名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

伊藤寛治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

伊藤寛治のプロフィール

伊藤寛治、いとう・かんじ。日本の経営者。「飛島建設」社長。大阪府出身。金沢大学工学部卒業後、飛島建設に入社。広島支店長、経営本部副本部長、執行役員経営管理本部長、常務、専務などを経て社長に就任。

伊藤寛治の名言 一覧

企業業績は組織と人の連携そのもの。連携の重要性を常に社員に言っています。


常々言っていることは「脱皮しない蛇は死ぬ」、つまり自己変革を続けなければならないということです。


会社の歴史に胡坐をかき座っていては仕事は来ない。


ただ「頑張れ」と言うだけでは下を向いた社員を前向きにはできませんから、「わかりやすい経営」を心がけてきました。私から発する言葉と態度は、わかりやすく、前向きな発信をしてきたつもりです。


私は社長就任時から、できるだけ社員と経営との距離を短くしたいと考えてきました。現場、支店、協力会社の会合など、できるだけ関係者の声、息づかいの聞こえる場に出るようにして、経営を進めてきました。


人手不足の問題は、1社でできる問題と、業界で取り組まなければならない問題とがあると思います。業界では待遇、処遇の改善などを通じて取り組みを進めています。また、自社としては入社希望が多くなるよう工夫と努力が必要です。


多くの難しい課題に対峙しながら社員はよく頑張ってくれたと思います。蓄積された技術を武器に、ひたむきな社員の頑張りがあってこそできたことです。そして当社の134年の歴史、技術と品質を信じて、経営不安の中でもお取引を継続してくださったお客様、ついてきてくれた協力業者、支えてくれた金融機関、これらの方々のお力で、黒字体質に変革することができたと思います。


伊藤寛治の経歴・略歴

伊藤寛治、いとう・かんじ。日本の経営者。「飛島建設」社長。大阪府出身。金沢大学工学部卒業後、飛島建設に入社。広島支店長、経営本部副本部長、執行役員経営管理本部長、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

畑村洋太郎

企業は皆、組織が分化し、それぞれが自分の持ち場で効率よく働くことが重視される仕組みになっています。改革が叫ばれ続けていることですが、やはり細分化の弊害は残っていると思います。


鈴木喬(経営者)

経営者はケチであれ。好業績のときでも利益を内部留保し、業績が悪いときに取り崩して、金額は少なくてもボーナスに上乗せして支給し続けたほうがいい。キャッシュフローが潤沢になれば、社員を長期に安定雇用することもできる。


青山愛(アナウンサー)

負けず嫌いですね(笑)。でも人と比べてどうこうではなくて、自分ができることをちゃんとやりたいという意味での負けず嫌いなんです。


尾崎元規

最後に頼るべき存在は自分しかいません。自分の力で直面した課題を切り開かないと、誰も助けてはくれません。


寺澤芳男

国よりも前に個があるというのはアメリカ流の考え方です。極端な例を言えば、自分がアメリカを嫌いになったら、日本人になればいいと考える。自分が国を選べる。一番大事なのは自分であり、自分の愛している人であり、自分のファミリーであるという個に基づく考え方をしないと、これからは社会に出てもうまくいかないのではないか。日本も景気はよくならないかもしれないけど、そういう社会になることだけはほぼ確実です。


八ツ井慶子

「なぜ支出の見直しが必要か」ということを、子供にもきちんと話しましょう。同時に、どんな進路を目指したいかについても聞いておき、それにはどれくらいお金がかかるか、共有しておいても良いと思います。「希望に応じて、できる限りのことをする」という親の意志を示すことで、子供の中にも責任感が芽生え、協力態勢が強いものになるうえ、子供の金銭感覚も育てることができます。


勝間和代

人間は怠惰な生き物ですから、仕組みをつくらないと動きません。スポーツクラブやボイストレーニングの予約といった、必要だけれど対後回しにしてしまう予定をまず組んで、自分への投資の時間を確保します。そして、仕事のアポは残った時間に入れていきます。


島田裕巳

グローバル化が進んだ今は、互いの宗教的なしきたりの違いがより鮮明に意識されるようになっています。だからこそ、その違いを尊重し、問題を起こさないように住み分けるという考えが一般的になっています。グローバル化とは、世界の誰もが同じ基準やしきたりに則って行動することではない、ということです。


舟橋孝之

一度つながりができた顧客に対して、作物を手入れするように地道に関係を育てて、リピート受注や紹介受注につなげていく「農耕型営業」が重要になってきました。農耕は、タネをまいたら水や肥料、ときには草むしりが必要になるなど手間がかかるものです。しかし手をかければかけるほど、一度だけでなく来年、再来年と繰り返しての収穫が期待できます。ですから、営業として長く成果を挙げ続けようと思うなら、農耕型営業を意識したアフターフォローが不可欠なのです。


八尋俊邦

身動きできない状況の中で、体を少しずつ、しかし絶えずゆすぶり続ける。そこに、事態打開の糸口が見えてくる。
【覚書き:IJPC(イラン・ジャパン石油化学プロジェクト)清算問題での苦悩と葛藤を振り返っての発言。IJPC問題とはイランと日本の石油化学開発プロジェクトで三井物産が主導で行っていた。しかしイランイラク戦争が起き、施設が破壊されるなどしたため撤退。一兆円近い損失が出た】


伊藤直彦

時間ほど万人に平等に与えられているものはない。老いも若きも、お金の有る人も無い人も、日本人も外国人も、1時間は60分である。誰にとっても1日は24時間しかない。お金は蓄えることができるが、過ぎ去ってしまった時間は二度と戻らない。織田信長の時代の「人生50年」は、今や、人生80年である。たっぷりあるようだが、これを時間に換算すると70万時間しかない。


吉山勇樹

段取り力とは単なる効率化ではなく、生産性をあげる原動力ともいえます。自分と周囲とを視野に入れ、全体的なパフォーマンスの向上を目指すことが、理想的な段取り力の活用法といえるでしょう。