてくれるのは誰かといえば、やはり、いいねと共感しあえるそこそこの主婦で形成されたコミュニティのメンバーなんです。


平野敦士カール

もともと人見知りの性格で初対面の人とはうまく話をできない人もいます。私も以前は大変な人見知りでした。そこで、自ら考案したのが「ビジネス仲人」という役割を演じることです。ランチを主催し、自分が知る二人の出会いの場を提供する。いわば幹事です。ビジネス仲人の最大の役得は、自分に特に取り柄がなくても、その人に有益なアドバイスができなくても人を紹介するだけでありがたがれ、自分の価値を高められることです。


柳弘之

一般のメーカーの場合、技術系社員は海外に出さずに、日本国内で研究開発をさせる場合が多いと思いますが、弊社のように海外生産が9割ともなると、生産現場をまったく知らずに製品の設計をしなければならないことになりかねない。これは、大変に不安なことです。そこで、技術系の社員も必ず入社4年目までに海外に行くよう配慮をしています。


弘兼憲史

組織を成長させるためには、個々の力が大切です。メンバーが自主性を持って生き生きと働ける組織を作るためには、相手の目線に立つことは基本。そして一緒に喜び一緒に悲しみ、喜怒哀楽を分かち合うことが大切です。上司としての「大人」の振る舞いは、組織の推進力にかかわります。