名言DB

9490 人 / 112001 名言

伊藤彰(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤彰(コンサルタント)のプロフィール

伊藤彰、いとう・あきら。日本のコンサルタント。石川県出身。一橋大学商学部卒業後、アクセンチュアに入社。金融・製造業向けの人材・業務プロセス変革プロジェクトを担当する。その後独立し、コンサルティング会社チェンジを開業し、コンサルティングと企業研修を行っている。

伊藤彰(コンサルタント)の名言 一覧

仕事を細かく分解することで、1日の仕事を時間単位、分単位でとらえ、モニタリングすることが可能となる。


手順通り教えれば新人でもできる「言って聞かせる型」の仕事はいうまでもなく、「背中を見て覚えろ」では効率が悪い。面倒に思わず、一度きっちりと教えればあとで自分が楽になる。


難易度が高く言葉で説明しても伝わりにくい「やってみせる型」の仕事は、新人自身の自発的な学びや先輩のやり方を盗む力に頼りがちだが、それは教えることを放棄しているにすぎない。とくに新人が仕事の壁にぶつかったときは、やってみせながら上司として経験に基づくやり方を教えるべきだ。新人が壁に突き当たったときこそ、教える絶好の機会といえる。


「上司の技を盗むことをうまくやれ」「俺の背中を見て覚えろ」という指導スタイルは、団塊の世代をはじめとする年配者や職人気質の技術者などに多く見られる。しかし、終身雇用制度が崩壊し、短期間での業務の継承が求められている現状では、この指導スタイルは非効率この上ない。一見、面倒に見えるが、新人に任せられるような仕事は言葉で説明し、計画に基づいて教え込んだ方が効率がいい。


自分の仕事をリストアップする。通常業務のほか、やらなければならない仕事についてもピックアップし、部下に仕事を任せることで空いた時間を使って自分は何をしたいのかを考えておく。大まかなリストアップ修了後は、ひとつひとつの仕事をさらに作業ごとに分解し、新人に任せられるものを選定する。任せられるか否かの判断は、クライアントへの影響度、仕事の大きさなどの重要度、納期、求められる品質など作業の難易度を踏まえて行う。作業をランク付けし、重要度と難易度の低いものから任せられるように育成シナリオとスケジュールを作成する。


フィードバックの原則は「褒める・叱る・褒める」である。次に解決すべき課題を示す的確なレビュー(評価)こそ新人を伸ばす一番の糧となる。レビューについては、帰りの電車の中など、移動時間や空き時間を有効活用し、日々のコミュニケーションの中で行えばいい。


指示を出す際には、必ずリスクポイントを提示する。どこでどういう情報を報告・連絡・相談しておかないと失敗するのか、失敗したときにどういう結果が待っているのか理解させるのだ。具体的な指示を出さずに、ただ「ホウ・レン・ソウが大事である」と伝えても、新人には理解できない。


指示をして作業をさせたら、最初の段階では、最大でも一時間ごとに自分から声をかけるなどして、新人の作業の状況をモニタリングする。それ以上放置すると新人の作業ミスや作業の停滞などにつながる危険性がある。仕事を振る段階で作業を細かく分け、作業の単位時間を短く設定することが鉄則だ。


報告で伝えるべきことは、『進捗状況』『成果』『問題点』『残作業』の4つ。連絡は事実を回りと共有する作業。緊急性とレスポンスの必要性を確認する。相談は、問題解決のプロセス。問題の大きさを見極めるよう指示し、解決策を提案するよう促す。


新人が配属されると、実際に作業指示を出すことになるが、ここが人材育成の要なので指示の出し方は丁寧に。とりわけ、5W1Hを意識する。5W1Hの中で一番大切なのは「これをやって」というWhatではなくWhyである。部分的に仕事を任せるにしても、作業の目的を理解させ、その仕事がチーム全体に対してどのように貢献するかを教えることが重要だ。


上司や先輩の指導力による、部下の成長度合いの格差も問題となっている。最初の上司によってその人のビジネス人生が決まるといっても過言ではない。これでは、教育を怠る上司についた新人は不幸である。


プレーヤーとして優秀でも、マネジャーになりきれない人材も多い。これは若手マネジャーによく見られる傾向だ。事実、優秀なプレーヤーほど、部下を育てられないという話はよく聞く。優秀だからこそ人の失敗の理由が理解できないし、自分でやった方が早いからと、ひとりで仕事をこなしてしまう。


