名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

伊藤惇夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤惇夫のプロフィール

伊藤惇夫、いとう・あつお。日本の政治アナリスト。神奈川県出身。学習院大学法学部卒業後、出版社、自由民主党本部を経て新進党事務局に勤務。その後、太陽党・民政党・民主党事務局長を務めたのち、政治アナリストとして独立。

伊藤惇夫の名言 一覧

政治の世界は常にだまし合い。先読み、裏読みができなければ政治生命すら危うくなる。


優れた政治家は先を読むだけでなく、自分で先をつくっていく。


気になる事件が起きたときは、その歴史的背景を調べる。過去10年くらいの歴史を調べれば、事象の裏にあるものが見えてくる。


小沢一郎さんが選挙のときに辻立ち演説をするのは、田中角栄さんの教えを忠実に守っているから。このように、相手のルーツを知れば対策が立てやすくなる。


取引でも相手企業の生い立ちを把握していないと、いい戦いはできない。「創業者が誰で、回復の立役者は誰なのか」などを知れば、企業の強みと弱みが浮かび上がってくるはず。


相手か次にどんな人事をするか、新しい政策をどう打ち出してくるか……を知りたいときは、先輩政治家が過去に同じような局面でどのような判断をしたのかを調べよう。驚くことに政治の世界では「先輩」「後輩」の関係にあたる政治家の動きは似ていることが多い。


先ではなく人の裏を読むのが政治の世界。それには相手の頭の上がらない人物が誰かを知ることが大切。自分のライバルの政治家が昔世話になっていた政治家はいわばその人の教科書のような存在。その人の思想や言動を知ることで、次に相手がどんな動きをするかが読めるようになる。


伊藤惇夫の経歴・略歴

伊藤惇夫、いとう・あつお。日本の政治アナリスト。神奈川県出身。学習院大学法学部卒業後、出版社、自由民主党本部を経て新進党事務局に勤務。その後、太陽党・民政党・民主党事務局長を務めたのち、政治アナリストとして独立。

他の記事も読んでみる

徳重徹

人生を一回チャラにするつもりで29歳のときに会社をやめました。
【覚書き|サラリーマンを辞めて起業家になることを決意した当時を語った言葉】


遠藤功

企業競争力の源泉は、現場力にあると私は考えています。現場力とは企業の各現場が自律的に問題を発見し、解決する能力です。


梅原一嘉

嫌々働いているスタッフがお客を楽しませることはできない。従業員が楽しく仕事ができる環境を創り、お客様にも楽しい時間を過ごして頂くことを心掛けています。


江上治

稼ぐ人間になりたいなら、まずは目的を持つことだ。目的から演繹された、何をいつまでに行うかという戦略が目標である。目的のない、目標ばかりの生き方は疲れるし、成果も期待できない。


桜田厚(櫻田厚)

私たちは創業以来、とにかく面倒なことばかりしてきました。他社と違うところがあるとしたら、そこだと思います。


細谷英二

りそなは銀行界で生き残るための差別化戦略を徹底します。東京、埼玉、大阪と大都市圏に営業店を集中して持つ強みを生かし、メガバンクにはできない地域密着・顧客密着の姿勢を追求したい。メガバンクは人材配置の面から見ても、海外部門や投資銀行部門に比重を置いています。こちらは中小企業や個人といったリテール分野に特化しているので、リテール(小口金融業務)では対等に戦えるだけの体制になりつつあります。


中山讓治(中山譲治)

私が心がけていたのは、とことん現場にいる人の言葉を聞くことでした。たとえば、経営企画の仕事をしていたときは、何か提案を持っていくとき、必ず提案先にしゃべってもらうようにしていました。一時間ぐらい愚痴も含めて聞いて回ると、いろいろなことがわかります。いろいろわかったうえで提案すると、提案が通りやすいということもありました。


三田聖二

シェアを奪うのではなく、市場を創るのが当社。常に新しい価値を提供すれば問題ない。


堤智章

誰一人として、そのままトップアスリートの地位に居続けることはできません。加齢とともに肉体的な限界は訪れ、後から後から若く優秀な選手が登場してくるからです。ですから、その高みにまで上り詰めた経験を、次の人生でどう役立てるのかが非常に重要になる。


金子博人

GEにおけるリーダー育成の特徴は、若いうちから様々なチャレンジを与えて、その成果を公正に評価し、見込みのある人材には次のチャレンジを与えて経験を積ませていく。困難な仕事に挑戦させ、失敗しても復活のチャンスが与えられる。優秀なら、40代から子会社の社長その一方で、リーダーシップのトレーニングを課すのだ。GEはチャレンジとトレーニングの双方が、リーダーの養成に必要と考えている。


小飼弾

文章の上達のために、仕事で求められる文章だけでなく、日々感じたことをツイッターでアウトプットしてもいいでしょう。短い文章でも、書き続ければ、いずれはクリティカルマス(成果が一気に跳ね上がるポイント)に達します。それを信じて、まずはひたすら書き続けることです。


山崎将志

マネジメント力の低い上司がよく使う言葉が「あいつ、使えない」である。部下の育成は上司の仕事と頭で理解していても、残念ながら、どんなに手を施してもなかなかできるようにならない部下はいるものである。「あいつ、使えない」と口に出したくなる気持ちもわからなくはないが、思ってもこの言葉を口にすべきではない。そもそも人はモノではない。手を尽くしてもどうにもならない場合に人事に掛け合うにしても、「彼(彼女)の適性を活かせる仕事がここにはない」とあくまでも「彼(彼女)のためにならない」というスタンスを貫こう。