伊藤忠兵衛(初代)の名言

伊藤忠兵衛(初代)のプロフィール

伊藤忠兵衛(初代)、いとう・ちゅうべえ。伊藤忠の創業者。近江彦根で麻木綿商を営む農家に生まれる。16歳のときに初めて出た行商で商売の面白さに気づき、以降商人として活躍する。何度も苦境を乗り切り、戦後最大の商社となった伊藤忠の基礎を築いた。

伊藤忠兵衛(初代)の名言 一覧

商売人にとって重要なことは、機敏なことである。
【覚書き|長州戦争時に戦地で衣料品の需要が高まるだろうと考え、下関に命懸けで荷物を運ぶなど、スピードと行動力で伊藤忠は富を蓄積していった】


伊藤忠兵衛(初代)の経歴・略歴

伊藤忠兵衛(初代)、いとう・ちゅうべえ。伊藤忠の創業者。近江彦根で麻木綿商を営む農家に生まれる。16歳のときに初めて出た行商で商売の面白さに気づき、以降商人として活躍する。何度も苦境を乗り切り、戦後最大の商社となった伊藤忠の基礎を築いた。

他の記事も読んでみる

加藤久光

飛躍をするためのネタは改善の中にある。


鳥越俊太郎

「つらい」と感じる場所にいても、とことん愉しめば、実りある場所にできる。


フィリップ・コトラー

大事なのは、今調子がいい企業だけに注目するのではなく、良いときも悪いときも切り抜けて長く続いている企業に特別の注意を向けることです。


上野和典

仕事の中の無駄をどうやって浮かび上がらせるか、それにはできるだけ残業しないことがひとつの効果的な手法だと思います。私は部長になったころから、家族と過ごす時間を増やすために極力残業をしなくなりました。よく、仕事が早いから残業せずに済んだのかと聞かれますが、実際は逆です。リミットがあるのでポイントに絞って仕事せざるを得なくなり、仕事の中の無駄がよく見えるようになったのです。


なぎら健壱

40代は、みなさん忙しいのはわかります。でもね、「入院してみろ」とは言わないけど、50代、60代、あとになってからアタフタしないように、40代で一度、何でもいいから自分にとってホッとできる時間を無理矢理にでも作ってね。これからの生き方を見直すというのは、利口なやり方なんじゃないかと思いますね。


田村次朗

双方の利害の相違が明確になった場合に重要になるのが、双方の利害を調整しうる選択肢である。相手のいる交渉では、準備した利己的な選択肢は、相手の利害を織り込みつつ、新たな選択肢として生まれ変わっていく必要がある。新たな選択肢を創造するために最初に行うべきは「武装解除」である。こちらから先に準備してきた選択肢を相手に開示してしまう。どちらかが先に武装解除しない限り、双方が懐疑心を捨て去ることはできない。武装解除をしたら、相手とブレスト(ブレインストーミング)を行う。


藤原健嗣

重要なのは、何のためにM&Aを行うのかをはっきりさせるということと、その会社の成長性です。


安藤宏基

現状は不満だらけですよ。いつも、こんなことでいいのかと思っています。


南原竜樹

お金を掛けるべきところに掛けてしっかりと積み上げた結果、豪華な雰囲気をつくり上げているので、人気が出て当たり前なんです。かたや、ウチのオフィスは事務所の机は貰いものだし、自分の洋服代も年間2万円くらい。商売にならないことには、びた一文使いません。


山田洋次

反対する方が楽なんだ。潰しちゃえば何も結果が出ない。僕はやるといった以上、失敗したら責任を取るつもりでいる。反対する人は、クビをかけて反対しているのか。


下村朱美

時折、お客様とのやりとりで傷つく社員がいます。そんな時は「そのお客様は、どこかで傷つくことがあって、あなたにきつく当たっているの。だから、そういうお客様ほどサロンでは大事に優しくしてあげてね」と言っています。


張瑞敏

過去に構築された仕組みを捨て、一から作り直さなければなりません。それをできるかが、激変する世界で生き残れるかどうかを決めると思います。


豊田章男(モリゾウ)

トップにはトップにしか分からない苦しみがある。判断と責任を取ることが社長の仕事だ。


細谷英二

普通の銀行は午後3時に窓口を閉めますが、りそなだけは2004年から午後5時まで営業しています。銀行が午後3時という速い時間にシャッターを閉めるのは、昔からおかしいと考えていたからです。旧国鉄時代の駅ビルにも、銀行がテナントとして入ってくれていましたが、すぐ閉まるので夕方には人の流れがとまってしまう。世間のサービス業の視点からみれば、完全にズレているなと当時から感じていました。


中畑清

一人の力なんてたかが知れているものです。だから何かを実現するためには、誰かの協力が不可欠です。もし実現したい夢や目標があるのなら、それをことあるごとに語っていかなければ協力者は得られません。


ページの先頭へ