各企業とも、新人教育は現場の直属の上司や先輩にあたる社員に一任している。一般的に入社3年目から5年目の社員に任せるケースが大半だ。しかし、彼らは自分の仕事を上手にこなす力は培われているが、部下および後輩など新人の育成経験やスキルに乏しい。自分の仕事のうち任せられそうなものを場当たり的に振ったり、忙しさにまぎれて新人本人の自発的な学習に任せっきりになっているのが実情だ。これでは必要な技術や知識、ノウハウがなかなか身につかない。


新人教育に四苦八苦している企業に対して、私は、仕事を分解してひとつひとつの作業まで教え込む「徹底的に作業に着目した部下指導(作業OJT)」をおすすめしています。これは効率的かつスピーディに、そして確実に仕事を覚えさせることができる手法です。


伊藤彰(コンサルタント)の経歴・略歴

伊藤彰、いとう・あきら。日本のコンサルタント。石川県出身。一橋大学商学部卒業後、アクセンチュアに入社。金融・製造業向けの人材・業務プロセス変革プロジェクトを担当する。その後独立し、コンサルティング会社チェンジを開業し、コンサルティングと企業研修を行っている。

他の記事も読んでみる

堀紘一(コンサルタント)

笑顔だけで仕事が進むわけではない。しかし、顧客との場の雰囲気を和ませる笑顔というのは、どんな仕事であれ、その人の人間性を表わすという点で重要だろう。


森郁夫

営業を実際に体験すると、あまりの変数の多さに驚きました。極端な話、天気予報が外れるだけで売れ行きが大きく変わる。ライバル企業のクルマがヒットすれば、途端にこちらの販売が落ちる。販売の最前線は生き物。読み切れないのです。たどりついた答えは「市場変化についていける柔軟な工場が必要だ」。やってみなければわからない。大きな収穫でした。


島田和幸(経営者)

大学卒業後にダイエーに入社し8年間、創業者の中内功さんの下で秘書を務めました。ワンマン経営者のイメージが強い中内さんですが、それとは違う一面もありました。人の話を聞く姿勢です。多忙を極める雲の上の怖い人でしたが、私が報告や相談をしに行った時に、忙しいという理由で突っぱねられたことは一度もありません。


渡邉幸義

社員を変えるのは難しい。私が一番いいと思う方法は、自分と違う人を会社の中に入れることです。自分が持っていないものを持っている人と一緒に働くことで、目線は必ず変わっていきます。


安西祐一郎

教育現場が変わるだけでは不十分です。というのは、結局、出口はその先の企業の処遇になるからです。受け身の学習から能動的学習(アクティブ・ラーニング)に変えていく理由は、将来社会に出たときに、自ら考え行動する力が求められる時代になっているからです。したがって、企業側にもそういった姿勢を持っていただかなくてはなりません。


山西健一郎

変化が激しい時代。11月の状況を基に、4か月かけて来年度の経営計画を考えるのは意味がない。せいぜい2か月で片付けるべき。


山本良一(経営者)

百貨店業界は苦戦が続いていますが、やはり、従来の百貨店の価値観の中で育ってきた人間同士がいくら一生懸命に知恵を絞っても、そんなに新しい領域や革新的な店づくりにはならないと思う。ですから、例えば現在、建て替えを進めている松坂屋上野店南館にしても、当社グループのパルコが入ったり、映画館の「TOHOシネマズ」が入る予定です。こうした従来の百貨店にない新しい発想や着眼点を取り入れ、今までになかった新しい商業施設として生まれ変わりたいと考えています。


柳井正

前もって考えて、いろいろ準備をしていないと、チャンスがきても見逃してしまう。


福西七重

人は、自分のことを知っている人に興味を持つでしょう。だから、私がまず社員を知ることから始めたんです。
【覚書き|リクルートの社内報の編集長に抜擢された当時を振り返っての発言】


定保英弥

ホテルの原点は、やはり現場。現場での濃密な経験は、仕事の本質を知るうえで、かけがえのないものだった。


モハメド・アリ

50歳の時点で、20歳のときと同じように世界を見ている人間は、人生の30年を無駄にしたということだ。


小泉文明

デジタルメディアで気になった情報はその記事のURLをエバーノートに貼って、帰宅後にすべて読むことを日課にしています。情報の鮮度は時間とともに落ちるから、その日中に読んで自分の中で消化したい。