名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤寛(イトマン)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤寛(イトマン)のプロフィール

伊藤寛。日本の経営者。商社「イトマン」の4代目社長・会長を務めた。

伊藤寛(イトマン)の名言 一覧

自分から本物になろうという訓練が出来ていないと目先の利益にとらわれてしまう。最近政治家、経営者の中に利に世話しすぎる人が目立ちます。


伊藤寛(イトマン)の経歴・略歴

伊藤寛。日本の経営者。商社「イトマン」の4代目社長・会長を務めた。

他の記事も読んでみる

星野佳路

現場の誰かがいい情報やアイデアを持っていても、それを組織全体に発信し共有することができなければ、活かしようがない。だからこそ、フラットな組織が必須。


岡藤正広

僕も最初に入った課が潰れそうだったから、年功序列や合議制で決めている余裕はなかった。僕が新しいブランド事業をやり始めた時、「何を考えているんだ」と言われたこともあったけど、稼ぎ出すと上層部もそれに頼らざるを得ない。そして課が部になり部門になり、繊維事業全体の半分になった。初めから儲かるところにいると、新しいことをしなくなりますよ。


白洲次郎

長く大事に持っているものは人に貰ったものより自分自身の苦心の結晶に限る。


高岡壮一郎

当社の事業には四つの柱があります。たとえるならば、ひとつの株式銘柄にすべてを注ぎ込むと、塩漬けになりかねませんから、事業ポートフォリオ(構成)は全部並列に見ています。そこで私は、ここの事業領域が相乗効果を発揮できるよう、高成長・高収益の事業領域を複数持ち続けることにこだわっています。


藤井隆太

言いがかりのような問題が起きたときには、断固とした覚悟で交渉に臨む。場合によっては撤退を決断することもある。


小嶋淳司

人口減少の問題は、何千店と全国展開しているナショナルブランドの商売なら、とらえないといけない問題です。でも、我々みたいな小さいスケールの商売には何の支障もありません。まずは自分たちが提供する商品を一生懸命磨いていき、それをお客様に認めてもらうこと。日本経済全体の話とは次元が違います。そこは間違ってはいけないところだと思います。


阿部川久広

「日本語は曖昧な言語だ」と言われますが、実は日本語が曖昧なのではなく、その人の考えや伝え方が曖昧なだけです。そういう人は日本語で話していても、内容が曖昧なもの。


金川千尋

需要家の要望が本当に現実不可能なものであるなら、初めからできない契約はすべきではありません。その判断力も営業マンには必要です。一方、要望が的を射ていて、やるべきだと思ったのに実現できず、約束を守れなかったら責任を取って会社を辞めるくらいの気構えがないと会社は動かせません。


前川賢治

やはり、メールよりも、表情を見て相手の気持ちを読みながら話す方が、話が早い。


松本晃(経営者)

どんなことでも、考えて実行するのはそう難しくはありません。しかし、そこに工夫がなければ成功しないし、儲からない。


守安功

大学院時代は航空宇宙工学を専攻して、スクラムジェットエンジンの研究をしていました。航空機に使われるエンジンで、マッハ10のスピードが出ます。研究の道を諦めた理由は2つあります。当時、そのエンジンは実用化に30年かかるといわれていました。30年かけてひとつのことに取り組んで、仮に途中でダメになったとしたら、ちょっと怖いですよね。それよりも、もっと早く結果が出ることをやったほうがいいと考えて研究職をやめました。もうひとつは、実力で勝負できるところがいいなと。


小森哲郎

私が提案書や企画書でもうひとつ重視しているのが、相手が取引先であれ一般消費者であれ、受け手の嬉しさを跳ね上げる「ブレークポイント」を明確にするということです。いかなるメリットがあるのか、そこをまずは相手に理解させるのです。