名言DB

9429 人 / 110879 名言

伊藤寛(イトマン)の名言

twitter Facebook はてブ

伊藤寛(イトマン)のプロフィール

伊藤寛。日本の経営者。商社「イトマン」の4代目社長・会長を務めた。

伊藤寛(イトマン)の名言 一覧

自分から本物になろうという訓練が出来ていないと目先の利益にとらわれてしまう。最近政治家、経営者の中に利に世話しすぎる人が目立ちます。


伊藤寛(イトマン)の経歴・略歴

伊藤寛。日本の経営者。商社「イトマン」の4代目社長・会長を務めた。

他の記事も読んでみる

矢野龍

人間は失敗する動物です。木造住宅トップブランドの我が社といえど、不具合や連続不徹底によってお客様の信頼がクレームに転じるケースがあります。お客様だけでなく近隣からのものも含めると、苦情ゼロは難しいのです。


岡田昭彦

クライアントの商売繁盛をお手伝いするのは、私たちの使命です。そこで私は、生き残り策を探るために、社員に「お客さまから褒められた経験」について聞き取りをしました。すると、「タウンページに広告を載せると受注確率が高いと言われた」などお客さまは我々の想像以上に、タウンページの広告効果を高く評価してくださっていることが分かりました。「エリア限定の情報ニーズは根強い」。私はそう確信しました。


海老根智仁

私のスケジュール管理で特徴的なことは、私の時間の使い方を秘書が監査していることなんです。人間は放っておくと、すぐ無駄なことをしたくなるんですね。本来なら部下に任せられる出張でも、つい自分で出かけてしまったりします。そこで、「その出張は社長が行く必要があるんですか」「その仕事は、いまやらなくてもいいんじゃないですか」などと秘書に指摘してもらうことで、社長としての時間を最大限に活用できるようにしているんです。


有森裕子

スタート時点で、本当は結果がほとんどわかるんです。
【覚書き:レースまでの努力の積み重ねと、その日のコンディションによって本番のレース結果があらかた予測できるという趣旨の発言。】


津賀一宏

自分たちの強みがなければ、何のために事業をやっているのかわからなくなる。


藤岡頼光

僕の目標は上場ではなく教育。とにかく「受講者が英語を話せるようになって欲しい」、という想いで活動しています。


小笠原浩

技術部長としてサーボモーターやインバーターを手掛ける部門に異動したとき、データで事業の全体像を示し、業務の改善や収益性、開発の優先順位を詰めていきました。それで説明できない事業は廃止したり、テコ入れしたりする。部下から「暴れん坊将軍が来た」と言われましたが、反乱が起きなかったのは納得感があったからでしょう。


出雲充

技術は完成していなかったですが、先に会社をつくると私も周囲も焦りますよ。もちろん毎日、みんな限界まで研究していたのですが、会社をつくってしまって、何もできないまま潰れるわけにはいきません。そうすると、今日はもう1回だけ実験をしたら帰宅しようという気持ちになります。


岡藤正広

逆説的ですが、自分が儲けるためには、パートナーであるお客さんが儲かる仕組みを考えないといけません。ここは大事な点で、普通なら自分を起点に儲けの仕組みを考えがちですが、実際はそれではうまくいかないんです。商売を長期にわたって続けようと思ったら、双方が儲かる仕組みをひねり出さないといけません。


本谷有希子

20代の頃は、何者かにならなくてはと焦燥感に駆られて仕事ばかり。思い返してみると、遊んだ記憶はほとんどないんです。このまま同じ創作の仕方を続けていたら、いつか頭打ちになってしまう。そう思ったのと、結婚・出産のタイミングが重なって、ここ数年は意識してだらだらしたり、遊びに出かけるようになりました。