名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤忠兵衛(二代目)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤忠兵衛(二代目)のプロフィール

伊藤忠兵衛(二代目)、いとう・ちゅうべえ。伊藤忠財閥2代目。父は同社創業者の伊藤忠兵衛(初代)。父から受け継いだ呉服商の丸紅伊藤本店を発展させ、伊藤忠商事、丸紅の基礎を築いた経営者。第二次世界大戦後、公職追放を受けすべての役職を辞任。追放解除後は富国生命取締役、東洋パルプ会長、呉羽紡績社長などを務めた。

伊藤忠兵衛(二代目)の名言 一覧

悪いとき、落ち目のときに人間はすべてをさらけ出すものだ。


欧州大戦がはじまってから、実業界の人は皆いい気になって豪勢な暮らしをしているのに、武藤さん(武藤山治、鐘紡社長)だけは奥さんの作った弁当を下げて、住吉から毎日汽車で兵庫の工場に通っていた。これを見て私は武藤さんも時勢に遅れたなと感じたことがあった。しかし、相場が暴落し、いままで宴会ばかりやっていた連中は尾羽打ち枯らし、銀行に頭を下げて回っている中で、武藤さんは相変わらず平然と弁当箱を下げて兵庫の工場へ通っている。やはり武藤さんは偉いなとつくづく感心した。
【覚書き|第一次世界大戦の特需と、そのあとの大不況を振り返っての発言】


別に聖人風をふかす要はないが、私にはまったく別の世界であった。父を失ったことと、番頭兼主人なので若いながら責任を感じたのか、英語の勉強と商品の研究に、出張地帯では夜はまったく僧院生活の様式を続け、自然、変り者の扱いをされた。青春というものに時間を見いだせず自発的に遠ざかり、呉服屋らしからぬ生活を続けた。
【覚書き|若いころに夜の付き合いに出なかった理由を聞かれての発言】


私は勉学よりも商売の方が面白くなってきた。ここでひとつ、私の胸に油のように広がってきた野心は、日本は将来外国製品輸入よりも、自国で製造すべきだということであった。
【覚書き|英国留学中、大学へ行くよりも家業に精を出していたときを振り返っての発言】


勉学が目的だが、実家の織物の仕事もあるから、有名大学をさけて最初ロンドン大学へ行った。経済学部で講義を受けたがさっぱりわからぬ。ところが下宿屋へ帰って教科書を読むと大半理解できる。これで私は通学しなくとも勉強できると考え、本ばかり買い入れて商売の方に精を出した。
【覚書き:留学しながら実家の丸紅伊藤本店(伊藤忠商事と丸紅の前身)の仕事を両立していたころを振り返っての発言】


伊藤忠兵衛(二代目)の経歴・略歴

伊藤忠兵衛(二代目)、いとう・ちゅうべえ。伊藤忠財閥2代目。父は同社創業者の伊藤忠兵衛(初代)。父から受け継いだ呉服商の丸紅伊藤本店を発展させ、伊藤忠商事、丸紅の基礎を築いた経営者。第二次世界大戦後、公職追放を受けすべての役職を辞任。追放解除後は富国生命取締役、東洋パルプ会長、呉羽紡績社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

小林弘幸

定例の会議や打ち合わせ、飲み会や休日の旅行など、ごちゃごちゃした予定を整理して、スケジュールを管理する。ほとんどの人は、それが手帳の役割だと思っていますが、手帳の本質は健康管理にあるんです。大切な瞬間に自分がベストな状態でいられるように時間を管理する。タイムマネジメントとは体調管理にほかなりません。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

お金の管理が上手な人は、仕事などの自己管理も上手なことが多いものです。心のコントロールの方法は、どちらも同じだからでしょう。お金の管理ができるように努力していれば、仕事やプライベートも好転するかもしれません。


喜田哲弘

仕事で大事にしていることは、独善的にならず、外の目を意識すること。


田村潤

実のところ、世の中にいる上司の7割はクズ上司ですよ。ここだけの話、私が営業部に移ったときの上司は、プレイヤーとしては優れていたけれど、上司としてはそうでもなかったんです。だからこそ私はそこで着実に成果を出して、粛々と営業部全体の業績を高めた。すると「田村が来てから変わった」と社内で伝わり始めたんです。上司がイマイチだと、部下が光りやすい。悪い上司にあたっても、自分次第で幸運になるということではないでしょう。


山本悟(ITコンサルタント)

SNSでの交流には、独特の距離感が求められます。また、頻繁にブログやメルマガを更新するためには、それなりのコツが必要なのです。独立直後の多忙な時期、ネット活用にまごついていると、ビジネスで遅れを取る危険性が大。そこで、独立前からネットに触れ、思いどおり使えるようにしておきましょう。


吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)

小さな一歩でいい。とにかく続けること、そして少しずつ職場全体に広げることが大事。


小山昇

総じて、マイナス思考の人は視野が狭い傾向がありますね。たとえば、親戚が集まって話をしているときに、愚痴や不満ばかり言っている人が一人はいるでしょう? その人を見るとわかるはずです。故郷から出た経験がなかったり、人づきあいが少なかったりと、狭い世界しか見てこなかった人であるケースが多いのです。


三木雄信

人は自分が関心のない話を聞かされたところで何の感動も生まれず、「この相手と一緒に何かをやろう」という気には到底ならないものです。


吉永泰之

自動車産業全体で見れば、スバルのような個性ある会社が存在した方が面白いはずです。クルマというのはファッション産業に近いところがあります。いろいろなブランドや個性的な商品がある中で比較し、選択できるから、愉しんでいただける。同質競争と寡占が進み、例えば世界に自動車メーカーが4社になってしまったらどうなるでしょうか。既成の制服しか選択肢がなくなれば、消費者は服そのものへの興味を失ってしまうでしょう。


李健煕(イ・ゴンヒ)

他力とは本来、仏教の他力本願から由来したもので、自分を超越する絶対的な仏の慈悲を意味する。人間は自分、つまり自力を捨てることで人生が豊かになり、自分を愛しながら他者に奉仕するときに、やりがいが生まれる。私が経営をしながら常に考えている相生の哲学と同じ文脈ではないだろうか。


堀紘一(コンサルタント)

笑顔だけで仕事が進むわけではない。しかし、顧客との場の雰囲気を和ませる笑顔というのは、どんな仕事であれ、その人の人間性を表わすという点で重要だろう。


江幡哲也

どの段階でどのような表現を使うのか、その見極めは文章以外のコミュニケーションと同じです。早くからくだけた会話でやりとりしたほうが仕事をやりやすいと考える人もいれば、何度お会いしても一線を超えることは許さないという雰囲気を持つ人もいます。文章も同じで、相手との関係性によって変えていくしかありません。その意味では、文章力を高めるには、普段のコミュニケーション・スキルを磨くことが第一かもしれません。