名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

伊藤忠兵衛(初代)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤忠兵衛(初代)のプロフィール

伊藤忠兵衛(初代)、いとう・ちゅうべえ。伊藤忠の創業者。近江彦根で麻木綿商を営む農家に生まれる。16歳のときに初めて出た行商で商売の面白さに気づき、以降商人として活躍する。何度も苦境を乗り切り、戦後最大の商社となった伊藤忠の基礎を築いた。

伊藤忠兵衛(初代)の名言 一覧

商売人にとって重要なことは、機敏なことである。
【覚書き|長州戦争時に戦地で衣料品の需要が高まるだろうと考え、下関に命懸けで荷物を運ぶなど、スピードと行動力で伊藤忠は富を蓄積していった】


伊藤忠兵衛(初代)の経歴・略歴

伊藤忠兵衛(初代)、いとう・ちゅうべえ。伊藤忠の創業者。近江彦根で麻木綿商を営む農家に生まれる。16歳のときに初めて出た行商で商売の面白さに気づき、以降商人として活躍する。何度も苦境を乗り切り、戦後最大の商社となった伊藤忠の基礎を築いた。

他の記事も読んでみる

近田哲昌

部下との面談では.プライベートについては聞かないという人もいると思いますが、私は仕事とプライベートは切っても切れない関係だと思っているので、プライベートの話も聞くようにしています。なかなか本音を言ってくれない部下もいます。それは、こちらの本音がまだ伝わっていないからだと思います。そんなときは、私は自分が感じていることや考えていることを包み隠さず素直に相手にぶつけて、もう一歩踏み込んだ話ができないか、工夫するよう心がけています。


マーク・ザッカーバーグ

フェイスブックでは「ハッカーウェイ(ハッカー精神)」という独自の企業文化を育ててきました。これは、「最初から完璧を目指さず、こまめに修正、改善を繰り返すやり方」です。シリコンバレーの本社オフィスの壁に書かれた「完璧よりとにかく実行を」という言葉を見ては、この姿勢を忘れないようにしています。


山村章

我々の作る商品には、すべて商品寿命がある。ハイテク製品は特に商品寿命が短い。技術革新が本当に早いので、30年先の変化は頭に浮かばない。


葛西敬之

人の能力を見るうえで、現在よく使われる人事評価方法、つまり自己分析をさせて目標を設定し、その達成度を上司が評価するという方法はほとんど意味がないと思っています。最も大切なのは、いろいろな人が長い期間にわたって評価したものを集約して判断することでしょう。


松井道夫

広告コピーは「てにをは」を変えるだけで、人に引っかかりを与えるようなフレーズ創りができます。絵も同じで、線の角度をちょっと変えるだけで、まったく印象が違ってくるんです。それをつまらないことだと思ったら、広告創りから外れたほうがいいと思います。人の感性というのは鋭いもので、つまらないものはすぐに見抜かれます。いいなと思うような広告を考え出すには、髪の毛をかきむしって悩まなくてはいけない。要するに思い入れなんです。もちろん、中身が一番大切で、そこには思い入れがぎっしり詰まっている。でも、そんなものに世の中の人はまったく興味がない。斬新さに注目が集まります。広告というのは、会社の魂の叫びなんですが、それを行間に隠して、さらっと、分かりやすく世に問う作業です。言葉選びは本当にむずかしいと、つくづく思います。


加納裕三

世界から最高クラスの人材を集めなければ、いいものは生まれない。


和田一夫(経営者)

成功の裏に失敗がある。同時に成功もまた失敗の陰にある。


河辺よしろう

商品を買う時には、必ず目的ときっかけがあります。目的はお客さまが決めますが、きっかけはこちらでつくれます。「問題解決」「負担の軽減」「楽しませる」の3つの要素につながる提案をしましょう。


井植歳男

松下電器を辞した私は守口市本町に6畳ほどの部屋を借り、ここを事務所として新しい事業プランを練り始めた。これまでは多くの人を使い、手一杯の仕事をしてきた。これからは、小さくてもよいから、本当に魂のこもった仕事をし、世間のお役にたつこともできる。
【覚書き|太平洋戦争直後、公職追放で松下を去り、三洋を立ち上げたときを振り返っての発言】


高殿円

世の中、何かを生み出す仕事ばかりではないし、人から注目されるところにいることばかりが成功でもない。目標を持つことは大切だけど、そこに到達できなかったからと言って、人生失敗というのは淋しい考え方だと思うんです。


真田茂人

ビジネスが複雑化し、進む米方向が予測しにくくなっている状況下では、組織の中から知恵を生み出す「学習する組織」を作れる社員を支えるサーバントリーダーが必要。


井上雅博

インターネットというのは、絶対、利用者に強制できません。強制せずに大勢の人に使ってもらうには、そのサービスの何が面白くて、どこが便利なのか、人々は何を楽しんでいるのか正しく理解することが不可欠です。