伊藤忠兵衛(初代)の名言

伊藤忠兵衛(初代)のプロフィール

伊藤忠兵衛(初代)、いとう・ちゅうべえ。伊藤忠の創業者。近江彦根で麻木綿商を営む農家に生まれる。16歳のときに初めて出た行商で商売の面白さに気づき、以降商人として活躍する。何度も苦境を乗り切り、戦後最大の商社となった伊藤忠の基礎を築いた。

伊藤忠兵衛(初代)の名言 一覧

商売人にとって重要なことは、機敏なことである。
【覚書き|長州戦争時に戦地で衣料品の需要が高まるだろうと考え、下関に命懸けで荷物を運ぶなど、スピードと行動力で伊藤忠は富を蓄積していった】

伊藤忠兵衛(初代)の名言・格言|商人は機敏であれ

伊藤忠兵衛(初代)の経歴・略歴

伊藤忠兵衛(初代)、いとう・ちゅうべえ。伊藤忠の創業者。近江彦根で麻木綿商を営む農家に生まれる。16歳のときに初めて出た行商で商売の面白さに気づき、以降商人として活躍する。何度も苦境を乗り切り、戦後最大の商社となった伊藤忠の基礎を築いた。

ページの先頭へ