伊藤忠兵衛(二代目)の名言

伊藤忠兵衛(二代目)のプロフィール

伊藤忠兵衛(二代目)、いとう・ちゅうべえ。伊藤忠財閥2代目。父は同社創業者の伊藤忠兵衛(初代)。父から受け継いだ呉服商の丸紅伊藤本店を発展させ、伊藤忠商事、丸紅の基礎を築いた経営者。第二次世界大戦後、公職追放を受けすべての役職を辞任。追放解除後は富国生命取締役、東洋パルプ会長、呉羽紡績社長などを務めた。

伊藤忠兵衛(二代目)の名言 一覧

悪いとき、落ち目のときに人間はすべてをさらけ出すものだ。


欧州大戦がはじまってから、実業界の人は皆いい気になって豪勢な暮らしをしているのに、武藤さん(武藤山治、鐘紡社長)だけは奥さんの作った弁当を下げて、住吉から毎日汽車で兵庫の工場に通っていた。これを見て私は武藤さんも時勢に遅れたなと感じたことがあった。しかし、相場が暴落し、いままで宴会ばかりやっていた連中は尾羽打ち枯らし、銀行に頭を下げて回っている中で、武藤さんは相変わらず平然と弁当箱を下げて兵庫の工場へ通っている。やはり武藤さんは偉いなとつくづく感心した。
【覚書き|第一次世界大戦の特需と、そのあとの大不況を振り返っての発言】


別に聖人風をふかす要はないが、私にはまったく別の世界であった。父を失ったことと、番頭兼主人なので若いながら責任を感じたのか、英語の勉強と商品の研究に、出張地帯では夜はまったく僧院生活の様式を続け、自然、変り者の扱いをされた。青春というものに時間を見いだせず自発的に遠ざかり、呉服屋らしからぬ生活を続けた。
【覚書き|若いころに夜の付き合いに出なかった理由を聞かれての発言】


私は勉学よりも商売の方が面白くなってきた。ここでひとつ、私の胸に油のように広がってきた野心は、日本は将来外国製品輸入よりも、自国で製造すべきだということであった。
【覚書き|英国留学中、大学へ行くよりも家業に精を出していたときを振り返っての発言】


勉学が目的だが、実家の織物の仕事もあるから、有名大学をさけて最初ロンドン大学へ行った。経済学部で講義を受けたがさっぱりわからぬ。ところが下宿屋へ帰って教科書を読むと大半理解できる。これで私は通学しなくとも勉強できると考え、本ばかり買い入れて商売の方に精を出した。
【覚書き:留学しながら実家の丸紅伊藤本店(伊藤忠商事と丸紅の前身)の仕事を両立していたころを振り返っての発言】


伊藤忠兵衛(二代目)の経歴・略歴

伊藤忠兵衛(二代目)、いとう・ちゅうべえ。伊藤忠財閥2代目。父は同社創業者の伊藤忠兵衛(初代)。父から受け継いだ呉服商の丸紅伊藤本店を発展させ、伊藤忠商事、丸紅の基礎を築いた経営者。第二次世界大戦後、公職追放を受けすべての役職を辞任。追放解除後は富国生命取締役、東洋パルプ会長、呉羽紡績社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

伊東信一郎

現状に安住してはいけない。前例や常識にとらわれず、新たな発想を持って大改革を進めていく必要がある。


孫正義

戦略というのは「総花的になんでもやります」ということでは人数の多いところ、カネのあるところに敵わない。一点集中するしかあと追いでは勝てない。


尾山基

ブランド戦略で、僕がアッと思ったのはニューバランスです。過去に米国でニューバランスのバスケットシューズを出したんです。けれども、米国人は誰もニューバランスがバスケットシューズのブランドだと思っていなかった。ランニングシューズでしょうと。バスケットはナイキ、アディダスでしょうということで、結局売れなかったんです。これは怖い。アシックスも同じように、ランニングのスペシャリストと刷り込まれてしまうとまずい。


庄田隆

海外市場に対して輸出中心、パートナー経由中心で展開していたのを、製造から販売まで自前で展開できるように換えていこうと思っています。インフラを築くための先行投資でいったん利益率は落ちますが、以前のように価値の一部をパートナーとシェアする必要がないので、大きく成長できます。


木川眞

褒めることは非常に難しいのです。怒る場合は、1回のミスで瞬間的に叱れます。ですが褒めようとすると、じっくりと相手を観察しなくてはなりません。その意味では、怒ること以上に褒める方がしんどいんです。けれども、褒めあうことができれば仲間意識は高まり、社員同士の絆は深くなります。


宗次徳二

部下を持っている方はぜひ会の開催にチャレンジしてみてください。私の場合はたまたま早起きしての掃除でしたが、勉強会でも何でも構いません。最初はなかなか人が集まらないかもしれません。しかし、そこで諦めてはいけません。地道に続けていけば、少しずつ賛同者が増えてきます。そうして会が定着して振り返ったときには、自分も周りの人も成長している。そうなれば理想的です。


小笹芳央

「飲みニケーション」というものはとりづらくなりました。多くの会社で経営者の方々を含め困っていらっしゃると思います。断られるのではないかと思ってしまうのです。確実に行うためには、私的に飲みにいくのではなく会社のプログラムにするとよいと思います。新入社員に研修の一環として社長と食事をする機会を作ってしまうのです。ここで、ひとたび関係を持つことで、その後も誘える空気ができるでしょう。


林悦道

喧嘩では相手に近づけば近づくほど、打撃などのエネルギーは効率的に伝わり、勝利の確率は高まる。企業間競争も同じ。顧客との距離感を縮めるほど自社の熱意や技術的優位性は、効果的に相手に伝わり、顧客を奪い取れる確率は高まる。


佐山展生

日本一愛される航空会社を目指す。価格が安いだけでなく、価格に関係なくスカイマークに乗ると気持ちがいいという理由で選ばれることが重要だ。


村口和孝

起業家がイメージできる大きさでしか、事業は大きくならない。人生の目標が大きければ大きいほど、成果も大きいものになる。


吉沢悠

いま仕事に行きづまっている人がいるかもしれないけど、そんな時こそ長い休みを取るなど、自分をオフにするという選択肢もありだと思うし、それに罪悪感をもつ必要もないと思います。


佐々木洋寧

社員の課題であり、会社の課題でもある職種のミスマッチを防ぐ取り組みに力を入れています。入社後に全ての職種を経験するジョブローテーションを行った上で、一人一人の適性に合った職種や配属を行っています。


内海善雄

世界のモードと同じにしないと、海外から優秀な人材が来てくれるはずはありません。


藤由達藏

決断を実行に繋げる4つのコツ。

  1. 決断したことを宣言して退路を断つ。
  2. 集中を妨げるものをなくす。
  3. 不安に負けない自分をつくる。不安を払拭するために準備をする。
  4. 決断した瞬間、小さな行動を実行する。最初の小さな一歩を踏み出す。

梅原猛

仏教の精神は遺伝子の中に含まれています。それは、自己を生きながらえさせようとする自利の要素と、自分を犠牲にしても子孫を残そうとする利他の要素です。


ページの先頭へ